登山記録:2006年(1月〜6月)   
          
  
06-01  1/ 1 京見山(姫路市)
 今年の正月休暇でまるまる休めるのは1日、2日のみです。この二日間とも行事が多く、遠出は出来ません。そこで裏山の京見山で朝に新年初登山としました。この日は快晴で、初日の出登山を楽しんだのか、登山道だけで、20人ほどの人とすれ違いました。こちらも新年らしく、山頂ではお雑煮を作り、おせちも食べ、おとそもいただきました。風の無い山頂は過ごしやすく、お雑煮を食べながら、朝日に光る瀬戸内海を眺めていました。
<7:41京見町西登山口スタート/8:03〜40山頂。><朝とあって少し雲はあったが陽は現れていた。山頂の気温は5℃ほど。風は無く、陽射しを暖かく受け止められた。視界はまずまず良し。但し瀬戸内海は前日以上によどんで見えていた。北の空も天気が悪いのか遠くの山は見えなかった。>
06-02  1/ 3 籾取山〜苫編山(姫路市)
       この日は午後から東京へ出張でした。やはり正月は食べ過ぎになりますので、その前に少しは運動をしておこうと、13時をリミットにこの近所の山に向かいました。1日の京見山といい、この日の籾取山といい、まるで昨年と同じパターンでの新年登山となりました。登山コースとしては、四ツ池の奥にある井ノ口の住宅街を抜けて、その先から始まる登山道で、まずは籾取山に向かいました。籾取山の山頂に立った後は157mピークにある送電塔まで引き返し、尾根を西へと苫編山へと向かいました。苫編山からは四ツ池へと下って終わりです。北風の強い日で、山上は身の切られる冷たさでしたが、その風を避けて、からっと晴れた姫路の市街地を眺めていました。久々の籾取山でしたが、ハイキングコースとして本に取り上げられた関係でしょうか、登山道が以前よりもよく踏まれている印象を受けました。またこの日は10名以上のグループに出会いました。この山では初めてのことです。
06-03
06-04
 1/ 9 伊江城山(沖縄の山)
       嘉津宇岳(沖縄の山)     
   1月8日から3泊4日で沖縄旅行を楽しみました。フリーのツアーでしたので、現地は自由行動です。当然、目的はハイキングです。与那覇岳以外は特にどの山に登ろうとは決めていませんでしたが、この日の朝、ホテルのバルコニーから見えていたのが伊江島の城山(ぐすくやま)でした。この山は観光ガイドの本にも載っていましたので、まずはこの山に登ることにしました。伊江島は本部港からフェリーで30分でした。島に着きますと集落の中を抜けて山を目指しましたが、この島で高いのはこの山だけですので、とにかく目立っていました。そして登山口から見上げたその姿は迫力がありました。登山は意外と簡単で、5分も登れば山頂でした。その山頂の展望は特筆ものです。島の隅々までが眺め渡せました。春風のような涼しい風に吹かれながら、その風景に魅入ってしまいました。この後は本島に戻り、本部半島の雄峰、嘉津宇岳を目指しました。中腹まで車道があり、その先も適度な山道があって、気楽に山頂に立てました。山頂は尖った岩がゴロゴロとした特異な風景でした。この山頂も眺めが良く、名護湾が一望でした。それにしてもどちらの山も本土では見られない珍しい木や植物ばかりで、その風景を見ているだけでも面白いものでした。
06-05
06-06
06-07
 1/10 与那覇岳(沖縄の山)
       辺戸岳(沖縄の山)
       フエンチヂ岳(沖縄の山)
   沖縄ハイキング二日目は、曇り空で朝を迎えました。それが北に向かうほどに雲は薄れ、国頭村では薄晴れになっていました。沖縄本島の最高峰が与那覇岳です。しかし全く知識がありません。そこで登山経路を国頭村役場で聞いてから向かいました。奥間林道と大国林道が合流する近くから、登山口への林道が始まっていました。その枝林道の起点から歩き始めました。薄暗い亜熱帯の森を貫く林道を歩いて登山口へ、登山口からは幅1mほどの小径が山頂へと続いていました。周囲は終始木立が取り囲んで展望はありません。何となくジャングルを歩いている雰囲気でした。そして山頂も展望はありません。どうやら亜熱帯の自然をトレッキングして楽しむ山のようでした。下山後は観光気分で最北端の辺戸岬に向かいました。そこで出会ったのが岩の固まりのような辺戸岳です。登りたい気持ちで山裾に近づきますと、偶然登山道に出会えました。ひたすら急坂をロープを頼りに登りますと、15分ほどで山頂に着きました。そこは天使たちが神にお願い事をする場所と記されており、神聖な場所でした。展望も素晴らしく、晴れ上がった空の元、青い海原を眺めていました。下山後もまだ時間がありましたので、「やんばるの森」を貫く県道2号線を走りました。その県道そばにあるフエンチヂ岳は山頂まで車で行けます。散歩の感じで山頂に立ちました。
06-08  1/11 石川岳(沖縄の山)
    この日は午後の便で沖縄を離れるため、午前のみハイキングを楽しもうと、まず考えたのが恩納岳でした。その情報を得ようと西海岸側の恩納村役場に行きましたが、登山道は無いと言われました。そこで東海岸側の金武町も訪ねました。結果は同じです。そこで金武町のパソコンを借りて調べたのが石川岳でした。小さな山ですが、うるまし市側の石川少年自然の家から登山道が付いています。しかもA,B,Cと3本のコースがありました。登ったのは一番短いAコースです。けっこう急坂もあって登山として十分楽しめました。その石川岳の山頂ですが、狭いながらも開けており、金武湾が一望でした。山頂に立ちましてもまだ時間がありましたので、今少しハイキングを楽しもうとBコースも歩きました。そちらは亜熱帯林を散策する雰囲気でした。Bコースが山頂に向かいだした頃、Bコースを離れて「お城の展望台」へ、そして石川市民の森へと下山しました。曇天の日でしたが、山頂の展望も楽しめ、森の樹相の変化も楽しめて、面白いハイキングが出来ました。午後は那覇市へ。せっかくの沖縄でしたので、国際通りで昼食をとった後、首里城を観光して沖縄旅行を終えました。
