登山記録:2004年(1月〜6月)   
          
  
04-01
04-02
 1/ 1 三国ヶ岳(篠山市・三田市)
       白髪岳〜松尾山(篠山市)      
     04年スタートは前日に続き北摂の山としました。ただこの三国ヶ岳を美濃坂峠から登りましたので、本当に呆気ないくらいすぐに山頂でした。薄霞の中に多紀アルプスが見えていました。この三国ヶ岳は足慣らしと考えて、もう少しメリハリのある山に登ろうと、急きょ白髪岳に向かいました。10年ぶりに登りましたが、その登山道の整備されていることには驚かされました。兵庫50山に選ばれた山は、どれもいじられすぎるようです。ただ山頂展望は良くなっており、全方位の展望を楽しみました。
04-03  1/ 3 苫編山(姫路市)
        どうも正月は食べ過ぎになります。少し時間があれば、軽く運動をして胃の調子を整えたいものです。この日は午前の時間を利用して、裏山の散策です。四ツ池登山口より登り、山崎登山口へと歩きました。モヤの強い空でしたが、暖かい陽射しが降り注いでおり、さほど寒さは感じず程良い感じで歩けました。山頂そばの露岩地で一休みです。のんびりと姫路平野を眺めたり、瀬戸内海を眺めて過ごしました。瀬戸の島は家島こそ何とか見えていましたが、小豆島は荒天なのか、薄黒いモヤに閉ざされていました。まずは1時間半ほどの散策を楽しむことが出来ました。
<10:45自宅スタート/11::03四ツ池登山口/11:33〜12:20山頂/12:50エンド。><晴れとは言えそうだったが、空全体がモヤがかっており、視界もどんよりしていた。気温は高めで、陽射しの中を登っていると、暑さを感じるほどだった。>
04-04  1/ 4 那岐山(岡山の山)
    今冬の雪山第二弾です。北部の天気は今一つと思えましたので、さほど北で無く、少しは標高のある山として那岐山に決めました。4度目でしたが、雪山としては初めてです。Bコースで登り、Cコースで下りました。Bコースは登る人が少ないのか、先にトレースした人が何度もずぼった苦労が残っていました。山稜に出ますともう十分なトレースが有り、気楽な感じで山頂に立てました。この日の天気は生憎どんよりとしていましたが、ガスのかかることも無く、周囲の展望はまずまずでした。ところで下山のCコースはほとんどの人が登るようで、きっちりと雪は踏み固められており、無雪期よりも気楽に下ることが出来ました。
04-05  1/10 石堂丸山(上郡町)
    石堂丸山は兵庫県南西部にあって比較的高い山ですが、山上は播磨自然高原として広大な別荘地帯になっており、いわゆるほとんどが個人の私有地で占める山です。登山の対象としては今一つなのですが、その山名の響きからずっと気になっていました。当然山頂そばまで車道が付いていますが、それでは味気ないので、登山として楽しみたく南麓にある名瀑「深谷の滝」側から登ることにしました。小径が滝のそばから続いており、結構気軽に登って行けました。山上に出ますと、別荘地帯は少し寂れていましたが、それとは関係なく、山頂の三角点が傷一つ無い姿で迎えてくれました。
04-06  1/12 藤無山(宍粟市・養父市)
    雪山として是非登りたい山の一つが藤無山でした。それも一宮町の公文側からのコースです。この12日は快晴で、しかも澄み切った青空が播州最奧のこの山の上にも広がっていました。麓は雪が少なく山上の積雪を危ぶみながら登り出したのですが、標高も1000mを越しますと、予想以上の雪山の世界でした。しかも山頂の自然林は全て霧氷の姿で迎えてくれました。山頂の展望も一変していました。山頂の南の木が伐られており、播州の高峰が一望でした。雪もパウダースノーで、スノーハイクを思う存分楽しめました。そして下山後は一宮温泉「まほろばの湯」に浸り、十分に疲れを癒すことが出来ました。
04-07  1/18 神宮司山〜塩山610mピーク(山崎町)
