登山記録:2006年(7月〜12月)   
         
  
06-51  7/ 2 水晶山(赤穂市)
    7月に入り、最初の週末は日曜日の午後のみ時間がとれました。近場しか行けませんが少し身体を動かしたく、ヤブコギ覚悟で選んだのが、この千種川西岸に位置する水晶山です。アプローチは南麓側の谷筋の道からとしました。林集落から道を歩き始めますと「釣瓶落しの滝」に出会いました。滝は落差10mほどでしたが、雨上がりとあって水量は十分でした。谷沿いの道はその先も続いており、湯ノ内谷との峠に出ました。峠からは方向を北から北東へと変えて山頂を目指しました。一部でシダヤブが有りましたが、途中より小径に出会い、その道ははっきりとしない所がありながらも山頂まで続いていました。小さな山ですのに遠回りしたこともあって、山頂まで1時間45分かかっていました。その山頂は木立が茂って展望は良くありません。ただ人の訪れの少ない山らしく、ひたすら物寂しさが漂っていました。そこからの下山が厳しいものでした。引き返すには時間がかかりますので、南の谷に向かって一気に下ったのですが、終始シダヤブをかき分けてのものでした。しかも急斜面で滑り落ちないように緊張しながらでした。但し展望は良く、遠くは小豆島までが一望でした。
06-52  7/ 6 鶏籠山〜的場山(たつの市)
    この日は平日でしたが、所用があって午後に休みを取りました。その用事も終わって空いた時間を近くの山で過ごそうと、久しぶりに鶏籠山に向かいました。梅雨の最中でしたが、空は何とか雨粒を落とさずに我慢している風でした。車は景観地区に近い観光駐車場に止めて、景観地区の散策からスタートしました。城下町の佇まいを残す家並みの向こうに鶏籠山の見える風景は良いものです。鶏籠山へは龍野城からの古城大手道で登りました。蒸し暑さがありましたが、雑木に囲まれた古道をのんびりと登っても、15分で山上に出ました。二ノ丸跡も本丸跡も以前に比べると木が切られており、すっきりすると共に展望も現れていました。東には揖保川の流れ、南には城下町が広がっていました。この鶏籠山だけでは運動になりませんので、両見坂へと下りて的場山に向かいました。ややきつい坂が続きますが、涼しい風を受けることが出来て、休む必要も無く山頂に立てました。山上も涼しい風があり、その風を受けて暫し、たつの市の風景を眺めて過ごしました。
06-53  7/15 七種槍(福崎町)
    本格的な暑さとなりました。この日は播州北部を目指して播但道を走ったのですが、何ともモヤのきつい空で、高い山はモヤに溶け込んでいました。そこで北部の山は諦めて、福崎町で下りました。近場の手頃な山でもと目標を変えて、向かったのが七種山です。そしてコースとしては一般的な七種槍を結ぶルートとしました。スタート地点は青少年野外センターのそばからです。まずは七種槍を目指したのですが、この日は蒸し暑さもひとしおで、尾根に出た所で早くもバテてきました。こうなると七種槍に立つだけでやっとでした。休み休みの上に途中の木陰では暫し寝たりしていましたので、七種槍の山頂に立ったときは歩き始めてから3時間が経っていました。もう七種山を目指す気力は残っていませんでした。今少し尾根を辿った後に林道の小滝線へと下りました。暑い季節は勢いだけで登らず、ペース配分を考えながら登らなければと、反省をしながら林道を戻って行きました。
06-54  7/16 感状山(相生市)
    この日は日曜日でしたが、午後に体が空きました。前日の疲れもないため、近くの山でひとときを過ごすことにしました。そこで相生市近郊の感状山にしたのですが、相生市に入った頃より晴れた空にみるみると黒雲が湧いて来ました。そして急な夕立になりました。その夕立が止むのを待って、晴れ間が見え出したところでハイキング開始としました。コースは南端の八柱神社の裏からです。尾根を歩き始めたところ、また雲行きが怪しくなり、再び夕立です。今度は雷まで鳴り出しました。けっこう近くで大きな音がするため、山陰でじっと過ぎるのを待っていました。おかげで雷が終わって山頂に出たときは、歩き始めてから1時間以上立っていました。そこから見えたのは雨上がりの、きれいに洗われた視界です。相生市北部の山並みが瑞々しい姿で広がっていました。暑い最中にモヤの強い展望になると予想していましたのに、その正反対で、涼しい中、すっきりとした展望を楽しめました。
06-55  7/17 京見山(姫路市)
    この日は海の日です。ところが朝から雨でした。ときに激しく降ることもあり、ようやく小康状態になったのは夕方が近づいてからでした。この雨のため家で過ごしていたのですが、小止みになったのを見て裏山の京見山に登ることにしました。京見山は簡単なコースですと40分もあれば往復出来てしまいますが、この日は少し長く尾根を歩くことにしました。そこで選んだのが、京見中央登山口より登って山頂へ、そして尾根を西へと辿って春日神社登山口に一度下り、そこよりまた尾根に戻って京見町西登山口に下りるというルートです。雨具を着て登り出しますと、登山道は沢のようになっている所がありました。天気は回復しているとは言えず、ときおり小雨が降って来ましたが、助かるのは長雨で気温が下がっていることで、22℃と涼しさがありました。山頂に立ちますとガスで何も見えません。そこですぐに尾根歩きを開始しました。ただ木の葉の音がするだけの尾根は静かなもので、誰とも会いません。ひたすら尾根を歩いて、身体に快い疲れを覚えさせました。
<16:19自宅スタート/京見町中央コースを登る/16:38〜40山頂/京見町西コースで春日神社へ/17:10〜12春日神社/17:37京見町西登山口エンド。>
06-56  7/22 峠山〜大倉山(姫路市・福崎町)
    梅雨がなかなか終わりません。この日は晴れときどき曇りの予報でしたが、雨こそ降らないもののどんよりと曇って、高い山は総てガスに隠されていました。この空模様では遠くまで出かける気にはなれず、前週に続いて近場で過ごそうと考えました。この大倉山は二度目となりますが、今回は北側の板坂側からの尾根を辿ることにしました。そうなりますと峠山を通ってのルートとなります。この日は狩猟シーズンではありませんでしたが、害獣駆除とかでハンターが入っており、尾根から外れないように注意しながら登りました。尾根は終始木立に囲まれて展望は良くありませんでしたが、山頂が近づいた所でようやく北の展望が開けて、明神山から薬師峯へと続く山並みが眺められました。大倉山からの下山は往路を引き返す予定でしたが、途中より東の麓へと続く小径を見かけたため、それを下りました。その山道こそ問題は無かったのですが、天気が急激に回復して、炎天下を車道を歩いて戻ることになってしまいました。
