登山記録:2005年(7月〜12月)   
          
  
05-43  7/ 3 京見山(姫路市)
     雨の日でも体を動かしたく、日曜日の朝に裏山の京見山に登りました。未明まで大雨でしたが、7時過ぎに家を出たときは小止みになっていました。おかげで雨に遭わずに山頂に立てました。山頂は全くのガスで何も見えません。ただ気温は22℃と適温で風も無く、朝食を作るのには助かりました。やはり山上で食べる朝食はおいしいものです。下山は七つ岩コースで下りました。そしてふもとに着いた頃よりまた霧雨が降って来ました。ところで梅雨の季節はヤブ蚊が多いのか、気が付いたときは腕に4匹止まっていることがありました。
<7:12京見町西登山口スタート/7:34〜8:04山頂/京見町東コースで下る。>
05-44  7/ 9,10 愛宕山(たつの市)
    愛宕山は龍野市の鶴嘴山近くにあるこぢんまりした山で、山頂近くに愛宕神社があります。ふもとから安心して歩ける登山道が山頂まで続いており、登山口からゆっくり歩いても、15分とかからず山頂に立てます。9日は雨の降らないうちにと朝に登りましたが、ひどいモヤで、素晴らしい展望を楽しめませんでした。それに蒸し暑さもひとしおでした。そこで翌10日の日曜日は夕方に時間が空きましたので、夕食前の一運動でもと再び愛宕山に登りました。ところが日中は曇り空で我慢していた空が、登り始めた頃より雨粒を落とし出しました。山頂ではそれが強くなり、下山が終わったときは本格的な雨に変わっていました。
05-45  7/16 母栖山(宍粟市)
    この母栖山には96年に安富町の安富ダム側から登りましたが、今にも雨の降りそうな天気のため、写真も撮らずに終えていました。そこで再訪することにしました。暑い季節でもあり、最短コースとなる母栖集落側からアプローチしました。取り付き点は関電山崎実験センターのゲートそばからです。薄暗い雑木の尾根を登ってまず巨大な送電塔の建つ640mピークに着きました。そこは展望が良く、足元に実験センターが見えていました。その先は終始、展望の無い植林帯の尾根歩きです。この日は気温は高くなかったのですが、湿度は異常に高く、たちまち全身汗みずくになってしまいました。その蒸し暑さに耐えながら70分ほどで着いた山頂も、全くの植林地で、どうも植林地歩きで終わってしまいました。それにしても夏のこの山域の恐ろしさを忘れていました。ヒルです。山頂で首に手をやりますと、一匹貼り付いていました。それ以後は用心していたのですが、下山を終わって足元を見ますと、ショートスパッツから靴から何匹も貼り付いていました。そして靴下の中に、見事に二匹が血膨れしていました。
05-46  7/18 雄鷹台山(相生市・たつの市)
    海の日でしたので海の見える山でもと、相生市と御津町、揖保川町の境にある雄鷹台山へ、そして尾根続きの野瀬奥山へと歩くことにしました。朝の涼しいうちに登ろうと向かったのですが、この日は朝からもう気温が高く、登山には厳しい天気でした。屋津坂からのルートでまず雄鷹台山を目指しましたが、登る間は風も無く、ひたすら強い陽射しと蒸し暑さに耐えながらの登りでした。そして中腹辺りでもうバテてきました。何とか雄鷹台山の山頂には着きましたが、ふらふら状態で思わず倒れ込んでしまいました。もう登山を続ける気力はありません。あっさりと登って来たルートを引き返して下山です。何ともだらしなく終わってしまいました。
05-47  7/23 焼岳(北アルプス)
    前日にテントを担いで、西穂山荘前でテント泊でした。この日は焼岳のピストン予定でしたが、未明から雨です。止む気配も見えないまま天気の回復を期待して、6時過ぎから歩き始めました。まずは焼岳小屋まで長い尾根歩きです。途中では雨の降りが強くなりましたが、焼岳小屋が近くなった頃に止みました。ただ全くのガスで何も見えません。荒天でも無い限りは山頂に立つつもりでしたので、そのまま焼岳への登りにかかりますと、次第にガスが薄れて、焼岳の輪郭が現れ出しました。そして徐々にはっきりとしだして、山頂に着く頃には一帯のガスは消え、陽射しも現れました。焼岳は所々で火山性の水蒸気を吹き出しており、まだまだ活火山であることを見せていました。山頂では周囲の山並みこそガスに隠されていましたが、足元には梓川の流れも見えており、まずまずの時間を過ごせました。そして下山頃より再びガスが広がり出し、後は西穂山荘前に戻るまで、ひたすらガスの中です。テント場では夕方になって、再び小雨が降り出しました。
05-48  7/24 西穂高岳(北アルプス)