06-09  1/15 淡路ヶ丸(宍粟市・姫路市)
    前日は久々の雨でしたが、この日の兵庫南部は朝から晴れでした。しかし体が空いたのは午後になってからでした。遠くには行けませんので、宍粟市南部の静かな山へでもと、目指したのが安富町との町境尾根にある淡路ヶ丸です。三谷集落を抜けますと林道が二手に分かれますが、そこに車を止めて、林道・三谷山崎線を起点から歩き始めました。林道は峠まで続いていますが、その先も尾根近くを北へと作業道が延びていました。この尾根を歩くのは8年ぶりでしたが、尾根の植林が生長しており、尾根で唯一展望の良かった524mピークは、5mを越す植林ですっかり展望を塞がれていました。その次のピークが淡路ヶ丸です。そこは相変わらず植林や雑木に囲まれて、薄暗い山頂でした。展望には恵まれないままの尾根歩きでしたが、それでも山中の静かさを十分に楽しめました。この日は午後の登山とあって、淡路ヶ丸で尾根歩きは切り上げることにしました。下山は、淡路ヶ丸の北隣のピークから南西方向へと下る尾根としました。この尾根は雰囲気の良い雑木の尾根で、松の木が多くあり、中には幹回りが3mを越えていそうな巨木も見かけました。空いた木立の中を松葉を踏みしめながら、のんびりと下って行きました。
06-10  1/21 高峰(宍粟市)
    この日は雪の予報でしたが、朝の空は薄晴れでした。その空を見て以前から再訪を考えていました高峰に向かいました。雪山を想定していたのですが、山の雪は少なそうに見えましたので、普通のスタイルで前川集落からの林道を歩き始めました。林道には始めほとんど雪は見られませんでしたが、登るほどに雪が増えて来ました。それでも3cmまでです。登るほどに林道からの展望は良くなり、東山から藤無山へと続く尾根がよく見えていました。そちらは雪山の姿でした。林道が終われば山頂まで真っ直ぐ続く尾根を登るだけです。この尾根は木立が疎らで、気楽な登りでした。山頂が近づく頃に雪は10cmほどになり、そこでようやくスパッツを付けました。その先では少しながら霧氷も見られました。ところでこの高峰は南面の伐採が進んでおり、山頂そばまで広く伐採地が広がっていました。山頂は北風が強く、また雪に覆われていましたので、伐採地の中で休憩としました。南面だけに雪も無く、また風も当たらず、のんびりと過ごせました。山頂でひとときを過ごした後は、百千家満地区へと向かう尾根で下山しました。この尾根は間伐された木や風倒木が多くあって、少々手こずらされました。下山後は、高峰の麓の温泉「まほろばの湯」で汗を流しました。
06-11  1/29 植松山(宍粟市)
    この日は兵庫全域で晴れとなりました。そこで快晴の雪山に登ろうと向かったのが植松山です。冬の植松山の知識はありませんでしたが、夏道をたどれば何とかなるのではと考えて、登山ルートは一般的な南麓の岩野辺側からです。林道入口から歩き始めたのですが、登山口に着くまでに車のわだちは消えて、後は真っ白な雪面が広がっているだけでした。登山口からは始めこそ順調に沢沿いのルートを辿って行けたのですが、途中でルートを追えなくなりました。また倒木にも手こずらされて、俄然、歩度が落ちてきました。そこでもう適当に登ろうと、間近に見えた伐採地の急斜面にいどみました。それからが更なる苦労でした。伐採地に出るまでは灌木の踏み抜きで苦労し、伐採地では雪質に悩まされました。固く凍った雪の上に新雪が載っている状態の斜面ではスノーシューは役立ちません。ひたすらキックステップで登るしかありませんでした。ようやく尾根上に出たときは、歩き始めてから4時間近くが経過していました。そして山頂までは更に30分の距離でした。山頂はクマザサがすっかり雪に埋もれており、銀世界です。暖かい陽射しを受けながら真っ白な雪面を眺めていますと、世俗を離れた世界に立っている思いで、本当に雪山は良いなと思ってしまいました。
06-12  2/ 4 芝田富士〜点名・市野保(たつの市)
    この日は朝から快晴でした。澄み切った空を見て、今週も北の山へと思いましたが、どうやら快晴は南部だけのようです。そこで低山ハイクをすることにしました。まだ登らぬ山へと、たつの市新宮町へと向かいました。芝田(こげた)富士を東から見ますと、どうも富士の姿には見えません。登山はその名にあやかって、芝田集落から登りました。道こそ見えませんでしたが、ヤブに会うことも無くすんなり山頂に立てました。この日は恐ろしく冷え込んでいましたが、山頂は南からの光を受けてポカポカ陽気でした。木立も落ち着きのある雑木林で、良い感じでした。後は尾根を辿って340mピーク(点名・市野保)へと歩きました。この尾根は優れもので、優しげな雑木林が続き、程よい歩き易さがありました。また所々で展望も得ました。南向かいには祇園嶽から大蔵山が一望でした。また遠くは瀬戸内海が望めました。歩き易いままに着いた340mピークでは更なる展望が待っていました。南の方向だけでなく、西の丘陵地帯も一望でした。後は適当に下って札楽川へと下り着きました。そして駐車地点へと歩いて行きますと、途中より前方にすんなりと富士山のようにすそ野を引いた山が見えて来ました。それが芝田富士でした。
06-13  2/ 5 嫦娥山(たつの市)