06-57  7/30 母袋烏帽子岳(岐阜の山)
     仕事の関係で、暫く名古屋に滞在することになりました。こうなりますと前向きに考えて、休日は名古屋近郊の山を楽しむことにしました。その第一弾が奥美濃の母袋烏帽子岳です。慣れない仕事の疲れもあることで、比較的気楽に登れる山として、片道1時間半ほどで山頂に立てるこの山を選びました。コースは母袋キャンプ場からです。良く整備された登山道は「白樺の道」「ブナの道」「笹の道」と名前を変えながら、緩やかなまま続いていました。またこの日の木陰は20℃ほどと、夏とは思えない涼しさがあり、登山には良い感じでした。登山者も少なく、ほとんど人に会うことも無く山頂に立てました。その山頂は木立が多く、良い木陰がありましたが、展望は控えめでした。それでも東に御嶽山、北西には白山が眺められ、奥美濃の山中にいることを実感しました。
06-58  8/ 6 大日ヶ岳(岐阜の山)
    奥美濃の名峰としてまず名の浮かぶのが大日ヶ岳。その大日ヶ岳に登りました。東海北陸道を白鳥ICで下りて石徹白(いとしろ)の白鳥高原を目指しました。コースは一般的な桧峠からのピストンです。最初はウイングヒルズスキー場の縁を登って行きます。そこを過ぎますと周囲に美しい森が広がりました。やがて行く手にピークが見えて来ましたが、それは中間点の水後山で、その水後山に近づいてようやく大日ヶ岳が見えて来ました。まだまだ遠くに見えており、間にはまだ鎌ヶ峰が待っています。水後山を過ぎますと、尾根は笹原となって木陰が無くなり、真夏の陽射しをまともに受けることになりました。アップダウウンも多くあり、厳しい登山になってしまいました。歩き始めてから3時間近くかかってなんとか山頂に着きましたが、もうふらふらの状態でした。その山頂は展望こそ良いものの木陰はほとんど無く、クマザサの作る陰で休むしかありません。暫しの間、じっと疲れた体を横たえていますと、ほのかな涼しさも感じられて、快い疲れが体に広がってきました。そして山頂に立てた喜びがじんわりと湧いてきました。その満足感はやはり名峰に登ってこそ味わえるものでした。
06-59
06-60
 8/12 金華山(岐阜の山)
       百々ヶ峰(岐阜の山)
    この日は名古屋周辺のみ晴れのようでしたので、近くで過ごすことにしました。長良川の河畔に佇む金華山は岐阜市街に近く、織田信長ゆかりの歴史の山です。山頂には岐阜城があってロープウェイも通じており、岐阜観光の目玉の一つになっています。その金華山を馬ノ背コースで登りました。低山だけに山中は暑く、しかも急坂とあって、たちまち大汗でした。ただ30分ほどで山上に出ました。もうそこは観光客で賑わう観光地の雰囲気でした。もう後は観光気分で岐阜城の天守閣に上り、涼しい風に吹かれながら360度の眺望を楽しみました。この金華山だけではごく短い登山ですので、午後は長良川を挟んで北岸に対峙する百々ヶ峰に向かいました。こちらは岐阜市の最高峰となりますが、いたって静かな山でした。ただ山頂に着く直前に激しい夕立に会ってしまい、山中で一時間ばかり雨宿りをすることになってしまいました。その雨も上がって青空も見え出した中を山頂に着きますと、そこには立派な展望台が出来ていました。その展望台から見えたのは雨上がりに光っている金華山の岐阜城でした。
06-61  8/13 油日岳〜三国岳(三重の山)
    お盆休みの一日ぐらいは姫路に戻ろうと、この日の朝、名古屋を発ちました。但し一つぐらい山に登ろうと考え、そこで名阪国道を上柘植ICで下り、鈴鹿山系の南端となるこの油日岳を目指しました。伊賀市の余野公園に入り、林道を終点まで走りますと、トイレも設置された登山口の駐車場に着きましたが、好天だというのに1台の車も止まっていません。コースとしては三馬谷沿いを登って油日岳へ、そこからは尾根を周回して加茂岳、忍者岳、三国岳、倉部岳と小さなピークを巡るものです。三馬谷には小さな滝が幾つか並んでおり、涼しげな風景を見せていました。その後は油日岳山頂まで急坂が続き、気持ちの良い汗がかけました。そして山上に出ますと、程よい涼しさの風が絶えず吹いており、快いばかりでした。気温はと見ますと24℃ほどで、真夏にしては適温でした。油日岳からの尾根歩きはやせ尾根とあって足下に注意する所もありましたが、適度な変化が面白いものでした。惜しむらくはこの日の空で、モヤの強い視界に遠方は霞んでいましたが、贅沢は言えません。最後はゾロゾロ峠から沢沿いの緩やかな道で戻ったのですが、その沢水は冷たく、その日の汗を静めてくれました。それにしてもこの楽しいハイキングの間に出会ったのは、たった一人のみでした。
06-62  8/14 京見山(姫路市)
     お盆休みとして姫路に戻って来ましたが、もう翌日から仕事です。この日も行事があることでもあり、朝のひとときのみが体の休まるときでした。その朝の食後に軽く京見山散歩に出かけました。京見中央登山口から登りましたが、手ぶらということもあって身も軽く、気持ちの良い汗をかいて山頂に立てました。ただ9時過ぎに山頂に立ったのですが、既に気温は30℃に迫ろうとしており、もう陽射しを暑く感じました。視界も快晴続きとあってモヤの強いものでした。
<8:53京見町中央コース登山口/9:07〜10山頂/9:26京見町西コース登山口><快晴、視界はモヤの強いもので、遠方は薄ぼんやりしていた。山上の木立の中では27℃、山頂は30℃ほど。>
06-63  8/20 風越山(長野の山)