    昨夜は19時に寝ましたので、未明の3時には目が覚めました。テントから首を出しますと星が見えていました。好天の期待を持ってもう一眠りし、再び外を見ますと、もう辺りはガスで何も見えません。この日もガスの薄れるのを期待して、ようやく明るさの見られるようになった5時前に歩き始めました。登山者は少なく、前後にぽつりぽつりと見えるだけです。濃いガスの中を登り出したのですが、次第にガスが薄れてくるのか上空が明るくなってきました。そして独標が近づいた頃に、一気にガス帯を抜け出しました。見事な雲海が広がり、乗鞍岳や笠ヶ岳が島のように頂上部を現していました。その後は快晴の中の登山です。朝の冷気のおかげで気持ち良く登って行けました。独標までが50分、そして西穂山頂までがまた50分ほどと、足も軽いおかげでけっこう早く登れました。その山頂は穂高連峰の見事な展望台でした。槍ヶ岳も遠くに見えており、澄み切った空の下に迫力を持って眺められました。
05-49  7/25 乗鞍岳(北アルプス)
    台風が近づいており、平湯の空はどんよりと曇っていました。ただこの日は雨でもないかぎりは乗鞍岳に登ろうと考えていましたので、予定通り「ほおのき平」のバスターミナルに向かいました。するとターミナルの天気情報では、山上は晴れのことでした。喜んでバスに乗ったのですが、いつまで経ってもガスの中で、終点の畳平も全くのガスでした。近くもほとんど見えません。雨でもないので、ともかく山頂へと向かいますと、肩の小屋に近づいた頃よりガスが薄れ始めました。そして車道が終わって登山道を登り始めますと青空も現れ、はっきりとガスが消えて来ました。お鉢のふちに着きますとコバルトブルーの権現池を足元に剣ヶ峰から大日岳の尾根がきれいに見えていました。そして歩き始めてから1時間ほどで着いた山頂は夏休みとあって大勢の登山者がおり、その賑わいはまさに観光地です。ただガスが急速にかかっては薄れの繰り返しで、やはりそこは3000m峰の雰囲気でした。下山時には畳平そばのお花畑にも立ち寄り、3時間ばかりの山上散策を楽しく終えました。
05-50  7/30 秋津富士〜浦山(東条町)
    前週の西穂高登山で、パートナーが登山靴の靴底を両足とも剥がしてしまいました。最近よくある事故のようです。そこで新靴の購入となったわけですが、その後ですぐに足慣らしをすることにしました。そしてごく簡単な山として選んだのが秋津富士です。ところがこれが簡単すぎました。登山口からゆっくり歩いても6分で山頂でした。そこで尾根続きとなる浦山まで足を延ばすことにしました。但しパートナーは靴が傷むと言って来てくれません。なるほどヤブコギの尾根歩きとなり、浦山山頂まで50分もかかってしまいました。その浦山まで来ますと、北に清水寺のある御嶽山が見えていました。ところで秋津富士山頂は東条湖を見る絶好のポイントでしたが、東条湖側からは富士山型には見えません。あくまでも秋津の集落から富士山型に見えるようです。
05-51  8/ 6 西蒲田山(姫路市)
    午前中はガーデニングに熱中してしまい、山に足を向けたのは真昼どきです。ごく近くの山として西蒲田山に向かいました。この山は京見山から白毛山へと続く尾根が北へと向かい、姫路バイパスの山田トンネルの上を過ぎて、次に迎える四等三角点ピークです。この尾根を以前に北から白毛山まで歩いたことはありますが、今回はこの西蒲田山だけをめざしました。南西麓に公園があり、そのそばから山頂まで山道が続いています。しかし尾根に着く手前が草やササでヤブ状態になっており、おまけに夏とあってクモの巣もいっぱいでした。気温も33℃と今年では一番暑い中での登山になってしまい、たちまち大汗です。山頂に着いたときは全くのずぶぬれ状態でした。ただ山頂では少しは風があり、山頂の反射板のそばで汗をしずめました。そこからは少しは展望があり、暫しの間、東向かいの籾取山や夢前川を眺めて過ごしました。
05-52  8/ 7 京見山(姫路市)
    この日は朝から所用が多く、自宅に戻る頃は16時が近くなっていました。この日は夏空らしく青い空で、自宅に近づきますと京見山がその青い空にくっきり見えていました。そして家に入って窓を開けますと、京見山から涼しい風が吹いてきました。この涼しさにつられて京見山を登ることにしました。陽射しこそ真夏のものでしたが、山中は常に木陰を歩くことになり、気楽に登って行けました。20分ほどで着いた山頂の気温は30℃、昼下がりの暑い時を嫌われたのか無人でしたが、そこは涼しい風が強く吹いており、暑さとは無縁でした。木陰にいますと、本当に快いばかりでした。入道雲の湧く夏空や、のどかな瀬戸内海を眺めたりしながら、静かな山頂を楽しみました。
<16:00京見町西登山口スタート/16:20〜37山頂。><青い空に白い雲とすっかり夏空だった。>
05-53  8/13 城段(香寺町)
