登山記録:2005年(1月〜6月)   
         
  
05-01  1/ 1 京見山(姫路市)
      ようやく兵庫北部に雪の便りを聞きました。例年より遅いですが、これを聞いて車を冬タイヤに変えました。そこで早速北へ行きたいところですが、時間がありません。2005年の初登山は、午後に入って簡単に京見山です。昼は気温も上がって気持ちの良い山上でした。京見町東コースから登り、京見町中央コースで下りました。
<13:04京見町東登山口スタート/13:24七ツ岩/13:34〜47山頂。><好天。十分に澄んだ視界で、風景がくっきり見えていた。但し天気の良いのは瀬戸内側だけのようで、北の空は黒い雪雲に閉ざされていた。北風があり、陽射しが強いわりには肌寒かった。>
05-02  1/ 2 籾取山(姫路市)
    新年二日目も時間が取れません。朝から素晴らしい快晴でしたが、朝に僅かな時間を見つけて、近くの籾取山に登りました。コースは姫路商業の東から始まる登山道です。早朝の冷え込みは厳しく、草地はすっかり霜に覆われ、水たまりはすべて凍っていました。この日は早朝ということもあって、風景は鮮やかで素晴らしい澄みようの視界でした。朝食を採りながら、夢前川流域や姫路城を暫し眺めて過ごしました。
05-03  1/ 3 東山(宍粟市)
    新年三日目にして、ようやく一日をハイキングに使えることが出来ました。前日の澄み切った空はもう無くなっており、どんよりとした曇り空に変わっていました。それでも初雪を楽しもうと、波賀町に出かけました。雪の感触を気楽に楽しむのには、東山はもってこいです。予想通り前日にトレースが付けられており、ごく気楽なスノーハイキングを楽しめました。夏道よりも軽く登られたと思われるほどで、1時間半で山頂でした。山頂で積雪は60cmほどでしょうか。陽射しがないため寒さは厳しいものでしたが、モノトーンに見える雪景色も悪くないものでした。そして下山すれば、東山温泉で雪景色の露天風呂も良いものでした。
05-04  1/ 9 京見山(姫路市)
       ほぼ一ヶ月ぶりの京見山早朝登山です。山頂の冷え込みは厳しく−1.5℃でしたが、その冷気の中で暖かいスープを飲むのはおいしいものです。山頂で午前の8時前後を過ごした訳ですが、朝の光が播州平野に満ちて、町並みが次第に鮮やかになっていくのを眺めていました。
<7:24京見町西登山口スタート/7:50〜8:15山頂/京見町中央コースで下山する。><快晴。空気は澄んでいた。風は無かったが、冷え込みは厳しかった。北の空は雪雲が広がって、高い山はその雲に隠されていた。南は小豆島がうっすらと見えていた。>
05-05  1/10 深山(宍粟市)
    先週の東山で雪慣れしましたので、この日はマイナーな雪山を登ろうと、東山に近い深山に向かいました。まず岩上神社そばから始まる林道を終点まで歩きました。林道の入口でこそ雪はうっすらとでしたが、終点辺りでは30cmほどの積雪になっていました。そして尾根では50cmほどあり、もう雪山の雰囲気でした。当然トレースなど無く、ひたすら自力でトレースを付けるのみです。三角点ピークまで展望はありませんでしたが、その先には伐採地が広がっていました。早速そちらに向かいますと一気に雪が深くなり、膝までのラッセルを余儀なくされました。しかしそこには大展望が待っており、西の日名倉山から始まって、植松山、大甲山、そして東の阿舎利山まで、まさに大パノラマでした。
05-06  1/16 下タ山(相生市)
