TAJIHM の 兵庫の山めぐり <西播磨編>
 
壇の平 621.6m
 だんのひら
佐用町
【08年12月】 No.2
1/2.5万地図  千草
  
         
     
08-119(TAJI&HM) 09/1記 _ 西向かいの尾根より  08/12

 佐用町の山は自然林の尾根が緩やかに続いて、静かな尾根歩きを楽しめると言った印象を持っている。壇の平もその一つで、95年12月に海内地区側から登ったときは、落ち葉に覆われた尾根の雰囲気の良さに、好印象を持ったものである。但し展望に関しては良いとは言えず、再訪を考えるまででは無かった。その壇の平を西からの周回コースで楽しもうと思いついたのは08年の秋だった。初めて登った日から13年経っており、また郷鴫山や高鉢山など近くの山を登っての印象が悪く無いことから、壇の平を違ったコースから登れば新たな印象も生まれ、また展望も期待出来るのではとの考えからだった。「千草」の地形図を見ると、西麓の羽蔵集落を起点とすれば、そこより西の尾根に出て、尾根伝いで左回りでぐるりと尾根を歩いて壇の平へと向かえそうだった。そして壇の平からは水根集落へごく緩やかな尾根が付いている。ゆっくりと歩けば4時間程度と、手頃なハイキングが楽しめそうだった。
 向かったのは08年12月の穏やかに晴れた日だった。羽蔵地区への道は二つあり、どちらも国道373号線から一つは下石井地区で、もう一つは上石井地区で分かれている。南から走ってきたため、下石井地区の大船集落から始まる車道に入ると、これが車1台分の幅しか無い細い道だった。水根川沿いをずっと続いており、2kmほど走って羽蔵集落に入った。そこで上石井からの道と合流したが、そちらは二車線道路になっていた。どうやらメインの道は上石井からの道のようだった。その合流点に近い位置に水根川に架かる橋があり、その橋のそばに見えた空き地に駐車とした。近くに大規模なのり面工事が行われており、その工事関係の車も止まっていた。西の尾根のどこから登り出すかは着いてから決めようと考えていたが、その西尾根を見ると、上石井からの車道が尾根を越えて来ている。その車道の峠位置が取り付き点として適当と思われた。車道を歩き出してその峠へと向かい出すと、峠の南側で行われている大規模のり面工事の現場で多くの人が作業しているのが見えた。災害対策の工事かと思われたが、集落の規模と比べてけっこう大がかりな工事に思われた。峠からは北へと尾根に取り付くのだが、そこはのり面の急斜面になっていた。滑らないように慎重に登る。それも10メートルも登れば植林地に入って、無理なく登れるようになった。植林地は長くは続かず、程なく自然林に変わった。尾根も緩やかになる。もうさっそく佐用の山らしいのどかな雰囲気に浸れることになった。木立はすっかり葉を落としており、その落ち葉が広く地表を覆っていた。その様は人の訪れが少ない山の持つ独特の静寂さがあり、心休まる風景だった。自然林が周囲を取り巻くためすっきりとした展望は無かったが、東には木立を通して壇の平山頂が間近く見えており、西には岡山側の尾根が覗いていた。地表の落ち葉には木立の影が映っていた。陽射しは暖かく、ただのんびりと歩くのみだった。尾根には小さなピークが幾つもあり、最初の目立つピークは484mピークだった。そのピークが近づくと少し傾斜がきつくなり、落ち葉に滑り易くなった。足下に注意が必要だったが、それも落ち葉道を歩く楽しさの一つだった。484mピークを越えて北東へと向かい出すと、ときおり木立を通して北の高い山が見えるようになった。日名倉山から後山、そして駒ノ尾山へと続く岡山との県境尾根だった。ときおり足を止めてはその風景に眺め入った。本当に尾根なりに気楽に歩くだけだった。ただ尾根は優しいとばかりはいかず、ときおり植林地が現れて、間伐された倒木に煩わされることがあった。尾根は進むうちに少し複雑になって、東に向かっているかと思うと北に向かったりと、地図を頭の中にイメージしていないと、主尾根を外してしまいそうだった。歩くうちに昼どきとなったので、553mピークに近い位置で昼休憩とした。ところがそこは風の通り道なのか、それまで少ししか受けなかった北風を強く受けるようになった。冷たさのある風で、それを避けようと東側の斜面に入って休憩とした。そこで軽く昼食を済ませると、北の尾根をもう少しはっきり見たくなり、予定した周回ルートからは離れるが、553mピークを越えて北へと歩いてみることにした。地形的にその先は尾根の傾斜がきつくなっており、展望が開けるのではとの期待だったが、その期待通りとまでは行かなかったが、少しは展望が開けて、後山の尾根だけで無く、足下には奥海の最奥の集落、奥土井も見えていた。そして昼休憩の地点まで戻り、そこから南東へと尾根歩きの続きを開始する。尾根の向きが南に変わると、緩い登り坂で高度を上げ出した。尾根の様相も少し変わって、アセビの茂る所も見られるようになった。優しげな自然林の広がる所もあり、その様子から以前はササに覆われていたのかもしれない。少し尾根の傾斜がきつくなると、左側の尾根が近づいてきた。そしてその尾根との合流点が一段高いピークになっているのが、木立を通して見えていた。それが壇の平の山頂だった。急坂が終わると尾根は暫く平坦となるが、そのとき西の展望が良くなり、岡山側の山並みが眺められるようになった。少し高い山は袴ヶ仙のようで、その背後には一段高く那岐山がうっすら見えていた。下山に予定している南西尾根と合流すると、もう山頂までは100メートルほどの距離だった。その山頂が間近になると、なぜかヤブっぽくなり、アセビの枝を避けながら山頂到着となった。山頂は周囲を雑木が囲んでおり、展望も無くごく平凡な感じだった。それまでの雰囲気の良さから、今少し木が切られればすっきりすると思えるのだが、ちょっと雑然とした雰囲気だった。すっきりした辺りで一休みしようと。山頂を越えて北東尾根を少し下ることにした。ここからは前回に歩いたコースだった。少し下るとまた木立のばらけた尾根となった。ただそのときに上空が急速に雲ってきた。午後に入って西の空から薄雲が広がり出していたのだが、14時が近づいて上空まで一気に広がったようだった。そうなると尾根は寒々とした雰囲気になってしまった。そこで尾根を北東へと歩くことはすぐに中断して山頂に戻った。山頂は三角点の位置こそ雑然としていたが、少し西へ戻る形で下ったとき、北への展望が現れた。登っているときは気づかなかったようだった。そこに立って後山を見ながら一休みとする。その後山も上空はすっかり曇り空だった。下山は予定通りに水根集落へと南西に延びる尾根を下って行く。尾根の傾斜は緩やかで、木立は空いて歩き易かった。下るうちに木立は自然林から植林へと変わったが、尾根は緩やかなままだった。そして地図に破線路の書かれている峠へとごくスムーズに下り着いた。そこには峠の地蔵さんが置かれており、その古さに彫られている文字を読むと、文化三年と書かれていた。後はごく普通の山道となる破線路を歩いて羽蔵集落へと戻るのみだった。下山中にいっとき晴れ間が戻ったが、羽蔵集落へと峠道を歩く頃は、すっかり曇り空になっていた。駐車地点が見えてくると、近くで行われているのり面工事現場では、朝と変わらず多くの人が働いていた。
 こうして周回コースで壇の平を楽しんだが、壇の平だけを目指すのであれば、この日の下山で歩いた南西尾根コースが一番簡単ではと思える。普通に歩いて峠から40分ほどで山頂に立てそうだった。
<登山日> 08年12月13日 9:48スタート/10:28〜38[484m]ピーク/11:45〜12:40[553m]ピークの近くで昼食/13:42〜14:16山頂/14:51峠の地蔵/15:11エンド。
(天気) 快晴。澄んだ空が広がっていた。風は無く、気温は12℃ほどで、陽射しのもとでちょうど良い感じだった。ただ553mピーク辺りでは、冷たさのある風を少し受けた。昼を回ると西から薄雲が広がってきた。そして山頂に着いた頃より、一気に曇り空へと変わり、寒々とした雰囲気になった。下山中にいっとき陽射しが戻ったものの、ふもとに下り着くと、空はすっかり曇り空だった。
<<Photo Album 08/12/13>> *************************
駐車地点より尾根越えで西に延びる車道を見る 左の写真の車道を歩いて、峠の位置に着く 始めは植林地の中を登って行く
   
