登山記録:2007年(1月〜6月)   
         
  
07-01  1/ 1 京見山(姫路市)
      早朝登山です。このところ元旦登山は裏山の京見山ばかりです。それも陽が昇ってからです。ただこの日は京見町西コースの登山口を登り始めたときに振り返りますと、うまく日の出が眺められました。山頂では北の空がすっきりとしており、後山がくっきりと見えていました。南の空は薄くモヤがかって、小豆島がうっすらと見えていました。ところで山頂に着いたときに10人ほどの人がいましたが、その中に一人の女性が気分が悪くなったのか倒れていました。程なく救急車の音が聞こえてきますと、消防隊員が担架を担いで山頂まで登ってこられました。正月からご苦労様なことです。
<7:12京見町西登山口/7:34山頂/京見町中央コースで下山。><空は薄晴れから晴れへと変わろうとしていた。視界はまずまず良し。風は無く穏やか。>
07-02  1/ 3 白木山(広島の山)
    正月休みを利用して広島県の山を登ることにしました。JR白木山駅の近くに車を止めますと、登山口までは僅かな距離でした。その登山口と山頂との標高差は800m近くありましたので、急坂で登山道は始まりました。登山道は整備されている上によく踏まれており、けっこう歩き易い道でした。おかげで足の上がるままに気楽に登って行きますと、どうも勢いがついてしまって急ピッチで登ってしまいました。登山口から70分ほどで山頂でした。。その山頂は芝地が広がっており、展望の素晴らしい所でした。残念だったのはモヤの強い視界だったことで、薄ぼんやりとした眺めでした。下山は南西へと長く延びる尾根を下りました。そのまま下れば中深川駅に出ますが、鬼ヶ城山のそばを通って上深川駅に出ました。そして電車で白木山駅に向かいました。これで大団円と言いたいところですが、乗った電車は次の狩留家駅止まりでした。仕方なく、白木山駅までの1区間は歩いて戻りました。
07-03  1/ 4 三倉岳(広島の山)
    この日は大竹市の三倉岳に向かいました。三倉岳は周回コースで歩けますので、麓のキャンプ場から往路はBコースを登って行きました。登山道は雑木林の中を続いており、緩やかなまま三倉岳に近づきました。そして急坂が始まり、どんどん高度を稼いで行きました。ピークが近づきますと岩場も現れて、ロープやクサリを使って登ることもありました。ちょっと兵庫の雪彦山と似た雰囲気でしたが、こちらの方が総てのピークをクライミングでは無く一般登山道として登って行くだけに変化があって面白いと思いました。三つのピークはいずれも好展望地で、一つ一つのピークで休憩をとりました。登山者は同じ順路で登っていたのか、コース中では誰にも会わず、静かな登山でした。三つのピーク以外にも三角点のある最高地点にも立ち寄り、Aコースで下山としました。
07-04  1/ 5 大倉山(姫路市・福崎町)
    大倉山には昨年の7月に峠山経由で登りましたが、下山後にレンズフードを落としていることに気付きました。どうも落とした地点は大倉山山頂に近い切り開き地と思えました。買い直せば済むことですが、今一度訪れて探してみても良いのではとの気持ちも持っていました。その気持ちに決着を付けたく、この日の午後を利用して登りました。コースとしては山頂の北東にある鉄塔の巡視路を使いました。この道ですと、山頂には30分とかからず立てました。山頂で一休みの後、おもむろに切り開き地に戻り、レンズフード探しに取りかかりました。ただ半年の経過はどうしようもなく、前回に立っていた地点の記憶はおぼろげになっており、結局は徒労に終わりました。ただそこから見える明神山の尾根の広がりは、いつ見ても良いものです。
07-05  1/ 6 天下台山(相生市)
   午前中の散歩登山として、久々に訪れました。コースはごく一般的に岩屋谷公園からのコースです。このコースは十年以上歩いていませんでしたが、以前と比べて道幅が必要以上に広くなったようで、また丸太の階段道が長く続いていたりと、整備がされ過ぎているのではとの印象を受けました。ただ山頂の様子は変わっておらず、相変わらずの好展望地です。この日は曇り空とあって、風景は沈んだ色になっていました。下山はコースを変えて、北尾根を歩いて「とんび岩」経由で岩屋谷公園に戻りました。このコースは初めて歩きましたが、小径が細々と続いて、いかにも里山を歩いている雰囲気で、岩屋谷コースよりも良い印象を受けました。またトンビ岩があったり、相生の町並みが一望出来たりと、変化もあって楽しく下れました。
07-06  1/ 7 京見山(姫路市)
     早朝登山です。山頂にはうっすらと雪があり、気温は2℃でした。北風が強く、小雪が舞っていました。北は雪が降っているのか全く見えませんでしたが、南は瀬戸の島がおぼろげに見えていました。
<7:15京見町西登山口/7:34山頂/京見町中央コースで下山。><曇り空、南の空には薄く青空が覗いていた。> 
07-07  1/ 8 森内山〜豊部山(多可町)
    この二つの山は尾根続きで、千ヶ峰の東の前衛峰になっています。取り付き地点がよく分からないため、森内山に近い五神社の裏から適当に登り始めました。少しヤブをこぎますと、程なく小径に出会えました。後はその尾根道を登るだけです。コースは所々で展望が開けることがあり、特に森内山の手前の伐採地からは北に向かって大展望が広がっていました。尾根には前日までに降った雪が残っており、登るほどに増えて来ましたが、森内山の山頂で15cmほどで大したことはありません。その森内山からは千ヶ峰を間近に見ることが出来ました。千ヶ峰は雪ですっかり白くなっていました。森内山から豊部山はあまり高低差は無く、気楽なスノーハイクでした。豊部山を過ぎますと、急に雪の量は減って、植林地を歩く平凡な尾根となりました。後は適当に尾根を下って行きますと、なぜか尾根を外れて植林地の急斜面を下ることになってしまいました。気にせずに下りますと、豊部集落に下り着きました。
07-08  1/13 羽束山〜宰相ヶ岳(三田市)
