登山記録:2008年(7月〜12月)   
          
  
08-60  7/ 5 京見山(姫路市)
    先週と同じく夕方の散歩登山です。そのルートも休憩パターンもほぼ同一です。視界も先週と同じくうっすらとしており、瀬戸内海は空と海が同じ白い色で判然としていませんでした。北の空も淡く、雪彦辺りの尾根が何とか分かる程度でした。
<16:47京見町中央登山口スタート/16:58〜17:02展望地/17:07〜11山頂/17:28京見町西登山口エンド。><雲の多い空ながら、うっすら青空も覗いていた。気温は26℃で風には涼しさあり。うっすらとした視界だった。>
08-61  7/ 6 竹呂山(宍粟市) 
    兵庫の千メートル峰となれば一度と言わず二度は登っておきたいものですが、この竹呂山は初めての登山が94年でしたので、ちょっと間が開いていました。どうも近くに良い山が多いためかもしれませんが、要はタイミングが合わなかっただけのことで、ようやく今回二度目の登山となりました。前回は旧千種町側から登っていましたので、今回は旧波賀町側からとしました。八丈川沿いの林道を奥へと走ってカンカケ峠に向かう林道が分かれる位置からスタートとしました。これは周回コースを考えてのことで、南東尾根から登って山頂へ、そしてカンカケ峠に通じる南尾根で下る予定でした。始めに林道を更に北へと歩いて終点へ。そこより南東尾根を目指しました。この尾根はブナの巨木が多く、また尾根は緩やかとあって絶好の森林浴コースでした。そして山頂も森の雰囲気でした。但し展望には恵まれません。ところでこの日の山頂はやたらと小バエが多く閉口させられました。下山はカンカケ峠へ。この尾根も自然林が多くあって悪くありません。ブナの姿に目を楽しませました。それにしても山頂周辺のクマザサはすっかり消えていました。登山としては楽になりましたが、少し寂しい感じもしました。
08-62  7/12 三国平(宍粟市)
    このところ一気に気温が上がってきました。陽射しを浴びてのハイキングはちょっと敬遠したくなり、木陰の中に涼しさを求めることにしました。そこで自然林の中を気軽に歩こうと、峰越峠から北へと始まります県境尾根のハイキングコースを楽しむことにしました。これは正しかったようで、杉木立やブナ林の続く尾根は涼しく、風も爽やかさがありました。ハイキングは県境を越えて鳥取県へと入り、若杉峠までを楽しみました。朝は雲の多い空でしたが、昼には青空が広がってきました。但し淡い色でモヤがかっていました。近くの山もうっすらしており、氷ノ山はかすかに分かる程度でした。すっきりとした夏空はこれからのようです。ところで三国平ですが、兵庫、岡山、鳥取の三県の境にあることでその名が付いたと思いますが、そこはピークとは思えず単なる通過点の雰囲気でした。宍粟50名山に選ばれたそうですが、それは間違いではと思ってしまいました。
08-63  7/13 京見山(姫路市)
    日曜日の夕方散歩です。山頂の気温は30℃近くありましたが、涼しい西風のおかげで過ごし易かったです。その山頂にクロアゲハが何匹も舞っていたのが印象的でした。
<16:39京見町東登山口スタート/16:50〜54展望地/16:58〜17:06山頂/17:23京見町西登山口エンド。><晴れてはいたが、雲の多い空だった。雲は形がはっきりせず、薄黒さがあった。先週と同じく視界はうっすらとしており、瀬戸内の方向は海も空も白い色合いだった。北もうっすらとしていた。>
08-64  7/19 依遅ヶ尾山(京都の山)