     朝は正に快晴、真っ青な空が広がっていました。そのため朝の冷え込みは厳しく、麓で−6℃でした。神宮司山は初めて訪れましたが、麓から山頂まではっきりとした道が付いており、山頂には小さな神社とあずま屋がありました。山仕事の人たちから大切にされているようでした。その後は北へと尾根を辿り、この尾根の最高峰となる610mほどの標高点も無いピークまで足を延ばしました。落ち着きのある尾根で、雪も10cm程度でしたので、良い感じで尾根歩きを楽しめました。その尾根からは後山を始め、遠くは那岐連山も眺められました。そして下山後は先週に続き温泉でもと、三日月温泉で汗を流しました。
04-08
04-09
 1/24 焼山〜藤ノ木山〜光景寺山(姫路市)
       甲山(姫路市) 
    いわゆる神谷ダムの外周尾根を一巡りしました。スタートは北西麓の牧野公園からで、まず焼山を目指し、山頂より神谷ダム湖の佇まいを眺めました。そして外周尾根をひたすら歩いて藤ノ木山へと向かいました。藤ノ木山からはダム湖岸道路へ下り、ダムの上を渡って西岸に出ました。そして再び尾根に上がり、光景寺山経由で牧野公園へと戻りました。気温の低い日でしたが、快晴に恵まれ、陽射しを受けていると本当に暖かく、冬日のぽかぽか散歩の雰囲気で楽しめました。そして帰路に豊富町の甲山に立ち寄りました。
04-10  2/ 1 三川山(香住町・村岡町)
      厳しい登山でした。冬の三川山はどのような所だろうと単純な興味で向かったのですが、三川権現のスタートからワカン歩行となりました。そして急尾根です。尾根はすっかり雪で隠されており、そして潜りまくりました。ワカンを履いていても数十cmは潜り、それが延々と続きました。山頂まで1時間半ほどのコースが、何と4時間もかかってしまいました。そして下山も雪が緩んでおり、登りよりも更に潜りっぱなしでした。久々に雪山の厳しさを味わいました。やはり三川山は花の季節に訪れる山だと納得しました。ただ登り終わっての充実感は、これは素晴らしいものでした。そして下山後は矢田川温泉で冷えた体を温めることが出来ました。
04-11
04-12
 2/ 8 点名・横野(山崎町)
       点名・霧ヶ坂〜点名・上乃(山崎町)      
      点名・横野はごく平凡な山です。単に三角点がある程度ですが、山頂には送電塔が立っており、そこからの展望を期待して登りました。山頂は適度な展望があり、山崎町西辺の山並みが期待通り眺められました。次に登りました点名・霧ヶ坂は点名・横野の尾根続きとなりますが、時間の関係でいったん下山して、中野集落から登り直しました。点名・霧ヶ坂から点名・上乃までの尾根を歩いたのですが、この尾根はやや雑然としており、展望も今一つでした。その欲求不満気味に点名・上乃に着きますと、西向かいの尾根が伐採されており、あっけらかんとした展望が期待出来そうでした。そこまで歩きたかったのですが、午後遅くとなっており、やむなく下山としました。
04-13
04-14
 2/11 一本松(山崎町)
       点名・上乃〜上ノ729mピーク(山崎町) 
      朝に一本松に登って足慣らしです。山上はもみじの山らしく、もみじの枯れ葉が積もっていました。ここは早朝登山の盛んな所ですが、なぜかおじいさんばかり登っていました。一本松を後にして、3日前の続きをするため、上ノ集落へ向かいました。点名・上乃から始めて、伐採地の広がる西向かいの尾根に向かいました。そこは見た目と違いイバラが繁茂しており、簡単には近づけませんでした。ただ展望は想像以上のものでした。黒尾山から長水山までの尾根が一望なのです。近々と見えるだけに迫力がありました。その後は北に続く700m台の尾根を歩いて林道・細野白口線に降りました。樹間の空いた落ち着きのある尾根で、良い感じで歩けました。
04-15  2/15 黒木山〜点名・赤坂(八千代町)
    黒木山の尾根は遊歩道が作られています。ただ道作りの最中の所もあり、まだまだ完成途上で、山頂のあずま屋も新しいものでした。尾根からの展望は良く、右手には翠明湖、左手には笠形山から千ヶ峰の尾根を眺めながらの気楽なハイキングでした。そして尾根の中間点にある展望台で一休み。そこからは西向かいの尾根に回ったのですが、そちらは細々と小径の続く、ハイキングとは縁の無い里山でした。枝の下をくぐったり、シダをかき分けたりの尾根歩きでしたが、立派すぎる遊歩道を歩いているよりも、なぜか心の落ち着く自然な気持ちで歩けました。