   羽束山は、隣の宰相ヶ岳と並んだ姿が高速道からもよく見えて、以前から気になる山でした。この北摂の山をごく普通に香下寺そばの登山口から登りました。ゆっくり登っても30分で山頂でした。山頂には羽束神社があり、その前の岩場は絶好の展望地で、北神戸の山並みが一望でした。この山頂に着くだけでしたら簡単すぎますので、次に隣の宰相ヶ岳に向かいました。登山道がよく分からないため、尾根をヤブコギで辿りますと、鞍部で登山道に出会えました。後はピークまでもう気楽な登りでした。こちらは鄙びた登山道で、山頂も里山の雰囲気があり、羽束山よりも雰囲気としてはむしろ好ましいものでした。展望もこちらは大船山が間近に見えて悪くありません。帰路は鞍部で出会った登山道を辿って再び羽束山の山頂に立ちました。山頂から真っ直ぐ南に下る小径が見えましたので、それを下りますと、六丁峠に出ました。後は登山口に向かいましたが、1時間もあれば楽しめる羽束山に、3時間ほどかけて満喫しました。
07-09  1/14 京見山(姫路市)
    夕食前の散歩として登りました。尾根道を歩いていますと、夕日が尾根道を照らしており、その情景に見とれてしまいました。山頂でも、夕日が御津アルプスを赤く染めながら落ちて行くのを、じっと眺めていました。
<16:20京見町西登山口/16:45山頂/京見町中央コースで下山。><快晴、南の空は良く澄んでいる。>
07-10
07-11
 1/20 杉山〜段ヶ峰(宍粟市)
       点名・草木(宍粟市)      
    林道・奥田谷線の起点から歩き出し、千町小屋のそばから始まる遊歩道で山上へと向かいました。冬枯れの雑木林は美しく、気分良く登って行けました。残念だったのは雪の少ないことで、尾根に出ても10cmほどで地表の見えている所もありました。それも進むうちに尾根は白くなり、スノーハイクの雰囲気となりました。そして快晴の中、杉山山頂に立てました。山頂は展望が良く、氷ノ山がくっきりと見えました。次に段ヶ峰を目指しました。こちらは少しラッセルになりましたが、それも僅かだけでした。段ヶ峰の登山コースに着きますと雪はすっかり踏まれており、夏道と変わらぬ感じで歩いて山頂に立ちました。冬山では無く春先の山に来ているようで、少々張り合いがありませんでした。段ヶ峰からは千町峠に下り、後は千町林道を歩いて上千町集落へと戻って行きました。ところで草木集落の入口に草置城が出来ていました。これが気になって、帰路に立ち寄りました。その草置城から先に更に遊歩道が延びており、それを登って行きますと、点名・草木に立てました。すでに陽は沈んでいましたが、残照に染まった宍粟の山並みを暫し眺めていました。
07-12  1/27 高伏山〜羽城(佐用町)
      佐用町の低山ハイクをしたくなりました。そこで佐用町の奥長谷集落に向かいました。高伏山には山頂そばに長谷寺が建っており、南麓の奥金近集落から車道が通じていますが、奥長谷集落からはのどかな参道が続いていました。長谷寺が近づきますと、落ち葉道となって、その踏み心地を楽しみながら登れました。長谷寺の前は広く開けており、大撫山が良く見えていました。長谷寺から少し登れば山頂です。そこには小さな社がありましたが、木立に囲まれてひっそりとしていました。高伏山からは北へと尾根を辿って行きました。人手の入らぬ尾根のようで倒木が目立ちましたが、自然林の佇まいの美しい所もあり、自然がいっぱいと言えました。ただ展望には恵まれず、ひたすら歩くことを楽しみました。この尾根歩きを羽城まで続けました。羽城のピークはなだらかになっており、尾根同様展望は良くありませんでしたが、冬枯れの木立が優しい風景を作っていました。人擦れのしていない自然に包まれていますと、心も自然と休まりました。
07-13  1/28 京見山(姫路市)
      夕暮れの散歩登山です。山頂に子供が3人。晴れてはいましたが薄モヤが広がっており、遠くは判然としていませんでした。北の空は雨雲のようでした。
<16:16京見町西登山口/16:32山頂/京見町中央コースで下山。><山頂の気温は7℃。>
07-14  2/ 3 方須張山〜カヤマチ山(丹波市)
    ちょっと雪の付いている山に登りたくなりました。そこで標高の手頃なカヤマチ山に向かいました。13年ぶりです。今回は播州側から登ることにしました。スタート地点は播州峠です。前日に雪が降ったのですが、その量は少なかったようで、峠で10cmほどでした。急坂を登って着いた播丹尾根も同じぐらいでした。雪は歩く妨げにはならず、自然林と植林の混じる尾根を、のんびりと歩いて行けました。まずは方須張山の手前の日溜まりで昼休憩です。そこは春先の暖かさがあり、篠ヶ峰が優美に見えていました。その後は、姿のよく似た方須張山とカヤマチ山の山頂を踏みました。どちらの山頂も展望に恵まれませんでしたが、カヤマチ山の方が多少良く、弘浪山が望めました。この二つのピークを踏んだことで下山です。下山はまず北西へと歩いて、隣の700mピークに向かいました。その尾根は少し雪が多くあって、スノーハイクの雰囲気でした。麓に着きますと、後は旧道を歩いて播州峠越えで帰りました。
07-15  2/ 4 京見山(姫路市)
      午後の登山でした。京見町西登山口から登り、途中で一度、北麓の勝山町側に下りました。そして引き返す形で山頂に向かいました。それも途中、古墳を覗いたりと、寄り道しながらでした。山頂の気温は12℃、風は無く、この日の視界はうっすらと春霞がかかっていました。
<15:25京見町西登山口/15:48勝山町下登山口/改めて山頂に向かう/16:14山頂/京見町中央コースで下山。>
07-16  2/11 尼子山(赤穂市)
     午後に軽いハイキングを楽しむことにしました。尼子山は97年に登っていますが、少し荒れて人の訪れの少ない山との印象が残っています。その後、登山道は整備されて、ガイドブックにも紹介されるまでになっていましたので、その変貌を見ようと訪れました。往路は前回と同様、上高野コースで登りました。登山道の様子は変わらないものの、ヤブっぽさは無くなっていました。その山頂は神社の境内のままに小ぎれいになっており、以前の面影はありませんでした。一休みして、下山は高野コースを歩きました。こちらは初めてです。展望台があり、そこから見る千種川流域の眺めは一番でした。登山道はやや急坂でしたが、いかにも里山らしい小径で悪くはありません。途中、ハゲ山に立ち寄り、下り着いた所は尼子神社のそばでした。まずは気楽に午後のハイキングを楽しめました。
07-17  2/12 滝ノ上(佐用町)