      暑い日が続きますので、きれいな海で海水浴をすることにしました。当然、登山を兼ねてです。そこで向かったのが丹後半島です。まず午前に半島の名峰、依遅ヶ尾山の登山としました。暑い日とあって駐車場には他に車を見ません。気温は既に30℃でした。その中を登り出しますと、意外なことにワラビの新芽がちらほらと道脇に見えました。おかげでワラビ採りが楽しめました。ありが棟のそばから登山道です。登山道は自然林に囲まれて十分な木陰がありました。また風もあってさほど暑くもなく登って行けました。ゆっくりと登りましたので1時間かかっての山頂でした。そこが良い雰囲気でした。山頂のそばに小さな祠がありますが、その前の桜の木が適度な木陰を作っていました。そこに涼しい風が通っており、快いばかりでした。そして眼下には丹後半島の風景が広がっており、旅情を感じました。その登山を終えて、午後は海岸に出て海水浴です。丹後松島の平海水浴場は風光明媚な砂浜で、適度な賑わいがありました。海の水も良い感じの暖かさで、夏は海も良いものだと思いながら波間に漂っていました。
08-65  7/20 京見山(姫路市)
      夕方の散歩登山です。暑い中をしっかり登ろうと少し早足気味で登りました。瞬く間に汗みずくになりましたが、気にせずどんどん登りました。ペットボトルを1本持つだけの身軽さでしたので、13分で山頂でした。夕方となって少し視界は良くなっていたようで、淡路島の南端の尾根がうっすらと見えていました。一番高いのは輸鶴羽山のようです。四国の山並みもうっすら見えていました。
<17:16京見町中央登山口スタート/17:29〜32山頂/17:50京見町西登山口エンド。><雲一つ無い快晴。視界はクリアでも無かったが、遠方までまずまず見えていた。山頂の気温は30℃。少し風はあるものの蒸し暑かった>
08-66  7/21 三室山(宍粟市)
    二週間前に竹呂山を登りましたが、このとき三室山を眺めてなぜか登りたくなりました。三室山は冬山を考えていましたが、その下見を兼ねて登ることにしました。この日は3連休の3日目です。晴れの日が続いていましたので、この日も当然晴れるものと思い込んで向かいました。ところが宍粟市は雲の多い空で、千種町まで来ますとすっかり曇り空でした。三室山はガスで全く見えません。これでは展望は期待できませんが、登山コースの下見でもありましたので、予定通り登ることにしました。ガスの空の登山は登るには涼しさがあって、けっこう楽でした。ただクマザサがガスで濡れているのは難点でした。まずは道を確かめながらマイペースで登って山頂に立ちました。その山頂はすっかりガスです。北側が以前と比べて笹が刈られており、晴れておれば展望は期待できそうです。やはり少しは展望を得たかったと思いながら下山につきました。
08-67  7/26 大中山(市川町・姫路市)
      夏の登山では滝を見る山も悪くありません。滝のしぶきを間近で受けるのは涼味満点です。その滝で以前から再訪したかったのが亀ヶ壺です。その小ぶりながら秘めたる美しさに魅せられています。前回は01年でしたので、少し間が開いていました。今回も大中山とのセットです。その大中山へは十三回りにつながる林道からアプローチしますが、悪路の道が更に悪路になっていましたので、配水設備の位置から歩き出しました。これがこの日の苦労の始まりとなりました。十三回りまで炎天下の林道歩きが70分。そこから尾根歩きで大中山を目指しますと、山頂が目前になったとき倒木を何度も越えることになりました。強い陽射しのため、これでバテてしまいました。そして午後に入って亀ヶ壺へと河原川へ向かって下りますと、ここでも倒木地がありました。河原川に着いても、沢歩きがありますので滑らないように注意が必要です。亀ヶ壺に着いたときは、思わず裸になって水浴びとしました。この後も滝の上に出るのにまた一苦労があり、十三回りへの登りがあり、そして最後に一時間の林道歩きが待っていました。この日はどれだけ汗をかいたか分かりません。今年一番疲れたのではと思えるハードな登山でした。
08-68
08-69
 7/27 三室山(宍粟市)
       三国平(宍粟市)