04-16  2/20 進美寺山〜須留岐山(豊岡市・養父市)
      2月の半ばだというのに、但馬には春の風が吹いていました。赤崎集落から歩き始めて、まず進美寺へ向かいました。境内には、まだまだ雪が残っていましたが、庭の梅がもう赤い花を咲かせていたのが印象的でした。そして進美寺山に登り、須留岐山への尾根を歩きました。尾根にはほとんど雪は見られず、快い陽射しにTシャツでちょうど良い感じでした。尾根の展望は良いとは言えませんが、雑木林の佇まいが美しく、また歩き心地も良く、お薦めものの尾根でした。久々に昼寝も出来、好日のハイキングを十分に楽しむことが出来ました。
04-17
04-18
 2/21 堂山(豊岡市)
       賀嶋山(竹野町)        
      前日に続き、この日も但馬は春の陽気が続いていました。まず兵庫の北東端となる堂山に登りました。田結集落から始まる尾根を登ったのですが、冬枯れの風景の中を、のんびりと暖かい陽射しを受けて登るのも悪くないものでした。また草地の広がる山頂は、一休みするのには頃合いの良い感じでした。午後は猫崎半島のハイキングです。竹野浜から猫崎灯台までの尾根歩きは、濃い常緑樹に包まれ、北端の半島を歩いている感じはせず、むしろ淡路島の南端を歩いているような錯覚を覚えました。しかし灯台から見えた海岸は、日本海の荒波が作った厳しい風景でした。
04-19  2/28 妙見山(八鹿町・村岡町・関宮町)
    今冬の雪山、5番目は但馬の名峰、妙見山です。八鹿町の日畑集落から始まる登山道を歩きました。登山道の雪は徐々に増え、名草神社では50cmほどになっていました。妙見峠へと向かったのですが、道はすっかり雪で隠され、途中で見失ってしまいました。仕方なく急斜面の山肌を雪と格闘しながらを登ったのですが、これは結構なきつさでした。しかし登り着いた尾根は、スノーハイクの世界でした。クマザサはすっかり雪の下で、白い雪面と木立だけの風景です。尾根は緩やかで歩きやすく、トレースの全く無い雪面を自由に歩いて山頂を目指す心地は、雪山ならではのものでした。なお、尾根から見えた氷ノ山から扇ノ山へと続く山並みは、なかなかの雄大さでした。
04-20
04-21
 3/ 7 綾部山(たつの市)
       嫦娥山(たつの市)      
      春の季節感を味わおうと、久々に綾部山へ観梅に出かけました。ちょうど梅は満開で、素晴らしい景観でした。しかし人の数もものすごいもので、歩くのにも一苦労でした。ついでに山頂の三角点を訪れましたが、そちらはひっそりとしていました。ただ展望は素晴らしいもので、播州平野が一望でした。この日の天気は朝こそ快晴だったのですが、昼が近づきますと小雪が強い風をともなって降ってきました。吹雪の様になることも有りました。午後は御津山脈東部を歩こうと、まず嫦娥山に登ったのですが、天気は安定せず、晴れたと思えば雪が降ったりと目まぐるしいために、嫦娥山を登っただけで終えました。
04-22  3/13 嫦娥山〜Y山〜X山〜稲富山(御津町)
      先週に御津山脈の東部を歩こうとしたのですが、天気が今一つで嫦娥山のみで終えてしまいました。そこで今一度歩き直すことにしました。屋津坂に車を止めてまずは嫦娥山に立ちました。そして東に向かって尾根道をひたすら辿りました。この日はおだやかな晴天で、春霞に薄ぼんやりとした瀬戸内や御津の山並みを眺めながら、のんびりと歩いていきました。途中では花盛りの岩見梅林も通過し、二週続けての観梅も出来ました。そのまま尾根の東端となる中島集落まで歩いていくつもりでしたが、稲富山を過ぎた所で、尾根は採石場によりすっぱりと切断されていました。そこでやむなく下山としました。
04-23
04-24
 3/20 盃山(山形の山)
       大岡山(山形の山) 