    前日に続いて播州南部は快晴です。しかも澄み切った視界でした。この日は登山を考えていませんでしたが、昼に立ち寄った図書館で室津の写真を見て、急に嫦娥山に登りたくなりました。午後に入っていましたが、天気にも後押しされて、早速向かいました。簡単に登ろうと、屋津坂の峠まで車を進めました。そのため、歩き始めて山頂まで20分とかかりませんでした。この山頂は来るたびに整備されているようで、まばらな雑木越しに瀬戸内海が広がっていました。この後は、室津の町に向かう小径を下って行きました。小径は程よい歩き易さで展望もあって、家島諸島が良く見えていました。ただ室津の町はなかなか見えず、ふもとが近づいた頃にようやく眺めることが出来ました。最後は国道250線に下り着きました。そこから屋津坂口まで国道を歩くのは少々味気ないと思っていますと、歩き出してすぐに室津街道の入口に出会いました。道は参勤交代にも使われていました古くからの道です。やや急坂で山中へと再び入って行きました。始めは竹林で、やがて美しい雑木林となりました。そして鳩が峰へと近づいて行きました。そののどかな雰囲気の中を歩いていますと、江戸時代にタイムスリップしたような錯覚を覚えました。わずか2時間のハイキングでしたが、小旅行をしたようで、得をした気分になりました。
06-14  2/11 鷹ノ巣山〜地徳山(姫路市・高砂市)
    この日の空は薄ぼやけたもので、視界も薄ぼんやりとしていました。この空を見て近くの山でもと、高御位山系の一角にあります地徳山を登ることにしました。ただ別所高校のそばからのコースでは簡単すぎますので、地図を見て決めたのが別所高校の西にあります尾根から登り出すルートでした。加茂神社の裏から山には入りますと、初めこそヤブコギでイバラにもひっかかりましたが、すぐに抜け出し、後は展望の尾根歩きとなりました。冷たい風が快く、209mピークを経て、まずは鷹ノ巣山へと向かいました。鹿嶋神社からのコースに合流しますと、やはり人気のコースだけに、何人もの人に出会いました。鷹ノ巣山の山頂を踏んでから、ようやく地徳山に向かいました。地徳山への登りとなって、再び静かな山歩きになりました。その地徳山の山頂から眺める高御位山も良いものでした。午後に入ってからは黒い雲が増えて、冷えて来ましたので、暫しの休憩の後、別所高校へ向かって下山しました。この山系は小さなピークが幾つも有りますので、いろいろなコースが考えられて、面白い所です。
06-15  2/12 笹山〜松尾山(たつの市)
     前日の薄ぼやけた空も朝のうちには終わり、午後ともなると快晴の空となりました。前日の登山が軽いものでしたので、この空を見て少し運動をしたくなりました。そこで夕食前に軽く体を動かそうと向かったのが「龍野笹山見晴の森」です。自宅から10分も走れば登山口です。女明神側からの遊歩道を歩き始めますと、道には落ち葉が降り積もっており、その踏み心地が快いものでした。まずは展望舎に立ち寄り、そして女明神、男明神と散策を楽しみました。二つの大岩は展望抜群で、しかもこの日の視界は澄み切っており、風景がくっきりと見えていました。鮮やかな視界は良いものです。それにしてもこの日の風は強く、じっとは立っていられませんでした。この風のためか、他には誰も登っていませんでしたが、まずは気楽に1時間ばかりの散策を楽しめました。
06-16  2/25 生駒山(上郡町)
    先週の週末は一歩も家から出られませんでした。ちょっとした労災で左足甲をネンザして起き上がれませんでした。その痛みは数日でやわらいだのですが、左足はギブス状態です。ただ病院からは歩いてもよいとの許可はいただきました。この日は朝から春を思わせる陽気です。その穏やかな空を見て、どうにも体が疼きました。そこで歩いてもよいとの言葉を拡大解釈して、軽い登山をすることにしました。生駒山を選んだのは、以前から再訪を考えており、また無理なく登るのには最適と思えたからです。上郡の町は春霞に包まれて、空気はもう春のものでした。風には少し冷たさが有りましたが、本当に気持ちよく登れました。ただギブスを付けての登山でしたので、けっこう歩きにくく、岩場では少々苦労しました。また多少痛みも有りました。山頂まで45分ほどかかってしまいましたが、山頂ののどかな雰囲気と、足元に広がる上郡市街を眺めていますと、山は良いなと、しみじみと思いました。
06-17  3/ 4 篠ヶ峰(多可町・丹波市)
    この日は先週と同様、朝から快晴の空が広がっていました。どうも足を怪我してから、週末に良い天気が現れるようになるとは、皮肉なことです。前日にギブスが外れましたが、足の痛みはまだまだです。踏ん張っての登りが出来ませんので、リハビリを兼ねて騙し騙しでも登れる山に向かうことにしました。そこで山頂まで車道が通じており、しかも展望が良い山として播州丹波境の篠ヶ峰を思いつきました。そして少し時間をかけて登ろうと、篠ヶ峰林道を麓に近い「文殊の水」のそばから歩き始めました。車道は大型車も十分に走れるほどの道幅で、登山の風情はありませんでしたが、常に緩やかに続いており、リハビリには良い道でした。まだ3月に入ったばかりとあって、中腹からは雪が見られるようになりましたが、それも1,2cm程度で問題有りません。路傍にはミツマタが白い花を咲かせており、春の息吹を感じました。やはり、ゆっくりとしか登れませんので、山頂までに2時間近くかかりました。その山頂には他に誰もおらず、静けさの中に明るい陽射しがあふれて、休むのには良い感じの所でした。快晴のもと、のんびりと昼どきを過ごせました。山頂から見えた氷ノ山の白い姿が印象的でした。
06-18  3/ 5 京見山(姫路市)
    夕食前の軽い散歩として登りました。ただ足の怪我もあって、ゆっくりとしか登れません。京見町西コースを登りましたが、登山口から山頂まで27分かかっていました。いつもより3割ほど遅いペースです。ただゆっくりだったため汗もかかずに山頂に着きました。この日は薄く霞のかかる視界で、風景は薄ぼんやりとしていました。小豆島こそ輪郭が見えていましたが、淡路島はモヤにとけ込んでいました。山頂は少しひんやりして木陰で14℃ほどでしたが、陽射しは春の暖かさでした。下山は七つ岩コースを下りました。
<14:57京見町西コース登山口/15:24〜40山頂/17:15自宅エンド。>
06-19  3/11 北山(たつの市)
