登山記録:2003年(1月〜6月)   
          
  
03-01  1/ 1 尾鈴山(宮崎の山)
    *
03-02  1/ 2 大崩山(宮崎の山)
    *
03-03
03-04
 1/ 4 金比羅山(長崎の山)
       稲佐山(長崎の山)
    *
03-05  1/ 7 弥高山〜増位山(姫路市)
    兵庫の山の初登山は、近場のハイキングにしました。広峰神社の駐車場からのスタートとお気軽ハイキングでしたが、一巡りしますと3時間ほどのハイキングとなり、結構充実していました。以前に比べて道標もはっきりしており、姫路市のアウトドアとしては上々の場所ではと思えました。
03-06  1/16 京見山(姫路市)
   毎年一度、それも一月に登る京見山に今年も登りました。この京見山が見事に変貌していました。全ての登山道がきれいに整備されており、山頂の樹木も切り払われて展望の山に変わっていました。聞きますと、一年かけて何十人ものボランティアの人によって整備されたそうです。山頂へは色々なコースがあり、ファミリーハイクに最適の山に変わったようです。
03-07  1/12 東山(波賀町・一宮町)
    フォレストステーション波賀からの東尾根登山コースは雪道となっていましたが、十分なトレースが付いており、ごく気楽に登って行けました。また山頂は70cmほどの積雪で、雪山初級コースとして結構楽しめました。そして下山をすれば東山温泉につかり、ちょっとした旅行気分を味わえました。ところで期待した山頂展望は少しモヤの強い視界で、すっきりと見えていなかったのは残念でした。
03-08
03-09
 1/18 大谷山(姫路市)
       貴船山 〜 鶴嘴山(姫路市・龍野市・新宮町)
    北は荒れ模様の雲行きでしたが、播磨南部は早春を思わせる暖かさでした。まず午前に姫路市の西脇地区と石倉地区にまたがる大谷山を訪れました。麓の神社から歩き易い道が付いており、また展望の岩場もあって、気軽な山歩きを楽しめました。午後は林田町に移動して、貴船山から鶴嘴山まで縦走しました。少しヤブコギも有りましたが、展望の露岩も多くあり、なかなか面白い尾根歩きを楽しめました。
03-10  1/25 点名・美佐〜点名・西脇(市川町・大河内町)
    この山域では低山の尾根ですが、山頂部は植林のために広く伐採されており、その山上での眺望を楽しみに登りました。ところが402mピークへの登りでは久しぶりに強烈なシダヤブに出会ってしまいました。山上に出てからは、思った通りの展望尾根で気持ちの良い尾根歩きが楽しめました。途中からははっきりと尾根道も現れ、展望の良さと相まってなかなか良い感じの山でした。播州北部の山はすっかり白くなっていました。
03-11  2/ 1 点名・大河〜点名・関(安富町・一宮町)
    安富町の最奧の集落、関の西に延びる尾根を訪ねました。小雪が終日降っていましたが、ときおり晴れ間が広がると、東向かいの雪彦山が雄大に眺められました。その後は一宮町との町境尾根に向かい、すっかり雪に覆われた尾根でスノーハイクを楽しみました。一帯は大規模に伐採されており、素晴らしい展望でしたが、風の冷たさは一際厳しいものでした。まずは7時間のハイキングを楽しめました。
03-12  2/ 9 法師山〜百間山(和歌山県大塔村)
  
03-13  2/10 大塔山(和歌山県大塔村)
  
03-14  2/15 後山〜船木山〜鍋ヶ谷山〜駒ノ尾山(宍粟市・岡山県東粟倉村)
    この尾根は雪の季節になるといつも真っ白な姿を見せてくれます。登り易さと縦走を考えて東粟倉村からの船木山登山道で訪ねました。この日は登山には最高の雪質で、よく締まっていてワカンもアイゼンも要らず、夏道と変わらぬ時間で軽快に登って行けました。そして後山は真っ青な空と樹氷で向かえてくれました。その後の駒ノ尾山への尾根も、1〜2mの雪でササはすっかり隠されており、トレースの無い雪面を心ゆくまで楽しめました。あまりにも素晴らしいので、駒ノ尾山から下山せず、もう一度船木山まで戻って下山しました。
03-15  2/23 苫編山〜籾取山〜西蒲田山〜白毛山〜とんがり山(姫路市)
    天気が今一つなときは遠出を避けて近場のハイキングで済ませますが、この日は裏山巡りとしました。自宅から苫編山まで20分、そして籾取山で昼食を採って日赤病院に下りました。これでは物足りないので、夢前川の対岸に渡り西蒲田山へ。そして白毛山へと縦走して、とんがり山経由で才登山口に下り、自宅へと戻りました。これで5時間ほどのハイキングになりました。これらの低山はいずれも展望の良い山ばかりですが、とんがり山の展望の良さを改めて認識しました。