    滝ノ上は、国道373号線で佐用町から美作市に入るとき、その峠のそばにあるピークです。佐用町の県境の集落、上石井の家並みを抜けた辺りから適当に取り付きますと、すぐに尾根を追えるようになりました。尾根は倒木が多く、少し手こずらされましたが、山頂が近づきますと、冬枯れの雑木林のハイキングとなりました。山頂は倒木が多く雑然としており、名前のイメージとは違って、少しがっかりさせられました。次に北隣の531mピークに向かいました。この県境尾根では展望が開けて、岡山側の山並みや、北には後山、日名倉山が眺められて、県境を歩いていることを実感しました。尾根は雑然とした所もありましたが、木立の疎らな歩き易い所もあり、人の訪れの少ない尾根の新鮮さがありました。531mピークで尾根歩きを終え、後は佐用川へと向かう尾根で麓に戻りました。この尾根でも雑木林の木漏れ日をいっぱい浴びました。
07-18  2/17 点名・田幸〜点名・善定(たつの市)
     この日は夕方から雨の予想でしたが、朝の空はすっかり曇り空でした。近くの山でもと考えて、旧・新宮町の里山、善定集落の北の尾根を歩くことにしました。どこから尾根に取り付こうかと迷いましたが、林道・善定線をアプローチにして尾根に近づき、尾根を西から歩くことを考えました。林道を離れてからは少しヤブコギとなりましたが、尾根まではさほど時間はかかりませんでした。その尾根のそばには作業道が走っており、作業道は近くの点名・田幸に向かっていました。そこでまず点名・田幸を目指しました。作業道は平坦なまま続いており、気楽なウォーキングでした。作業道は点名・田幸の手前で終点となりましたが、その先には尾根道があり、無理なく点名・田幸に着けました。その頃よりポツリと雨が降り出しました。点名・田幸より点名・善定の尾根に戻る頃には、雨に小雪が混じったり、アラレが混じったりしました。もう展望は望めそうも無く、後は尾根歩きに専念です。尾根には巡視路があって、その小径を歩いて東へと尾根を辿りました。雨は次第に強くなり、その中での昼食となりました。そして点名・善定へ。そこは木立に囲まれて、ごく普通の佇まいでした。もう単に雨の中にいるだけの雰囲気になりましたので、下山に向かうことにしましたが、ふもとへの小径が見当たりません。そこで今暫く東へと尾根を辿って高度を下げ、適当な所から南の善定集落へと、これまた適当に木立の中を下って行きました。本降りの雨の中、ヤブコギ下山となりました。
07-19
07-20
 2/24 済露山(佐用町)
       点名・田幸(たつの市)      
    この日は播州の奥を目指して出かけたのですが、北部の空は薄暗く、今一つの天気のようでした。そこで途中で引き返して一度家に戻りました。仕切り直しで出かけたのは点名・田幸です。先週の続きとして田幸山まで歩こうと考えました。その前に立ち寄ったのが済露山です。済露山は山中にある高蔵寺の山号で、その高蔵寺の手前から車道を歩き出しました。車道は高蔵寺を過ぎても続いており、山頂のそばを通って更に北へ向かっていました。ですから車道からちょいと登ればもう山頂でした。ほんの足慣らしでした。その後は田幸山のふもとの田幸集落に移動しました。まず点名・田幸に田幸集落側から登りました。その点名・田幸からは作業道を歩いて、田幸山を目指しました。その作業道は主稜のそばを尾根なりに続いており、くねくねと曲がっていました。そのため歩くうちに現在地がつかめなくなってしまいました。近くのピークに登ったりして位置確認をしているうちに15時になってしまい、この日は山頂を踏むことを諦めました。後は適当に北側の斜面を下っておりました。下り着いた所は田幸集落そばの林道でしたので、逆算しますと、今少し西へと歩いておれば田幸山に着いていたようでした。残念です。
07-21  2/25 田幸山(たつの市) 
    前日は田幸山を目指したものの山頂を踏めませんでした。そこでこの日は他の用事をキャンセルして田幸山にリベンジしました。前日とは反対となる南の方向から登ることにしました。その南側には播磨自動車道が走っており、持っていた古い地形図とは様子がすっかり変わっていました。それでも山頂に近い位置から適当に山すそに取り付きました。雑木の中を少し登りますと、すぐに尾根を追えるようになりました。木立は適度に空いており、登り易いままに気楽に登って主尾根に出ました。その到着位置をつかむのに少し辺りをうろつきましたが、現在地が分かれば後は地図を見ながら尾根を辿るのみです。尾根道があり、そこは落ち葉が積もって良い感じで歩けました。東に10分ほど歩くだけで簡単に山頂に立てました。昨日とは違ってあまりにも簡単な登山にあっけない思いでした。山頂には共同アンテナが立っており、少しですが開けていました。次に昨日の到達地点を探ることにしました。そこは最高地点の460mピークを過ぎた所で、田幸山の三角点とは400mほど離れた位置でした。ごく近くまで歩いていたことが分かりました。これで気持ちに整理がつき、別の尾根で下山しました。
07-22  3/ 4 富士写ヶ岳(石川の山)
    3月の始めから一週間ほど白山市に仕事で滞在しており、4日の日曜日が休日となりました。そこで石川の山をハイキングで過ごそうと考えましたが、高い山はまだまだ雪が残っています。千メートル未満の山なら無理なく登れるだろうと考えて決めたのが、福井県境に近い一等三角点の山、富士写ヶ岳です。早朝の国道8号線は空いており、山中温泉を抜けて県境トンネルが間近に迫る大内登山口には7時半過ぎには着いていました。雪を心配していたのですが、登山口には雪のかけらも見えません。登山道はやや急坂で続いており、周囲は自然林が広がって、良い雰囲気で登って行けました。中腹を過ぎても雪は見えず、このまますんなりと登れるのでは思い出した頃に、やはり雪が現れて来ました。雪は多くても20cmほどでしたが、春先の雪とあって何度も踏み抜いて、けっこう疲れる登りとなりました。ただ陽射しのよく当たる所は消えており、歩き易かったり、急に雪に掴まったりを繰り返すことになりました。おおよそ1時間半ほどで山頂到着となりましたが、最後は一歩一歩が雪に掴まる状態でした。その山頂も雪に覆われていましたが、三角点周りだけは地表が現れていました。まだ9時を過ぎたばかりの時間でしたので、他に人は見えません。そのあっけらかんとした山頂で一休みとしました。残念だったのはこの日のモヤの強い空で、楽しみにしていた白山は、全く見えず、近くの山並みも薄ぼんやりとしか見えていませんでした。ただ静寂の広がる山頂でのんびりと過ごしました。