   前日に真夏と言うのに8時間ものハード・ハイキングをしましたので、その夜は20時には寝てしまいました。そして目覚めたのは薄明の5時前でした。十分な睡眠のおかげでどうやら疲れは取れているようでした。外は晴れです。この日は登山の予定は無かったのですが、最近登って少し消化不良気味になっている二つの山のことが気になりました。三室山はガスで山頂展望を得られなかったこと。三国平は宍粟50名山として決められた山頂を踏んでいなかったことです。 そこで心のモヤモヤを解消しようと、二つとも再訪することにしました。但しパートナーは呆れて付いて来てくれません。まず三室山を目指しました。ところがこの日もガスに隠されていました。それでも薄れ出した空に期待して登ることにしました。その執念に空が味方してくれたようで、山頂に着いたときはほぼガスが消えていました。周囲の山にはまだガスに隠れているものもありましたが、まずは期待した展望を得られました。次は三国平です。空は再びガスが広がろうとしていましたが、こちらは山頂に立つのが目的でしたので、三国平の山頂を踏んで、こちらもすっきりとしました。
08-70  7/27 京見山(姫路市)
    この日は宍粟市北西端の山を登っていたのですが、自宅に戻ったときは14時過ぎ。午後の光の中に京見山が明るく見えていました。久々に瀬戸の島々を眺めようと、17時を回って登りました。暑い日盛りですので山頂には誰もおりませんでしたが、目的通りに青い海に浮かぶ家島や小豆島が眺められました。
<17:14京見町中央登山口スタート/17:25〜30展望地/17:35〜41山頂/17:59京見町西登山口エンド。><快晴。夕方の山頂は木陰が広がっていたが、気温は32℃。但し強い西風があって涼しかった。視界は少しモヤがかっている感じだったが、うっすらと四国の山並みが眺められた。北は天気が悪いのか、宍粟の山は全く見えなかった。>
08-71  8/ 3 富士山(南関東の山)
    富士山は「偉大なる通俗」として日本百名山に紹介されています。その富士山を通常の週末休みで登りました。登山コースは幾つかありますが、静かなコースとして須走口コースを考えていたのですが、御殿場ICを降りて「新五合目」の標識だけを追っていたところ、大渋滞の末に着いたのは須走口新五合目では無く、富士宮口新五合目でした。記憶にないほどの大勘違いをしてしまいました。もう時間的に引き返せません。気持ちを切り替えて富士宮口から山頂を目指すことにしました。午後の3時に着きましたので駐車場にテントを張ってすぐに仮眠としました。そして十分な睡眠で深夜の1時半に目覚めました。空は星明かりです。そして登山道には点々と登山者の灯りが見えていました。すぐに出発です。こちらは元気なので夜の涼しさもあってすいすいと登りました。ところが人が多すぎます。しかもほぼ全員が若い人です。そして皆、足が遅いのです。誰もが登山経験の無いまま登っているように思われました。その若い列を抜きながら登って行きましたが、九合五勺まで来て人の渋滞で動かなくなりました。その動かない中をムリヤリすり抜けて山頂に着いたのは5時前でした。さすが富士山は大きな山です。どれだけ多くの人がいても余裕があります。山上はゆったりとした感じでした。快晴の青い空と足元には雲海が広がっており、そして南アルプスを始めとして大展望が眺められました。そしてお鉢巡りを3時間かけてゆっくりと楽しみました。それにしてもこの日の登山者はすごい数でした。吉田口のピークは富士宮口より更に多くの人でごった返していました。しかもこれまたほとんど若い人です。その熱気は圧倒的でした。下山は御殿場口コース経由の下山道をとりました。こちらは人の数はぐっと少ない静かなコースでした。途中の宝永山から見る富士山が大迫力でした。ただ単に火山の親玉ぐらいにしか考えていなかった富士山でしたが、その圧倒的な大きさ、そのふところの深さには、富士は日本一の山だと、これは登り終えての実感でした。