      飯田市の西に佇む風越山は市内のどこからも良く見えて、飯田市の風景になっている山です。その風越山の登山口に着くのにリンゴ畑に迷い込んでしまい、少々苦労してしまいました。ようやく風越山麓公園の駐車場に着いたときは、飯田市内に入ってから1時間近く経っており、もう陽射しは強いものになっていました。登山口は公園から少し離れていましたが、登山道を歩き始めますと、もう楽なものでした。信仰の山として古くから登られてきているだけに、登山道は参道の趣のまま緩やかで道幅も十分にあり、点々と石仏が置かれていました。良かったのは山の緑が豊かなことで、常に木陰の中を登って行けました。涼しい風もあって夏とは思えぬ爽やかさでした。歩き易いままに山頂に近づきますと白山神社奥宮が山頂手前のピークにあり、そこを過ぎて山頂到着となりました。そこも木立に囲まれて程良い木陰となっており、休む所としては良い所でした。ただこの風越山は中央アルプスの南端でもあり、山頂からの展望を期待していたのですが、それはかないませんでした。そこで山頂の涼しさを楽しもうと、暫しの昼寝としました。それにしても有名山以外の山に登りますと、登山者はぐっと少なくなり、静かな山を楽しめることを、この日も実感しました。
06-64  8/26 下呂御前山(岐阜の山)
    せっかく東海地方に居りますので、各地の山を訪ねてみようと考えています。この日は南飛騨の名湯、下呂温泉に向かいました。その下呂温泉を足下に見るのが下呂御前山です。国道41号線をひたすら走って下呂市へ。そして下呂温泉街を抜けて行きますと、点々と御前山への標識があって、楽に登山口に着けました。登山道を歩き始めますと、登山道にも親切な標識が付いており、「あと何m」と記されていました。登山道も歩き易いもので、涼しい木立の中を楽に登って行けました。木立は始めこそ植林が主体でしたが、登るほどに優しげな自然林となり、森林浴の雰囲気となりました。気温も22℃と良い感じでした。そして歩き始めてから2時間ほどで山頂到着となりました。その山頂はと言いますと、方位盤が置かれており、適度な木陰もあって山頂の雰囲気としては悪くありません。ただかんじんの展望がガスに隠されていました。山頂からの御嶽山を期待していたのですが、どうも休日になるとモヤのきつい空になるようで、うまく行きません。それでも涼しい風を受けて、暫しの昼寝を楽しみました。そして下山後は当然、下呂温泉です。ぬるめの露天風呂に浸かって、登山の疲れを癒しました。
06-65  8/27 池田山(岐阜の山)
    前日の下呂御前山がモヤの強い空でしたので、この日の空には今少し期待していたのですが、朝から曇り空で、しかも前日どころではないモヤのきつさでした。少し遠い所はもう薄ぼんやりとしか見えません。そこで遠方はあきらめ、近場の山でもと考えて、揖斐川に近い池田山に向かいました。池田山は山頂のそばまで車道が通じていますが、東麓の霞間ヶ渓からは東海自然歩道が付いており、ハイキングとしても楽しめます。その道をいざ歩き始めますと、ジグザグで山上に向かうのですが、けっこう小石が多く、歩きにくさがありました。それも山上に出て焼石神社を過ぎますと、林間の美しいコースとなりました。ただ山上では何度か車道と交差することになり、山の落ち着きは無くなりました。また池田の森公園はハングライダー基地のようで、車で来るのが普通のような雰囲気でした。それでも自然歩道を歩く楽しさもあって、良い感じのまま山頂へと向かえました。そして山頂で見たのは、ガイド本には載っていなかった大きな展望台でした。展望の無い山頂だと思っていただけに、全く逆に好展望の山頂に変わっていました。それにしてもこの日のモヤのきつさは尋常ではありません。まるでキリのようなもので、ふもとがようやくうっすらと見えるだけでした。どうも8月は澄んだ空とは縁のないまま終わりました。
06-66  9/ 3 雨乞岳(鈴鹿の山)
      9月に入った途端、残暑を通り越して一気に秋めいてきました。前日の2日は東海地方は澄んだ青空の広がる快晴となりました。その2日こそ仕事のため、恨めしくその空を見ていましたが、3日も快晴が続いていました。そこで展望の良い山に登ろうと、鈴鹿の山に向かいました。この雨乞岳をガイドブックの「名古屋周辺の山」に従って稲ヶ谷からのコースを登ることにしました。ところがスタート地点の稲ヶ谷橋が何としても見つかりません。30分ばかり鈴鹿スカイラインをうろうろした挙げ句、そのコースは諦めて武平峠のそばから始まるコースを歩くことにしました。もうガイドブックの参考図だけが頼りの登山です。そしていきなりコースを誤ってしまいました。ただすぐに気が付き20分ばかりのロスですみましたが、それに懲りて後はひたすら慎重に登山道を辿りました。クラ谷を遡り出しますと、ようやくコースを安心して辿れるようになり、周囲の緑を余裕を持って眺められるようになりました。クラ谷を離れますと美しい樹間のコース、次に笹のトンネルコース、そして山頂が近づいて笹原コースと登山道は変化がありました。その笹原コースとなって展望は一気に広がり、東雨乞岳の山頂では360度の眺望が待っていました。澄み切った空の下に、鈴鹿の山並みがあまねく眺められて、すっかり雨乞岳に魅了されてしまいました。
06-67  9/ 9 笠置山(岐阜の山)
    午前中は仕事があったため、午後に入って山に向かいました。半日の手頃な山として選んだのが恵那市近郊の笠置山です。現地に着いて案内板を見ますと、山頂そばまで車で行ける山のようでした。それは気にせず、姫栗ふれあい広場に車を止めて林道を歩き始めました。始めに別荘地を抜け、その先で林道は荒れて山道へと変わりました。その山道が一度、舗装された林道と交差しますと、道の様子が一変しました。そこより道は木の階段となって、全くの遊歩道の雰囲気になりました。道はほぼその状態で続き、山頂が近づいて、再び林道と交差しました。そして歩き始めてから100分で山頂でした。山頂は平らになっており、笠置神社があって山頂と言うよりも境内の雰囲気でした。その山頂にはヒカリゴケの自生地がありましたが、それには興味がありませんのでしたので、少し下った所にある展望台に向かいました。そこからは中央アルプスや御嶽山の展望が楽しめるとのことでしたが、この日の空はモヤのきついもので、高峰は総てガスに閉ざされて何も見えません。かろうじて近くの二ツ森山が見えているだけでした。展望には裏切られましたが、山中では一人とすれ違っただけで、ひたすら静かなハイキングを楽しめました。
06-68  9/10 寧比曽岳〜筈ヶ岳(愛知の山)