    姫路は朝から濃い霧に包まれていました。この日は別の山を目指す予定でしたが、いざ家を出ようとすると車が全く動きません。結局はバッテリー不良でしたが、その修理で午前がつぶれてしまいました。そこで午後は近くの梅でも見ることにしました。向かったのは岩見梅林です。ハイキングを兼ねてと考えて、とったコースは岩見坂から始めにX山へ、そして岩見梅林を経て稲富山、北山へと御津アルプス東部を辿るものです。ただ午後に入っても霧は海から絶えず流れてきて、視界はほとんどありません。そして岩見梅林もまだ三分咲きでした。今年の春は遅いようです。霧は北山に登り出す頃より、ようやく薄れ出しました。すかっとした青空が広がるものと期待していますと、春霞の空で、どうやら黄砂のようでした。薄ぼんやりとした風景を眺めながら、北山の山頂でひとときを過ごしました。
06-20  3/18 宝記山〜向山(たつの市)
    朝からすっかり曇り空でした。いずれは雨になる空のようでしたので、遠くには行けません。そこでごく近くの低山ハイクとして、久々に「ヤッホの森」を訪ねることにしました。スタートはいつも通り神野小学校の横からです。まずは亀岩に向かい、その簡素な古墳風景を楽しみました。そのまま山上を散策するだけですと運動になりませんので、一度南側へと下って、金剛山集落に下りました。そして山すそを巡って東へと歩き、今度は大久保集落からの尾根で再び山上に出ました。この下りと登りは、ごく普通の山道でしたので、少しヤブの所もありました。山上に出た頃より小雨が降り出しました。その中を三角点のある宝記山や、黍田富士として親しまれる向山のピークを訪ねたり、また山上に点在する古墳を訪ねて、そぞろ歩きを楽しみました。
06-21  3/19 王神峯(姫路市・加古川市)
    どうも足の具合が悪いと、軽いハイキングが主体になってしまいますので、運動不足ぎみです。前日はヤッホの森を歩いているのですが、どうも身体がびしっとしません。そこでこの日の午後も軽い足慣らしをと、王神峯に出かけました。澄んだ空を見て、山頂から善防山、笠松山を眺めたいとの希望でもありました。コースとしては気軽な南の尾根を登りました。ただどうも山が小さすぎたようで、足の痛みにもかかわらず、17分で山頂に立ってしまいました。その山頂が身体が吹き飛ばされそうになるほどの凄まじい風でした。展望どころでは無く、岩に掴まっているのが精一杯でした。ただ展望の良いのは山頂だけではありませんので、尾根の展望地を探って、そこから古法華の山並みをしっかりと眺めることが出来ました。
06-22
06-23
 3/21 盃ヶ岳(篠山市) 
      西ヶ岳(篠山市)
   久々に丹波の山を登ろうと、篠山市に向かいました。目的は多紀アルプスの盟主、三岳です。ところがこの日の空はどんよりと濁っており、風景は薄ぼんやりとしていました。三岳には明るい空の元でこそ登りたかったため、あっさり諦めることにしました。そこで午前は軽く足慣らしをと、盃ヶ岳を登ることにしました。そして南麓の浜谷池からの簡単なハイキングコースで登りました。その山頂から見える三岳は名峰の風格がありました。またその西隣の西ヶ岳の姿も悪くありません。そこで、午後は西ヶ岳のみを登ることにしました。選んだコースは藤岡ダム湖からのコースです。登山道はクマザサの繁る所もあって少しヤブっぽくなっていましたが、林間の落ち着きのあるコースで悪くありません。また主稜に出る手前に急登があって、久々に良い汗がかけました。西ヶ岳山頂は、山名標識が一つあるだけの質素なものです。他に訪れる人も無く、その静けさの中に身を置いてぼんやりと過ごしていますと、1時間ばかりはすぐに過ぎてしまいました。
06-24  3/29 高倉山(たつの市)
   前週の週末は、仕事があって休めませんでした。代わりに29日が休みとなりました。この日は兵庫南部は晴れでしたが、北は荒れ模様です。そこで、たつの市新宮町の高倉山に向かいました。これは正解だったようで、北の宍粟市の空は黒い雲に覆われていました。二度目の高倉山ですが、久々に長く尾根歩きをしようと、アプローチは揖保川のそばからとしました。初めは林道を歩いて、NHKの放送中継所に着きました。そこから先は、踏み跡程度の道が尾根に付いていました。ヤブとまでは言えませんが、小枝をかき分けての登りは、適度な運動でした。高倉山に向かうほどに尾根道は良くなり、点名・篠首を過ぎますと、のどかな尾根道となりました。そして歩き始めてから2時間と45分での山頂到着でした。前回の記憶では展望の悪い山頂でしたが、今回来ますと南側の木が切られており、すっきりとした展望が広がっていました。小さな祠の前は適度な休憩場所になっており、南向かいの揖龍アルプスの尾根を眺めながら、のんびりと昼どきを過ごしました。
06-25  4/ 1 笛石山〜後山〜おごしき山(宍粟市)
     思えば1月に植松山に登ったおり、次の雪山は笛石山と決めていたのですが、足のケガで頓挫していました。そのケガも徐々に良くなり、まだ痛みはあるものの雪山にチャレンジする気持ちを持てるところまで来ました。4月に入ってしまいましたが、千種町はまだ冬景色でした。笛石山へは板馬見渓谷からの登山道で向かいました。1000mに満たない山ですので、スノーシューの必要も無く普通に登って行けました。この笛石山の一番の展望地は猫石です。その上に立ちますと、千種町の風景が一望でした。足の状態が悪ければ笛石山で止める予定でしたが、幸い問題は無さそうでしたので、そこから後山を目指すことにしました。もう冬山の世界です。スノーシューを履いての尾根歩きです。尾根には一切トレースは無く、倒木あり、アップダウンありの尾根を、一歩一歩踏みしめて登って行きました。笛石山からは2時間を予定していたのですが、甘くはありません。次第に足が疲れて、数十歩進んでは一休みの状態になってしまい、後山に着いたときは、笛石山山頂から3時間が経っていました。午後に入って薄く霧がかかり出して展望は良くありませんでしたが、もう着いたことだけで十分に満足でした。その後は、おごしき山経由で、板馬見林道へと戻りました。