08-72  8/ 9 奥穂高岳〜北穂高岳(北アルプス)
    夏となれば日本アルプスです。北アルプスの雄、奥穂高岳を目指しました。山小屋の混雑を避けるためテント泊です。但しパートナーは仕事で同行出来ず、単独行となりました。テント泊と言っても涸沢でのテント泊ですので、さほど無理はありません。前日の8日は未明に平湯温泉に着きました。そして上高地は早朝5時半のスタートでした。朝の涼しさの助けもあって順調に歩けて、昼前には涸沢に着きました。この日は終日快晴でしたが、疲れを取るため午後はテント場でただのんびりと過ごしました。そして9日はまだ暗い4時過ぎから登山開始です。この日も快晴でした。朝の冷気は登るには快く、2時間半で奥穂高岳の山頂に立てました。この日の視界は素晴らしく、くっきりと360度の眺望を楽しめました。この後は北穂高岳までの尾根歩きです。奥穂高岳と違ってこちらはほとんど人を見かけません。黙々と快晴の岩稜歩きを楽しみました。北穂高岳からは涸沢へと戻りましたが、その下りで天気は一変して雨となりました。テント場に戻っても雨でしたので、もう思い残すこともないので最終バスに間に合おうとテントを撤収しました。後はひたすら歩きに歩いて下山です。そして何とかバスの時刻に間に合いました。結果として一泊二日の強行軍でもっとも安上がりの奥穂高岳登山となりました。
08-73  8/10 京見山(姫路市)
    前日はハードな奥穂高岳でしたが、この日のすっきりとした夏空を見て京見山山頂から展望を楽しむことにしました。登ったのは昼下がりの一番暑いとき。但し京見山は木陰の多い山ですので無理なく登れました。そして山頂では期待通りに澄んだ展望を楽しむことが出来ました。北の空は後山までくっきりと見えていました。そして南は青い海に瀬戸の島です。淡路島の空に見事な入道雲が湧いていました。
<14:12京見町西登山口スタート/14:41山頂/京見町中央コースを下る。><快晴。澄んだ夏空が広がっていた。北の山も南の海もくっきりと見えていた。山頂の気温は32℃だったが、木陰の多い山頂は涼しい風もあって快かった。>
08-74  8/14 鋸山(篠山市・丹波市)
    この日より盆休暇となりました。遠出をしたいところですが、中部から甲信越の天気は思わしくないようでした。そこで兵庫の山登りで過ごすことにしました。この日は丹波の鋸山です。暑い盛りですので午前中に登ってしまおうと、佐中ダム湖には9時前に着きました。鏡峠へと標識がありましたので、その道を登って行くことにしました。ところが道は少し荒れており、はっきりしない所もありました。そこで適当に沢沿いを登って行くことにしました。尾根に出ますともうハイキングコースを東へと歩くだけです。尾根では涼しい風もあって、無理なく山頂に立てました。山頂は一段と涼しい風があり、また展望もあって良い感じでした。この鋸山はその名の通りに小さなピークが並んでいますので、東隣のピークに立ち寄ったり痩せ尾根の支尾根に入ったりと、少し山頂回りを歩きました。おかげで展望は恵まれている山だと分かりました。下山はすんなりと往路を戻ったのですが、なぜか尾根を一つ間違ってしまいました。その軌道修正をむりやりトラバースでしたので、1時間は余計にかかってしまいました。おかげですっかり汗まみれになってしまいました。
08-75  8/15 後山(宍粟市)