    奥三河地方には日帰りで楽しめる山が幾つもあり、目移りがします。この日は夕方に用事があったため、気軽なハイキングを楽しめる奥三河の山として、東海自然歩道の通る寧比曽(ねびそ)岳を選びました。登山口は伊勢神峠を選べば長く歩けますが、寧比曽岳から更に筈ヶ岳まで歩こうと考えて、山頂に近い大多賀峠から歩き始めました。大多賀峠からですと山頂との標高差は300mしかありません。尾根道は東海自然歩道とあって程よい歩き易さで、自然林の中を散歩感覚で登って行けました。森林浴を楽しむ気持ちで所々で足を止めながら登ったのですが、1時間も歩けばもう山頂でした。その山頂は西への展望が良く、西三河が一望でした。その先の筈ヶ岳までも東海自然歩道になっており、森の散策を続ける感覚で足を延ばしました。寧比曽岳からおおよそ1時間で筈ヶ岳でした。こちらは展望は劣りましたが、のどかさの漂う山頂風景でした。そして帰路は往路を辿って戻りました。この日は登山を楽しむと言うよりも、東海自然歩道をハイキングするといった風の楽しみ方が出来ました。
06-69  9/17 片知山(岐阜の山)
     この日は台風13号が九州の西の沖合を北上中でした。その影響もあって東海地方の空は、朝からすっかり曇り空でした。午後には雨になるとの予報でしたので、近くの山として美濃市近郊のこの山に向かったものです。雲は低くたれ込めるという風では無く、山並みはまずまず見えていました。登山コースとしては一般的な板山神社の横から始まるコースを選びました。コースは沢沿いを小径で続いていましたが、始めから標識は全く見ません。その小径があやふやになり出した頃に、ようやく片知山の名が現れ一安心です。そして道が急にはっきりし出しました。笹の中をその道はつづら折れで続き、道そばには点々と石仏も置かれていました。尾根に出ますと道はいっそうはっきりして、北の方向へその笹道をひたすら登って行きました。沢沿いでは当然展望は有りませんでしたが、尾根歩きとなっても周囲は自然林が囲んで、展望は現れません。そのままの状態で山頂に着きますと、そこも雑木林とススキで展望はありません。せっかく美濃の山に登っていますのに、これでは寂しいと、展望を求めて北へと今少し尾根歩きを続けることにしました。尾根道は笹の中に踏み跡程度で続いていましたが、30分ほど歩いて、結局展望は開けませんでした。そこで引き返すことにしましたが、その途中で手頃なモミの木に登ってみました。その木登りで得たのが、間近に迫る瓢ヶ岳の姿でした。いきなり大きな山が目の前に現れて、少し感動しました。下山は片知渓谷林道への近道を下り、林道歩きでスタート地点に戻りました。
06-70  9/18 継鹿尾山(愛知の山)
    この日は台風13号が日本海側を通過しており、その影響で東海地方はフェーン現象が起きていました。朝から30℃に近い気温で、生暖かい風が吹いていました。蒸し暑さも梅雨どきのようでした。朝のうちは雨の降りそうな空でしたので、出かけるのをためらっていましたが、次第に明るくなる空を見て、近場に出かけました。目指したのは犬山市です。犬山市と言えば犬山城が思い浮かびます。そこでまず犬山城の観光をしました。その天守閣から東を見ますと、木曽川の東岸にこの日の目的の継鹿尾山がよく見えていました。その継鹿尾山へ向かって、犬山城から歩き始めました。街中を通って犬山遊園駅に向かい、そして木曽川沿いを歩いて近づきました。その道中は交通量の多い所を歩くためハイキングとは言えず、氷室交差点から山中に入ったときは、ほっとしました。継鹿尾山は中腹に名刹の寂光院があり、そのちょっとした観光地の寂光院を抜けた所からようやく登山道が始まりました。東海自然歩道としてきれいに整備されており、良い感じで登って行けました。ただ20分も登ればもう山頂でした。その山頂には展望休憩舎があり、濃尾平野が一望でした。その後は東へと続く東海自然歩道を歩いてふもとへと下り、善師野駅へと向かいました。そして電車で犬山遊園駅に戻りました。蒸し暑い日でしたが、観光とハイキングの両方を楽しむことが出来ました。
06-71  9/23 三方崩山(岐阜の山)
    この日の東海地方は雲の多い空でしたが、北陸地方は快晴の予想でした。そこで北部の山に目を向け、ハードさも求めて決めたのが、白川郷に近いこの三方崩山です。東海北陸自動車道を北に向かうにつれ天気は良くなり、飛騨地方に入りますと、雲一つ無い快晴となりました。空気も爽やかそのものです。三方崩山の登山口は国道156号線から分かれる林道の終点にあるのですが、その林道が荒れ気味でしたので、林道の入口付近から歩き始めました。そうなりますと、山頂との標高差は1400mを越します。林道歩きは単調でしたが、登山道を登り始めますと、周囲にブナ林が広がって来ました。その木立が朝の光に包まれて、見事な美しさでした。登山道は登るほどに急坂になり、ロープをつかんでの登りが長々と続きましたが、涼しい空気に助けられて気持ちよく登って行けました。そして標高が1600mを過ぎて樹林帯を抜けますと、一気に展望が開けました。前方には三方崩山の荒々しい山頂が見え、また東には御嶽山から北アルプスまでが一望でした。後はその展望を楽しみながらの登りでした。但し急坂が続いて足の休まることがありません。小さなピークも幾つか越しました。山頂に着いたときは、歩き始めてから3時間が経過しており、足は十分に疲れていました。その山頂は狭く数人が休める程度でしたが、東に展望があり、また木立を通して白山も見えていました。澄んだ視界と清々しい空気の中で、心地よい疲れを癒すことが出来ました。
06-72 10/ 1 八曽山(愛知の山)
    この日は朝からどんよりと曇って、今にも雨が降り出しそうな空でした。その雨が昼からとの予想でしたので、午前中だけでもと犬山市郊外にあります八曽自然休養林に向かいました。キャンプ場がありハイキングコースも整備されており、その中心にあるのが八曽山です。入口の有料駐車場に車を止めて五条川沿いのハイキングコースを歩き始めました。まず最初に岩見山の山頂に立ちました。展望の良い山頂からは八曽山を始め愛岐丘陵の山並みが一望でした。そして八曽山へ向かいました。ハイキングコースは森林浴を楽しむと言う感じの雰囲気の良い所もありましたが、林道を歩くたいくつな所もありました。ただこの八曽自然休養林はハイカーだけの地域では無く、マウンテンバイクを楽しむ人やクロスカントリーをする人と、多くの人が様々なスタイルで楽しんでいました。八曽山に近づきますと、再び登山らしくなりました。その八曽山はいにしえから信仰対象の山として登られて来たようで、石仏が点々と見られ、山頂には祠が建てられていました。このハイキングの間も雲行きは徐々に悪くなっており、ときおり雨をぱらつかせていましたが、八曽山山頂をを離れる頃より小雨となりました。それでも八曽滝や乙女滝の滝見物をしたりと、変化のある八曽自然休養林を半日でしたが十分に楽しみました。
