TAJIHM の 兵庫の山めぐり <中播磨編>
城山 249.9m
 しろやま
太子町
【02年1月】 No.1
1/2.5万地図  龍野
  
        
     
02-04(TAJI&HM) 02/3記  06/9改訂  京見山より  98/1

 太子龍野バイパスが貫く城山は、一等三角点を持つ山だが、登山道が整備されていないためか、さほど注目されているとは言い難い。山頂までのはっきりした道は無いが、中腹まで続く車道を利用すれば、そほど無理なく山頂に立つことが出来る。その山頂はイバラなどの雑草が茂って雑然としており、本来は良かったはずの展望も、今はさほど良いとは言えなくなっている。姫路市近郊でもあり、手入れさえすれば気軽なハイキングを楽しめると思えるのだが。
 その城山を初めて登ったのは02年1月。城山には太子町太田から山頂近くまで舗装路が付いているが、その舗装路に入って200m辺りの路肩に駐車とした。辺りは竹林になっていた。 スタートして200mほど歩いただろうか、左手に山道が見えた。その方向は真っ直ぐ山頂に向かっているように思えたので、それを歩いて行くことにした。落ち葉の散り敷いた道で、幅は2メートルはあるかと思えた。その感じのままゆったりと登って行けると思っていたところ、すぐに送電塔に出合い、そこで道は終わってしまった。どうも送電塔の巡視路だったようである。後は道の無い尾根を伝って行くしかなかった。いわゆる灌木帯だったが、疎らなのでそれほど煩わしくも無かった。尾根は終始緩やかなに続くため、尾根筋がはっきりしない所もあったが、そこは適当に登って行く。市街地に近くまた一等三角点もある山なのに、全くハイキングの対象にはなっていない荒れ方だった。山頂が近づくと雑草やイバラも増えて、かえって歩き難くなった。そして山頂に着く。そこも立派な三角点があるわりには荒れた雰囲気だった。雑木の中に雑草が混じっており、イバラも結構多かった。何とか展望が得られるのは南側だけで、それも一部雑木に妨げられながらの眺めだった。間近に見えていたのは京見山。北から京見山を見ることは少ないので、その姿を珍しげに眺めた。その南には瀬戸内海も見えており、この日は視界が良かったので家島がくっきり見えていた。雑木の間からだったが小豆島もはっきりしていた。また東南方向には苫編山から籾取山の尾根があり、その他姫路南部の山々が眺められた。この風景を見るのに荒れ地の中の中をうろうろしたのだが、イバラが多くて苦労させられた。地図を見ると東隣りに同じ高さのピークがあるので、そちらも訪ねてみた。そこも北側は雑木に閉ざされており、見えるのは南東方向のみだった。足下に青山ゴルフ場が見え、バイパスが走っている。 後は三角点ピークの眺めとさほど変わらなかった。その位置から下山とする。南側が急斜面ながら雑草や灌木が刈 り取られていたので、そこを下って行くことにした。木に掴まりながら下るも、意外と易しく舗装路に下り着いたので、正解だったと見る。後は舗装路を歩いて、駐車地点に戻って行った。
<登山日> 02年1月6日 14:36スタート/15:01〜47山頂/16:06エンド。
(天気) 空の50%以上を雲が覆っていたが、まずまずの晴れと言えた。風がほとんど無いため、陽射しが閉ざされてもさほど寒さは感 じず。陽が当たるとほのかに暖かかった。視界はクリアで瀬戸内海の島々がくっきりと見えていた。
<<Photo Album 02/01/06>>
山頂より南東方向を見る 左の写真の苫編山を大きく見る
籾取山の彼方に高御位山を見る 山頂より南の方向を見る