    真夏の兵庫でしっかり登れる山を考えたとき、後山の行者コースが思いつきました。しっかり歩くには行者霊水の駐車場から歩けばよいのですが、暑い林道歩き嫌ってスタートは林道終点の登山口からとしました。久々に不動ノ滝を通る登山道を歩くとあって、何だか初めての山を登る期待感で歩き始めました。山中は木陰が多く、また沢風があって涼しさを感じながら登れました。そして行者コースへと入りました。行者コースは更に久々です。ロープを使っての登りが連続しますが、予定通りにしっかりと登る感じを持てて、むしろ楽しく登りました。行者コースは最後にネマガリダケのトンネルを抜け、一般コースの尾根道に合流しました。そこから300mで山頂です。ちょうど12時に山頂に着きますと、そこには他に人はおりません。ただ涼しい風が渡るのみでした。そして澄んだ視界が広がっていました。天気が良く、そのうえ涼しさと静かさがあって文句無しの山頂でした。下山はおごしき山コースをとりました。そのおごしき山も好展望が広がっています。その好展望を前にして大馬鹿門の台座で暫しの昼寝を楽しみました。久々に後山に登って、兵庫でもトップクラスの味わいのある山だと再認識しました。
08-76
08-77
 8/16 志方城山(加古川市)
       経尾山(加西市)
    盆休暇3日目にしてようやくパートナーも休みとなりました。但し午後に用事があるため、午前のみ近場の山で過ごすことにしました。そこで低山を二つと考えて、加古川市北部の山域を久々に訪れることにしました。最初に訪れた志方城山は300メートルに満たない低山ですが、一帯では目立つ山です。その志方城山を旧登山道で登りました。途中の展望岩で休んだりしていましたので、40分かけての山頂でした。山頂は真夏の陽射しがあふれていましたが、木陰は涼しさがありました。その山頂でのんびりと瀬戸内海までの展望を楽しみました。その後はすぐ近くの経尾山へ向かいました。こちらは更に小さく、200メートルを僅かに越す山です。しかも中腹の周遍寺からのスタートですので、ごく軽いハイキングです。但し登山道にクモの巣がやたらと多く、ちょっとヤブをこぐ雰囲気になってしまいました。少しだけのハイキングなのにけっこう汗をかいてしまいました。こちらは夏を外して登るのが正解だったようです。
08-78  8/17 京見山(姫路市)
    夕方に時間が空きましたので京見山を散歩登山です。セミの声がかまびすしい中を登りました。山頂に出るまでは風も無く蒸し暑さを感じていましたが、山頂では涼しい風が渡っており、汗を鎮めてくれました。視界はまずまず良さで、北は後山が、東には西光寺山を、南はうっすらと四国が望めました。
<17:02京見町西登山口スタート/17:21山頂/京見町中央コースを下る。><晴れと言えそうだったが、雲の多い空だった。山頂の気温は27℃。山頂では涼しい風を受ける。視界は少しうっすらとした見え方だったが、遠方までまずまず見えていた。>
08-79  8/22 稲村ヶ岳(奈良の山)
    近畿の屋根と言えば大峰。その大峰に涼しさを求めて出かけました。山上ヶ岳に一番興味がありましたが、女人禁制とのことですので、その隣りの稲村ヶ岳を登ることにしました。登山スタートは洞川温泉を抜けた所にある「ごろごろ茶屋」からです。ごく普通に法力峠を通るコースで登って行きました。上空は雲が多いものの、まずまず晴れと言える空でした。終始林間コースを歩いて行きますが、気温は16℃と低めで、希望通りに涼しい中を登って行けました。また登山道はひたすら緩やかで、気楽な登山でした。そして3時間ほどで山頂に立てました。それまで展望には恵まれていませんでしたが、山頂には展望台があってようやく大峰を眺められることになりました。山上ヶ岳から大普賢岳、そして弥山とスケールの大きな展望が広がっていました。一休みの後は大日山の山頂にも立ちました。こちらはロープを伝ったりハシゴを登ったりと、少し険しさがありました。それにしてもこの日の稲村ヶ岳は静かでした。山中で出会ったのは2名のみです。ごく気楽に大峰の良さを味わえた一日でした。
08-80  8/23 京見山(姫路市)
    せっかくの休日が朝から雨です。但し長らく降っていませんでしたので植物にとっては恵みの雨です。こちらもその雨の中、午前は庭いじりで過ごしました。その雨も昼前になって小止みになりました。そこで久々に京見山で昼食を作ることにしました。作ると言っても焼きソバ程度ですが。ところが登り出して尾根に出たところでコンロを忘れていることに気が付きました。すぐに取りに戻りましたが、これも良い運動です。山頂は雨に濡れてしっとりとしていました。静かな山頂で瀬戸の海を見ながらひとときを過ごしました。
