TAJIHM の 兵庫の山めぐり <福岡の山>
 
福智 900.5m
 ふくちやま 
北九州市(福岡県)
【98年10月】
1/2.5万地図  金田
  
    
     
98-54(TAJI&HM) 05/10記  16/6改訂 _ 平尾台の大平山より  05/10

 98年に九州山行を目指して姫路を出発したのは10月30日のこと。深夜と言える3時半に自宅を離れた。この日の目的地は北九州国定公園内の最高峰、福智山だった。およそ6時間のドライブの後、登山口に近い北九州市小倉南区にある鱒淵ダム入口に駐車とした。既に20台ほどが駐車していた。そのダム湖の周囲には車道が巡っているが、登山口のある対岸側へは進入禁止になっていた。吊り橋状の橋を渡って対岸に出て暫く車道を歩くと、登山口に着いた。当初は七重ノ滝コースから登る予定であったが、その登山口を何気なく登り出してしまった。途中で今歩いている登山道は山頂への直登ルートで、七重ノ滝コースは登り始めた登山口より今少し歩いてから始まっていたことに気付いたが、直登ルートも九州自然歩道にもなっていることでもあり、そのまま登って行くことにした。そして滝コースは帰路に歩くこととした。雑木林の中の道は程々の傾斜で、リズム良く登って行けた。周囲の雑木林は紅葉が始まっており、目に優しい眺めだった。傾斜が緩くなるとともに雑木も低くなって、やがて山頂下のススキの原に出た。眼前にはススキに覆われた、お椀を伏せた形の山頂部がぽっかり現れている。それまではやや平凡さを拭えなかったコースだったが、この伸びやかな風景を眺めて、登ってきた甲斐があったと言えるものだった。今が見頃のススキの群生の中を山頂へと道は続いている。そして程なく着いた山頂は広々としており、木立はほとんど見えない。所々岩が露出しているだけで、見事な展望が開けていた。南の方向こそモヤが強く視界は良くなかったが、東はふもとの鱒淵ダム、北には北九州市街が見渡せた。そして何よりもこの山のススキの原の風景が、心を和ませてくれた。また頂上直下に見えた避難小屋の周辺は、豊かな森の風景で、これも素晴らしかった。山頂には既に数十人の登山者が着いていたが、広々とした山頂は休憩場所には困らなかった。その山頂は強い風で寒すぎるほどのため、南面の陽当たりの良い草地で休憩とした。そして暫しの昼寝を楽しんだ。下山は、北の豊前越えに向かって下りて行く。豊前越えまではあまり高度を下げず、ひたすら雑木帯を歩いて行ったが、ここはやや長く感じられた。豊前越えからは主ルートを離れ、少し急坂となって七重ノ滝へと下って行く。このコースは少し荒れているように思われた。七重ノ滝に着くと、滝はなかなか見栄えのするもので、感じが良かった。ここでも暫しの休憩とした。しかし滝はこれ一つでは無く、その先にも幾つも堂々とした滝が現れて、目を楽しませてくれた。滝見物だけでも、十分に来る価値がある風景だった。最後、七重ノ滝コース登山口に出ると、そこは往路コースの登山口とは隣りみたいなものだった。
<登山日> 98年10月31日 9:55スタート/10:19登山口/12:00〜13:40山頂/14:20豊前越/15:15滝見吊橋/15:27七重ノ滝入口/15:53エンド。
(天気) 雲の形がはっきりせず、ぼんやりした所と青空の所が入り交じった空だった。雲が多く、その動きは速い。途中の樹林までは、やや気温が高く感じられたが、風は涼しかった。山頂は強風が吹き、かなり肌寒さを感じる。但し、強風が避けられる所では陽射しが快く、風も弱くてちょうど良かった。下山頃より雲は少なくなり、ふもとに着いた時は、雲一つ無い快晴となっていた。この日の視界はかなりモヤがかっており、遠方は霞んでいたが、強い風により、北部は次第にはっきりして来た。
<<Photo Album 98/10/31>>

 頂上が近づいてスス
 キの原の風景が広
 がった






 山頂より鱒淵貯水池
 を眺める







 山頂に立って東の方
 向を見た







 山頂より西の方向を
 見た







 山頂直下にある荒宿
 荘を見る







 下山方向を眺めた