TAJIHM の 兵庫の山めぐり <中播磨編>
 
北山   きたやま   (伝城山) 201.0m たつの市
 
X山 175m
稲富山 177m
  
【06年3月】 No.2 1/2.5万地図  網干
  
        
     
06-19(TAJI&HM) 06/5記  16/8改訂 _ 西方にある加茂神社の近くより  06/3

 北山を再訪したのは、初めて訪れた96年1月からは10年後となる06年3月のことだった。この日は別の山を予定していたのだが、朝、家を出るとき、車のエンジンがかからないという突発事故が発生した。結局はバッテリー切れだったのだが、その修理などで午前がつぶれてしまった。そこで梅見の季節でもあり、近くの山で梅を見ようと考え、岩見梅林周辺のハイキングを思いついた。そして考えたのがX山(岩見梅林の西にある175mピーク)から岩見梅林を通り、北山へと向かうルートだった。この日の姫路は朝からすっぽりと霧に包まれていた。すぐに消えるものと思っていたのだが、昼となっても霧は濃く、晴れ間は現れて来なかった。その霧の漂う中、御津山脈へと向かった。御津山脈へは揖保川町側から近づき、岩見坂に近い御津グラウンドのそばに駐車とした。そして岩見坂へと歩き始めた。岩見坂を峠まで登り、そしてX山登山口へと入った。その登山道は急坂で始まっていたが、その登りで、霧が絶えず瀬戸内側から流れて来ているのが分かった。霧には冷たさがあったので、気温を見ると10℃までしかなかった。展望の無いままにX山山頂に着く。そこは三角点も無く、単に一番高い位置と思える所を山頂と考えるだけである。この日のように霧で視界が無いときは立ち止まる理由も無いので、そのまま通過する。X山からは緩い下りで、岩見梅林へと近づいた。少し霧が薄れて来たようで、梅林一帯が眺められた。その梅林には全く人影は無かった。少し不思議に思ったが、梅林に入るとほとんど咲いていないことが分かった。どう見ても三分咲きまでで、全く花を付けていない木も多く見かけられた。寒かった冬の影響で、梅の開花もずいぶん遅れているようだった。これでは観梅にならないと思いながら、少し遅い昼食を手早く済ませると、ハイキングの続きを始めた。梅林を離れて竹林の中へと入って行く。竹林を過ぎると次のピークは稲富山なのだが、このピークは木立に囲まれて薄暗く、単なる通過点の雰囲気だった。そこからは東へと尾根を辿らず、北山がある北の方向に向かった。登山道も自然と北山に向かっていた。ようやく霧が薄らいで来たようで、辺りも明るくなってきた。そして北山との鞍部に下り出したとき、北山をすっきりと眺められるポイントが現れた。北山は見る角度によって様々な姿を見せてくれるが、稲富山から向かうときに見える姿が一番だろう。その良く見えるポイントには「御津富士」の札も付けられて、なるほどちょっと富士と呼べそうな端正な姿で眺められた。鞍部に着くと、そこは十字路になっており、東は碇岩集落へ、西はタキロンの揖保川工場への小径が続いていた。まずは北山へと登り返す。けっこう急坂になっており、ロープも付けられていた。このときパートナーが足を滑らせて、1mほどずり落ちてしまった。そしてヒザに大きな擦り傷を作ってしまった。この上り坂は鞍部に近い所こそ濃い雑木林だったが、登るほどに木立は疎らになり、また露岩地も現れて展望が良くなって来た。霧もほぼ消えて、ようやく周囲の風景が姿を見せてきた。但しすっきとした天気とはいかず、春霞で薄ぼんやりとした風景だった。風景が黄色味を帯びており、太陽も輪郭を弱々しく見せている。どうやら黄砂のようだった。急坂は程良い上り坂に変わっており、柔らかい陽射しに少しは汗ばんで来た。そして鞍部から15分ほどの登りで山頂に着いた。灌木程度の木立が生える山頂は10年ぶりだったが、少しは記憶に残っていた。その記憶と比較すると、この10年で樹木が育ったためか、少し展望が悪くなっているように思えた。まずは南面側の陽当たりの良い所で一休みとした。そしてそこから薄ぼんやりとはしているが、御津山脈をひととき眺めて過ごした。ところでこの山頂からハイキング道は更に東の権現山へと続いているが、一息ついたところで少しそちら側に歩いてみることにした。すると数十メートルも歩かないうちに、東に向かって大きく展望が開けた。そこに見えたのは揖保川の東に広がる平野部の風景だった。但し黄砂の視界で、一番近い立岡山でも薄ぼんやりとしか見えず、遠くの山はモヤの中だった。30分ばかりを山頂で過ごして下山とする。下山は登って来た北山の南面コースを鞍部まで戻り、鞍部からは西へと谷あいの道を辿った。ほとんど平坦と言ってよいほどの緩い下り坂が真っ直ぐに続いていた。但し良く踏まれている道とは言えず、少し荒れ気味の道だった。その道はタキロンの工場のそばで車道に合流した。後は農道を辿って、駐車地点へと戻って行った。 
<登山日> 06年3月11日 12:50スタート/13:03X山登山口/13:18X山/13:35〜48岩見梅林/13:57稲富山/14:32〜15:07北山/15:40タキロン登山口/16:00エンド。
(天気) 朝から霧の天気が続いて、午後に入ってもまだ消えていなかった。絶えず霧が瀬戸内海から流れて来ていた。日陰では10℃と肌寒い。岩見梅林では少し上空に青空が見え出す。伝城山の登りにかかり出す頃より、ようやく霧は消え始める。その霧が消えても黄砂のためか、風景は黄色みを帯びて薄ぼんやりとしていた。気温は16℃まで上がり、風も無く過ごし易かった。
<<Photo Album 06/03/11>>
岩見坂を登って、X山登山口に着いた X山の登山道を登って行くと、古墳を見かけた X山の山頂は、少し雑然とした雰囲気だった
すぐに東へと岩見梅林に向かった 岩見梅林に着くと、まだ三分咲き程度だった 花をほとんど付けていない木も見かけられた
稲富山のピークに着くも、山頂らしさは無かった 北山へと下っていると、「御津富士」が現れた 「御津富士」は北山の別名だった

 北山の山頂が近づ
 くと露岩地が現れた



   ようやく霧が晴れて
   来た 南西方向を
   望む


 露岩地より南東から
 南にかけてを望む




   北山の山頂に着いた


 山頂には手作りの案
 内図があり、山頂は
 伝城山と記されてい
 た



   山頂に立って北向か
   いの尾根を眺めた
山頂から尾根道を東に少し辿ると、展望が開けて来た 但し揖保川から東はモヤの中に溶け込んでいた 下山は南麓の谷筋を歩いた 登山口を見る