<11:55京見町西登山口スタート/尾根に出た所から一度戻る/12:30山頂/京見町中央コースを下る。><雨雲が空を覆っていた。山頂の気温は26℃。少し湿っぽい南風が吹いており、涼しさはあった。北は近くの山並みだけが見えており、南は家島がうっすらとしていた。>
08-81  8/24 点名・中村(たつの市)
    朝は前日の雨を引きずって雲の多い空でしたが、昼を回って澄んだ青空が広がり出しました。午後に体が空きましたので近場で低山を楽しむことにしました。登った後に汗も流したいと考えまして、新宮町の道の駅「しんぐう」の辺りを地図で眺めますと、高倉山の北向かいの三角点ピーク(点名・中村)が目にとまりました。午後の山として無理はなさそうです。さっそく出かけました。ハイキングを始めたのは南麓の鍋子集落からで、始めに南西の谷にあります林道を歩き、後は山頂から南に延びる尾根を目指して適当に登って行きました。途中で巡視路に出会って送電塔へ、送電塔から先も山頂まで歩き易い尾根道が付いていました。山頂は涼しい風があって休むには良い所でしたが展望がありません。そこで送電塔に戻って一休みです。新宮町の山並みを眺めたり昼寝を楽しんだりと、午後のひとときを無名の低山で過ごしました。そして下山の後は道の駅「しんぐう」のそばにあります「ふれあいの湯」で汗を流しました。
08-82  8/30 伊保山(高砂市)
    朝から小雨の降る日でしたが、軽い山でもと思い伊保山を思いつきました。伊保山は石の宝殿として名高い生石神社の西にある小山で、採石で大きく抉られた山容は遠くからでも目立っています。その伊保山への登山道を知りませんでしたが、行けば分かるだろうと、まずは生石神社から歩くことにしました。その生石神社の背後のピークに立ちますと、北西のため池へと小径がありました。そのため池の向こう岸に渡って伊保山に取り付きました。露岩の多い山ですので適当に登って行けましたが、それも山頂に近い展望地まででした。その先は踏み跡程度でヤブになっていました。そのヤブコギで山頂の北隣りのピークに立ちますと、足下は採石で垂直に切り立っていました。やはり最高点にも立とうと、またヤブコギです。一度南の鞍部へ下って登り返しました。そして笹の広がる最高点に立ちますと、こちらも垂直の崖でした。足を滑らせば確実に死にます。それでもしっかりと展望を楽しみました。登ってみますと伊保山はけっして軽い山ではありません。むしろ危険度いっぱいの山でした。
08-83  8/31 糠塚山(加西市・小野市)
   このところ加古川市北辺の山を登っていましたが、この糠塚山が小さいながらも目立っていました。そこで日曜日の午後の時間を利用して登ることにしました。暑いことは覚悟の上です。特に登山道は無いようですので、地図を見て東側からアプローチすることにしました。東麓に着きますと、うまく巡視路があり、楽々歩いて行けました。その巡視路で送電塔の位置まで来ましたが、そこからは予想通りヤブでした。シダヤブもありましたが、そこは避けて灌木ヤブの中を登って行きますと、山頂はごく普通のヤブ山の雰囲気でした。これで終わっては味気ないので、何とか展望をと探りますと、所々で木立に隙間があり、北には千ヶ峰、西には善防山を姿良く見ることが出来ました。その山の姿と共に色付き始めた稲田の風景も印象的でした。
08-84  9/ 6 朝来山(朝来市)