    お盆の季節ですが、今年はお盆休暇が有りません。そこでいつも通り近くの山でもと考え、この城段に目を付けました。この山には過去に糸田集落側からと置塩山から足を延ばしての二度訪れていますが、今回は谷山の南条山ルートで登りました。いにしえは香寺町の人はこのルートで山頂に立っていたそうですが、道こそ有れ、ふもとからすっかり草ヤブになっていました。その道も傾斜がきつくなって来ると不明瞭になり、結局適当に山肌を登ることになってしまいました。すんなり山頂に立てると考えていましたのに、今週もヤブコギ登山になってしまいました。山中は風も無く、蒸し暑いばかりで、もうばてばて状態で山頂に着きました。この後は棚原山までもと考えていましたが、もうその気力は無く、次の立岩から下山としました。この尾根にも小径は有りましたが、やはり荒れており、下山もヤブコギ状態になってしまいました。
05-54  8/20 神ノ浦山(香美町)
    夏になりますと、山にはもちろん行きたいですが、海にも行きたくなります。その点、兵庫県は便利な県で、北に日本海、南に瀬戸内海があり、またその近くには手頃な低山もありますので、両方を楽しむことが出来ます。そこで向かったのが日本海側で、香住港に近い佐津海岸です。まず目指したのが海岸に近い神ノ浦山です。始めは道が分からずヤブコギもしましたが、尾根に出たときに手頃な小径に出会いました。後はその道を歩いて山頂へ。その山頂は鋭く頭をもたげていますので、山頂が近くなりますと急坂となり、真夏にはけっこう疲れる登りでした。ただその尾根からは、美しい但馬海岸が眺められました。下山後は佐津海水浴場へ直行です。人出の少ない海水浴場でしたが、白い砂浜にマリンブルーの水をたたえた海岸は本当に美しく、のんびりと過ごすには最適の所でした。午後の明るい陽射しの元、優しげな波間に山で疲れた体をゆったりとゆだねて過ごしました。
05-55  8/27 黒山(三日月町・南光町)
    久々に青い空が広がりました。このような日は展望の良い山に出かけたいところですが、向かったのは黒山という三日月町と南光町の町境尾根にある小ピークです。上真宗集落から段集落を結ぶ峠道は地図の通りに残っており、車も通れそうな道で難なく峠に出ました。その先の尾根歩きも気楽なもので、さほど難しくも無く山頂に立てました。ただ道中は全く展望に恵まれません。山頂も同じです。せっかく視界のはっきりした日なのにと、展望を求めて辺りを探りますと、松の風倒木地があり、その枯れ木に危険を顧みず登ってみました。するとくっきりと後山が視界に飛び込んできました。この後山は佐用郡はもとより西播南部から本当に目立つ山だと、改めて認識させられました。
05-56  8/28 篝場山(淡路市)
    この篝場山を00年に開かれた淡路花博会場の背後に立つ山と言えば分かりやすいかと思います。前日に行くことを決めたのですが、この篝場山を含む地形図を持っていないことに気付きました。登山道の知識は「点の記」を参考にしましたが、とにかく道路地図だけを頼りに近づくことにしました。適当に篝場山を目指したのですが、やはり地形図無しで近づくのは厳しく、少々迷ってしまいました。ただ八畳岩がヒントでしたので、その八畳岩にまずは立ちますと、何となく篝場山の方向が分かりました。後はその方向に適当に向かいますと、途中では登山道に出会い、無事山頂に立てました。その山頂がまさに大展望台でした。あいにくモヤの強い視界でしたが、近くには明石海峡大橋が、また大阪湾が一望でした。この後は、先週に続きまして、また海水浴です。淡路島にも多くの海水浴場がありますが、手頃な所として、北淡県民サンビーチに向かいました。午後はときおり小雨がぱらつく天気でしたが、海水浴には関係有りません。のんびりと泳いで、午前の山の疲れをほぐしました。
05-57  9/ 3 明神山(夢前町)
   前週に三日月町の黒山に登りましたが、その帰路は少し遠回りをして夢前町の前之庄経由で姫路への途につきました。その前之庄を通っているときに見えたのが明神山で、くっきりとその端正な姿を見せていました。これを見てただただ登ってみたいと思ってしまいました。そこで一週後の登山となったわけですが、残暑の季節でもあり、神種にある「夢さきくもりの森」からの整備されたコースで登ることにしました。登りで選んだのがAコースです。コースは尾根を歩くものでしたが、露岩地が多くあって面白く登れました。残念だったのはこの日のモヤのきつい空で、せっかくの展望を楽しめませんでした。山頂もしかりです。ただ山頂ではススキが新穂を出しており、秋を感じさせてくれました。下山はDコースで下りました。いわゆる小明神に立ち寄るコースでしたが、少しマイナーな雰囲気で、よく整備されているとは言えませんでした。それと昼時が近づいて蒸し暑さも増しており、少々へばりながらの下山でした。
05-58  9/11 礼文岳(北海道の山)