    下タ山は地元では後明富士と呼ばれ、こぢんまりとした愛らしい姿をしています。国道2号線を走っていますと、相生市街を過ぎたときに、ちらりとその姿が見えます。この日は午後に近くの山でも登ろうと別の山に向かっていたのですが、この下タ山を見て急に登りたくなりました。この山は哀れにも中腹から上は山火事で丸裸です。それなら登山道が無くても登れそうでしたので、適当に南の山裾から取り付きました。少しイバラがありましたが、ヤブコギをせずに済むだけに20分も登ればもう山頂でした。そして丸裸のおかげで眺望は素晴らしいものでした。ただ市街地が近い山ですのに、ハンターが入って少し危険な雰囲気でした。なるほど山頂近くでハンターから逃げてきた鹿に出会いました。
05-07  1/22 高星山(大河内町・生野町)
    高星山を雪の頃に登ることを考えていました。それも東の生野学園からのコースです。この日はふもとこそ少ない雪でしたが、登るほどに増えて来ました。そして中腹を過ぎますと岩場も現れ、岩と雪との格闘になりました。天狗岩を巻く所などけっこう急傾斜で、危険な雰囲気でした。天狗岩を越しますと尾根は緩くなったのですが、雪が一段と深くなりました。ワカン等を持たずに登っていましたので、途中からはひざ上までのラッセルになりました。アセビの繁った所に来ますと雪だまりが出来ており、腰まで潜ることもありました。3時間ほどかけてほぼ山頂近くまで来たのですが、回復の兆しが見えた空はその頃再び曇り出し、辺りにガスが立ち込め始めました。そこで山頂を踏むことは断念し、下山としました。天狗岩を過ぎた所までは登りと同じコースでしたが、その先は急斜面の植林地を適当に転ぶようにして下りました。おかげで帰路は1時間半で戻ることが出来ました。
05-08
05-09
 1/29 光明山(相生市・龍野市)
       荒神山(相生市)
      光明山は相生市街の北に位置する山です。相生市街から光明山に向かう林道を、山陽自動車道の高架下から歩き始めました。朝の冷気の中を50分歩いてようやく取り付き点に着きました。もうそこから山頂までは僅かな距離でした。ただその間に灌木のブッシュやシダヤブもあり、展望の悪いままに山頂に着きました。すると山頂では北東方向が明るく開けており、揖龍アルプスがすっきりと見えていました。期待していなかった展望だけに、その明るい様には光明という言葉を思わずにはいられませんでした。午後は光明山に近い荒神山に登りました。こんもりと小さく盛り上がったその姿は優しげで、10分も登ればもう山頂でした。この山頂も明るく開けており、春のように暖かいこの日の陽射しをいっぱい受けました。
05-10  2/ 5 京見山(姫路市)
    今週は時間が作れず、昼前に京見山の散歩登山です。京見町西コースから登り、則直コースで下りました。この則直コースはほとんど歩いたことは無かったのですが少々荒れ気味で、すそ野は私有地につき入山禁止と書かれていました。下り着きますと大山咋(おおやまぐい)神社に出ました。
<14:35京見町西登山口スタート/14:58〜15:07山頂/15:26則直コース登山口エンド。><山頂の気温は10℃。>
05-11  2/12 雨ヶ岳(三日月町・山崎町)
    そう遠くもない所で静かな山歩きを楽しもうと、雨ヶ岳からその北の本郷峠へと続く尾根を歩きました。雨ヶ岳まではほとんど林道歩きで楽なものでしたが、厳しくなったのは本郷峠を過ぎて点名・青木からその先の490mほどのピークを目指したときでした。そこまででも倒木は結構あったのですが、それとは比べ物にならない倒木地帯に出会いました。一帯の全ての木がなぎ倒されており、昨年の台風がいかにすごい威力だったかを思わされました。この日はとにかく歩くことが主体でしたが、思っていた以上に展望に恵まれない尾根でした。帰路は本郷峠から折橋集落への山道を下ったのですが、ここも倒木だらけで、道をたどるのも一苦労でした。
05-12  2/20 京見山(姫路市)