06-26  4/ 2 京見山(姫路市)
        この日は朝から雨でしたが、夕方になって雨が上がりました。前日に厳しい登山をしたため、この日は体を休ませようと考えていたのですが、激しい運動の後のクーリングダウンの意味合いもあって、夕方に裏山の京見山に軽く登ることにしました。家を出たのは17時半です。そして19分で山頂でした。もういつものペースで登れるようになりました。山頂はガスがかかっており、展望はありません。まだ桜も咲いておらず、寂しさの漂う山頂でした。
<17:26京見町西コース登山口/17:45〜50山頂/18:03京見町中央コース登山口。>
06-27  4/ 8 白毛山〜京見山(姫路市)
    この日は猛烈な西風が吹いていました。しかも黄砂の来襲です。姫路の空は薄黄色く濁って、太陽も白い色で、月のように見えていました。このような日はおとなしくしておればよいのですが、体を動かしたくなり、昼食を兼ねて裏山の尾根を歩くことにしました。自宅から才登山口まで歩いて、才登山口よりとんがり山経由で白毛山へと向かいました。昼食は白毛山に近い露岩地で、風を避けてとりました。そこからは夢前川流域が眺められましたが、視界は2kmもありません。東向かいの苫編山もうっすらとしか見えていませんでした。白毛山からは京見山へと尾根を辿りました。京見山の桜は、先週はまだつぼみでしたが、この一週間で一気に咲いており、山頂の桜などもう散って葉桜になっていました。スミレは満開、ツツジも咲き始めており、山は春一色でした。ところで、白毛山で今年初めてワラビを採りました。
06-28  4/ 9 点名・塩野〜大富豪山(姫路市・宍粟市)
    この日も前日に続いて黄砂で濁った空でした。ただ前日ほどひどくはありません。前日の登山を裏山でお茶を濁しましたので、今少し体を動かしたく、この日も登ることにしました。ただ体が空いたのは午後になってからでしたので、姫路市内としました。林田川沿いを北上して行きますと、川沿いの桜が見頃でした。そこで登山前に林田町内で、暫しの桜見物をしました。そして安富町塩野集落へと向かいました。まずは369mピーク(点名・塩野)に向かって適当に南西側から山肌を登って行きました。一帯の山はほとんど植林されていますので、369mピークも植林地で展望はありません。そこからは尾根伝いで北東へと向かいました。そして隣のピークに着きますと、そこは西側が伐採地、東側も風倒木があって、いずれも展望が開けていました。西にはこれから向かう大富豪山が間近にあり、東には当田山がすっきりと望めました。そこから先は山道があって楽に大富豪山に近づけました。その大富豪山にも伐採地があり、東が大きく開けていました。ところでその大富豪山の山頂ですが、一昨年の台風被害によると思われますが、植林が折り重なるように倒れており、倒木ジャングルと呼べそうな様相でした。
06-29  4/15 鋸山(千葉の山)
      神奈川県の三浦半島で仕事をしていましたが、この日が空きました。そこでこの休日を近くの山でもハイキングをと考えました。しかし三浦半島には手頃な山が見つかりません。そこで注目したのが対岸の千葉県にある鋸山です。ちょうど近くに東京湾フェリーもあります。そのフェリーで渡り、千葉側の金谷港を歩き始めたのは11時半でした。強い風が吹いていましたが、生暖かさがありました。気温は久里浜とは2,3℃は違うようで、房総の暖かさを実感しました。出来るだけ時間をかけて登りたく、往路は「沢コース」をとりました。このコースはマイナーなようで、道幅も細く、ぬかるみが多くありました。およそ1時間で山上に出ますと、尾根道は遊歩道の雰囲気となり、ようやくハイキングらしさが出てきました。周囲の木立は常緑樹が茂り、温暖の地らしい樹相でした。この鋸山の山頂には一等三角点がありました。休日にもかかわらず無人の山頂でしたが、光があふれる中、のんびりと昼食をとりました。その先に展望台があり、「地球が丸く見える」と書かれている通り、東京湾の景色が一望でした。その後は金谷石の壮大な石切場跡を訪れ、「関東ふれあいの道コース」で下山としました。4時間ほどの滞在でしたが、房総の山に登ったという実感を持てました。
06-30
06-31
 4/23 泉ヶ岳(宮城の山)
       笹倉山(宮城の山)  
      また週末は仕事となり、仙台に出張です。土曜日から三日間の予定でしたが、23日の日曜日が全くの自由時間となりました。そうなるとハイキングをしたくなります。そこで書店で分県登山ガイドの「宮城県の山」を入手して手頃な山を探しました。そして決めたのが仙台市の北限にあります泉ヶ岳です。23日は朝から真っ青な空が広がっていました。心配だったのは雪のことでしたが、みごと残っていました。表コースを歩き始めたところ、雪のためにコースを外れてしまいました。引き返さずそのまま適当に山頂を目指しますと、クマザサのヤブコギになってしまいました。ただ運良く別のコースに出会えました。山頂が近づきますと、もう雪山の世界でした。そして山頂で待っていたのは、見事な展望でした。蔵王から船形山、栗駒山と、宮城の名山が白い姿で一望でした。好天に誘われて、多くの登山者が登っていました。この泉ヶ岳の下山を終えたのは昼前です。足に疲れが無かったため、午後にもう一山登ることにしました。笹倉山は七つ森湖に近い里山です。気軽にハイキングを楽しめればと登って行きますと、山上はカタクリの花が咲き乱れていました。ニリンソウも混じって目を楽しませてくれました。
06-32  5/ 1 ブキティマサミット(シンガポール)