    ひょんなことで礼文島を訪れることになりました。12年ぶりです。前回はガスの上、小雨も降り出すあいにくの天気で、登頂を断念したものです。今回も朝のうちはガスに島の山稜は隠されていましたが、次第に東の空から青空が現れ始め、内路集落から登り出した頃には上空にも青空が見えてきました。登山コースは優しげな気持ちの良い道で、森の中を散策している雰囲気で歩いて行けました。季節がら花は少なくなっていましたが、代わりに様々なキノコを見かけました。山頂が近づく頃にはガスはすっかり消え、快晴の空の元で山頂に着きました。山頂には誰もおらず、360度の展望を独り占めです。涼しい風に青い海と緑の島。文句なしの美しさでした。ただ南の空にはガスが残っており、利尻山は僅かに頂を見せるだけでした。それも70分ほどの山頂滞在の間に天気は更に良くなり、雲一つ無い快晴となりました。そして利尻山はというと、すっかり全姿を現せてくれました。
05-59  9/13 宗谷山(北海道の山)
   この日は稚内空港の昼の飛行機を待つだけでした。そこで午前の時間を宗谷丘陵の小山で過ごすことにしました。最初に目指したのは丸山でしたが、そこは自衛隊基地になっており、登ることは出来ませんでした。そこで近くの宗谷山に向かいました。そのときはこの名は知らず、ただ丸山の近くのピークというだけの知識で向かったものです。道路地図だけの知識で、宗谷集落から始まる無線中継所への林道を辿りますと、宗谷丘陵が広がってきました。どこまでも続くなだらかな丘に、幾つもの風車が立っていました。そして海も間近です。目的とした無線中継所は丘のピークには建っていませんでしたが、その近くにかわいらしいピークが見えました。それこそ目的の山と考えてピークに立ちますと、そこに見たのは一等三角点でした。そして笹に覆われただけのピークは360度の素晴らしい眺望でした。あいにく上空は曇り空で、宗谷丘陵は沈んだ風景になっていましたが、北の空だけは青空が見えていました。そしてそこに見たのは青い海に浮かぶ青い島でした。カラフトです。一等三角点の山から眺めるカラフトは感動ものでした。
05-60  9/17 四阿山(上信越の山)
   この9月最初の三連休は、上信越地方は天気に恵まれることが分かりました。そこでかねてよりその山容の優美さに惹かれていました四阿山を目指すことにしました。急きょの決定です。前夜の20時半に姫路を離れ、仮眠をとるだけでひたすら走りますと、上田菅平ICには6時前に着くことが出来ました。そして菅平高原へと向かいました。選んだコースは南麓となる鳥居峠からの道です。朝のうちこそ山麓は霧に包まれていましたが、林道終点辺りでは、すっかり快晴になっていました。的岩経由で登りましたが、この道は美しいダケカンバ林に包まれ、朝の清々しい冷気の中を気持ち良く登って行けました。そして南には展望が広がり、噴煙を上げる浅間山が見えていました。ただこのコースはなかなか山頂が見えてきません。2144mのピークを越えて、ようやく山頂が望めました。緑に包まれたその姿は、やはり優美そのものでした。山頂が近くなりますと延々と木の階段が続き、そして管平高原からのコースと合流しますと、多くの登山者で賑わい出しました。その山頂はと言いますと、素晴らしい展望地でした。ただ意外と狭く、暫く居ますと人疲れがしてきました。どうも四阿山は山頂に立つことよりも、ハイキングとして山歩きを楽しむのがふさわしい山のようでした。
05-61  9/18 草津白根山(上信越の山)
    草津白根山へは長野県の中野市側から国道292線で向かいました。いわゆるこの国道は志賀高原を通る道です。その志賀高原を過ぎ群馬県へと入り、白根レストハウス駐車場には9時台の時間に着きました。間近に白根山の湯釜がありますが、まだ朝の時間ですのに、その遊歩道は大勢の観光客で数珠つなぎになっていました。その逆方向へと歩き始めました。草津白根山(本白根山)への道は遊歩道になっていましたが、ハイカーだけですので静かなものです。逢ノ峰を経て左回りコースで遊歩道を歩きました。空釜が見える辺りからがこのコースのハイライトです。赤茶けた山肌と優しげな緑が調和した山上風景が広がり、遊歩道が巡っています。展望も素晴らしく、浅間山がスケール大きく眺められました。子供でも気楽に歩けるコースですので、昼どきには多くの家族連れを見かけるようになりました。この草津白根山ハイキングを終えた後は、ついでに湯釜も見物しました。大勢の観光客に混じって覗いた火口はアクアマリン色をしており、怪しげな美しさでした。
05-62  9/24 伊月山(養父市)
    この日の空は播州こそ澄んだ秋空の広がる快晴でしたが、生野町に近づいてから一気に曇り出しました。養父市の空もすっかり曇り空でした。伊月山の南麓を走りますと、斎(いつき)神社に出会いました。お走り祭りで有名な神社です。この神社の裏より適当に登ることにしました。道こそ有りませんでしたが、木立は空いており下草も無く、けっこう楽な登りでした。山頂が近づきますと伐採地も現れ展望が現れました。但し周囲の山々はガスに隠されて見えません。そして山頂に着いた頃より霧雨が降ってきました。もうすることも無いので、雨具を着てふて寝をしますと寝込んでしまい、2時間ほど眠ってしまいました。目覚めても相変わらず天気は悪いままでしたので、同じコースで戻ることにしました。この下山時には季節がらキノコ採りを楽しみました。小ぶりなヌメリイグチを少々採ることが出来、その夜の食卓に載りました。