     早朝登山です。京見町西コースから登り、京見町中央コースで下りました。山頂に立ちますと、空は曇り空から晴れへと変わって行くところでした。朝の光が広がるかと思えば、また陽が雲に隠されたりを繰り返していました。山頂の気温は4℃で、まだまだ寒い中で朝食を採りました。
<7:50京見町西登山口スタート/8:11〜30山頂/8:46京見町中央登山口エンド。><北の空はまだまだ雲が広がっており、遠方は判然としていなかった。>
05-13  2/26 宝台山(相生市)
   北の空は全くの雪空です。瀬戸内側のみが僅かに晴れの予想でした。こちらも相変わらず近場にしか行けないため、久々に宝台山に登ることにしました。前回は北西側からのルートで登りましたので、今回は正面コースと言える南側の車道コースで登りました。車道と言っても入口にゲートが有りますので、車が来ることはありません。ゆっくり登りますと、およそ50分で山頂でした。この山頂は幾つか無線塔が建っており、まずまず展望もあります。相生の町並みや瀬戸内が見られましたが、ちょうど昼時に登ったのですが、そのころから天気が悪くなり、小雪が舞うあいにくの空に変わってしまいました。風も冷たく、ふるえながら山頂で昼食を採りました。
05-14  3/ 6 京見山(姫路市)
    日曜日の午後のいっときの散歩登山です。夕方に京見町内で所用があり、その前に体を少し動かすことにしたものです。京見町西コースから登り、京見町東コースで下りました。上空はまずまず晴れていましたが、視界は薄ぼんやりとしており、北の空は厚い雲に閉ざされていました。風はほとんど無く陽射しの暖かみを受けていましたが、木陰はまだ冬の寒さが残っていました。
<14:50京見町西登山口スタート/15:11〜22山頂/京見町東コースを下る。>
05-15  3/13 苫編山(姫路市)
      日曜日の朝に朝食を山上で採ろうと、苫編山に登りました。7時に家を出ますと、苫道国主神社には7時30分に着きました。そこからなら山頂までは13分の距離です。いつも憩う山頂そばの広々とした露岩地で、南に広がる町並みを眺めながら、のんびりと朝食を採りました。その後は西へと尾根を辿り、山崎山の貯水タンクの前より亀山本徳寺廟所へと下って行きました。
<7:05自宅スタート/7:23苫道国主神社/7:36〜8:06山頂。>
05-16  3/21 京見山(姫路市)
 3連休だというのに、出張があったり、引っ越しの準備などで、またまた登山の時間を作れませんでした。ただ何とか春分の日の午後にわずかな時間を作って、京見山に登りました。山頂は風こそ冷たさがありましたが、陽射しはすっかり春のものでした。
<11:43京見町西登山口スタート/12:04山頂/京見町西コースを戻る。><まだ風は冷たい。薄がすみ。その中にぼんやりと家島諸島が見えていた。風が止まったときは陽射しが快かった。>
 この2月、3月の休日は引っ越し準備に追われ、そして引っ越し本番とすっかり登山とは縁遠くなってしまいました。数えてみれば生まれてから9度目の引っ越しです。なぜか里山の近くに住むことが多く、このところ白毛山、籾取山、苫編山と姫路南部の里山のふもとばかりに住んでいましたが、今回も京見山のふもとです。ただどうやら終の棲家になりそうです。そこで心機一転の気持ちで、本ホームページのタイトルを変えることにしました。「TAJI & HM 兵庫の山めぐり」としましたが、夫婦で県内の山ならどこでも気ままに登っていましたので、このタイトルのほうが相応しいのではとの思いから決めました。これからも充実させていきますので、「兵庫の山 写真帳」と同様にご愛顧のほどよろしくお願いします。
05-17  4/ 3 京見山(姫路市)
