TAJIHM の 兵庫の山めぐり <北播磨編>
 
比延山 286.9m
 ひえやま 
西脇市
【03年6月】
1/2.5万地図  比延
  
    
     
03-50(TAJI&HM) 03/7記 _ 西麓にある溜め池のそばより  03/7

 西脇市近郊には小ぶりながらも展望が良く、登山コースもはっきりした山が多くある。この比延山もその一つで、山上は比延山城跡ともなっている。訪れたのは03年6月の最後の日曜日。この日の空は雲が多いながらも澄んだ青空も見えており、久々に風景に鮮やかさが戻っていた。旧暦で言うところの「五月晴れ」と言えそうな爽やかな空だった。この日の主目的は比延山の北にある三角点山だったが、それだけでは物足りないので、足慣らしに比延山にも登ることにしたものである。比延山の南西麓にある城山公園グラウンドの駐車場よりスタートした。グラウンドを横切るとそこが登山口となっており、そこより尾根に取り付く。程良い歩き易さの小径で、周囲はさほど大きくない雑木が取り巻いている。季節柄か道そばに色々なキノコが見られた。中でも見事に笠を開いたアカヤマドリは鮮やかだった。途中から尾根の傾斜はきつくなったが、ロープもあり足元もしっかりしているので、気持ちよく登って行けた。スタートしてから20分ほどで南のピークに着いた。そこには「比延山城跡」の標柱が立っており、幾分広くなっていたが、周囲は雑木が囲んでいて展望は今一つだった。南の方向に数曽寺の山並みが見えるにとどまった。その南峰とも言えるピークから北に稜線を辿ると、2,3分で三角点のある北峰に着いた。そこは明るく開けており、庭石のように小ぶりな岩が点在している。いかにも城跡らしいのどかな佇まいで好感が持てた。展望も素晴らしい。西には西脇市街を始めとして加古川流域が一望であるし、それを取り巻く山並みも眺め渡せた。更にその遠方には笠形山から千ヶ峰、笹ヶ峰と近在の高峰が並んでいた。北には妙見山、東には西光寺山と播州丹波境の名峰も指呼の距離である。ほぼ360度の眺望で、正に城山として最適な山だったのであろう。涼しい風に吹かれながら暫しの憩いを楽しんだ。下山は北への尾根で下ることにした。こちらにも小径は続いていたが、少々荒れ気味の尾根道で、下草としてシダがはびこっており、灌木の小枝も煩わしい。所々で道が不確かになって尾根を外れそうになったが、目印もあって無事に麓の鎌谷下池へと下り着いた。どうもこの道はあまり歩かれていないようである。登山として比延山を楽しむのであれば、南西麓からのコースの往復で十分と思われた。
<登山日> 03年6月29日 8:17スタート/8:36〜41比延山城跡/8:43〜9:05山頂/9:28ため池/9:48エンド。
(天気) 上空は雲が多かったが、澄んだ青空が広がっていた。朝の木陰は涼しく、適度に汗をかけた。山上に出ると、陽射しを受けることになったが、涼しげな風があって快かった。視界は良く澄んで、この季節としては最上ではと思えた。
<<Photo Album 03/06/29>>
南峰は灌木が茂っていた そこに城跡を示す標柱(比延山城跡)が立っていた 南峰からは唯一南の方向が眺められた 数曽寺の山並みを代表する二つの鋭鋒が眺められた 北峰はいかにも城跡らしいのどかな明るさが広がっていた

 山頂の三角点は四等
 三角点(点名・城山)
 だった



   北峰より北東方向を
   眺めると、西光寺山
   が大きかった

 北峰より南西から
 北西にかけてを眺
 める 西脇の町並
 みが広がっていた





 北西から北東にか
 けの山並みを見る

 近くには三角点山
 が端正な姿を見せ
 ていた



 笠形山を少し大きく
 見る



   千ヶ峰から篠ヶ峰に
   かけてを少し大きく
   見る