05-63  9/25 雄鷹台山〜野瀬奥山(たつの市)
    この日も前日に続き播州は澄んだ青空が広がっていました。涼しい風も吹き、ようやく夏が終わったようです。前日は快晴の播州を味わいませんでしたので、何とか午後に時間を作り、向かった先は室津に近い雄鷹台山です。2ヶ月前の暑い盛りに登って、山頂に着く前にばててしまった山です。そこで前回の計画である雄鷹台山から野瀬奥山までのハイキングを完結することにした物です。やはり涼しい季節はありがたいもので、軽い足取りで雄鷹台山の山頂に立てました。そして野瀬奥山へと尾根道を辿りました。このルートは野瀬奥山への急坂登りが面白く、登るほどに展望が開けました。澄んだ空の下、南には嫦峨山から雄鷹台山と続く尾根が広がり、その先には瀬戸の島々がくっきりと見えていました。帰路も同じコースで屋津坂に戻りました。夕暮れの時間となって雄鷹台山の展望台からは、漁を終えた室津の漁船が船団となって港に戻る風景が見られました。
05-64 10/ 1 亀山(たつの市)
    前日までの秋空が一転して、この日は曇り空。蒸し暑ささえ感じるなま暖かい日でした。目指したのは新龍アルプスの池巡りです。中垣内キャンプ場からの道はひたすらなだらかな道で、ハイキングそのものでしたが、暑さの残る季節とあって、やたらとクモの巣が張っていました。尾根に出てまずは新池に立ちよりますと、ほとんど水がありません。池の底がすっかり見えていました。そして近くにあずま屋があり休憩としましたが、そのとき天井を見ますと、スズメバチが巣を作っていました。すぐに退散です。次に向かったのは亀ノ池で、こちらは満々と水をたたえて変わらぬ風景でした。この後は城山山頂を経て、更に南へと向かいました。ただ的場山まで歩きますとキャンプ地に戻るのに大回りとなりますので、途中で西に延びる急尾根の一つを適当に下ることにしました。その尾根がイバラにネズにシダヤブと厳しい尾根でした。それまでの疲れの5倍は疲れてしまいました。
05-65 10/ 9 京見山(姫路市)
    日曜日の朝のひととき、朝食後に軽い散歩でもと登りました。前日の雨は上がっておりすっかり快晴でしたが、視界はくっきりとは言えません。薄モヤがかったような空で遠方は霞んでおり、瀬戸内を見ますと小豆島はモヤの中でした。ただ山上の気温は18℃と適温で、弱く吹く風は快いばかりでした。
<7:34京見町西登山口スタート/7:56山頂。><雨上がりだったが、全体にモヤっぽい空だった。山頂の気温は18℃。弱く吹く風が快かった。北の彼方はモヤで見えなかった。>
05-66
05-67
10/10 高岳〜中岳(阿蘇山) 
       烏帽子岳(阿蘇山系)  
   朝の早い時間に登山口のある仙酔峡の駐車場に着きました。高岳を見上げますとガスに隠されていましたが、高岳への尾根道を登り出した頃にはほぼ消えようとしていました。そして青空が広がって阿蘇の荒々しい風景が現れてきました。尾根道は溶岩がゴロゴロとしていましたが、岩は固められて歩き易くなっていました。おかげで急坂にもかかわらずけっこう気楽な登りでした。朝の涼しさにも助けられて、ほとんど休まずに高岳山頂に立てました。そこからは阿蘇の風景をすっかり眺め渡すことが出来ました。そして中岳へと向かったのですが、天気の変わり様は早く、中岳では薄雲の広がる空になっていました。その中岳から見たのは荒々しい火口風景でした。この高岳、中岳の登山が終わってもまだ11時でしたので、次に草千里に向かいました。そして草千里の南に佇む端正な山、阿蘇五山の一つの烏帽子岳を登ることにしました。草地の尾根は草千里のままの優しさでしたが、観光客で大賑わいの草千里とは別世界で、静かな尾根歩きでした。そして烏帽子岳の山頂もひたすら静かで、そこから眺める草千里もいいものでした。
05-68 10/11 貫山(福岡の山)
   この日は九州中部の山に登る予定でしたが、天気がすぐれません。そこで好天の期待出来る北部へと行き先を切り替えました。そして向かった先が北九州国定公園の平尾台です。移動に時間がかかり、着いたときは昼を回ってしまいましたが、快晴の元でスタート出来ました。吹上峠から始まるハイキングコースでまずは大平山へと向かいますと、登るほどにカルスト台地の風景が広がってきました。なだらかな草地の丘に白い石灰岩が現れている様は、「羊群原」の名の通り羊が群れているようで、周防台の風景と合わせて、イングランドの丘を思い出させる牧歌的な風景でした。そしてハイキングコースを進んで平尾台の最高点、貫山の山頂に立ちますと、そこからは周防灘が一望でした。柔らかい陽射しに快い風、のどかな道に素晴らしい展望と、平尾台はハイキングの楽しさが詰まっていました。