    引っ越しが終わって一週間経ったのですが、まだ片づけが終わりません。この土日も片づけに終始してしまいました。ただ先週は全く登る時間が無く、この週もとなると二週続けて登らないことになり、これは寂しいと、日曜日の早朝に京見山を散歩感覚で登りました。6時に家を出て手ぶらで京見町西コースを登りました。雨上がりで地表が濡れていたこともあり、ザックを背負ってのときと全く変わらない21分での山頂でした。気温は10℃でしたが、もう蚊をみかけました。山頂は雨上がりでガスがかかっており、広畑の町並みがうっすら見えているだけでした。
<6:06京見町西登山口スタート/6:27山頂/京見町西コースを戻る。>
05-18  4/ 9 鎌倉岳(安富町)
    ようやく新しい家にも落ち着き、少しはじっくりと山歩きをしたいと考えました。このところの空は春霞というのか、すっきりした視界は得られそうにありません。そこで歩くことを主体に少々きつい登山をしようと、鎌倉岳を西尾根からじっくり登ることにしました。取り付き地点は杤原集落にある水尾神社からで、尾根上までは標高差300mの急坂が続きました。西尾根に出てからは少しは楽な歩きになりましたが、昨年の台風によると思われる倒木帯があり、すんなりとは歩けません。おかげで山頂まで3時間かかってしまいました。ただこの尾根から見える鎌倉岳は峻険な感じで、迫力がありました。さほど展望には恵まれない尾根歩きでしたが、久々に道の無いコースを歩きますと、山に全身を包まれている感じで好いものです。
05-19  4/16 イーデン山(ニュージーランド)
      桜が満開を迎えるというのに、なぜかニュージーランドに行ってしまいました。仕事ですから仕方ありません。場所は北島の大都市オークランドです。ただ仕事を済ませて帰るだけだったのですが、土曜日がすっぽりと空きました。そこで市内の山でも登るかと、町の中心部に近いこのイーデン山(Mt.Eden)に向かいました。中心部から歩いて50分、適当に登りますと、標高200mも無い山ですので、20分とかからず山頂でした。山頂に立ちますと、まさに360度の大眺望でした。快晴のもと、オークランド市街があまねく眺められました。ただこのイーデン山は山頂まで道路が通じており、市街観光の定番コースに入っています。そのためひっきりなしに観光バスが来ていました。そして観光客はと言えば中国人ばかりでした。
05-20
05-21
 4/23 与位丸山(山崎町)
       黒尾山(山崎町・一宮町)
      この日は連休前に軽い登山を楽しもうと、黒尾山の一般ルートに向かいました。その前に与位丸山に散歩です。揖保川のそばにあって、本当にこぢんまりとした与位丸山は、6分で山頂でした。それでも展望は抜群の山頂でした。そして黒尾山です。黒尾山は西安積コースのうち、右ルートで登って中央ルートで下りました。右ルートは倒木が多く荒れた印象でしたが、涼しい天気に助けられて、1時間とかからず山頂でした。あいにくのモヤの強い視界でしたが、まだ雪を多く残した氷ノ山がうっすらと眺められました。
05-22  4/29 額井岳(奈良県)
    今年のGWは、連続して山に行けるのは前半だけです。そこで久々に大峰の山を目指すことにしました。ただ奈良の山と言えども時間はかかります。その移動に一日を使うのはもったいないので、道中に手頃な山はないかと考えて、この額井岳を思いつきました。以前から榛原町を通るときに、その姿の良さから気になっていた山です。本来なら戒場山と組み合わせするところですが、足慣らしに登る程度の気持ちでしたから、十八神社からのコースを往復しました。コースは石ころが多くて少し歩きにくさはありましたが、ごく低山の雰囲気で30分も登ればもう山頂でした。山頂には涼しい風が渡っており、展望台から榛原の町並みをのんびりと眺めていました。
05-23  4/30 行者還岳(奈良県)