03-16
03-17
 3/ 4 夕立受山(岡山の山)
       黒鉄山(赤穂市)
    時差ぼけ解消には登山が一番です。それと週末に運動をしなかったので体がさえません。まずは播州北部の山でもと考えたのですが、天気が思わしくありません。南部は好天でしたので、そこで以前から考えていました備前市の夕立受山に訪れました。立派な遊歩道と見事な展望で軽ハイキングには上々の山でした。ただそれではもの足りないので、帰路に黒金山に登りました。黒金山の先のピークまで足を延ばしましたので、結構ヤブコギ登山になってしまいました。 
03-18
03-19
03-20
 3/ 8 烏泊山(岡山の山)
       天狗山(岡山の山)
       楯越山(岡山の山)
    また瀬戸内の陽光を求めて岡山県の南部丘陵、兵庫県に近い手頃な山を訪れました。烏泊山へは遊歩道が続いており、辿り着いた山頂からは瀬戸内に向かって一等三角点の山に相応しい展望が広がっていました。天狗山も展望の素晴らしさは一級で360度の眺望でした。最後は日生港を訪れて、街のシンボルと言える楯越山に登り、町並みを一望しました。ところで天気は概ね晴れ時々曇りでしたが、一時雨、一時アラレ、ときおり快晴と言った目まぐるしい天気でした。
03-21  3/16 雄鷹台山〜仏ヶ台山(たつの市・相生市)
         4週連続の瀬戸内展望ハイキングです。雄鷹台山も仏ヶ台山も名も知らないまま単発では登っていましたが、御津山脈として縦走するのは初めてです。この日は昼には雨の予想でしたので、午前早くから登り雄鷹台山で朝食を採りました。そして仏ヶ台山まで歩き、再び雄鷹台山まで戻ってきました。この両山は、道が無いときは一級のヤブ山でしたが、登山道は有りがたいもので、気楽に4時間のハイキングが出来ました。天気は尾根に出るまでは青空が広がっていたのですが、すぐに曇り空になり、縦走中に小雨が降ってきました。そして下山を待っていたように本降りの雨となりました。
03-22  3/23 白毛山〜京見山(姫路市)
    この1週間は、生活が一変する事態が生じてしまい、全ての計画はご破算になってしまいました。かろうじて日曜日の午前中に3時間のみの時間をようやくとることが出来ました。それも近場のみです。才登山口より白毛山に登り、太子町原へと下りました。そして山麓をぐるっと巡って京見山を西端の勝原地区側から登り、そして才登山口へと下りました。ところで「勝手に道を作ったり樹木を伐採したりしないように」との注意書きが何カ所かに立てられていました。登山道が整備されて登山者が増えると、新たな問題が出来るものですね。
03-23  3/26 船越山(南光町)
    名の通った山でもその姿はと言うと、今一つはっきりしない山があります。私にとって船越山もその一つで、独立峰でも無いのでその姿の印象はと言うと薄いものでした。そこで幾度か船越山をよく見ようと東向かいの尾根に登りましたが、どうもその姿をはっきり見るまでにはいきませんでした。そこで今回は西向かいの尾根に登り、ようやくその姿を認めることが出来ました。そして9年ぶりに山頂も踏みました。ただ登山としての楽しさはと言うと、林道が山頂近くまであり、また展望も今一つで、インパクトは少ないものでした。
03-24  3/29 初鹿野山〜点名・奥山(市川町・神崎町)
    どちらも笠形山から南西に派生する尾根のピークですが、尾根には自然林が多く残っていました。(後で茸山であることに気付きました。)初鹿野山は七種山山塊の展望台として、奥山は笠形山を間近に見上げる山として面白みがありました。但しこの二つの山をつなぐ尾根は、イバラや灌木の茂みが多くあって、少々手こずらされました。
03-25  4/ 5 白毛山(姫路市)
    夕食前の散歩として。
03-26
03-27
 4/ 6 天神山(夢前町)
       峠山(夢前町)
    なかなか時間がとれません。この日も午前のみしか時間をとれず、夢前町の低山巡りとしました。どちらの山も里山として親しまれてきたと思いますが、天神山はどうも忘れられてきたのか荒れがちの尾根でした。それでも間近に明神山が見えました。峠山にはのどかな尾根道が付いていました。山頂こそ展望は有りませんでしたが、近くの尾根からは薬師峰が大きく迫っていました。
03-28
03-29
03-30