05-69 10/16 雪彦山大天井岳(夢前町)
    この日は快晴でしたが、所用があって午後しか時間が取れません。そこで午後からの登山として選んだのが雪彦山系の大天井岳です。一所懸命に登れて、短時間で充実感の持てる山です。コースとしては、ごく普通に坂根登山口からとしました。その坂根の駐車場に着きますと、既に多くの車が止められていましたが、こちらは有料を嫌って賀野神社に止めました。そこより登山口へと戻り、そして登り始めたときは14時になっていました。もう登山道には人影はありません。午後となってもこの日は涼しく、気持ち良くマイペースで登って行けました。急登続きだけに出雲岩ではもう足に疲れが出て来ましたが、涼しさに助けられて途中短い休憩だけで山頂に立てました。その山頂も無人です。午後の光となって瀬戸内こそ薄モヤがかっていましたが、すかっと夢前町南部の山並みが眺められました。静かな大天井岳は本当に良いものです。その後は地蔵岳に立ち寄って虹ヶ滝へと下り、賀野神社に戻りました。久々の大天井岳でしたが、登山道の荒れが少し気になりました。
05-70 10/23 畑山(姫路市)
    この日の兵庫南部の天気予報は、午前は曇りながらも午後は晴れでした。そこでゆっくりめに自宅を出て、宍粟市山崎町を目指しました。ところがそちらは終始、小雨です。止む気配も見えないため、姫路に戻って来ました。姫路は雲の多い空でしたが、青空も見えていました。しきり直しで向かったのが姫路市豊富町の畑山です。二度目となりますが、今回は神谷ダム湖側から登りました。神谷ダム湖畔までは牧野自然公園の道を歩きました。ダム湖畔から尾根までを適当に登りますと、その先は山頂まで小径が続いていました。その山頂は笹原が広がっていましたが、その周囲を雑木林が取り囲んで、展望はありません。そこで近くのマイクロウェーブ反射板のそばで休憩としました。南に遮るものは無く、足元には姫路セントラルパークが、そして南方遠くでは瀬戸内が午後の光りに光っていました。
05-71 10/30 水剣山(宍粟市)
   先週に登る予定でした水剣山に向かいました。この日は快晴です。三度目となりますが、今回は西麓の明延集落からです。集落の外れで「水剣山の名水」を補給して、沢沿いの道を登って行きました。道が消えた後も急傾斜の山肌をひたすら登って尾根に出ました。後は尾根を歩いて山頂です。山頂は三つのピークからなりますが、北のピークに伐採地があり、黒尾山を中心として好展望が広がっていました。この日の下山は明延集落の南を走る尾根をひたすら下りました。途中までは気楽だったのですが、中腹で倒木地に出会い一苦労でした。それにしても水剣山は登るにしろ下るにしろ、毎度苦労させられます。
05-72 11/ 3 福峰山(上郡町)
   朝から曇り空でした。北部の紅葉は期待出来ないと、そこで近場の低山で昼食を食べようと向かったのが、上郡町東部の福峰山です。東のふもとに奥集落がありますが、その奥集落の最奥にあります杓谷池そばから最短距離で山頂を目指しました。少しヤブ尾根でしたが、30分とかからず山頂に立てました。途中の笹原では展望があり、足元に奥集落を、南東には宝台山を大きく眺められました。山頂は雑木に囲まれて展望は今ひとつでしたが、木漏れ日の下でのんびりと昼食をとることが出来ました。
05-73 11/ 5 波佐利山(宍粟市)
    紅葉の便りが聞こえてきますと、奥播州の宍粟市波賀町に心が向いてしまいます。この日は朝から快晴でした。そこで希望通り宍粟市へと車を向かわせました。紅葉の尾根を楽しもうと目指したのは、音水渓谷の最奥エリアです。波佐利山から東に延びる尾根を、尾根端の向谷橋付近から登り始めました。始めこそヤブ尾根でしたが、次第にイバラも減って登り易くなりました。展望も良く、音水渓谷一帯の紅葉を目に出来ました。その後は樹林帯に入り視界は閉ざされましたが、杉の巨木に出会える尾根でした。波佐利山は相変わらず展望は良くありません。波佐利山からは北へと鳥取との県境尾根を歩きました。この尾根は木立が疎らで所々展望もあり、気持ちの良い尾根でした。ところが1166mピークを過ぎた所より、俄然ネマガリダケのジャングルになりました。長くは続きませんでしたが、その後もクマザサにブナの混じる尾根で、ヤブコギには変わりません。落折山との中間地点まで歩いた所で、県境尾根を離れて下山としました。ともかく自然がいっぱいの尾根を十分に楽しみました。
05-74 11/12 国見山(宍粟市)