      前夜は和佐又ヒュッテ前でテント泊。早朝に行者還トンネルの西口に着きますと、もうすでに多くの車が駐車していました。ただ驚いたのは30台ほど止まっていた車に1台も関西ナンバーの車が無かったことです。どうやら連休を利用して百名山の八経ヶ岳を目指す遠来の車のようです。そのため尾根に出るまでは、足の遅い人を何人も抜くことになりました。尾根に出て八経ヶ岳コースと分かれますと、もう全くの静寂さです。尾根は適度なアップダウンがあり、笹原の中をのんびりと歩くのは本当に気持ちの良いものです。それにしても八経ヶ岳コースと何という違いでしょうか。分岐点からの往復は4時間ほどなのですが、途中で出会ったのは5人ばかりの人だけでした。この行者還岳は見た目は平凡な山容ですが、その山頂から弥山が大迫力で眺められました。
05-24
05-25
 5/ 3 権現山(たつの市) 
       京見山(姫路市)
    早朝に揖保川河畔の権現山に登りました。権現山は小さな古墳だらけの山です。その権現山に王子大権現からの道で登ったのですが、道はけっこうヤブ道で、山頂まで20分ほどかかりました。その山頂も展望は良くありません。ただそこから南に付いていた尾根道は、歩くほどに良くなり展望も現れました。最後は揖保岩見神社に下りるのですが、その手前の尾根上は展望台にもなって、広々とした視界が広がっていました。この日の昼はけっこう用事があり、また少々食べ過ぎのきらいがありましたので、夕方も6時を過ぎてから、裏山となる京見山に登りました。日が沈もうとしていましたので、早足で京見町西コースを登りますと、17分で山頂でした。夕方の涼しい山頂で、いっとき赤みのかかった瀬戸の夕暮れを眺めていました。
05-26  5/ 4 大藤山(加古川市)
    今日は午前のみの登山です。このところ東播地域にはご無沙汰していましたので、手頃な山として大藤山に向かいました。二度目なのですが、前回は道を知らないためヤブコギで登り、下山は山頂で見つけた小径で下りました。その下りで歩いた小径を、記憶を頼りに登ることにしました。長楽寺の南西付近から始まる道ですが、尾根に着くまではごく簡単な道でした。その先は次第に荒れ気味となり、そして山頂まで一つとして展望は有りませんでした。ただ途中から枝分かれした小径が南面に回り込んでおり、行き着いた所に石仏が置かれていました。そこは一帯が刈り払われており、ちょっとした展望地になっていました。
05-27  5/ 5 正法寺山(三木市)
    今日も午前のみですが、東播の山を目指しました。この正法寺山は加古川のそばにあって、川沿いの県道からすっきり見える山です。そしてふもとより山頂の電波塔まで舗装路が続いており、車でも山頂に立てます。その舗装路を歩いて山頂に立ったのですが、意外と展望の悪い山でした。この山頂に立って、車道とは別に小径も山頂まで続いているのが分かりました。そこで下山はその小径を辿ることにしました。新緑の美しい落ち着いた道が南西に続いており、ふもと近くで十字路になりますと、そこより西へと折れました。そして竹やぶの中を通って正法寺の集落に下り着きました。そこより駐車地点に戻るときに古墳公園を通るのですが、愛らしい古墳を目に出来ました。
05-28
05-29
 5/ 7 イタリ山(丹波市) 
       浅香山(中町) 
    前日の雨は朝には止んでいたのですが、上空はどんよりと曇っていました。その空が晴れてきたのは、午前も9時頃からです。この日は快晴の予想でしたので、展望の良い山でもと考え、山頂に電波塔の建つ山を目指すことにしました。最初に登ったのがイタリ山です。ふもとには駐車場があり、山頂まで適度な山道が続いていました。ただ山頂は少し木立ちが視界をじゃましており、期待ほどの展望は有りませんでした。それでも山南町の町並みがすっきりと眺められました。そして次に同じく山頂に電波塔を持つ浅香山に向かいました。浅香山は舗装された車道が山頂近くまで続いています。その先も手頃な小径が続いており、気軽に山頂に立てました。その浅香山の山頂は広々としており、好展望の山頂でした。昼を過ぎて天気は一段と良くなり、年に数度と思える澄んだ視界の下で、周囲の山並みを思いっきり眺めることが出来ました。