07-23  3/10 またに山(多可町)
    二度目のまたに山です。車は千ヶ峰市原コースのふもと側駐車場に止めました。駐車地点から北東方向に向かって適当に登りますと、西山に通じる林道に合流出来ました。目指す往路は西山を通る尾根コースです。林道はコンクリート舗装されており、それをひたすら登って行きますと、林道は延伸しているようで、地肌がむき出しの道となって、尾根沿いを北西に向かっていました。気が付くと西山のそばをとっくに過ぎて、標高は700mほどになっていました。程なく林道は終わり、後は尾根に出て尾根の小径を歩いて行きました。周囲の木立は植林から自然林に変わっており、足元は落ち葉の道です。自然に包まれた雰囲気で、気持ち良く登って行けました。最後は急坂になって町境尾根に合流しました。もう山頂までは僅かな距離です。展望を楽しみながらのハイキングでした。空は淡い青空ながら視界は意外と澄んでおり、遠くは白い氷ノ山も見えていました。休憩は三角点から少し離れた千ヶ峰の良く見える所でとりました。他には誰も登っておらず、ひたすら静寂の広がる山頂で、パートナーとのんびりと昼どきを過ごせました。ところで下山は市原峠につながる車道を下りましたが、荒々しく山肌を削って作られた車道を見ていますと、道路を造ることも一種の自然破壊だと思えてしまいました。
07-24  3/11 宮山(相生市)
      この日は午後に入って目の覚めるような快晴となりました。そこで低山散歩をしようと、宮山に向かいました。車は散歩後の買い物も考えて、イオンタウンに止めました。そこから宮山は僅かな距離です。宮山は15分も登れば山頂に立てますが、この宮山の楽しみは岩場の登りです。登るほどに足元に相生の町並みが開けて来るのは良い雰囲気です。そして山頂では冷たい風も気にせず、展望を楽しみました。この日の視界は素晴らしいもので、町並みも山並みもこれ以上は無いと思える鮮やかさで見えていました。この好天に気を良くして、北隣の150mピークへも足を延ばして、尾根歩きを楽しみました。下山後は海岸を散歩したり、中央公園を散策したりと、ちょっとした旅気分に浸りました。
07-25  3/17 行者山〜和正谷(佐用町)
    鷲栖山の名に興味を持って佐用町の桑野地区に行きました。ところが地元ではただ行者山と呼んでいるようでした。井ノ久保集落からの林道でアプローチしましたが、林道終点から先には道は見えません。その林道終点にはミツマタの花が咲き乱れて不思議な光景でした。適当に登って尾根に出ますと、そこから間近に鋭い姿の山が見えました。一目で行者山と分かりました。その行者山に向かう尾根は露岩があったり、やせ尾根や岩登りもあってけっこう楽しく歩けました。そして行者山に着きますと、そこには小さな祠があり、人の訪れの多いことを窺わせました。その山頂が素晴らしい展望地でした。佐用町の山だけで無く、遠くは那岐山から後山までも一望でした。この行者山からは南に向かう尾根を歩いて行きました。こちらには尾根道があり、鳥居もあって参道と呼べそうでした。ただその道は途中で尾根を離れましたので、後は少しヤブっぽくなった尾根を忠実に辿って行きました。尾根は和正谷に近づくほどに歩き易くなり、その点名・和正谷は北面が伐採されているとあって、行者山に負けない展望が広がっていました。この後は西に延びる尾根で庵集落へ向かって下山としました。素晴らしい展望の上に尾根歩きは変化があって、この日の行者山登山は新鮮な面白さを味わえました。
07-26  3/18 京見山(姫路市)
      夕どきの散歩登山です。山頂の視界はまずまずでした。ただ山頂の気温は10℃と低く、肌寒さがありました。春はなかなか近づきません。 
<16:23京見町西登山口/16:43山頂。京見町中央コースで下山>
07-27  3/21 氷ノ山(養父市)
    兵庫全域で快晴の予報を聞いて雪山に行きたくなりました。そこで久々に氷ノ山を目指すことにしました。朝起きて急に決めましたので、一番早いコースで登ろうと、鳥取側から氷ノ越コースで登ることにしました。姫路を7時を過ぎて離れましたので、「響きの森」の駐車場をスタートしたときは9時半になっていました。いざ登山口を登り出しますと、てっきりあると思っていたトレースがありません。新雪によりすっかり消されたようです。自分で付けていくしかありません。念のためと思って持って来たスノーシューが役立ち、何とか氷ノ越に着くことが出来ました。もうそこからは兵庫側から付けられたトレースがあり、前方に何人かの登山者も見えました。朝は快晴でしたが、尾根に出たときは薄曇りの空に変わっていました。また冷たい風もあって山上はまだまだ冬の様相でした。トレースがありましたので、もう丁寧に登ることだけを心がけました。山頂が近づきますと樹氷も現れて、冬ならではの氷ノ山が見られました。約3時間で山頂到着です。避難小屋には10人ほどとまずまず盛況でした。小屋で一休みして、下山は三ノ丸コースを下ることにしました。山頂一帯の雪は1m以上は十分にあるようで、絶好のスノーシューエリアです。特に三ノ丸周辺はなだらかとあって、スノーシューでどこでも歩けるのは楽しいことでした。ところで若桜スキー場はまだオープンしており、リフト頂上駅からそのリフトを使おうと思って近づきますと、リフトは上り専用とのことでした。結局は登りも下りもひたすら歩くことになってしまいました。それにしても雪山登山を終えた後に湧いて来る充実感は何とも良いもので、幸せな気持ちに浸れました。
07-28  3/23 仏ノ尾(香美町・新温泉町)