06-73 10/ 8 経ヶ岳(信州の山)
     名古屋生活を続けていますが、なかなか週末をすんなりと二日とも休むことが出来ません。その中で10月8,9日が連休となりましたので、信州へ一泊旅行に出かけました。初日の8日は中央アルプスの北部に位置します経ヶ岳に向かいました。二百名山にも選ばれている名峰です。この日の北アルプスは荒れ模様の天気でしたが、中央アルプスの空はからっと晴れていました。コースは一般的な伊那市西郊にあります羽広観音からのコースです。登り始めたときは笹が道を隠している所があってマイナーな感じを持ちましたが、尾根歩きとなってからは程よい歩き易さとなり、また周囲はカラマツ林が広がって、優しさの漂う風景となりました。大きな山だけにけっこう時間がかかり、八合目までに3時間近くを要しました。その八合目に着いて一気に展望が広がりました。東には南アルプス、北東には八ヶ岳がくっきりと現れており、その山並みをバックに足下には天竜川の流れる伊那谷の風景です。その伸びやかさのある風景を見ると、登って来た甲斐があったというものです。またようやく経ヶ岳の山頂が見えて来ました。その山頂までは更に50分ほど歩くことになりましたが、相変わらず周囲はカラマツ林で、ちょうど黄葉が始まって良い雰囲気でした。ただ経ヶ岳の山頂は樹林に囲まれて薄暗く、また展望も少ないとあって、早々と引き上げました。この経ヶ岳を登り終えて、大らかな山をじっくり登ったという実感を持てました。
06-74
06-75
10/ 9 霧ヶ峰(信州の山)
       美ヶ原(信州の山)
             
     この日は午前を霧ヶ峰で過ごして午後を美ヶ原でと考えていましたので、諏訪のホテルを朝早い6時過ぎに発ちました。この日の空は澄み切った快晴です。霧ヶ峰ハイキングは八島湿原からスタートして車山へ、そして蝶々ヶ峰を巡って八島湿原に戻るルートです。早朝の八島湿原には誰も居らず、尾根を思わせる美しい風景の中を散策出来ました。そして車山に向かうにつれ展望は良くなり、車山では北、南、中央と総てのアルプス、そして八ヶ岳が一望でした。その中で白くなった北アルプスが印象的でした。その車山こそリフトが通じていることもあって観光客が多く、ハイキングとは離れた雰囲気がありましたが、車山を離れますと、再び静かで快適なハイキングに戻れました。そして霧ヶ峰が日本有数の高原ハイクを楽しめる所だと認識させられました。午後の美ヶ原も楽しいハイキングでした。美術館前の広大な駐車場がほぼ満車状態になるほど大勢の観光客が来ていましたが、人が多かったのは美しの塔までで、その先はハイカーの世界でした。美ヶ原ハイキングは王ヶ頭を通って王ヶ鼻までをピストンするものでしたが、午後となっても快晴は続いており、澄んだ空のもと牧場風景を楽しみながらのんびりと歩きました。この美ヶ原も霧ヶ峰に劣らぬ素晴らしい展望地で、特に北アルプスが近くなっただけに雄大に眺められました。ひたすらのんびりとあるいていたため、駐車場に戻って来たときはもう夕暮れ時で、数台の車が止まっているだけでした。
06-76 10/15 五蛇池山(岐阜の山)
    久々に死ぬ思いをしました。この日は揖斐川町の蕎麦粒山を目指し、広瀬集落の奥の登山口にすんなり着きました。そして道なりに歩き出しましたが、どうも様子がガイドブックとは違っており、道はすぐに尾根に向かうことは無く、沢沿いにずっと続いていました。1時間以上歩いていますと、道の様子がはっきりとしなくなりました。そこで現在地を確かめる意味もあって登り易そうな右手の山肌を登って尾根に出ることにしました。その山肌が、途中からシャクナゲが繁茂し出して俄然厳しくなりました。それでも無理やり登って行きますと、少しは周囲が眺められるようになり、振り返りますと向かいの尾根に小蕎麦粒山と蕎麦粒山が見えていました。それは取り返しの付かない距離になっており、蕎麦粒山は諦めました。そこで今登っている山のピークまでは立とうと、更に登って行きましたが、最後までシャクナゲのヤブでした。そして下山を始めたのですが、ここからが更に数段厳しい体験となりました。ヤブの中を登って来たルートを辿ったつもりでしたが、どうしても歩き易い所に向かってしまい、そうすると断崖に行き当たってしまいます。そこで隣りの山襞に迂回することになりますが、それを何度か繰り返すうちに、二度ほど滑落もしてしまいました。何とか沢に下り着けましたが、そこに見たのは蕎麦粒山の登山口でした。茫然自失とはこのことでした。帰ってからこの山のことを調べて五蛇池山だと知りましたが、この山へは沢を奥まで詰めていけばずっと楽に登れていたようです。
06-77 10/22 蕎麦粒山(岐阜の山)
    前週に蕎麦粒山を登るつもりが間違えて東向かいの五蛇池山に登ってしまい、死ぬ思いをしましたが、それが悔しく、リベンジの思いで蕎麦粒山に向かいました。ところが今回は天気が味方してくれません。前週は快晴でしたが、この日の名古屋の空はこれ以上はないと思えるモヤのひどい空でした。その空も揖斐川町では青空も見られるようになり一安心の思いで登山口をスタートしましたが、歩くうちに青空は消え、尾根にはガス雲が湧いて来ました。そして小蕎麦粒山への登りを始めますと、中腹までガスが下りて来ました。もうガスの中の登山です。ただ歩くことに関しては問題有りませんでした。蕎麦粒山はヤブ山とのことでしたが、前週の五蛇池山と比べますと何とも楽なもので、急坂だろうがクマザサのヤブだろうが、登山道を歩ける有り難さを感謝しながら登りました。山頂に立ったのは歩き始めてから2時間半後でした。もうすっかりガスに包まれて、何にも見えません。蕎麦粒山を目指したのは、歩き甲斐のある山という期待と共に、山頂展望があったのですが、この日はすっかり裏切られてしまいました。そこで好天の日に再度訪れようと、思いを新たに下山に向かいました。どうも蕎麦粒山に取り付かれたようです。
06-78 10/28 小秀山(岐阜の山)