    山形市に仕事で訪れましたが、午後がすっぱりと空きました。車も有りましたので、手軽な山でも登ろうと考えたのですが、東北の三月はまだまだ冬です。どの山も雪を纏っていました。そこで書店でガイドブックの「やまがたの山」を求めました。見つけたのが盃山です。ごく気軽に登れるとのことでしたが、気軽すぎました。10分とかからず山頂でした。展望こそ素晴らしく、朝日連峰も月山も良く見えていましたが、もの足りません。もう一つと大岡山に登りました。こちらも30分程度で山頂でしたが、登山道は程良い落ち着きがあり、冬枯れの森を逍遙する気分で散策を楽しめました。
04-25  3/21 鳴虫山(日光の山)
    宇都宮市に仕事で訪れましたが、午後がすっぱりと空きました。車も有りましたので、手近な日光の山へと向かいました。選んだのは日光の高峰を眺められる山として鳴虫山です。日光宇都宮道を走っていますと、男体山こそ雲に隠されていましたが、大真名子山を始め他の日光連山は良く見えており、期待に胸はふくらみました。しかし近づくほどに雲が増えてきました。この鳴虫山は日光市の町中から気軽にアプローチ出来る山です。14時前からの登山となりましたが、何の心配も無く登って行けました。登山道は登りやすく、少し早足気味に登りますと、70分ほどで山頂に立てました。ただその頃には上空はすっかり曇り空で、日光連山も総て雲に隠されていました。展望こそ楽しめませんでしたが、木立の美しい風景を愛でながらの散策を楽しめました。
04-26  3/27 天狗山〜妙見山〜白山(黒田庄町)
    久々に黒田庄町の名山を訪れました。寺内地区に入りますと、周囲をぐるりと山に囲まれ、すっかり山里の雰囲気でした。その周囲の山を一巡りしました。まず初めての天狗山には、西麓の八王子神社から適当に取り付き、山頂を目指しました。少しヤブっぽいながらも尾根はまずまずの歩きやすさでした。次に妙見山を目指し、妙見道を巡るコースを一周しました。そして白山を訪れて下山としました。妙見山、白山には、はっきりとした登山道があり、道標もしっかりしており、地図無しで何も考えずに歩けましたが、天狗山は岩場もあって決して登りやすい山とは言えませんでしたが、登る楽しさはこの山が一番でした。
04-27
04-28
 4/ 3 黒沢山(上郡町・赤穂市)
       白旗山(上郡町)        
    始めに訪れた黒沢山には、山頂に光明寺祈願堂がありますが、中腹には養鶏場もあります。今は鳥インフルエンザで一番神経を使っている時期でもあり、通過しようとすると、車をきれいに殺菌されてしまいました。なお山上からは展望を期待したのですが、この日の空はひどいモヤで、近くの山も薄ぼんやりとしか見えていませんでした。次に白旗山に向かいました。この日に訪れたのは、山頂の桜を期待してのことです。麓の鞍居川に沿う桜並木はほぼ満開でしたが、山頂はまだ五分咲きでした。そのことよりも気になったのは、どの木も少し弱っていたことで、花を付けていない木も目に付き、少し物寂しい感じでした。
04-29  4/10 扇ノ山(鳥取の山)
      春となれば山菜の季節です。フキノトウを摘みに氷ノ山山麓へと出かけました。今年は雪が多かったのか、10日ほど雪解けが遅いようです。それでも十分に山菜取りを楽しめました。この後は、鳥取の低山でもと考えていたのですが、間近の雪山を見て、急に扇ノ山に登りたくなりました。11時を過ぎていましたが、八東町の「ふる里の森」コースなら簡単だろうと向かいました。ところが林道上にはまだ多くの雪が残っており、登山口に着くまでに1時間以上かかってしまいました。いざ登り出すと、もう雪山そのものです。春の雪は良く締まっており、さほど潜らず登れましたので、登山口より1時間少々で山頂に立てました。子供連れの人も登っており、みな暖かい陽射しの中、雪山を楽しんでいました。
04-30
04-31
 4/17 御祓山(大屋町) 
       居母山(京都の山)