05-30  5/ 8 天坊山〜丸山(加古川市)
    権現ダムの東に、丸やかな山頂を持つ丸山と、反射板を山頂近くに持つ天坊山が仲良く並んでいます。この尾根で繋がる二つの山を目指しました。この両山の西麓に加古川クリーンセンターがありますが、その近くの溜め池から天坊山の尾根を目指しました。一帯は整備されて遊歩道もあり、また尾根に着きますと尾根道が付いており、ごく気楽に天坊山山頂に立てました。山頂には古墳がありましたが、展望も素晴らしく、眼下に加古川流域が広々と広がっていました。そこから丸山へも適度な小径が続いていました。どうやら送電塔の巡視路のようで、枝道も幾つか有りました。尾根には適度に展望があり、小野アルプスも望めました。ただ丸山の山頂までは小径は続いておらず、山頂は雑木が茂ってヤブ山になっていました。
05-31  5/14 嶽山(鳥取の山)
    新緑の季節になりますと、なぜか兵庫県境に近い鳥取県の山に登りたくなります。今年は名の響きにつられて嶽山(だけだん)に向かいました。この山も新緑の盛りで、どの木々も若葉が美しく、ただただ見とれてしまいました。道も知らずに訪れましたが、「ふれあい桜公園」の近くから適当に取り付いて尾根に出ますと、国土調査で切り開かれた尾根道に出会いました。そこからは無理なく山頂に向かえました。登るほどに展望が良くなり、氷ノ山以南の兵庫鳥取の県境尾根が一望でした。この日は澄んだ青空が広がっており、申し分の無い展望でした。切り開き道は結局山頂まで続いており、ヤブコギも無く山頂に立てました。新緑の若桜の山はその美しさにもかかわらず静寂そのもので、静かな山を楽しむには最適のエリアです。
05-32  5/15 大鳥山(たつの市)
    たつの市新宮町の市街地の北には弥生期の新宮宮内遺跡が発掘されており、今は公園化されています。この遺跡を見下ろすかのように西にこの大鳥山が佇んでいます。この大鳥山は山すそを住宅地が取り囲んでおり、登山道も分かりません。南麓を姫新線に沿って車道を歩くうちに、住宅の切れ目がありました。そこより取り付きますと、始めはササヤブでしたが、登るうちに南南東尾根に達し、そこからは尾根道に出会って、無理もなく山頂に着きました。山頂こそ木立に囲まれていましたが、少し東に下りますと、樹木が疎らになって、好展望地になっていました。足元には宮内遺跡から新宮の市街地が広がっており、その背後に揖保川が流れ、そして揖保川流域の山並みを見渡せました。弥生の人もこの山頂で、ふもとの集落を眺めていたのではの思いが湧きました。
05-33  5/21 悪谷ノ頭(香美町)
      この山は氷ノ山から青ヶ丸、扇ノ山へと続く長い尾根上の三角点ピークです。アプローチとしては鳥取県の舂米集落の先から始まる林道が良さそうですが、取り付き地点までの距離が長いため、以前から気にはなっていたのですが、まだ訪れていませんでした。訪れるのなら新緑の季節を考えていましたが、ようやく実現しました。やはり林道歩きは長く、道草をしたこともあり、取り付き地点までに2時間半以上もかかってしまいました。ただ登山は簡単で、ヤブコギもありましたが30分ほどで山頂に立てました。そこは切り開かれており、すっきりとした展望がありました。鉢伏山が間近に見え、蘇武岳も遠望出来て、登頂感のある山頂でした。下山は山頂で見つけた山道を辿りますと、10分で林道に着いてしまいました。そして再び長い林道歩きで戻りました。
