2001年12月 1日 開設
2018年 9月17日 更新
メールはこちらへ
taji-hm@meg.winknet.ne.jp

 兵庫県の姫路市をベースにしています。パートナーと共に県内の山をのんびり楽しんでいます。ときおりは県外にも出かけています。山は小さな里山であっても険しい高山であっても一つの顔だけではありません。コースを変えればまた違った顔を見せてくれます。そして季節によっても天気によっても変わってきます。その出会いが楽しく、山との付き合いは止められません。いつまでも山に親しみ続けたいと願っています。
新作 B  高峰(宍粟市)
 (18年8月18日) 8月27日UP
E  才トンガリ山(姫路市)
(18年7月8日) 8月3日UP
C  大山(鳥取県)
 (18年7月16日) 8月25日UP
@  大倉山(鳥取県)
 (18年8月3日) 9月17日UP
D  苫編山(姫路市)
 (18年7月15日) 8月6日UP
A  生駒山(上郡町)
 (18年8月13日) 8月29日UP
 
 
阿寒富士をバックに雌阿寒岳を登る   18/9
近作  置塩山(姫路市)(18/7) 雲須山(朝来市)(18/6) 的場山(たつの市)(18/6) 本部富士(沖縄県) 多野岳(沖縄県)(18/8) 名護岳(沖縄県)(18/6)
 植松山(宍粟市)(18/7) 暁晴山(宍粟市)(18/6) 出石山(宍粟市)(18/6) 明神岳(佐用町)(18/5) 高森(姫路市)(18/5) トンガリ山(姫路市)(18/5)
 仏ノ尾(香美町)(18/5) 千羽ヶ嶽(小豆島)(18/3) 黒頭峰(篠山市)(18/5) フォートカニング(SG)(18/4) 青ヶ丸(香美町)(18/5) 後山(宍粟市)(18/5)
 水剣山(宍粟市)(18/4) 安全山(丹波市)(18/3) 向山(たつの市)(18/4) 天下台山(相生市)(18/4) 馬鞍山(香港)(17/10) 藤無山(養父市)(18/3)
写真改訂
(
)
 立岡山(太子町)(05/6) 篠ヶ峰(多可町)(95/11) 浦山(姫路市)(05/5) 冑山(姫路市)(13/2) マクリッチ(SG)(15/10) 表山(たつの市)(11/2)
 生駒山(上郡町)(15/10) 高峰(宍粟市)(06/1) 高峰(宍粟市)(15/7) 大山(鳥取県)(09/4) 苫編山(姫路市)(17/2) 夏焼山(長野県)(07/8)
 名護岳(沖縄県)(09/1) 植松山(宍粟市)(06/1) 出石山(宍粟市)(14/9) 暁晴山(宍粟市)(14/9)
 
 兵庫県にはどのような山があるのだろうか、 その山頂に立てばどのような景色が広がっているのだろうかと、素朴な気持ちで始めた兵庫の山巡りですが、 いつしか数多くの山を登っていました。初めは登山道があるのだろうか道に迷いはしないかと心配もしましたが、最近は登山道の有り無しも道の歩きやすさも気にせず、気軽に山を楽しんでいます。そして山頂に立てば1時間でも2時間でも昼寝をしたり風景を眺めたりと、のんびり過ごしています。ただその間に山の展望写真をとりとめもなく撮っていたのですが、気がつけば整理がおぼつかなくなっていました。
 そこで整理がてら拙い写真ですがご覧いただければと、 このホームページを開設しました。快晴の日もあれば、モヤで薄ぼんやりとしか見えない日もあり、決して良く写っているとは言えませんが、まずはさりげなくご覧下さい。それぞれの山に個性のあることが分かっていただければ喜ばしいかぎりです。なお、このホームページは登山コースについてはあまり記していません。(実は適当に登っていますので) この点はご容赦願いたいと思います。また現在はまだまだ肉付けをしている段階です。写真を元に過去の記憶を辿っていますが、なかなかはかどりません。まだまだ抜けている山もありますが、とにかく作成中ですのでよろしく。「その他の山々」も徐々に充実させていく予定です。

 

  兵庫の山巡りについて、私なりに心がけていることがありま
  すのでここに紹介したいと思います。


   ・どの山も地権者があって管理されていますので、迷惑をかけず感謝の気持
    ちで登ること
   ・
のんびりと里山として楽しむこと
   ・植林帯の幼木を踏まないこと 特に冬季は細心の注意のこと
   ・
山中では決してゴミを出さないこと たとえ飴玉の袋ひとつでも
   ・目印は付けないこと たとえ付けても必ず外すこと
   ・山中では決して喫煙しないこと たき火など厳禁
   ・秋のまったけ山には絶対に入らないこと
   
・花は手折らず 写真で撮ること
   ・山頂には山名標識など何一つ残さないこと
   
・狩猟期のハンターには近づかないこと 猟犬には注意のこと
   ・騒いだり周囲の登山者に迷惑をかけることは一切慎むこと