    二日前に氷ノ山を登ったばかりでしたが、雪山に目ざめたと言うか、春山にならないうちにもう一つ雪山を登りたくなりました。そこで向かったのが兵庫の奥深い山の一つ、仏ノ尾です。二回目ですが、前回と同様に佐坊集落から始まる林道を歩いてアプローチしました。やはり今年の雪は少なかったようで、林道は既に雪の溶けている所もあり、スノーシューの必要も無く歩けました。その林道を適当な所で離れて、尾根端に取り付きました。そして笹のヤブコギで登って行きますと、途中で尾根を一つ間違えていることに気付きました。軌道修正です。谷を一つ越して予定の尾根に取り付きました。少し登ると靴が雪に潜り出し、ようやくスノーシューを履ける雪の量になりました。ブナの混じる自然林の尾根は落ち着いた雰囲気でしたが、マイナーな山だけにトレースなど無く、ただ黙々と自分で付けるしかありません。その尾根歩きに厳しさが出て来たのは、辺りが杉林となり尾根の傾斜がきつくなってからです。急斜面の上に、スノーシューを履いていても一歩一歩が10cm以上潜るようになりました。杉の木に掴まりながらじりじりとしか登れません。そして最後はほとんどバテバテ状態となって山頂に着きました。そこは白い雪とブナだけの世界でした。ときおり小鳥のさえずりが聞こえるだけのその様はまさに別天地で、もう登りの疲れなど忘れて山頂に立っているうれしさだけが心に広がって来ました。下山は雪山とあって夏山よりずっと楽でした。鉢伏山や氷ノ山を見ながら一気に下りました。そして帰路の仏ノ尾林道では、フキノトウがそこかしこで芽を出しているのを見ました。
07-29  3/25 木庭山(姫路市)
    朝は雨の残る空でしたが、午後は快晴となりました。そこで小赤壁の散策に出かけました。木場ヨットハーバーそばから歩き始め、岩場を歩いたり砂浜を歩いたりと、海岸散策コースを礒の香りをかぎながらのんびり歩きました。その小赤壁を足元に見る山が木庭山です。山上まで車で行けますが、小赤壁散策の続きとして小径を伝って山上に出ました。小赤壁には僅かな人しか見かけませんでしたが、木庭山はまずまずの賑わいで、ようやく訪れた春の暖かさを楽しむように、山上の遊歩道歩きを楽しんでいました。
07-30  4/ 5 長都羅志山〜竜ヶ岳(丹波市)
    一ヶ月ほど前に「またに山」に登りましたが、12年ぶりに登った「またに山」から見えたのが、これまた94年1月以来登っていなかった竜ヶ岳でした。もう一度登ってみるのも悪く無いと思い、そこでコースを変えて丹波側から長都羅志山の尾根で登ることにしました。アプローチは尾根端に近い愛宕神社への参道を利用しました。中腹の神社までは小径と呼べそうな山道が続いており、その先は適当に登って尾根に出ました。尾根は緩やかなままに続いており、けっこう気楽に歩けました。ただ植林が多く、展望は良くありません。長都羅志山を過ぎ北山を過ぎますと、尾根はようやくきつくなって来ました。その急坂もゆっくり登りましたので、休むこともなく登って行けました。そして山頂が近づくほどに雪が現れました。但し地表をうっすら覆う程度まででした。展望の無いままの登山でしたが、山頂は違っていました。西面の木立が切られており、すっきりと展望が開けていました。千ヶ峰と「またに山」の並ぶ姿は良いものです。山頂では陽射しに恵まれ、展望を楽しみながらのんびりと過ごせました。そして下山は鳥羽峠へ。この峠への道をいいかげんに歩いてしまい、えらい苦労をしてしまいました。それは尾根を外して多可町側に下りてしまったことで、その後は鳥羽峠に向かって急斜面を登り返し、その後もヤブの急斜面を丹波側に下ってと、もう一つ山に登ったほど足を使ってしまいました。
07-31  4/ 8 長義山〜ダルガ峰〜大海里(宍粟市)
     暫く訪れていなかった山域を考えたとき、旧・千種町のその一つであることを思い出しました。そこで気軽なハイキングの楽しめる千種スキー場の尾根を訪れることにしました。この尾根は96年に歩いていましたが、そのときは駒ノ尾山から長義山へと尾根を南から北へと歩きましたので、今回は尾根歩きを長義山から始めて南に辿ることにしました。そこで車はちくさ高原側の駒ノ尾山登山口に止め、そこから車道を歩いて峰越峠に向かいました。峰越峠からは県境尾根を辿る訳ですが、取り付き地点はネマガリダケのヤブでした。それも少し登っただけで終わり、後は木立の中を適当に進めました。長義山が見えますと一帯は広く伐採地になっており、三室山を始め東の山並みがすっきりと望めました。長義山からは登山道が付いていました。もうすっかりハイキング気分です。そして千種スキー場が間近になりますと、登山道を離れてスキー場のリフト頂上で昼食としました。広い展望を眺めながらの昼食はおいしいものです。その後は尾根コースに戻って、県境尾根歩きを続けました。朝の空はすっきりと晴れていましたが、その後は次第に薄雲が広がり、ダルガ峰の最高点に着く頃にはすっかり曇り空に変わっていました。そして黒い雲も現れて来ました。いずれ雨になりそうなその雲行きに、大海里のピークで展望を楽しんだ後は、駒ノ尾山は諦めて駒ノ尾山登山口へと下山に向かいました。4時間程度のハイキングでしたが、県境の尾根歩きと奥播州の展望を気軽な感じで楽しめました。
07-32
07-33
 4/14 利神山(佐用町) 
       牛臥山〜海上山(鳥取の山)   
    
      春になりますと鳥取の山を訪れたくなります。今年は智頭町の牛臥山に向かうことにしました。朝から向かいたいところですが、鳥取の天気は午前が曇りで午後から晴れの予想でした。そこで道中となります佐用町で足を止めて、利神山で足慣らしをすることにしました。山頂の桜を楽しみに登りましたが、少し遅かったようでした。それでも半分ほど散った桜が山上の城跡のはかない感じに合っており、悪くない風景でした。一汗かいて智頭町へ。智頭町は千代川沿いの桜並木が満開で迎えてくれました。その智頭の街並みの東に迫る山が牛臥山です。牛臥山へは古峠からの登山道を歩きました。登山道は手頃な歩き易さで、1時間ほどで着いた山頂からは智頭の街並みが一望でした。牛臥山はまさに智頭町のふるさとの山と言えそうです。その牛臥山から尾根でつながる隣の山が海上山です。海上山の山頂は展望は無く、少し平凡でしたが、途中の尾根が秀逸でした。尾根は起伏が少ない上に歩き心地が良く、尾根の雑木林が午後の光に輝いて、歩いているだけで楽しくなる尾根でした。
07-34  4/15 京見山(姫路市)
      夕食前の散歩登山です。山は新緑となりすっかり春の装いです。そして尾根のツツジが満開でした。ただ視界は春霞のために薄ぼんやりとしていました。北の空は天気が悪いようで、葛城山より北の山はモヤの中でした。京見町東登山口に下りて、京見町内を散歩しながら戻りました。 