05-34  5/28 黒岩山〜駒ノ尾山(岡山県西粟倉村)
   黒岩山は駒ノ尾山から西に延びる尾根の一ピークです。山名が付くからにはどのような山だろうかとの興味で訪ねました。林道ダルガ峰線の駒の尾山登山口が黒岩山への登山口にもなります。駒ノ尾山とは反対に尾根を西方向に辿りますと、わずかな時間で山頂に立てました。そこはカヤトに若草が萌え出ている優しげな風景で、西に那岐山を盟主として大展望が広がっていました。この後は駒ノ尾山を目指しました。登山口から山頂まで遊歩道が続いており、展望台もあって40分も登れば山頂に着きました。道にはウッドチップの敷かれた所もあって、全くのファミリーハイクコースでした。そして山頂は景色も良くのどかなものです。ただどうも人手によって過度にいじられたという印象が強く、黒岩山の方がずっと新鮮な山頂でした。
05-35  5/29 浦山(姫路市)
    浦山は姫路の御国野町の北にある標高100m少しの小山です。この山は三つのピークからなっており、南西麓の大歳神社から程よい山道が始まっていました。ごく緩い坂道で山上に出ましたが、最初の三角点ピークは少しヤブっぽく、展望は良くありません。しかしその先の二つのピークは展望もあって、桶居山の山並みや御国野の家並みをすっきりと眺めることが出来ました。尾根道は東西に長い尾根を貫いており、最後は地切池に下り着きました。ごく低山でしたが、のんびり歩いて1時間半ほどの手頃な散策が出来ました。
05-36  6/ 4 タカクラ〜安全山(丹波市)
    たまには丹波の山へと出かけました。以前から安全山の山頂に立って五台山を眺めたいとの思いが有りましたので、安全山と尾根続きとなるタカクラとの組み合わせで登ることにしました。まずは安全山山頂に通じる車道を利用してタカクラの尾根に取り付きました。尾根には小径が続いていましたが、やはりそこは丹波の山で、松の木が多く、枯れ松葉と松ぼっくりを踏んでの登りでした。始めに着いたタカクラの山頂は木立に囲まれていましたが、木に登ると南から西にかけて大展望が広がりました。その後は安全山へ。その尾根道にも小径が付いており、気楽なものでした。安全山の三角点ピークは木立の中でしたが、そこから東に下って着いた電波塔の立つ広場は、まずまずの展望地でした。ただ展望よりもゴミの多さが気になりました。その展望地に着いた頃より雲行きが怪しくなり、カミナリも鳴り出しました。そこで南東尾根を下って下山としました。ところで五台山の眺めですが、墨絵のように見えて悪くはありませんでした。
05-37  6/ 5 立岡山(太子町)
    このところ低山にも目覚めており、低い山でも山頂に立ちたくなります。この立岡山は太子町のシンボル的な山です。山頂に巨大な配水池がありますので、太子町のどこからでも一目で分かります。太子西中学校のそばから車道が山頂まで続いており、ふもとから歩いても10分で山頂でした。そこは石蜘蛛城があったとか。それを模したのか、配水池の回りをぐるりと壁が囲んでおり、まさにミニ城壁です。この城壁の一周散歩をしましたが、すっきりとした展望が広がっており、播州北部の高峰も眺められました。
05-38  6/12 高星山〜平石山(大河内町・生野町)
    高星山は今年の1月に東麓の生野学園側から登りましたが、山頂そばまで達しながら、雪の量とガスで登頂を断念しました。そこで生野学園コースを完遂したく、再度の挑戦となりました。始めは雪が無いだけに気楽だったのですが、ルートが見えるだけにそれを辿りますと、俄然倒木地の難路になりました。冬季は適当に尾根を辿って、倒木地に入らなかったようです。そして天狗岩に着きますと、所々で大展望に出会いました。そして高星山へ。山頂は辺り一面アセビに占められており、夜鷹山から砥峰高原の展望が広がっていました。山上に出ればもう楽なもので、後は平石山までの尾根をのんびりと歩きました。誰もいない静かな尾根を逍遙する気分は最高です。平石山からは東の尾根を辿って下山しました。ただ尾根を辿りすぎて、栃原に下りてしまいましたので、生野学園まで長い車道歩きになってしまいました。