      念願だった御祓山山中にある「みづめ桜」をようやく訪れることが出来ました。散っていることを心配したのですが、満開に間に合いました。その美しさは想像以上のものでした。もう一、二日で終わるのか、盛んに花びらを散らせていましたが、その風情も美しいものでした。そして御祓山頂上へ。再訪となりますが、落ち着きのある尾根道は何度歩いてもいいものです。この御祓山登山を終えても、まだ12時過ぎでしたので、もう一山登ろうと、少し遠いですが以前から興味のあった居母山に向かいました。14時からの登山でしたが、登山道は気楽なもので、一時間での山頂でした。枯れ地の広がる山頂はのんびりした雰囲気で、また心地よい風が吹いていました。午後の遅いことも気にせず、一時間ほど昼寝をしてしまいました。
04-32  4/25 大逧山(南光町)
    急に肌寒い日が帰ってきました。それと比例してくっきりとした空が広がりました。何とか日曜日に時間を作ったのですが、朝のうちは山菜採りにいそしみ、さてどの山に登ろうかと考え、1月に登った神宮司山の尾根から見た大逧山の姿を思い出しました。そこで早速向かい、寺坂峠に近い谷筋から登りました。ごく短時間で登れる山でしたが、自然林の広がる山頂の佇まいは落ち着きのあるもので、新緑の木々が目にまぶしく感じました。さほど展望の良い山ではありませんでしたが、奥播州の三室山や後山を違った方向から眺められ、新鮮な展望を味わえました。
04-33  4/29 大菩薩嶺(山梨の山)
      前日の夕方に甲府に入ったのですが、急速に天気は回復して、中央道から見えた南アルプスや富士山は、これ以上は無いと言うほどくっきりと見えていました。この日もその天気は続いており、朝から雲一つ無い素晴らしい快晴でした。上日川峠から大菩薩峠へ、そして大菩薩嶺へと歩いたのですが、さすが展望の山だけに、富士山から南アルプス、八ヶ岳が大パノラマとなって広がっていました。また大菩薩峠からの尾根道は、ハイキングの楽しさを十分に味わえるおおらかな道でした。ただ山頂まではゆっくり登っても2時間とかからず、歩くのには少々物足りなかったため、更に北へと、丸川峠近くまで足を延ばしました。
04-34  4/30 雲取山(関東の山)
      埼玉県大滝村の三峰から雲取山を目指しました。雲取山に登るのなら雲取山荘で一泊するのが無理のない計画なのですが、二日行程になるのがいやで、日帰り登山を強行しました。三峰から山頂までは10.7kmの距離があり、間には二つのピークもあって中途半端ではありません。ただこの日は連休中とは言ってもウイークデイとなるため、ほとんど人とは会わず、マイペースで登ることが出来ました。樹林帯の続く道は程良い歩きやすさで、5時間コースを4時間で登れましたので、10時半には山頂に立てました。そこはそれまでの展望の悪い尾根から開放されるかのように、あっけらかんと開けており、のんびりと憩うという言葉がぴったりの山頂でした。下山の行程が気になりながらも、1時間ばかりを過ごしてしまいました。
04-35  5/ 1 両神山(埼玉の山)
 前夜は両神山荘のおやじさんに、たっぷりと両神山の知識を得ました。この日は前日の足の疲れを心配したのですが、疲れは少なく、けっこう快調に登っていけました。この両神山は秩父の山では北寄りのため、少々雪を心配していたのですが、雪のかけらも無く、すっかり新緑の世界でした。神を祀る山として自然が大切に守られてきただけに、その新緑の美しさは際だつものでした。両神山に対しては、その独特の山稜風景やクサリ場の有ることからして、男性的な山のイメージを持っていたのですが、登ってみますと、さほど荒々しさは感じず、山頂に今を盛りと咲くヤシオツツジもあって、少しイメージが変わりました。
04-36  5/ 2 黒檜山〜駒ヶ岳(群馬の山)
    前日で登山行を終える予定でしたが、諸般の事情により関東に一日余分に足を止めなければならなくなりました。そこでもう一山をと、赤城山の最高峰である黒檜山に登ることにしました。ただ三日続きだった好天もようやく崩れ、朝からどんよりとした曇り空で、赤城山の高い峰はガス雲に包まれていました。しかし黒檜山に登るうちにガスは薄れ、駒ヶ岳へと向かう頃には、赤城山のガスはほぼ消えました。大沼、小沼も望まれ、赤城山の風景を堪能しました。ところで連休中の日曜日とあって、赤城山はレジャー客でいっぱいでした。黒檜山の山頂は親子連れのハイカーで占拠されていました。