<16:19京見町西登山口/16:41山頂/京見町東コースで下山。><山頂の気温は15℃。程良い感じで、弱く吹く風に冷たさは感じず。>
07-35
07-36
 4/21 鍋倉山(姫路市)
       南山(姫路市)    
   
    薄雲の広がる空を見て、低山ハイクをすることにしました。まず始めに雪彦山に近い鍋倉山に向かいました。山之内小学校の背後の山です。戦国期には鍋倉氏の城があったとされています。山頂まで適度な山道が続いていましたが、山頂は木立に囲まれてごく平凡な雰囲気でした。その山頂を越して少し北に下りますと、周囲の山が少しは覗けて、山之内の山並みが眺められました。午後は夢前町置本の南山に向かいました。こちらは登山コースを知らないため、置本東集落を抜けて適当に小径を歩き、山肌も適当に登って尾根に出ました。この尾根は歩き易いかと思えばシダが茂っていたりと、人の訪れが少ないようでした。山頂からは書写山、氷室山が近くに見え、足下にはヤマサ蒲鉾の工場が大きく見えていました。その南山の下山は尾根を歩き易いままに下ったのですが、途中で猛烈なシダヤブに突っ込んで一苦労してしまいました。
07-37  4/29 甲武信岳〜木賊山(奥秩父の山)
    日本百名山の甲武信岳を信州側の川上村から登りました。毛木平からの千曲川源流遊歩道コースです。前日の雨は山では雪だったようで、登山道は堅い雪の上に新しい雪が載っていました。ただ滑ることも無いため、アイゼン無しで登って行けました。長い西沢沿いを歩いて千曲川源頭に着いた後は、オオシラビソで覆われた深い森の中を一気に登ることになりました。山はまだまだ冬の姿でしたが、はっきりとしたトレースのおかげで、けっこう気楽に登れました。そして稜線に出て最初に目に飛び込んで来たのは、真っ白な富士の姿でした。その白さは感動ものです。そこより15分ほど稜線を辿れば甲武信岳の山頂でした。そこは南アルプスも八ヶ岳もすっきり見える素晴らしい展望地でしたが、この日の視界は最高で、澄み切った青空の下にどの山もスカイラインをくっきりと見せていました。それだけでも十分に満足でしたが、遠くは北アルプスの真っ白な尾根も望めました。その甲武信岳からは南隣りの木賊山まで足を延ばしました。木賊山から眺める甲武信岳の姿も良いものでした。山の上はまだまだ冬の姿でしたが、素晴らしい天気のおかげで終日楽しく登山が出来ました。
07-38  4/30 金峰山(奥秩父の山)
    廻目平キャンプ場で目覚めました。前日に続いてこの日も素晴らしい快晴でした。廻目平からのコースは、林道を歩くうちはカラマツ林に囲まれてのんびりと歩けましたが、林道が終わって山道になりますと、山陰となって一気に雪が現れました。しかも固く凍っており、アイゼン無しでは登れません。ところがパートナーはアイゼンを忘れたため、苦肉の策としてパートナーのお尻を押しながら登っていきました。前日の甲武信岳も樹林に包まれた山でしたが、この金峰山もオオシラビソに覆われて自然たっぷりでした。そして金峰山小屋を過ぎますと、一気に樹林帯を抜けて、素晴らしい展望が広がりました。そして五丈岩に着きますと、その大きさに圧倒されました。そこよりちょっと登った所が山頂でした。山頂は大らかさがあり、そこからは360度の眺望が広がっていました。富士山に南アルプス、そして八ヶ岳が前日の甲武信岳から見るよりもいっそう大きく見えました。素晴らしい展望の上にほのぼのとした味わいのある金峰山でしたが、訪れる人はちらほらで、一時間の滞在の間にはパートナーと二人っきりになってしまうことが多くありました。下山は往路と同じコースを戻りましたが、この登山道も何とも静かなもので、下山で出会った人は一人のみで、連休中の快晴の日なのにと、不思議な思いでした。
07-39  5/ 1 京見山(姫路市)
    この日の午後に信州から戻って来ました。一日運転していましたので、体をほとんど動かしておらず、どうもすっきりしません。そこで夕食後に京見山を軽く散歩しました。雨上がりの山上には誰もおらずひっそりとしていました。夕暮れ時でしたが、雲の多い空で、山上から見る景色は薄墨色でした。北に見える城山が新緑で美しく見えていました。
<17:35自宅スタート/京見町中央コースで登る/17:53山頂/京見町西コースで下山。><雨上がりの空は曇り空で、少し青空が覗く程度。山頂の気温は15℃、うっすらとした視界で、家島が何とか見えていた。>
07-40  5/ 3 白菅山(香美町)
    但馬の自然を感じる山域の一つに、この白菅山から小城山への尾根がありますが、林道が通じているため、山頂に立つのは容易です。その白菅山を西麓の小さな集落、和佐父から少し時間をかけて登りました。和佐父川を渡ると小径が始まっていました。その小径から見た和佐父集落の佇まいは、典型的な日本の風景の一つです。小径は長く続かず、後はクマザサの中を適当に登って植林の尾根に出ました。そしてその先で林道に合流しました。林道からは白菅山が大きく見えていました。その林道も長くは歩かず、途中から尾根に上がって尾根伝いで山頂を目指しました。尾根はクマザサの繁る所もありましたが、自然林の美しい尾根でした。そして山頂へ。山頂の展望は良くありません。しかし周囲を探りますと、目の覚めるような新緑の固まりを目にしました。ブナ林です。その美しさだけで白菅山に十分に満足する思いでした。ところでこの後がえらい苦労をしました。下山の尾根を間違えて北へと下り、また山頂に戻って北西に向かって下り直しました。その尾根も谷に下りて谷沿いを歩くことになり、下山に結局3時間もかかってしまいました。
07-41  5/ 4 点名・丹生野(香美町)
    連休の一日を山菜採りで過ごすことにしました。向かった先は但馬です。但し山菜採りだけではもったいないので、小さな山をハイキングすることにしました。そこで地図を見て面白いと感じたのがこの山です。余部鉄橋のそばの山ですので、尾根から鉄橋が見えるのではと楽しみに出かけました。その余部鉄橋に着いたのは午前9時でしたが、連休中とあってもう大勢の人が来ていました。その人たちを尻目に山すそに向かいますと、民家の間から山道が始まっていました。その途中に鉄橋の絶好の撮影ポイントがあり、カメラマンが陣取っていました。そこを過ぎますと、いたって静かになりました。小径は尾根まで続き、尾根も少しヤブっぽい程度で登って行けました。周囲はすっかり自然林が新緑となって、そのあおあおとした緑はまぶしいほどでした。山頂の三角点も自然林のまっただ中にあり自然がいっぱいの山でした。但し展望は自然林にすっかり閉ざされて、余部鉄橋は始めに見えただけでした。