   この日の朝の播州南部は快晴でした。そこで先週に続いて宍粟市深部の山へと向かったのですが、宍粟市に入りますと北の空はどんよりと曇っており、高い山はガスに隠されていました。そこであっさり北の山は諦めて、向かったのが山崎の市街地に近い国見山です。と言うのも朝の光で山頂に何やら東屋のようなものが建っているのが見えて気になっていましたので、早速向かった次第です。前回と同じく金谷古墳のそばから登り始めますと、その尾根には新しく遊歩道が作られていました。まだ造成中の様子でしたが、遊歩道は山頂まで続いており、そこには立派な展望台が作られていました。まだまだ一帯は工事中でしたが、来年の春には「国見の森公園」としてオープンするようです。またその山頂そばまで林道の工事も行われていました。この一連の工事で国見山は展望の山に大変身していました。
05-75 11/13 落折山(宍粟市)
   先週の波佐利山登山では、兵庫鳥取県境尾根を落折山との中間点まで歩いて下山しましたが、そのとき落折山までは歩いてみたかったという思いを持っていました。そこで早速の続きをこの日に行いました。この一週で落葉は進んで、裸木が増えていました。先週の続きですので、下山コースを辿っていきました。但し林道終点からは支尾根を登ったのですが、これがクマザサとネマガリダケのヤブ尾根で、県境尾根に辿り着くまでヤブコギでした。県境尾根もヤブコギには変わりありません。ネマガリダケとの格闘で遅々と進まず、500m進むのに1時間ほどかかる所もありました。山頂まで300mほどの地点でしょうか、時刻も午後の2時が迫り、このままではこの日のタイムリミットになると思い始めたとき、突然、測量の切り開き道に出会いました。どこから来ている道かは判然としませんでしたが、ネマガリダケが幅広く刈られており、あっという間に山頂に着いてしまいました。そして山頂も広く刈られて、好展望が広がっていました。この日の空は黄砂のためか濁っていましたが、氷ノ山に三室山など播但の高峰群が一望でした。ヤブ山の落折山の変貌に、ただただ驚くだけでした。
05-76 11/19 天船山(多可町)
   天船山は笠形山の南東、ごく近くに位置する小山です。その山上から笠形山を眺めてみたいと向かいました。この日の播州南部の空は極上で、空は青く視界は澄みきっていました。しかし播但道を走って行きますと、その天気も笠形山の上空で極端に変わっており、そこより北の空はどんよりと曇って高峰はガスに隠されていました。多可町の天船山の上空も晴れてはいましたが、雲の多い空でした。アプローチは八千代区坂本集落の奥にあるため池のそばからとしました。何の知識も無く、適当にヤブコギをして登って行きますと、その山上はすっかり植林が占めており、ほとんど展望はありません。視界の澄み切った日に展望の無い山に登ってしまったことを少々後悔してしまいました。そこで今少し変化を求めて、尾根を西に辿ることにしました。すると風倒木地が増えて、かえって厳しい目に遭ってしまいました。そして期待しないままに467mピークに着きますと、そこで思いがけない好展望に出会いました。北面が植林されたばかりの幼木地で、視界を妨げる高木がありません。笠形山から千ヶ峰、篠ヶ峰と多可町北部の高峰が一望でした。ところで期待していた笠形山のことですが、あまりに近すぎて間近な尾根を見上げるだけでした。
05-77 11/26 水池(新温泉町)
    新温泉町で一番奥深い山里と言えば肥前畑でしょうか。その肥前畑集落の背後に佇む山が水池です。二年前の同じ時期に一度山頂を目指したのですが、このときは地図に載っていない林道に惑わされて、水池より北の尾根を登ってしまいました。そこで今回は十分にイメージトレーニングして向かいました。肥前畑から歩き始めたのは前回通り。そして山頂に近い所で林道を離れて尾根に取り付きました。遠くから見る水池の山肌は草原風ですが、そこはクマザサの海でした。そのクマザサをかき分けて山頂に近づきますと、山頂そばはカヤトの原が広がっており、ようやく優しげな風景となりました。そこは展望も素晴らしく、北には仏ノ尾に青ヶ丸、西にはうっすらと雪化粧した扇ノ山をと、奥但馬の雄峰を雄大に眺められました。下山は林道への最短コースをとったのですが、20分ほどで下り着いてしまいました。
05-78 12/ 3 菊水山〜鍋蓋山〜摩耶山(神戸市)
      三宮へ久々に買い物に行くことにしました。そこでついでに登山をと、菊水山から鍋蓋山を歩くことにしました。8年ぶりです。この日の神戸の空は雲が多いものの、まずまずの快晴でした。そして神戸の山は紅葉の見頃を迎えていました。烏原川沿いと言い市ヶ原付近と言い、色づいたモミジは本当に美しいものでした。登山はと言うと、もう終始遊歩道を歩いているようなもので、道標もしっかりしており、地図を見る必要も無くごく気楽に歩いて行けました。ただこの日は北風が強く、休むときは日溜まりを探しました。鵯越駅から歩き始めて市ヶ原に着いたときは、まだ13時半でしたので、ついでに摩耶山まで足を延ばすことにしました。さすがに摩耶山まで歩きますと、足の疲れは相当なもので、後はだらしなくロープウェイで下山としました。それにしても神戸の山はいつ来てもすれ違う人が多いため、足の疲れ以上に人疲れしてしまいました。