04-37  5/ 5 シブレ山(神戸市)
    阪神高速7号線を走っていますと、箕谷あたりで丹生山系が間近に眺められ、なかなか良い眺めです。幾度か通っていますと、この山域を訪れたくなりました。そこでこの五日の日に午後だけですが、丹生山系を眺められるのではと、つくはら湖の南にあるシブレ山に登りました。登山としては山頂の無線中継所まで車道が続き、さほど味のある山ではありませんでしたが、季節柄か、新緑とともにワラビがいっぱい目に付きました。すでに多くは採られていましたが、きまぐれに摘みながらも、けっこうおかずになる分量が採れました。
04-38  5/ 8 くらます(鳥取の山)
    五月の声を聞きますと、新緑を求めて兵庫県境に近い鳥取の山へ行きたくなります。そこで3度目となりますが、「くらます」を目指しました。この日は晴天の予想でしたので、気分良く出かけたのですが、天気の回復は思わしくなく、一宮町以北の峰々はガスに隠されていました。「くらます」も中腹から上はすっかりガスの中でした。それでも、鮮やかな新緑で迎えてくれました。この日の登山コースは決めておらず、植林地内の小径をつたい、途中からは小さな尾根を適当に登って行きました。けっこう登りやすい尾根だったのですが、主稜に近づいて俄然ササヤブにつかまりました。後は山頂までひたすらヤブコギでした。くらます山頂に着いてガスの晴れることを期待したのですが、一時薄日が射しただけで、ガスはかえって濃くなりました。
04-39  5/15 宮山〜点名・打呑口(一宮町)
    最新の「安積」の地図を見ますと、宮山の尾根続きとなる736mピークに、新しく三角点が置かれているのを知りました。そこで宮山と合わせて訪れることにしました。宮山へは南麓の町民の森からのハイキングコースで気軽に山頂に立ちました。この日の天気は晴れから曇りへと徐々に悪くなりましたが、視界はけっこうすっきりしており、展望の良い山頂からの風景を楽しむことが出来ました。その後は736mピークへと尾根歩きを続けました。下草も無く、ほどほどの歩きやすさの尾根でしたが、木立が終始続き、展望には恵まれませんでした。印象的だったのは、736mピークから南へと下った尾根で、鮮やかな新緑に心が洗われる思いでした。
04-40
04-41
 5/22 大徳山(養父市)
       西山(山崎町・安富町)  
 この日は但馬北部に向かっていたのですが、北の空はガス空で高い峰はガスに隠されていました。そこで八鹿町まで来たとき、途中下車のような形で、近くの大徳山を登ることに変えました。大徳霊園の名に惹かれて霊園まで行きますと、その先に山頂方向に向かう作業道が見えました。その道を辿っていきますと、道は延々と続き、頂上間近まで迫れました。その大徳山の山頂こそ展望は僅かでしたが、近くに建っていたマイクロウェーブ反射板からは、北に向かって広い展望がありました。ただこの大徳山だけではあまり登山をした気になれず、帰路に山崎町三谷を訪れ、近くの西山を登って少々足を疲れさせました。
04-42  5/29 毘沙門山(香寺町)
    早々と梅雨の季節となったようです。朝からどんよりとした空でしたが、雨の降る気配はありません。午前中は降りそうにもないので、近場でもと香寺町須加院の里山、毘沙門山を訪れることにしました。奧須加院から相坂トンネルへの道を向かいますと、毘沙門堂の標識を見ました。ここより毘沙門堂を経て山頂へと辿りました。毘沙門堂までは参道があり、その先も山頂まで小径が続いており、まずは気楽な登山でした。山頂手前の露岩地に腰掛け、北に見える谷山の尾根を暫しの間眺めていました。
04-43  6/ 2 高峰〜点名・南小田1(大河内町)