     裏木曽の小秀山は阿寺山地の最高峰であり、二百名山にも選ばれています。そのふもとには乙女渓谷があり、登山となれば往復8時間の健脚コースとなっています。東海地方の登り甲斐のある山を目指していますので、この小秀山には十分に興味をもっていました。そこでぜひ好天の日に登ろうとタイミングを図っていましたが、この日は条件もそろって勇躍出かけました。名古屋を6時に出ましたので、登山口の乙女渓谷キャンプ場には8時前に着くことが出来ました。往路は三ノ谷コースを採りました。始めは林道歩きでしたが、林道を離れますと尾根をジグザグに登って行きます。その単調な登りに変化が出たのは二ノ谷コースと合流してからです。尾根は急坂となって一気に展望が広がって来ました。西を見ますと、白山まで遮るものもなく見渡せました。そして北を見ますと御嶽山が意外な近さで見えていました。カブト岩を過ぎますと、一気に高原風景になりました。もう高原散策の雰囲気で歩いて行けました。そして着いた山頂は、御嶽山の最高の展望台でした。ただ空は早くも曇り空に変わろうとしており、御嶽山の山頂は雲に隠されていました。下山は二ノ谷コースを下りました。こちらは痩せ尾根を一気に下って行きます。そして沢に下り着きますと、夫婦滝をスタートに滝見物の遊歩道が待っていました。厳しさ有り、のどかさ有り、そして渓谷の美しさ有りと、バラエティーに富んだ登山を堪能出来ました。
06-79 10/29 高賀山(岐阜の山)
    夜半から降り出した雨は朝には上がっていましたが、曇り空で朝を迎えました。その空が次第に良くなって来ましたので、近場で紅葉の山を楽しもうと、高賀三山の主峰、高賀山を訪ねました。その高賀の里に入りますと、高賀神社の大鳥居のそばから高賀山がすっきりと望まれました。その山頂を見ると期待通りに赤くなっているのが分かりました。スタート地点は[高賀の森自然公園」駐車場からです。程よい歩き易さの古びた登山道が続いていました。ふもとこそまだ紅葉になっていませんでしたが、御坂峠に着いて尾根歩きになりますと、木々は見事に色付いていました。後は山頂まで紅葉を愛でての尾根歩きを楽しめました。その高賀山山頂はさほど広くは無く、周りを木立に囲まれて展望も良いとは言えません。ただ憩うには良い所で、暖かい陽射しの下、のんびりと過ごすことが出来ました。このように手頃なハイキングを楽しめる高賀山でしたが、地図に載っていない立派な林道が御坂峠まで出来ていました。そのため山頂には登山者以外にもお弁当ハイキングの人も訪れており、山頂にたどり着くと言う雰囲気が少し薄れていました。
06-80 11/ 3 日永岳(岐阜の山)
      三週間前に勘違い登山で五蛇池山に登ってしまい、大変な目に会いましたが、この日の日永岳登山もそれに匹敵する大変な登山になってしまいました。山県市の神崎川沿いを走って最奥の仲越集落に着きますと、その先は未舗装林道となって日永岳に向かっています。その林道を歩き始めますと、林道は途中で二手に分かれました。そのとき枝分かれ部にあった矢印を勘違いして、左の林道を歩いてしまいました。もう矢印を信じていましたので、その林道を終点まで歩いてしまい、おまけにそこから始まる不確かな小径で尾根を登ってしまいました。思いこみとは恐ろしいものです。尾根は途中からヤブ尾根になってきたため、ようやく疑い出しましたが、ともかく尾根を登って尾根上に出ることにしました。そして尾根上に出て見えたのは両翼を持った姿の良い山でした。もう日永岳と確信しました。それにしてもその遠くに見えること。引き返すことも考えましたが、まだその時点で9時半でしたので、日永岳を目指してひたすら尾根を歩くことにしました。谷に一度下りて登り返してからの尾根歩きとなりました。ヤブ尾根が続きましたが、1156mピークに着いてからが一段と厳しいもので、ひたすらクマザサとの格闘になりました。そしてようやく日永岳山頂に着いたときは、歩き始めてから5時間以上経っていました。その山頂はあっけらかんと明るく、周囲の尾根の紅葉がやけに美しく見えました。下山はもちろん登山ルートで下りました。けっこう急尾根でしたが、しみじみと登山道の有り難さをかみしめました。
06-81 11/ 5 明神山(愛知の山)
    奥三河の山でぜひ登ってみたかったのがこの明神山です。姿は兵庫の明神山に似ていますが、一回りは大きな山です。快晴の下、南麓の乳岩登山口に着いたのは9時前でした。すると駐車場は20台ほどの車で満車状態です。ほとんどが県外ナンバーです。そんなに有名な山なのかと不思議に思いながら歩き出しましたが、登山道はいたって静かです。そして鬼岩に着いたときに、人気の理由が分かりました。その一帯は沢山の大岩がそそり立っており、多くの若者がクライミングを楽しんでいました。明神山はロッククライミングのメッカだったようです。その鬼岩を外れますと、また静かな登山に戻りました。途中まではゆったりとした登山道でしたが、その後は急尾根の連続となりました。岩場が有り、痩せ尾根歩きもあって、スポーツ登山のおもむきとなりました。展望も山頂が近づき出すと良くなり、鳳来湖を囲む山々が一望でした。そのスリルある登りを楽しむままに山頂に着きますと、そこには鋼鉄製の立派な展望台が建っていました。そしてその上はまさに360度の眺望で、奥三河の山があまねく眺められました。と言いたいところですが、好天続きでしたので空は濁っており、薄ぼんやりとしか見えていませんでした。この念願の明神山に登っての感想は、ちょうど兵庫の雪彦山に通じるものがあり、登る楽しさを味わう山だと思いました。
06-82 11/12 日本ヶ塚山(愛知の山)
    この日は奥美濃以北こそ荒れ模様でしたが、愛知の空は快晴でした。そこで前週に続いて奥三河の山を目指しました。この日本ヶ塚山は奥三河の最奥の村、豊根村にあります。おかげで登山口に着くまでに高速道を使っても2時間半もかかってしまいました。その奥三河の空も快晴でしたが、強風が吹きつけており、この秋一番の寒さでした。この日本ヶ塚山には遊歩道が山頂を通って作られており、周回コースとして楽しめます。その登山コースを左回りで登るため、バンガロー村側から登り始めました。最初は植林地の登りで、道も荒れ気味でしたが、それが尾根歩きになりますと、優しげな遊歩道となり、木立にも自然林が現れて、見頃の紅葉になっていました。1065mピークが近づく頃には展望も開けて、周囲の尾根の紅葉を愛でながらの尾根歩きとなりました。そしてこの日本ヶ塚山のハイライトが1065mから山頂にかけての尾根歩きでした。小さなアップダウンを繰り返しながら山頂へと近づいて行きますが、尾根は紅葉を愛でながら歩けるだけでなく、急尾根と緩尾根の繰り返し、細尾根のスリルあり、佐久間湖の展望ありと、変化に富んだ尾根歩きを楽しめました。そして着いた山頂からは間近に八嶽山、そして奥三河、遠州の山並みが眺められ、奥三河も山国だと言うことを実感しました。
