TAJIHM の 兵庫の山めぐり <中播磨編>
 
点名・上小田 773.0m
             かみおだ 
神河町
【03年9月】
1/2.5万地図  長谷
  
    
     
16-23(TAJI&HM) 03/9記  16/12改訂 _ 神河町南小田集落より  03/9

 「長谷」の地図(平成5年10月版)がぼろぼろになってきたので、新しい地図(平成14年12月版)を買い求めた。すると夜鷹山の南にあるこのピークに、新しく破線路が書き加えられていた。その山頂まで続く道とはどのような道なのだろうかと興味が湧き、訪れることにした。03年9月7日の日曜日で、播州南部こそ晴れていたが、大河内町の空は黒い雲が広がっていた。ただこの雲のおかげで、残暑は少しは和らいでいた。小田原川沿いの県道を寺前から走ると、上小田集落に入る手前で北に延びる林道が見えた。これが地図の破線路であった。林道は急坂で始まったが、初めのうちは舗装部分もあって問題なく登って行けた。それが舗装部分が終わり、道に張られたクサリを越えた所で、俄然荒れ出した。道は雨水によって土が流されてしまったのか小石がごろごろしており、それに道いっぱい雑草が茂っていた。途中からはミツマタも繁茂し出すし、タケニグサもはびこり出した。歩き難いことこの上ない。登るほどに更にひどくなってきた。この道からは枝道が幾つか出ていたが、早く高い位置に向かいたく、どうせ山頂方向に行くのだろうと、そのうちの一つに安易に入ってしまった。初めこそまずまず歩いて行けたのだが、すぐに崩壊状態となり進めなくなった。そこでムリヤリ斜面に取り付いて上を目指すと、そこはイバラがはびこって、やはり容易には進めなかった。どうやら一帯は植林地であったところを、この林道と言うよりも作業道を作って、伐採作業をしたのであろう。そして皆伐後は山肌も道も放置状態となり、今のように荒れ果ててしまったと思えた。そして荒れ地の先駆植物としてイバラ系の植物がはびこって来たのであろう。このイバラと格闘しながら登って行くと、再び作業道に出会ったが、その道も長くは続かず、また斜面に取り付くことになった。そしてイバラとの格闘だった。これが山頂近くまで続いてしまった。山頂に立つと、西側こそ植林地が残っていたが、一帯は伐採の跡地が広がっていた。そして地図通り山頂まで作業道が付いていた。この道もあってどうも風情があるとは言えない山頂風景であった。ただ展望はなかなか良かった。下の写真の通り、南東方向が広く開けており、北も峰山高原から夜鷹山へと続く山並みが眺められた。ここに着くまでに大汗をかいてしまったので、伐採地の切り株に腰掛けて、この風景を眺めながら汗の引くのを待っていた。夜鷹山とは300m近く標高差があるので、夜鷹山が見上げるように見えていたのが印象に残った。ところで隣の851mピークには、新しく求めた地図に無い林道が山肌に付いていた。どうやら麓へと延びて行くようである。「長谷」の地図は買い求めるたびに新しい林道がどんどん増えているが、今度買うときもまた大幅に変わっていることであろう。下山は作業道を道なりに下って行ったが、やはり荒れに荒れて、ほとんど道の形態を成していなかった。石ころに何度もけつまずくし、タケニグサも一段と多く、これをなぎ倒すようにしないと下っていけなかった。この下山時では上空はすっかり晴れており、厳しい陽射しも照りつけて来た。登りのときと変わらないほど疲れてしまい、荒れ道を何とか抜けると、道そばの渓流に先週に続いてまたもや飛び込んでしまった。疲れた体には渓流の冷たさが本当に快いものだった。それにしても地図の破線路はとんでもない荒れ道であった。
<登山日> 03年9月7日 9:58スタート/11:23〜12:00山頂/12:48エンド。
(天気) 晩秋南部は快晴だったが、大河内町の上空は雲が広がっていた。朝こそ涼しさがあったが、気温はすぐに上昇して、この日も残暑の厳しい日となった。但し木陰は涼しさがあった。視界は久々に澄んでいた。それも昼となって気温が上昇してくると、少し薄モヤがかってきた。下山を終える頃には青空が広がって、快晴の空になっていた。
<<Photo Album 03/09/07>>

 山頂からは南東方向
 が広く眺められた
 遠くは笠形山の尾根
 も見えていた


   左の写真の中心部に
   見える南小田集落を
   大きく見る


 山頂から北の方
 向を見た
 隣の851mピー
 クには、真新しい
 林道が作られて
 いた



 山頂は伐採の跡
 地が広がる
 ここにもタケニグ
 サが繁茂してい
 た