TAJIHM の 兵庫の山めぐり <西播磨編>
 
宗山        むねやま 784.0m 宍粟市
  
点名・別所 630.2m
【97年11月】 1/2.5万地図  千草
    
      
     
97-68(TAJI&HM) 02/11記  16/5改訂 _ 南西3kmほど離れた位置にある送電塔より  02/11

 宍粟市千種町の鷹巣地区は標高600mに位置する静かな里であるが、その鷹巣地区の北辺にお椀を伏せたようななだらかな山容の山が見える。それが宗山で、この山に登れば北向かいの植松山がよく見えるに違いないと訪れたのが、97年の11月下旬だった。この日は日本海側は冬型の気圧配置で雨となり、この千種町南部も晴れたり曇ったりを繰り返していた。また風の非常に強い日であった。登るに当たって宗山だけでは物足りないように思えて、そこで宗山の南隣にある640mほどのピークをまず登ることにした。こちらにも三角点はあるが地図をよく見ると、山頂より一段低い所に三角点記号(点名・別所、630.3m)が付いていた。その640mピークには簡単に南側から登ろうと、南麓の大迫部落の近くに駐車とした。そして尾根の南端に取り付いた。スタート地点はクマザサ帯で、最初こそ切り開かれていたが、すぐにヤブコギになってしまった。ただ少し進むと植林帯となり、いたって歩き易くなった。すぐに三角点に着き、そこより少し登って最高点に着いた。そこは雑木林となっており、展望は無し。そのまま北に下って車道に出ると、その車道を歩いてスタート点へと戻った。まずは足慣らしと言ったところか。続いてこの日の目的である宗山を目指して車を移動させた。宗山と東隣の千草ゴルフ場を抱く山との間に林道があるが、その林道を少し入った所に駐車する。林道を歩き出すと宗山の尾根に向かう細い作業道が見えたので、それを辿って行くことにした。なだらかな道ですぐに尾根に出た。ふもとから尾根のそばまでは植林地であったが、尾根は適度な雑木林が広がっていた。道は無いもののどこでも歩ける雰囲気で、ゆったりとした気分で登って行けた。紅葉を楽しみたかったが、ほぼ終わりかけており、裸木が多くなっていた。間もなく着いた山頂は、植林と雑木が混じった林となっており、展望は無かった。植松山を始めとして北の風景を期待していたので、何とか展望は無いものかと、少し北に進んでみた。すると一帯はクマザサ帯となって、そこに喬木が疎らに生えている風景になった。そこからは木立を通してかろうじて北の山並みを眺めることが出来た。更に良く見えないかと一帯を探ってみたが、それ以上にすっきりと眺められる場所はどうしても得られなかった。位置としては北の高峰の展望台となるだけに残念だった。展望は諦めて、風の来ない植林帯の中で昼食を採る。下山は東の方向へ最短距離で林道に出ることにした。クマザサの繁る急斜面をむりやり下って、ゴルフ場との間の林道に下り着くと、後はその林道を歩いて、スタート点へと戻って行った。
<登山日> 97年11月23日 10:50点名・別所へスタート/11:01点名・別所/11:06最高点/11:18車道出合/11:35エンド。
11:47宗山へ再スタート/12:13〜13:33宗山/13:48車道出合/14:03エンド。
(天気) 瀬戸内側は晴れていたが、日本海側は冬型の気圧配置で雨。この辺りはちょうど雨が上がり、晴れたり曇ったりの天気だった。風が強く、日陰では湿ったような冷たさを感じた。北の空は雨雲で閉ざされている。見える範囲の視界はまずまず良好。
<<Photo Album 97/11/23>>

 山頂からは木立を
 通して植松山をか
 ろうじて確認出来
 た





 麓の鷹巣地区より
 東の尾根を見る