 4/13 白毛山(姫路市)
       三濃山(相生市)
       東山(相生市)
     朝は白毛山の散歩ハイキング。午後に少し時間が作れました。なぜか三濃山に登りたくなり、出来たばかりの播磨道で播磨新宮へ。そして三濃山トンネルを通って相生市に戻り、東大門コースで三濃山へと登りました。この日は春霞で視界は今一つでしたが、山頂の桜は満開に近く、春たけなわでした。この山頂から周囲を見ますと、岩峰を突き出した面白い山が見えました。早速訪れることにしました。それが東山で、小粒ながらスパイスのきいた面白い山でした。
03-31
03-32
 4/19 苫編山(姫路市)
       点名・五十渡(山崎町)
  
03-33  4/22 高山(鳥取県若桜町)
    この季節になりますと、兵庫県境に近い中国山地の1000m峰を訪れたくなります。国道29号を北に走っていますと、音水湖の桜が満開でした。そして鳥取県へ。高山は氷ノ山から西へ派生した尾根の一ピークですが、植林地の少ない山肌は自然林が今新緑を芽生えさせたばかりで、澄み切った青空によく映えて見事な美しさでした。まさに感動ものです。山頂もブナの純林が広がり、この山域の素晴らしさを再認識しました。
03-34  4/27 書写山(姫路市)
   午前のみ時間が取れましたので、近場の手軽な山として、久しぶりに書写山を訪れました。今回は西坂参道コースで登り、東坂参道コースで下りました。書写山は高さは低いですが、森としてみると鬱蒼として森林浴には最適です。そして今は目の覚めるような新緑です。摩尼殿を始めとした円教寺の境内を巡っていますと、近場なのに贅沢な気分になりました。
03-35  4/28 豊受山(愛媛県)
   この季節は四国の山を求めて遠征しますが、なぜかよくトラブルが生じます。今回も車がオーバーヒートしてレッカー車のお世話になってしまいました。おかげで予定が大幅変更です。法皇山脈にしぼって登りましたが、豊受山はマイナーなりにも物静かな登山を楽しめました。アケボノツツジが満開でした。
03-36  4/29 二ツ岳(愛媛県)
   四国山行の二日目は二ツ岳です。以前からぜひ登りたい山でようやく念願がかないました。最後の急坂登りは四国の山の険しさを味わえた思いでした。この山もアケボノツツジが満開で、見事な美しさでした。
03-37  5/ 1 ダンノ〜粟鹿山(青垣町・山東町)
     粟鹿山に登るのは10年ぶりでした。3度目となりますが、今回は丹波の山としてダンノ経由で登りました。笹原の広がる尾根は雑木が少なく、展望は素晴らしいものでした。笹もクマザサは枯れ気味で、歩く分には煩わしさは少なかったのですが、雪で押しつぶされていた枯れススキには手こずらされました。小稗集落からのんびりと登りましたので、山頂に着くまでに3時間近くを要しました。やはり粟鹿山は丹波一の大きさだと実感しました。
03-38  5/ 3 王神峯(姫路市・加古川市)
    王神峯は山頂近くに巨大な電波塔があり、この地域では一番目立つ山です。午前のみの登山としてこの山を選びました。山頂から南に延びる尾根に登山道があるとのことでしたので、東のため池に通じる道の方から適当に尾根を目指して登り始めたところ、とんでもないシダヤブに突っ込んでしまい、尾根道に出るのに要らぬ苦労をしてしました。山頂は北の展望が良く、善防山から笠松山への尾根がよく見えていました。また適度な木陰もあって良い雰囲気でした。
03-39  5/ 5 宮ノ奥山(波賀町)
    連休最終日は初夏を思わせる暑さでした。この宮ノ奥山は氷ノ山の支尾根の一ピークですが、林道からは僅かな距離のため、登山と言うよりも三角点を探してのオリエンテーリングでした。一帯はクマザサも有って意外とてこずり、探すのに1時間ほどかかってしまいました。森の中は爽やかに涼しく、おかげで眠気を誘われて昼寝をしていますと、13時を回ってしまいました。このため、この後に予定していた氷ノ山登山が出来なくなってしまいました。
03-40  5/10 大段(鳥取の山)
      氷ノ山一帯は新緑の最盛期となりました。この新緑を愛でようと、また氷ノ山の支尾根のピークを目指しました。久曽木谷川を遡って、幻の滝と言われる久曽木の大滝を訪れましたが、その大らかで気品のある姿は正に名瀑と言えるものでした。そして新緑の尾根を辿って大段へと向かいました。尾根を覆うブナの新緑は期待通りの美しさでした。山頂一帯はネマガリダケの海。しかしその一角にはブナと天然杉の巨木が林立しており、これはまた見事なものでした。