05-39  6/18 とんがり山(豊岡市・養父市)
    北麓となる日高町の森山集落より森山川沿いの道で登り始めました。これが失敗で、沢沿い道は昨年の台風災害で崩壊しており、倒木も多くあって難路になっていました。そのためとんがり山の山頂までに2時間もかかってしまいました。そのとんがり山山頂は植林と雑木で全く展望は無く、さほど見所の無い山頂でした。午後は妙ヶ谷を目指して尾根歩きです。最初に572mピークを越すのですが、こちらは展望もあってとんがり山よりも落ち着きた良い雰囲気でした。ただこの尾根歩きはクマザサで次第に厳しくなりました。そのため歩度がなかなか上がりません。そしてとうとう時間切れというか、妙ヶ谷との中間点辺りでその先を断念しました。そこで近くの尾根で下山したのですが、この尾根が急尾根の上にすさまじい倒木地帯で、また沢に下りれば滝になるなど、登りの苦労どころでない厳しい下山になってしまいました。
05-40  6/19 おおまんど山(姫路市)
   姫路市の北東部、飾東町から豊富町にかけては100〜200mの小山が幾つもありますが、その一つのおおまんど山を訪れました。飾東町塩崎の北東に佇む山ですが、三角点はありません。道が分からないため、南麓のため池側から最短距離で登ることにしました。これが草ヤブから始まり、灌木のブッシュにイバラヤブ、シダヤブ、笹ヤブと、低山のヤブの要素がいっぱいの山でした。もう勢いで登るしかなく、200mほどの小山でしたが、山頂まで1時間もかかってしまいました。その山頂も当然ヤブです。ただ手頃な木に登りますと、展望が広がり、善防山に笠松山、そして法華山など近くの山々がすっきりと眺められました。下山は中腹からは送電塔の巡視路で無難に戻りましたが、下山後に手を見ますと、イバラのひっかき傷だらけになっていました。
05-41  6/25 門柳山(黒田庄町・丹波市)
    黒田庄町と丹波市を分ける尾根に妙見山がありますが、その尾根は東へと延びてまた大きく頭をもたげています。それが門柳山ですが、丹波側ではテンロクと呼ばれているようです。この門柳山を含めて尾根をぐるりと松尾原山まで歩こうと計画したのですが、門柳山への尾根の取り付きを間違ってしまいました。尾根に出ますと、そこは妙見山のそばでした。門柳山とはかなり離れています。それと炎天下を登りましたので、尾根に着いたときは暑さでばて気味になっており、着いた所で暫しの昼寝タイムにしてしまいました。そのためこの日は門柳山までしか歩かず、そこより下山としました。どうも暑い最中は、長時間の計画は避けて、出来るだけ無理の無い行動が無難なようです。
05-42  6/26 白鳥山(姫路市)
    山陽自動車道を東から走りますと、書写山トンネルを過ぎた所で、白鳥PAにさしかかりますが、その白鳥PAの北に佇む小山が白鳥山です。山頂に幾つかの無線中継塔が建っていますので、一目で分かります。この白鳥山には北側から山頂まで歩き易い小径が続いています。この日の午後に訪れたのですが、真夏を思わせる暑い最中の散歩登山でした。低山だけに10分も登れば山頂に着いてしまいました。それだけで汗びっしょりでした。ただ山頂も32℃の暑さでしたが、木陰では涼しい風が通っており、汗をしずめてくれました。それと山頂の無線塔は携帯の中継局でしたがどれも新しく、おかげでけっこう切り開かれており、展望には恵まれました。