07-42  5/ 5 京見山(姫路市)
    朝のいっときを京見山散策で過ごしました。京見山はいろいろとコースがありますので、1時間半程度歩こうと、京見町東コースから登って山頂に立ち、尾根をずって西へ歩いて春日神社へと下りました。連休中とあって山頂には7,8人はおりましたが、高齢者ばかりでした。今少し若い人にも登ってもらいたいと思ってしまいました。
<9:24自宅スタート/京見町東コースで登る/9:48山頂/10:21春日神社/10:43自宅エンド。><薄晴れ、強い春霞で、近くの山もうっすらとしか見えない。山頂の気温は21℃、からっとした天気で、木陰ではすっと涼しくなった。>
07-43  5/12 洗足山(鳥取の山)
     4月に鳥取県智頭町の牛臥山に登りましたが、そのとき山上から見た洗足山の優美な姿が印象的でした。調べますと一等三角点の山でした。但し登山道は不明です。それでも登りたく、地図を見て山頂までの距離が短い西麓の鳥居野集落から登ることにしました。いざ現地に着きますと、地図に無い堰堤が出来ていました。そのそばから山中へと向かう林道がありましたので、それを歩いて行くことにしました。ところが林道は期待ほど長くは続かず小径に変わり、その小径もすぐに消えてしまいましたので、後は適当に登って尾根に出ました。少しヤブ尾根でしたが南北に走る主稜に出ますと、はっきりした尾根道があって一安心です。洗足山は三つのピークからなっており、中央のピークが最高点でしたが、北のピークに三角点がありました。笹原の中にポツンと大きな三角点が埋まっていました。ところで洗足山は山頂を含めてほとんど展望がありません。展望の無い山とあきらめて、南のピークから始まる南西尾根で下山をすることにしました。この尾根が強烈な印象を受ける尾根でした。始めに厳しいクマザサ帯があり、次に思いもかけぬ展望地が現れ、そこは一歩間違えれば断崖の危険地帯でした。またシカの白骨体に出会ったり、尾根を外れたり戻ったり、灌木のヤブ尾根に苦労したり、植林地になって楽かと思えば竹藪になったりと、とにかく気を抜けない尾根で、2時間近くはかかっての下山になってしまいました。
07-44  5/13 檀特山(姫路市・太子町)
    この日は午前は曇りがちでしたが、午後も遅くなって快晴となりました。良く澄んだ空で、その空を見て夕食前の散策としました。檀特山はいつも南麓の大谷登山口から登っていましたので、この日は北側の東南登山口から登ることにしました。ごく低山ですが、山容がながらかだけに木立も大らかに育って、ちょっとした森の中を散策する雰囲気で登って行けました。季節も低山ハイクに向いており、森の中は少しひんやりして本当に快いものでした。そして檀特山の山頂は素晴らしい展望地です。360度の眺望に目を楽しませました。それにしても山頂で一人と出会っただけで、住宅地に囲まれた山とは思えぬ静かな散策でした。
07-45  5/19 点名・芦谷(朝来市)
    銀山湖周辺の山を登りたくなり、銀山湖の東の尾根にあります点名・芦谷とその西隣の735mピークを北の尾根から登ることにしました。生野町に着きますと、すっかり曇り空で小雨まで降って来ました。その雨も銀山湖を過ぎて取り付き地点に着きますと、霧雨程度になり程なく止みました。北尾根はやや急坂で、痩せ尾根と言うこともあって注意が必要でしたが、主尾根に出ますともう緩やかなもので、一気に楽になりました。空には陽射しも現れて、のんびり歩いて行けました。尾根の南側は若い植林地で、これから向かう点名・芦谷のピークと735mピークが淡い新緑の色で覆われているのが見えました。そのうちに空はまた曇り出して冷たい風も出て来ました。気温は10℃まで下がってきました。その寒さの中で三角点ピーク、そして735mピークと新緑に包まれた二つのピークに立ちました。735mピークからは下山ですが、そのピークの北に広がる自然林の美しさに引き込まれるように下りますと、足下の土が軟らかい上に急斜面となり、滑落の危険を感じました。何とか無難な尾根を探して無事に下山出来ましたが、どうも新緑に魅せられて、思わぬ落とし穴に落ちた思いでした。
07-46  5/20 京見山(姫路市)
    この日は午後に入って快晴となりました。しかも澄んだ視界です。その空を見て京見山の夕方散歩としました。パートナーとおしゃべりしながらゆっくる登って、20分で山頂でした。誰もいない山頂からは、くっきりとした展望が広がっていました。鳴門大橋までは見えませんでしたが、四国の山並みがうっすらと眺められました。
<16:20自宅スタート/京見町西コースで登る/16:40山頂/京見町東コースを下る。><快晴、山頂の気温は16℃と、ひんやりとして快適。涼しい風もあり。>
07-47  5/22 小城山(香美町)
    5月連休で登った白菅山のブナ林が印象的でした。そこでブナ林を今一度楽しもうと、北隣の小城山に向かいました。前回登山から10年以上経っていましたが、その間に小城の集落は寂れたようで数軒だけに人が暮らしているようでした。代わりに林道が整備されて、三川林道が小城集落まで延びていました。その林道のために小城越の道が分からなくなっていました。仕方なく林道を歩いて南の尾根から山頂を目指しました。山中に入りますとクマザサが繁っていましたが、自然林が新緑の真っ最中で、それを見ているだけで心が休まりました。山頂もその自然林ですっかり覆われていました。但し展望はありません。その中で昼食をとり昼寝も楽しみました。下山は北に延びる尾根を辿りました。右手に三川山を見ながら下って行きますと、ブナの原生林に出会いました。そこも新緑の盛りでした。その先ははっきりとした尾根道があり、程なく小城越の道に出会いました。この道は古道の趣があって、周囲の木立も良い雰囲気で申し分ありませんでした。その小城越がどこに通じているかと興味を持って下って行きますと、下り着いた所はまさに駐車地点のそばでした。
07-48  5/26 もっつい山(朝来市)