    最近、大河内町のパンフレットを見て、長谷集落の南の尾根に高峰と名付けられたピークがあることを知りました。そこで早速訪れました。南側からアプローチしましたが、ひたすら薄暗い植林地の登りでした。山稜に出てからも植林地は続き、山頂でようやく辺りは雑木林に変わりました。但し、全く展望はありませんでした。それでも涼しげな風に誘われて、昼寝などで3時間ほど過ごしてしまいました。この後はこの一帯を知るつもりで西へと山稜を辿りました。すると西へ向かうほどに笹原も現れ、北から東にかけて素晴らしい展望が広がりました。そして南小田777mピークを経て下山としました。ちょっぴりヤブコギもありましたが、それを気にしなければ意外と面白い山域でした。
04-44
04-45
 6/ 5 点名・渕(大河内町・生野町)
       
達磨ヶ峰(朝来市)
    大河内町の北東端には、その名のごとく市川の渕に渕集落があります。699mピーク(点名・渕)には、その渕集落に近い尾根からアプローチしました。標高差300mほどの一気の登りを越しますと、なだらかな頂稜部に出ました。ただ一帯は全くの植林地でした。その頂稜部を数百m歩いて三角点ピークに出ますと、素晴らしい展望が待っていました。西には雄大に平石山の尾根が迫っており、北西にも達磨ヶ峰から段ヶ峰への稜線が一望でした。この日の空は澄んだ青空が広がっており、文句無しの展望でした。ここから見た達磨ヶ峰の優美さに惹かれて、午後はその達磨ヶ峰に向かいました。旧生野荘跡からの登山道を辿りますと20分少々で山頂に着き、午後のひとときを山上展望で楽しく過ごしました。
04-46
04-47
 6/13 三国岳(多可町・朝来市・丹波市)
       釜床山(朝来市)  
    前日の雨模様の空が一変して、快晴の朝で迎えました。この空を見て、かねてより山上展望を今一度味わいたいと思っていました三国岳を目指すことにしました。今回は生野町側からアプローチしました。登りは手違いで登山道を使わずに登ってしまいましたが、着いた山頂では予想以上に素晴らしい展望に出会え、積年の思いが晴れました。ただこの三国岳登山だけでは簡単すぎましたので、もう一つ登ろうと釜床山に向かいました。こちらも二度目となりますが、同じくコースを変えて生野市街から山頂を目指しました。点々と石仏が置かれた登山道は古道の趣がありました。そして山頂は展望こそ有りませんでしたが、自然林が程良い落ち着きをかもしており、新緑が眩いばかりの美しさでした。
04-48  6/19 赤岳〜横岳〜硫黄岳(八ヶ岳)
    この二日前までは全く計画は無かったのですが、ひょんなことで八ヶ岳を登ることになりました。梅雨の中休みが続いていましたが、それも終わろうとして、この日の予報は曇りでした。ところが天気は持ち直したのか、早朝こそガスが山を隠していましたが、その後天気はどんどん良くなり、ガスは消え山稜が現れて来ました。そして上空の雲も次第に無くなり、赤岳山頂に着いたときは真っ青な空が広がる快晴になっていました。しかも視界は十分に澄んでおり、南アルプスから中央アルプス、北アルプスとどの山もくっきりと見えていました。この天気に気を良くしてその後は横岳へ、そして硫黄岳へとミニ縦走を楽しみました。尾根の風は涼しく、陽射しもまだ真夏の厳しさはありません。それに高山植物はもう花盛りで、たった一日でしたが、八ヶ岳を十分に堪能しました。
04-49  6/27 日笠山〜一本松(姫路市・高砂市)
    まさに梅雨どきです。遠出は止めて近場でもと、日曜日の午後になって出かけました。朝には雨を降らせた天気も午後は良くなっており、陽射しが現れてからは気温もぐんぐん上昇しました。日笠山からスタートしたのですが、湿度も最高ですぐに汗だくになりました。ごく低山だけに尾根歩きになってからは気楽なもので、展望を楽しみながらのんびり歩きました。ただ草藪が多いためか、やたらとヤブ蚊が多く、けっこう血を吸われてしまいました。この尾根には何カ所も休憩場所が作られており、その都度木陰で一休みでした。まずは無事に一本松までの縦走を楽しみましたが、ふもとの住宅地を歩いた時間を含めますと、この暑さの最中に2時間ほども歩いていました。