    先週、先々週と2週続けて週末は出張でしたが、二度あることは三度あるのたとえ通り、3週連続でこれまた突然の出張となりました。今度はシンガポールです。その出張先のシンガポールでこれまたなぜか一日が休日となりました。5月1日はシンガポールは祝日(レイバーデイ)で仕事先は休みです。そこでどうやって過ごそうかと考えました。基本的にダウンタウンは嫌いですので、やはり暑くともハイキングをしようと、シンガポールの最高地点(ブキティマサミット)に立つことにしました。そこはブキティマ自然保護区になっており、行ってみますと、ハイキングコースの整備された市民の憩いの場所になっていました。着く前は熱帯のハイキングは厳しいと思え、訪れる人はいないのではと思っていたのですが、休日とあって多くの人で賑わっていました。ごく低山ですので、メインコースを歩きますと、15分で山頂でした。但しコースの取り方では1時間以上かけて登ることが出来ますので、山上で出会った人は、サンダル履きから本格登山スタイルまで様々でした。どの顔も身体を動かしたことで、いきいきとしていました。帰路はジャングルコースを歩いたのですが、そこはまさに熱帯林そのもので、蒸し暑さで全身汗みずくになりました。
06-33  5/ 4 日光白根山(日光の山)
   シンガポール出張から夜行便で関西空港に着いたのは5月3日の早朝。日本はすみずみまで快晴でした。遅ればせながら登山行をすることにしました。目的地は奥日光の男体山です。ただ男体山は山開きの5日に登りたく、4日の山を決めないまま午後に姫路を出発しました。北陸道回りで向かったのですが、その道中で澄んだ空を見て、明日は日光白根山とようやく決めました。深夜に関越道に入り、大和PAで仮眠をとりました。そして沼田ICを下りたのは4日の午前6時前でした。そのまま国道120号線を走って、日光白根山の菅沼登山口に向かいました。この日も真っ青な快晴です。そして山はと見ると、まだまだ冬姿でした。金精峠まで近づき、菅沼コースに着きますと、登山口からいきなり1mの積雪です。アイゼンを付けてのスタートでした。春の雪は良く締まっており、アイゼンが快くききました。順調に登って行けたと言いたいところですが、弥陀ヶ池を見落として五色沼まで歩いてしまいました。そのため急斜面を登って軌道修正をすることになりました。後は順調でした。山頂は360度の大展望です。くっきりとした視界で、尾瀬の山々や奥日光の山々を雄大に眺められました。それにしても連休中の好天でしたのに、登山者は少なく、ひっそりとしていました。その静かな山頂で、1時間ばかりのんびりと過ごしました。
06-34  5/ 5 男体山(日光の山)
    この日の朝は中禅寺湖畔の菖蒲ヶ浜キャンプ場で目覚めました。前日に続いて快晴です。キャンプ場から二荒山神社中宮までは車で5分ほどの距離。この日が男体山の山開きです。しかし登山口の山門が開くのは午前10時とあって、登拝料を払いますと、山門の横を回り込んで登り始めました。このコースは山頂にある奥宮への表参道ですので、一合目から九合目まで丁石が置かれていました。始めは優しげな森の中のコース。林道歩きが一部あって、また樹林帯へ。やがて岩のゴロゴロするガレ場登りとなりました。そのガレ場登りでは、常に足下に中禅寺湖が眺められました。雪はほとんど無かったのですが、八合目から一気に現れました。ただ尾根は緩やかになって、軽アイゼンで十分な感じでした。山頂が近づきますと、また雪は消えて、歩き始めてから三時間ほどで山頂到着となりました。少し肌寒い山頂でしたが、そこは素晴らしい展望台でもありました。この日は前日と違って少し薄モヤがかった視界でしたが、中禅寺湖を前景に遮るものの無い展望が広がっていました。前日に登りました日光白根山もすっきりと望めました。男体山は登り応えがあって、山頂の包容力もあり、いい山でした。下山往路を辿りました。山門は開いており、すんなりと境内に入りました。
06-35  5/ 6 谷川岳(上信越の山)
    五月初めの谷川岳連峰はまだまだ雪をまとって冬姿でした。ロープウェイに乗って山上駅に着いたのは8時半。そこはスキー場でした。アイゼンを付けて歩き出しましたが、登山者はほとんど見かけません。尾根に出ますと、前方に谷川岳連峰の山々が広がって来ました。いずれも二千メートルに満たない山ですのに、どの山も毅然とした姿で迫力がありました。尾根の雪は五月とは思えない多さで、中間地点にある避難小屋など、2mの雪に埋もれていました。この日は気温が高いこともあって、谷間で起こる雪崩の音が何度も聞こえて来ました。山頂が近づきますと、もう山肌は一面銀世界です。しかも急坂となっており、あえぎながらの登りとなりました。それでも歩き始めてから二時間で山頂に立てました。その山頂はと言いますと、尾根の部分はすっかり地表が現れており、アイゼンの必要はありません。また気温も上がってすっかり春の暖かさで、シャツ1枚で十分に過ごせました。展望も申し分ありません。白い山々がどこまでも続いていました。この山頂ではオキの耳だけで無く、トマの耳にも立ち寄り、山頂からの雄大な展望を思いっきり楽しみました。ところで連休中の上天気でしたのに、人の訪れは少なく、山頂で過ごした一時間ばかりの間で出会った人は数人だけでした。何とももったいないことです。
06-36
06-37
 5/ 9 点名・城山(鳥取の山)
        赤倉山(香美町・養父市)
     
