TAJIHM の 兵庫の山めぐり <中播磨編>
城山 249.9m
 しろやま
太子町
【15年9月】 No.3
1/2.5万地図  龍野
  
        
     
15-89(TAJI) 15/10記 _ 京見山より  15/9

 2015年9月のシルバーウィークは、18日から5連休だった。この日は夢前町の一峰を登る予定にしていたのだが、その前に京見山に登って山頂からその姿を見ることにした。ところがこの日の視界は非常に悪く、山頂から北を望むと、宍粟の山は全く見えなかった。夢前町辺りも薄ぼんやりと見えるだけだった。それを見て登りたい気持ちが一気に萎んでしまった。ただ代わりとして、目の前に見えている城山なら登ってみるのも悪くないと思えてきた。そこで京見山から下山すると、さっそく城山へと向かった。駐車地点のことを考えて、車ではなくスクーターを走らせた。****に入ると「城山楯岩城址」の案内板が立っていたので、それに従うと、大開ゴルフ練習場の手前で右手に林道が分かれた。その林道が城山の中腹まで続く道だった。林道に入るとすぐに竹林が現れて、その辺りの路肩が少し広くなっていた。小さな山なので出来るだけ歩く距離をとりたく、そこにスクーターを止めた。林道を暫く歩くつもりで歩き出したのだが、数分で「楯岩城登山口」が現れた。そうなると林道を歩く気は無くなり、山道へと入った。すぐに送電塔が現れて、それを横目に山道を進もうとしたところ、その先で意味不明のヒモが張られていた。ヒモの先には赤テープが点々と見えていたので、ヒモをまたいで先へと歩を進めた。ところが登山道がはっきりしなくなってきた。それでも赤テープは続いていたので、赤テープを追って登って行くことにした。もう登山道を辿る感じでは無く、ただ木立の空いた所を登る感じだった。尾根筋を登ったり山腹を巻いたり、また適当に斜面を登ったりしながら山頂に近づいた。ときに登山道を辿る風になることがあり、古墳のそばを通ることもあった。最後は南西方向から登る形となり、大きな桜の木のそばを通った先が山頂だった。山頂は以前にも増して樹木が育ったようで、すっかり視界を閉ざしていた。その樹木に囲まれて狭い範囲で平らになっており、そこに一等三角点が目立っていた。ただそこは最高点では無く、そばの岩場の方が1メートルほど高いようだった。展望は無さそうなので、三角点のそばで一休みとした。9月も後半とあって、木陰は十分な涼しさで、弱く吹く風が快かった。山頂で一息つけると、やはり少しは展望を得たくなった。そこで近くにあった手頃な木に登ってみたところ、小枝に邪魔をされたものの南向かいの京見山から白毛山へと続く尾根が眺められた。朝に京見山から城山を眺めていたので、ちょうど逆から見たことになった。これで城山に満足して下山に移った。下山は往路コースを引き返した。また赤テープを追ってだったが、下山はけっこうスムーズにテープを終えて、ごくすんなりと林道に下り立った。そこから3分も歩けば駐車地点だった。 
<登山日> 15年9月23日 12:21林道の途中から歩き出す/12:26登山口/12:56〜13:28山頂/13:51エンド。
(天気) 薄い色の青空で、雲が多く空の半分以上を占めていた。山頂の気温は25℃。弱いながら涼しい風を受けた。視界はうっすらとしていた。
<<Photo Album 15/09/23>>
スクーターで城山に向かった 田中地区に入ると「城山楯岩城址」の標識が現れた 城山の中腹に通じる林道に入ると竹林が現れた その辺りにスクーターを止めて林道を歩き出した 左手に樹林の切れ目が現れると、檀特山が見えていた 足下は大開ゴルフ練習場だった
程なく楯岩城登山口の標識が現れた 林道を離れて登山コースに入った すぐに送電塔(城西鵤線15番)が現れた
コース上にヒモが張られていたが、それを越えて行く すぐにコースは不確かになるも、赤テープを追った 赤テープを追って適当に登る感じが続いた
歩き易そうな所を選んで登った 古墳に出会った 前回にも見た山田大山8号墳だった 尾根を歩くようになった
ちょっと雑木ヤブっぽい所も現れた ときおり大岩が尾根上に現れた 大きな桜の木が現れた 山頂は間近となった

 城山の山頂に着いた

 冬と違って青葉が茂
 っているためもあって
 か、展望は全く無かっ
 た


    一等三角点(点名・大山)
    が目立っていた
三角点のそばに岩場があり、そちらが最高点だった 山頂を別の角度から眺めた 少しは展望を得ようと南の方向が望める木に登った

 木に登ってもすっき
 りとは見えなかった
 が、 白毛山から京
 見山にかけての尾
 根が眺められた


   左の写真に写る京
   見山を大きく見る

上の写真に写る白毛山を大きく見る 下山は往路を戻って行く テープを追っての下りはスムーズだった
山頂から20分ほどで林道が見えてきた 後は林道を戻るだけだった 竹林のそばに止めているスクーターが見えてきた