    一週間前に登りました点名・芦谷の尾根から見ました法道寺山に惹かれて、また銀山湖に向かいました。アプローチは法道谷からです。法道寺谷川沿いの遊歩道を歩いて行きますと、最初は良かったのですが、次第に道が怪しくなって来ました。そのとき右手の尾根に向かう小径を見ましたので、それに興味を持って登って行きました。それが誤りのもとで苦労して尾根に出ることになりました。後は尾根を辿りますと、もっつい山に着きました。山頂は自然林の木立に囲まれて、涼しい風が通るのみです。このもっつい山で昼どきを過ごしますと、もうこの日はこれで終わっても良い気分になり、法道寺山へ向かう気持ちは消えていました。下山は登って来た尾根の一つ東隣の尾根を下ることにしました。この尾根がまた一段と緩やかな尾根でした。尾根上には鉄塔があり、そこは素晴らしい展望台でした。結果として法道寺山登山がもっつい山登山に変わってしまいましたが、スリルと展望ハイキングと両方を楽しめました。
07-49  5/27 京見山(姫路市)
    久々に才登山口から登りました。登山コースに入りますと、すっきりとした印象を受けました。道に被さっていた雑草はすっかり刈られて、どうやらハイキングコースとして整備されたようです。その歩き易いままにごく気楽に山頂に立てました。この日はまだ前日からの黄砂の影響が続いており、風景は薄ぼんやりとしていました。北の方向を見ますと、隣りの城山さえうっすらとしか見えていませんでした。ただ山頂は日中の初夏の陽気の気配さえ無く、涼しげな風が渡っていました。
<16:03才登山口スタート/16:20泣坂峠/16:32〜35山頂/17:00京見町西登山口エンド。><晴れ。山頂の気温は21℃、涼しげな風あり。黄砂の影響で視界は悪かった。>
07-50  6/ 2 婆々山(朝来市)
    婆々山を北側の八代峠からの尾根で登ることにしました。峠から尾根に取り付きますと、尾根は下生えがほとんど無く、歩き易い上にときおり展望も開けて、なかなか良い感じでした。涼しい風も助かりました。久々の山頂に立ちますと、そこはハイキングコースとして整備されており、立ち木も切られて抜群の展望が広がっていました。西の肩にありますハングライダーの基地と併せますと、山上はまさに360度の眺望でした。この眺望があって、その上涼しいばかりの風の吹く絶好のハイキング日和でした。下山は上八代集落への近道として、東に延びる尾根を下りました。この尾根も下生えが少なく、けっこう気楽に下って行けました。左手は植林地で右手は自然林でした。その自然林が青々として、まるで緑の壁紙のように見えて印象的でした。
07-51  6/ 3 京見山(姫路市)
    夕方の散歩登山を楽しみました。空は曇って、今にも雨が降り出しそうな黒さになっていました。山頂には誰もおらず、涼しい風を受けながらモヤの強い風景を眺めていました。南は淡路島が輪郭を見せているだけで、北の方角も黒尾山がそれとなく分かる程度でした。もう山のツツジも終わりです。
<16:21京見町中央登山口スタート/16:35〜40山頂/16:59京見町西登山口エンド。><曇り空。山頂の気温は19℃。南風が強く吹いており、ひたすら涼しかった。>
07-52  6/ 9 京見山(姫路市)
     夕方の散歩登山を楽しみました。昼の雨がようやく上がって、登山道はしっとりと濡れていました。上空はまだ曇り空でしたが、瀬戸の上空は晴れており、家島諸島が明るく見えていました。
<16:21京見町中央登山口スタート/16:35〜44山頂/京見町西コースで下山。><曇り空。18℃。山頂では東から涼しい風を受ける。>
07-53  6/10 スリガ峯〜須留ヶ峰(養父市・朝来市)
    スタートは須留ヶ峰の和田コース登山口です。登山コースを辿って行きますと林道に出会いました。そこからスリガ峰を目指して南東方向へとひたすら尾根を登って行きました。2時間半ほどでスリガ峰のピークに着きますと、そこは木立に囲まれて展望は良くありませんでした。スリガ峯より須留ヶ峰へと山稜歩きをスタートしますと、期待以上の素晴らしいハイキングとなりました。氷ノ山まで遮るものの無い展望もあれば、緑の濃いブナ林も現れ、そして明るいアセビの群落もありました。尾根自体も終始、自然林のプロムナードを歩く雰囲気で、全く退屈することも無く須留ヶ峰に着きました。下山は和田コースです。始めに展望の尾根下りがあり、続いて長々と続く細流沿いの急斜面下り、そして沢沿い歩きでは千葉の滝にも出会えて、これまた変化のあるコースを楽しめました。
07-54  6/16 笠形山(神河町・多可町)
      笠形神社を通るメインコースを登りました。朝の涼しいうちに登ろうと、寺家集落そばの駐車場をスタートしたのは8時半。このメインコースなら地図の必要は無く、はっきりとした登山道をただ追うだけです。中腹の笠形神社までは林道を歩いたり参道を歩いたりと、ひっそりとした森の中を歩いて行きました。そして笠形神社からは遊歩道歩きです。涼しい風に誘われるままに、山頂まで楽しく歩けました。メインルートも久々に歩けば新鮮さがありました。そして山頂では澄んだ視界で風景が楽しめました。山頂は快晴にもかかわらず人気は無く、涼しい風が通るのみでした。下山は鹿ヶ原から仙人滝に向かうコースを歩きました。こちらはマイナーコースだけに誰に会うことも無く、ほうらい岩では絶景を、そして繊細な仙人滝を眺めてと、マイペースの下山でした。
07-55  6/24 世紀公園(中国:上海市内)
      急に上海に仕事で出かけました。2週間ほどでしたが、24,25の土日が休暇となりました。土曜日こそ市内観光でつぶしましたが、日曜日は体を動かしたくなりました。ただ悲しいことに上海には全く山はありません。そこで上海市内で一番大きいと思われる世紀公園に出かけてウォーキングをすることにしました。ホテルから地下鉄で2駅とごく近い距離でした。朝の9時半に着きますと、まだ公園はひっそりとしていました。まずはどんなところだろうかと、ゆっくり一周しました。一言で言いますとヨーロッパ風に木立が整備されて、きれいな公園でした。ゴミも全くと言ってよいほど落ちていません。さらりと一周して1時間半でした。その一周では物足りないので、もう一周をウォーキングを心がけて早足で歩きました。ようやく体も適度にほぐれて、快い疲れを覚えました。