03-41
03-42
03-43
 5/17 ゴソロ山(波賀町)
       山品山(波賀町)
       音水1044mピーク(波賀町)
    このところ毎週のように音水湖のそばを通っていましたので、なぜか山品山に登りたくなり、9年ぶりに再訪しました。今回は音水集落からの急尾根を登りました。自然林のみの尾根は大木が多く、また新緑の盛りで森林浴を楽しめました。この山中で生まれて間のない鹿の赤ん坊に出会いました。山品山は相変わらず展望の悪い山でしたが、西向かいに山頂部が伐採された山が見えました。これが無名の1044mピークでしたが、早速向かいました。山品山から300m下って400mの登り返しでしたが、その山頂からは久々にすかっとした展望を得ました。
03-44  5/25 楠山(上郡町)
    このところHAZYな空模様が続いていましたが、今日は特にひどく、空はどんより濁り、遠方はモヤに溶け込んでいました。このような日は違った山の楽しみ方をしようと、まずは滝見物に出かけました。上月町の飛龍の滝を訪れ、そこで朝食を作りました。その後は林道を歩いて楠山へと向かいました。登山と言うよりもオリエンテーリング的な遊び方でした。
03-45  6/ 1 七種山〜七種槍(福崎町・市川町)
    台風が過ぎて朝からの晴れを期待したのですが、空はどんよりとした雲に覆われ、肌寒さを憶える強い風が吹いていました。今日は午前しか時間が取れず、そこで適度な運動が出来る山として、久々に七種山を訪れました。滝谷林道から七種山へ、そして七種槍へと周回するコースを歩きました。七種槍から七種山方向へは何度か歩きましたが、逆方向は今回が初めてでした。この周り方は結構気楽で、3時間足らずのミニハイキングを楽しめました。
03-46  6/ 8 弘浪山〜東峰山(氷上町)
    以前に白山(氷上町)に登ったとき、北向かいの小ぶりながら堂々とした風貌の山が印象に残っていました。それが弘浪山でした。この弘浪山に登るにあたり、もう少し歩きたいと東峰山への縦走を組み合わせたのですが、これがアップダウンの続く尾根で結構ハードでした。しかし岩場の尾根歩きは面白く、また展望も素晴らしいもので、快晴の好日を十分に楽しめました。ところで陽射しの強い一日でしたが、木陰の涼しさは特筆物で、本当に快いものでした。
03-47  6/14 西山(安富町・山崎町)
    始めは安志稲荷から登ることを考えましたが、梅雨空を見て手っ取り早く登れる安富町名坂からのルートに変更しました。登山道を途中で誤り、急尾根を登ることになってしまいましたが、そのまま登って行きますと、山頂に着いてしまいました。その山頂に着いた頃に、とうとう雨が降って来ました。しばらく佇んでいますと雨は止みましたが、今度は霧が湧いてきてすっかり視界が閉ざされてしまいました。それでも静かな山頂でのんびりと昼飯時を過ごすことが出来ました。
03-48  6/21 三ノ丸〜氷ノ山〜赤倉山(鳥取県若桜町・大屋町・関宮町・美方町)
    3年ぶりの氷ノ山を目指して、鳥取県側の舂米集落からワサビ谷ルートで登りました。このマイナールートには小径はほとんど見当たらず、ひたすら沢を登って行きました。きついヤブコギが多くありましたが、沢の水は冷たく正に一級のおいしさでした。3時間半かかって稜線に出ますと、そこは三ノ丸のそばでした。三ノ丸で一休み、後は戸倉ルートで氷ノ山山頂へ、更に足を延ばして氷ノ山越えから赤倉山へと向かいました。登山対象として赤倉山に登りましたが、これまたすごいヤブ山でした。
08-49  6/24 苫編山(姫路市)
    午後のひとときをごく近くの苫編山で過ごすことにしました。山崎山の西麓より登り始めました。配水池の前を通り、尾根道のままに歩いて苫編山の山頂に立ちました。下山は富士見台へ向かうコースで下りました。
03-50
03-51
 6/29 比延山(西脇市)
       三角点山(西脇市・黒田庄町)
    「はりま歴史の山ハイキング」と言う本が出版されましたが、ここに以前より気にしていました比延山と三角点山が紹介されていました。どちらも展望に恵まれた山です。この日曜日は久々の澄んだ空となりましたので、早速この両山に登ってきました。本は有りがたいもので、ごく簡単に登山口に着くことが出来ました。比延山の北ルートを除きましては、気軽なハイキングコースでした。山頂の展望を期待していただけに、どちらも素晴らしい展望で満足のいくものでした。笠形山から千ヶ峰のスカイラインがくっきりと見えていました。