    この日は平日でしたが、休暇となりました。たまには山菜採りでもしようと、出向いた先は鳥取県の若桜町です。ただせっかく鳥取まで行くのなら少しは登山も楽しもうと、若桜町の隣町となる八東町の三角点ピーク(点名・城山)を登ることにしました。点の記には小径があるように記されていましたので、安心して麓からの道を登り始めました。ところが小径はすぐに終わっていきなりヤブコギになりました。それでも何とか山頂に立ちましたが、そこも雑木ヤブとなっており、あまり城山らしさは感じられませんでした。その物足りなさからもう一山と、次に向かったのは氷ノ山の尾根続きにあります赤倉山です。コースは氷ノ山越コースです。雪が少し残っていましたが、ごく気楽に氷ノ山越に着きました。もう赤倉山は目の前です。但し最後はネマガリダケのヤブコギをしなければなりません。そして着いた山頂もヤブでしたが、そこからは木立を通して、扇ノ山から青ヶ丸、仏ノ尾と続く但馬の奥深い山並みを眺めることが出来ました。赤倉山からの下山を終えて、ようやく山菜採りに向かおうとしたところ、空が暗くなって来ました。そしてまたたく間に雨が降って来ました。二つの登山で身体がくたびれていたことでもあり、結局、山菜採りはあきらめて、帰路につきました。
06-38  5/14 点名・小畑(姫路市)
   前日の土曜日は終日雨でしたが、この日は朝から陽射しが現れていました。そこで朝から出かけたいところですが、どうも日曜日は午前が空きません。体の空いた午後から向かったのが、雪彦山から南へと続く尾根の中ほどに丸い山容を見せるこの683mのピークです。山頂に三等三角点(点名・小畑)のあるこの山には95年に夢前町の小畑集落側から登っていたのですが、展望を得ないままに植林に囲まれた山頂に立ったと言う記憶しか残っていません。そこで別の印象を持ちたく、今回は安富町の杤原集落側からアプローチしました。こちら側の山肌もほとんどが植林地でした。その薄暗い林の中を登って尾根に出たところ、尾根は意外と空いており、アセビの木が陽射しの中に若葉を光らせていました。展望も少しはあって、西の山並みが眺められました。そして向かう先に丸い山頂が見えていました。尾根はまずまず歩き易く、そのままに山頂に立ちますと、以前の通りの植林の山頂でしたが、一昨年の台風被害によるものか、倒木が多くあって少々雑然とした雰囲気になっていました。ところで新緑の候とあって、山中には山椒の若葉の匂いが漂よっていました。
06-39
06-40
 5/20 長水山(宍粟市)
       鍋山(宍粟市)     
    朝は小雨も降る雨模様の天気でした。この空を見て近くの山で軽く尾根歩きを楽しもうと、ついでに山菜採りも楽しめないかと考えて、思いついたのが長水山でした。山菜採りには少し遅いと思いましたが、「やまさきみんなの森」にあります展望台に着く頃には、一回のおかずになる程度のワラビが摘めました。さて山頂へ向かおうとしたところ、昼食を車に忘れていることに気が付きました。そこで車に戻って、気分も登山に切り替えて再スタートです。その頃には天気ははっきりと回復を見せ、上空には晴れ間も見えて来ました。そして気楽な尾根歩きで山頂に着きますと、上空はすっかり青空でした。しかも空気は澄み切って、山の若葉がまぶしく輝いていました。この上天気がうれしく、午後にもう一山、登ることにしました。簡単な山にしようと向かったのが、一宮町東河内にあります鍋山です。、この山の知識は持っていませんでしたが、適当に西側から植林地を登って行きました。すると山頂には石仏を二体祀った祠があり、北側から小径も通じていました。その小径には参道と書かれた杭が点々と立っており、地元で親しまれている山であることを知りました。
06-41  5/21 点名・富満山(上郡町) 
    この日は朝から快晴でした。但し午前中は町内の草取りがあったり、また所用もあって動けません。この好天を楽しみたく出かけたのは午後に入ってからで、向かった先は上郡町の富万高原にあります万勝院です。もちろん目的はボタン園の見学ですが、ついでに富万高原の山頂(点名・富満山)を踏もうとの考えでした。しかしボタン園は5月上旬までだったようで、園内は盛りを過ぎたためか花はほとんど切り取られて、ほんの僅か残っているだけでした。そして山頂も5分も歩けば着いてしまい、登山になりませんでした。それでも園内の佇まいは落ち着きのあるもので、散歩としては良い所でした。
06-42  5/21 京見山(姫路市)
 万勝院散策では運動になりません。そこで夕食前にお腹を空かそうと、家に帰って裏山の京見山を登りました。午後の遅い時間となりましたが、山頂の気温は22℃と適温で、西から吹く風が快いばかりでした。ツツジも花盛りで目を楽しませてくれました。但し展望は強いモヤで良いとは言えません。北の山は全く見えませんでしたし、瀬戸内海を見ますと海と空が同じ色で判然としていませんでした。
<京見山//16:21京見町西コース登山口/16:41〜46山頂/17:00京見町中央コース登山口。>
06-43  6/ 4 金時山〜明神ヶ岳(箱根の山)
    横浜市内の出張で、5月最終の週末はつぶれてしまいました。その出張が長引き、6月最初の週末もつぶれそうになりましたが、何とか3日の土曜日深夜に終了となりました。翌4日は帰るだけです。そこで帰り道に一つぐらい山を登って帰ることにしました。選んだのが箱根の山で、その中で一番人気のある金時山です。小田原駅からバスで仙石バス停まで。そこから乙女峠口まで車道を歩き、そして乙女峠への登山道を登り始めました。この日は曇り空で、ガスのかかるあいにくの天気でした。晴れることを期待していたのですが、乙女峠もすっかりガスでした。その先も薄れる気配は無く、金時山もガスの中でした。その金時山ですが、そんな天気も関係無く、大勢の登山者で休むスペースも無い有様でした。その賑やかさに驚かされて、少時の休憩だけで山頂を離れました。そこからは明神ヶ岳まで歩くことにしました。2時間ほどの距離があるためか、一気に人気が無くなりました。尾根道は緩やかに細竹の間を続いており、逍遙気分で歩くことが出来て、金時山の山頂よりもずっと良い雰囲気でした。その間にガスは消えて、振り返りますと金時山の左手に富士山が覗いていました。長い尾根歩きの末に着いた明神ヶ岳はなだらかな山頂で、登山者はまばらでした。その頃には再びガスが漂って来ましたので、そこから下山としました。
06-44  6/10 京見山(姫路市)