05-79 12/10 高山〜雄鷹台山(赤穂市)
     この日は車が使えず、前週に続いて電車でアプローチ出来る山を目指しました。選んだのが赤穂市街の北に広がる丘陵地です。坂越駅で下車して、まずは丘陵地の東端にあります登山口に向かいました。その登山口からは遊歩道が始まっていました。途中からは道は防火林帯となって幅広くなり、展望も良くなりました。そしてまず立ったのが、点名・砂子のピークです。送電塔がそばに立っていますが、伸びやかな風景が広がっており、いつ来ても心休まる所です。この日は、東西に延びる防火林帯を歩いて高山までをピストンしました。高山こそは電波塔が山上を占めており、特に惹きつけるものはありませんが、低木に囲まれた防火林帯は自然探索路と名付けられて、ピクニック気分で歩けました。再び点名・砂子の近くに戻りますと、次に南へと分かれる尾根道を歩いて雄鷹台山へ向かいました。雄鷹台山となりますともう市街地のそばですから、市民散策の山と言った雰囲気です。山頂は寒椿が満開でした。その後は石仏が点々と置かれた登山道を歩いて山手町そばの登山口に下り着きました。そこからは満州赤穂駅はもう間近でした。
05-80 12/17 天王山(赤穂市)
    先週に続いて赤穂市の小山を目指しました。黒鉄山の南に位置する三等三角点を抱く山ですが、地図を見てもどうも山道は無さそうです。そこで適当に登ることにしました。国道250号線で近づきますと、小さいながらもすっきりとした姿が見えて来ました。アプローチは南麓の折方集落のそばからとしました。山裾はすっかり害獣除けのフェンスが取り囲んでおり、それを越えてみたもののやはり道は見当たりません。山裾からヤブこぎ登山でした。しかもイバラが多く、引っかかれ通しでした。途中ではシダやぶにも突っ込み、これも一難儀でした。ただ高い木の少ない山で露岩地もあって、展望は良い山でした。瀬戸内海が一望でした。山頂も灌木とイバラがはびこっており、おまけに肌を刺す冷たい北風が吹きつけてきました。その山頂にも展望はあり、恐ろしくクッキリとした視界で赤穂市街が眺められました。下山はまた適当にヤブに突っ込んで折方集落へと下りました。下山を終えてみると、両手、両足、そして顔と数十カ所の引っかき傷が出来ていました。
05-81 12/25 東山(宍粟市)
   冬山の新しい装備としてスノーシューを購入しました。これを試そうと選んだのが東山です。早速、フォレストステーション波賀へと出かけました。波賀町内から大雪でしたが、除雪が進んでおり、スムーズに現地に着けました。澄んだ青空の広がる快晴の中を登山道に入りますと、残念なことに既にトレースが付いており、ワカンでも問題なく歩ける状態でした。ただ登山道の雪は多く、1mほどの雪ですっかり覆われていました。尾根に出てもトレースは続いており、このまま山頂かと思えだした頃、突然トレースが消えました。山頂手前600mほどの地点です。その先は自分でトレースを付けるしかありません。これは待ち望んだ状態でしたので、足には負担がかかりますが、うれしい気持ちで登って行きました。スノーシューは所によっては膝まで潜ることはありましたが、おおむねワカンよりは潜らないとの感触を得ました。山頂は当然無人でした。山頂展望台から眺める宍粟の冬山は何度見ても良いものです。下山は東尾根コースを引き返しましたが、下山が終わるまで誰とも会いませんでした。このスノーハイキングに絶好の日に他に人がいないとは、何とももったいないことです。下山後は東山温泉へ。露天風呂の湯船のそばまで雪が積もっていました。
05-82 12/31 白毛山〜トンガリ山(姫路市)
      どうも年末となって忙しくなり、出張先の東京から戻ったのが30日の深夜。31日はその後かたづけで、ようやく午後から正月休暇に入れました。登り納めどころではありませんでしたが、少しは体を動かそうと、この自宅から歩いて行ける低山に向かいました。午後2時を回ってからでしたが、才登山口からゆっくり歩いても25分ほどで山頂でした。北風が強く肌寒い山頂でしたが、よく晴れておりすっきりとした視界が広がっていました。この山で好きな所は山頂とトンガリ山の中間にある展望岩です。そこから見える姫路城が好きです。この日の北の空は暗く、それをバックに姫路城にだけ明るい陽が当たっていました。下山はトンガリ山の手前から才天満神社へと通じる岩場コースを下りました。展望の良いままに下れるこのコースは、岩場の面白さもあって、お薦めのコースです。
<14:38才登山口スタート/15:02〜16白毛山/16:30〜38トンガリ山/15:50才天満神社エンド。><快晴。北風が強く肌寒かった。視界は近くこそクッキリ見えていたが、瀬戸内海は少しよどんでおり、家島はうっすらと見えていた。>