06-83
06-84
11/19 古城山(岐阜の山)
       釜ヶ谷山(岐阜の山)       
    この名古屋滞在では、なかなか土曜日を休むことが出来ません。そのため日曜日の晴れを願わずにはおれませんが、その期待は見事裏切られました。前日の澄み切った快晴の空が一変して、この日は朝からどんよりとした曇り空でした。いずれは雨になる空のようです。ただ雨は午後に入ってからの予想でしたので、午前中だけでも体を動かそうと、岐阜市に近い里山に向かいました。古城山は山頂に天守閣を持つ旧・高富町の里山です。登山口辺りは少し草が茂っており、人の訪れが少ないように思えましたが、登るほどに歩き易くなりました。岐阜の低山も紅葉の季節を迎えており、その色付きを眺めながら気軽に登って行きますと、40分も歩けばもう山頂でした。その山頂にある天守閣は高さ3mほどのミニ天守閣でしたが、そこからの展望は良く、岐阜市郊外の低山が一望でした。この古城山から下山を終えてもまだ10時を過ぎたところでしたので、もう一つ登ろうと、近くの釜ヶ谷山に向かいました。こちらは一回り大きな山で、ふもとに伊自良湖があり、そのそばにキャンブ場があって、そこより山頂までハイキングコースが出来ています。空の黒みは一段と増していましたが、雨に降られることもなく、良く整備された登山道を歩いて行けました。こちらも古城山と同じく紅葉を楽しみながらのハイキングでした。その山頂に立った頃よりようやく雨粒が落ちて来ました。後は小雨の中を蕭々と下山しました。
06-85
06-86
11/23 瓢ヶ岳(岐阜の山)
       今淵ヶ岳(岐阜の山)       
    この日は勤労感謝の日とあって休日です。ところがまた休日をねらったかのように、前日の晴れが一変して曇り空に変わっていました。そこで近くの山でハイキングをしようと、高賀三山の一つ、瓢ヶ岳に向かいました。コースは片知渓谷の「ふくべの森」からのコースです。心配された空は登り出す頃には薄晴れとなっており、陽射しも現れていました。登山道は程よい歩き易さで、紅葉を愛でながら気楽なままに尾根に出ました。最初に南岳に向かったのですが、その手前に展望場所があり、そこに立って見えたのが雪化粧をした白山の姿でした。これは予期せぬ出会いで、うれしい限りでした。南岳のピークに立ってから引き返し、主稜を歩いて瓢ヶ岳へ向かいました。この尾根は遊歩道と呼べそうな手入れの行き届いた道で、楽々と山頂に立てました。その山頂に立った頃より空は曇り出して、白山は見えなくなりました。この瓢ヶ岳登山はけっこう楽な登山でしたので、下山を終えてもまだ足に疲れは見えません。そこで午後にもう一つ登ることにしました。午後の山は、高賀三山の残る一つ、今淵ヶ岳です。南麓の瀧神社の近くから歩き始めました。午後に入って空はすっかり曇り空になっていましたが、雨に遭うこともなく、少し鄙びた登山道を登って行けました。この登山道は山頂が近づくとクマザサに覆われ出して、それを払い除けながら登ることになり、少し厳しさがありました。そして山頂は木立に囲まれて展望は無く、ややマイナーな感じを受けました。それでも近くの木に登ってみますと、瓢ヶ岳が大きく現れて、今居る所が今淵ヶ岳であることを実感出来ました。
06-87 11/26 宇連山(愛知の山)
    またまた休日を狙っていたかのように、東海地方は前日の好天からこの日は朝から曇り空です。午後は小雨も降る予想でした。ただ三河地方は曇りのみの予想でしたので、奥三河地方の名峰、宇連山に向かいました。宇連山の山麓には愛知県民の森があり、そこは紅葉の名所ですが、今が紅葉の盛りと有って、駐車場は既に多くの車で埋まっていました。そして多くのハイカーが辺りを散策していました。こちらもその中に混じって歩き出しました。モミジの木が多く、それが散り始めており、遊歩道がその落ち葉に隠れるほどになっていました。その遊歩道の賑わいも「せきれい橋」辺りまでで、そこより登山道になりますと、一気に静かになりました。この宇連山は千メートルに満たない山ですが、標高差は800mとあって、けっこう登り堪えのある山で、急坂が長く続きました。尾根に出ますと冷たい風も出て来て、厳しさが増して来ました。ただ尾根歩きとなってからは鳳来寺山の展望が広がりました。二時間あまりで山頂に着きますと、そこは一段と風の厳しい所で、震えながらの休憩でした。その山頂からは明神山の秀麗な姿が眺められました。下山はコースを変えて西尾根を下りました。この尾根は始めこそごく普通の雰囲気でしたが、途中から痩せ尾根となり、岩場も現れて、しかも小さなピーク幾つも超える変化に富んだコースとなりました。そして振り返りますと宇連山が明神山に劣らぬ堂々とした姿で眺められました。この西尾根を歩いてこそ宇連山の良さが味わえると思わされました。
06-88
06-89
12/ 3 錫杖ヶ岳(三重の山)
       明星ヶ岳(三重の山)      
      またまたまた日曜日となって東海の空は曇って来ました。その中で比較的良さそうなのが、三重県の中部以南でした。そこで目指したのが亀山市関町の錫杖ヶ岳です。その小ぶりながら鋭く尖った姿は、どこから見ても一目で分かる山です。この錫杖ヶ岳を向井ICに近い登山口から登ることにしました。始めはごく普通の山道でしたが、柚之木峠に出て尾根歩きとなりますと、展望が開け出し、そして山頂が近づきますと、その姿のままに急坂続きとなり、クサリ場も現れて俄然面白くなりました。そして山頂は360度の眺望です。姿よし、登山道よし、展望よしと、三拍子揃った山でした。当然人気もあるようで、ひっきりなしに人が登って来ました。ただこの日の山頂は風が非常に強く、また冷たいとあって長居は出来ません。30分も居らずに下山としました。その下山中でも何人もの人とすれ違いました。この錫杖ヶ岳の下山を終えたのが昼前でした。足に疲れも無いことから、そこで午後は同じ亀山市内となる明星ヶ岳に向かいました。巨大なシャープ亀山工場のそばを抜けて登山口に着きますと、車は1台止まっているだけで、こちらはひっそりとしていました。この明星ヶ岳の山中には国分寺があり、そこまでは参道を歩く趣でしたが、その国分寺を過ぎますと、ごく普通の山道となりました。そして真っ直ぐな急坂となって山頂へと近づきました。山頂は二つのピークからなっており、最初に着いた三角点のある東峰の展望は今一つでしたが、その先の西峰の展望は素晴らしく、鈴鹿山脈南部の山並みが広く眺められました。ただこの山頂も強風が吹き荒れており、20分ほどで退散としました。