尾根を歩き始めると自然林が広がった 尾根からは東に壇の平の山頂が望まれた 尾根は自然林と植林の混じるときがあった
   
尾根の途中で日向ぼっこを楽しむ 歩いていて楽しくなる尾根だった 西向かいの尾根にのどかなピークを見る
    

 尾根の途中で北の
 展望が開けた所が
 あった



       落ち葉の散り敷いた
       上に木の陰が優しい

 
   

 553mピークの近くでも
 展望があり、足下には
 奥土井集落の佇まいが
 眺められた


       位置を変えると左の写真
       の右手に日名倉山が大
       きく見えていた

   

 553mピークを離れて
 南へと壇の平山頂に
 近づいて行く


        尾根を南へと向かうよう
        になって、西の岡山県
        側の山がときおり眺めら
        れた

    
尾根は相変わらず歩き易い所が多かった 歩いてきた尾根を振り返る 壇の平山頂が南東間近に見えてきた
     
山頂が近づいてアセビの茂るところも現れた 山頂に向かって最後の登りにかかる 山頂は木立に囲まれて少し雑然としていた
    

 山頂から尾根を北に
 辿って行く 曇り空と
 なってしまった


    その尾根より西の
    方向が広く眺めら
    れた 薄暗い中に
    岡山の山を見る

   
上の写真の尾根から東に黒尾山を見る 山頂を離れて下山に向かっていると、北に向かって展望の開けている所があった
   
右上の写真の郷鴫山を大きく見る 下山の尾根を陽射しが照らす 下山の尾根より西に滝ノ上を見る
   
下山の尾根を下りきると、峠の地蔵に出会った 峠からは山道が羽蔵集落へと続いていた 羽蔵集落が近づいて、のり面工事現場を見る