   週末にかかる出張が多くなっていまして、この日も午前中まで埼玉県におりました。仕事が終わってすぐ帰って来たわけですが、自宅に戻り着いたのは17時過ぎ。どうも仕事先であまり身体を動かしていなかったためか、身体が運動を欲していました。そこで夕食前に裏山の京見山を登ることにしました。カメラだけを持って京見町西コースを登り出したのですが、持つ物が少ないと足も軽くなって、つい早足になってしまいました。休まず勢いのまま登りますと、14分で山頂に着いてしまいました。もう夕暮れ時とあって山頂は無人でしたが、気温は20℃と適温で、涼しさがありました。梅雨の季節とあって水気の多い視界の中、暮れなずむ広畑の町をいっとき眺めて過ごしました。
<17:28京見町西コース登山口/17:42〜50山頂/18:08エンド。>
06-45  6/11 伊勢山〜点名・奥山(姫路市)
   この日は午後からでしたが、久々に伊勢山を訪れました。今回は「打越こもれ日の森」からのコースです。谷沿いの遊歩道を歩いて行きますと、程なく小径が北の方向に分かれました。そちらは伊勢山から東に延びる尾根の方向でしたので、その小径を辿りますと、予想通りに尾根に出ました。尾根に出ても歩き易い道が続いており、楽々と伊勢山に着きました。伊勢山の特徴は何と言っても新座の窟(しんざのいわや)とその上からの展望です。梅雨時とあって視界はモヤの強いものでしたが、窟の上からは西から北へと素晴らしい展望を楽しめました。また窟の中は涼しさがあって一休みには良い所でした。この後は登って来た尾根を戻って、四等三角点(点名・奥山)ピークの先の鞍部まで尾根歩きを楽しみました。この尾根は適度なアップダウンがあり、また露岩地が多くあって、けっこう展望も楽しめました。この日は伊勢山とそこから東に延びる尾根だけを歩きましたが、「打越こもれ日の森」の尾根と合わせますと、十分に一日のハイキングを楽しめる山域です。
06-46
06-47
 6/17 城ヶ山(新温泉町)
     
 大野山(新温泉町)
    久々に但馬の山を登りたくなりました。そこで「但馬ハイキング」を開いて興味を持ったのが、城ヶ山と大野山です。国道9号線を離れて山麓の春来集落に入りますと、小さな集落ですのに小学校がありました。その近くに車を止めて、まずは城ヶ山を目指しました。集落を抜ける車道で城ヶ山に近づきますと、登山口の標識があり、程よい歩き易さの登山道が始まっていました。そして20分も歩けば、もう山頂でした。城跡だけに山頂は平らになっていましたが、木立に囲まれて展望は良くありません。そこで少し戻って曲輪跡で一休みとしました。そこには地蔵尊があり、草地が広がって休むには良い所でした。展望もあり、南向かいには大野山から大峰山の尾根が眺められました。その後はいったん春来集落に戻り、春来峠から大野山へと向かいました。こちらは途中から道が判然としなくなり、適当に尾根を伝うことになりましたが、落ち着きのある自然林の尾根は良い雰囲気でした。この山も小ぶりで、峠から45分で山頂に立てました。そのピークこそ木立に取り囲まれていましたが、南側の牧場跡の方に移動しますと、素晴らしい展望があり、氷ノ山までが一望でした。その後は尾根なりに、また遊歩道なりに下って駐車地点へと戻りました。二つの山を比べますと、城ヶ山の方がハイキング向きでしたが、大野山の方が素朴さがあって面白かったかと思います。
06-48  6/18 京見山(姫路市)
       朝方は曇り空。その後、天気は次第に良くなり、午後はほぼ晴れとなりました。この日は終日予定があって、ようやく落ち着けたのが夕暮れどきになってからでした。そこで夕食前に軽く散策をしようと、京見山に登りました。尾根の木立が赤く染まる中を登って行きましたが、夕暮れとなって尾根は涼しく、気温は21℃と適温でした。山頂は遅い時間とあってやはり無人です。ただツバメだけが忙しげに飛び回っていました。そこから見える風景はモヤのつよいもので、広畑の町並みはモヤに煙っていました。
<18:14京見町西コース登山口/18:37山頂。>
06-49  6/24 一山(宍粟市)
   最近ご無沙汰している兵庫の千メートル峰は無いかと考えまして、一山が思い浮かびました。98年1月の雪の季節に登ったのが最後です。そこで久々に一山を訪れようと地図を開きました。そして目にすっと飛び込んで来たのが、山頂から南東に延びる尾根です。波賀町の水谷側から登ったことが無かったため、すんなりこの尾根からと決めました。この尾根が良い尾根でした。途中まではごく普通に植林地だったり雑木林でしたが、中間点辺りで一気に展望が開けて来ました。北には阿舎利山、向かう先に一山を見ながら開放感のある尾根歩きとなりました。尾根道と言えるものはありませんでしたが、適度なヤブが良い運動になりました。ゆっくりと登りましたので、山頂までに2時間以上かかりました。その山頂がまた良い所でした。青い空の下、まさに高原に立っている雰囲気で、涼しいばかりの爽やかな風が吹いていました。一面笹原ですので展望も申し分有りません。しかも他には誰も来ておらず、ひたすら静かな山頂でした。その山頂の心地よさに木陰で昼寝をしたところ寝入ってしまい、気が付いたときは山頂に着いてから二時間が経っていました。この間もずっと良い天気でしたが、結局パートナーと二人っきりでした。それにしてもこの日の一山山頂に立って思ったことは、山と言うのはコースを変えれば印象が違って来るものだと言うことです。
06-50  6/25 京見山(姫路市)
    小雨の降る中、夕食前にお腹を空かそうと、散歩登山をしました。京見町西コースから登り、京見会館コースで下りました。雨の中とあって山頂は20℃と涼しさがありましたが、視界はほとんど無く、ふもとがうっすら見えているだけでした。ウグイスの声のみが山上を賑わせていました。
<17:29京見町西コース登山口スタート/17:48山頂/18:03京見町中央コース登山口。>