06-90 12/10 宮指路岳〜仙ヶ岳(鈴鹿の山)
      前日の雨が残っているのか、朝の鈴鹿の山並みは、中部以北は雲に包まれていました。但し目指した宮指路岳から南の山並みは姿を見せており、一安心です。車を止めたのは小岐須渓谷キャンプ場の駐車場です。既に何十台もの車が止まっており、この一帯の人気の程が窺えました。まずは大石橋そばの登山口まで林道歩きです。その登山口に着いて宮指路岳へと向かいました。ところが小岐須峠へのコースを歩くつもりが、枝分かれした林道を道なりに歩いてしまい、林道終点に着いてコース間違いにようやく気付きました。どうやら大岩谷コースを歩いてしまったよう。ただこのコースも主稜に出るので、そのまま歩き続けることにしました。赤テープの目印だけのマイナーな道でしたが、歩く分には気楽な道で、無理なく主稜に出ることが出来ました。但し、宮指路岳は遙か先に見えていました。強風の吹き荒れる尾根を歩くこと約2時間でようやく宮指路岳山頂に立てました。それまでは曇り空でしたが、少しは青空が見えるようになっていました。その空の下に、鈴鹿の山並みが一望でした。宮指路岳から次に仙ヶ岳を目指しました。そのルートには難路と書かれた標識があって少し心配されましたが、岩場やザレ場が続く細尾根は、むしろ変化があって面白く歩けました。そして仙ヶ岳の山頂に立ったときは15時が近くなっており、夕暮れの気配が漂い出していました。その先は野登山まで歩きたい気持ちがありましたが、それは諦めて、仙鶏尾根を少し急ぎ足で下って行きました。
06-91 12/17 釈迦ヶ岳(鈴鹿の山)
    前夜から雨が降り出しており、予想では午前中は雨でした。ところが朝の名古屋の空はどんよりと曇っているものの雨は止んでおり、回復の兆しが見えていました。そこで昼には回復すると見て、前週に続いて鈴鹿の山に向かいました。釈迦ヶ岳は御在所岳に北にある山で、けっこう人気の山ですが、直前まで雨が降っていたとあって、朝明ヒュッテ前の広い駐車場には2,3台の車が見えるだけでした。往路は猫谷林道を歩いて羽鶏峰峠経由で山頂を目指しました。歩き出したときは上空はまだまだ曇り空で、尾根はガスに隠されていましたが、登るほどに雲は薄れて、羽鶏峰峠に着く頃には青空も見えるようになりました。そして周囲の山を隠していたガスが消え出しました。羽鶏峰峠からは軽快な尾根歩きとなりました。風が強いものの陽射しが当たり出しましたので、風の冷たさもあまり気になりません。冬枯れの木立が心休まる風景を作っており、歩くのが楽しい尾根でした。そしてのんびり歩きのまま釈迦ヶ岳の山頂に立てました。山頂は木立が繁っており、四日市市方面が望めるだけでしたが、少し移動しますと鈴鹿の山並みが広く眺められる場所があり、そちらで休憩としました。もう空は晴れ上がっており、間近に御在所岳を眺めながらひとときを過ごしました。下山は庵座谷のコースを下りました。こちらは急坂で谷に下り着き、谷沿いの道も険しさがある上に、何度も沢を過ぎることになり、少しスリルのあるコースでした。
06-92 12/25 小金ヶ岳〜三岳(篠山市)
      12月24日で5ヶ月の名古屋滞在が終わりました。23,24日の土日は久々の晴れでしたが、両日とも仕事でつぶれてしまい、週末登山が出来ないまま姫路に戻って来ました。たまらず25日は休暇を取って、久々に兵庫県内の山へと向かいました。三岳は晴れの日にこそ登ろうと以前から考えていた山です。この日はその希望通りに快晴です。まずは小金口から小金ヶ岳を目指しました。11時からの登山でしたが、平日とあって駐車場には1台の車も見えません。他に登山者を見ないままに、快晴の中を軽快に登り出しました。小金ヶ岳の山頂が近づきますと、一気に展望が広がり、北摂の山並みが一望でした。そして堂々とした三岳が眺められました。この小金ヶ岳が楽しいのは山頂から大タワへの岩尾根コースです。クサリ場の続く岩尾根を、両手を使って思いっきり身体を動かしました。大タワに着きますと、いよいよ三岳への登りです。この尾根歩きは多紀アルプスのメインコースだけに、よく整備されているのですが、少し整備しすぎと言うか延々と階段道になっており、少し味気なさがありました。ただ登るほどに小金ヶ岳の力強い姿が現れて来ました。その三岳の山頂は少し平凡さがあったため、少時の休憩で下山に向かいました。下山は御嶽道を歩いて、火打岩へと下って行きました。この日は終日快晴が続き、本当に登山日和でしたが、とうとう最後までパートナーと二人きりの登山となりました。
06-93 12/31 妙見山(多可町)
      2006年もあっという間に過ぎて、最後の日となりました。正月休みに入って、大急ぎで大掃除を済ませ、大晦日に向かったのが、高坂トンネルを越したときにいつも眺めていた妙見山です。この大晦日は快晴の予想でしたが、なぜか空はどんよりと曇っていました。但し、晴れの兆しは見えていました。コースはごく一般的な南麓の多可高校からのコースです。奥播州へと車を走らせますと、二日目に降った雪で、高い山々はすっかり雪化粧をしていました。ただ妙見山にはあまり雪は見えません。その妙見山ですが、登山道を登るほどに雪が見られるようになりました。山頂が近づくと10cm近く積もっており、すっかり雪景色になっていました。そして1時間ほどで着いた山頂は、以前と変わらぬ好展望地。曇り空でしたが、千ヶ峰を中心としたスカイラインが雄大に眺められました。風の冷たさもあって長居は出来ずに下山としましたが、素晴らしい展望に十分に満足出来ました。ところで天気ですが、下山中に急速に回復し、麓に着いたときは、快晴の空に変わっていました。