    昨年の同じ時期に伊由峠から青倉山を登りましたが、そのとき朝来山にも登ってみたいと思ったものでした。そこでほぼ一年経って伊由峠から朝来山を目指したものです。残暑の厳しい日でしたが、登るほどに風が出て涼しさが出てきました。また若木の植林地が尾根にあり、背後を振り返りますと粟鹿山から青倉山が一望でした。山上に出ますと尾根は平坦になってもう軽いハイキングです。途中からはよく整備された登山コースに合流しましたので、いっそう歩き易くなりました。そのコースには展望所も作られていました。山頂には2時間半近くかかって着きました。そこは木立に囲まれて展望はありませんでしたが、涼しい風があって木陰でのんびりとくつろげました。久々に登りました朝来山はコースを変えたこともあり、また歩き易い登山道にも出会えて、初めて登る山のような新鮮さを感じながら歩けました。
08-85  9/ 7 京見山(姫路市)
    この日は朝から蒸し暑く、残暑を通り越して真夏並みの暑さを感じる日でしたが、昼を回って雷雨がありました。その雷雨の止んだのが16時を過ぎてです。熱気で澱んだような空気が現れて、鮮やかな空に変わっていました。そこで京見山散歩を楽しむことにしました。久々に才登山口から登りました。登山道は雨に濡れてしっとりと良い感じでした。山頂に着いたときは17時が近くなっていました。空にはまだ雲が多く残っていましたが、そこから漏れる陽射しが広畑の街並みを鮮やかに照らしていました。また北を見ますと、明神山だけに光が当たって、周囲の山並みから際だっていました。ところでその北側の展望ですが、最近は木立が育ったために悪くなっていたのですが、大きな木が切られて以前のようにすっきりとした眺めになっていました。
<16:28才コース登山口スタート/16:42泣き坂峠/16:54〜17:03山頂/京見町西コースを下る。><雷雨の後とあって昼の蒸し暑さは消えていた。山頂の気温は25℃。風は無かったがいくぶん涼しさを感じた。視界は雨に洗われて鮮やかだった。>
08-86  9/14 毛勝山(富山の山)
    日本二百名山を見ますと、しっかり登れそうな山がけっこう揃っています。9月三連休でそのしっかり登れる山をと考えまして、毛勝山に注目しました。標高差1700mをひたすら登ることに登高意欲をかきたてられました。その毛勝山を一番安上がりな登山で楽しむことにしました。前夜は高速道を深夜割引時間帯で移動です。但し途中のパーキングエリアで仮眠を取り過ぎてしまって、北西尾根コースの登山口に着いたときは、6時を回っていました。北西尾根コースはいきなりロープ場です。期待通りに一所懸命登ることになりました。ただ残念だったのはガスの多い空で、毛勝山はガスの中でした。そのガスも登るには涼しく、あまり休憩を取ることもなく登って行けました。途中からはペースダウンとなりましたが、遅い出発にもかかわらず11時に山頂に立てました。山頂もすっかりガスです。その山頂では夕暮れまでに下ればよいと、のんびり昼寝をしたりして過ごしました。結局1時間半ほど過ごしていましたが、それだけおればガスの切れることもあり、毛勝三山をすっきり眺められたりもしました。下山は北西尾根をひたすら下ります。この下山ではガスが薄れて強い陽射しを受けたこともあり、登りよりもきつく感じました。結局登りと変わらぬ時間がかかっての下山でした。やはりしっかり登れる山は厳しいものがありました。下山後はまた深夜割引時間帯を使うことになり、日付の変わった時間に帰宅となりました。
08-87  9/15 京見山(姫路市)
      <17:23京見町西登山口スタート/17:41〜46山頂/京見町西コースを戻る。><上空は雨雲に覆われており、雨に濡れた山頂は薄暗くなっていた。気温は18℃と低めだったが、風には生暖かさがあった。>
 小雨の止みだした夕暮れに京見山散歩としました。長靴を履いて登って行きました。薄暗い山頂から北を見ますと、亀山や大蔵山が中腹から上をモヤから浮かび出ていました。瀬戸内海は見えません。最近では一番遅い時間帯に登りましたので、下山を終えたときは足元がようやく分かる程度の暗さになっていました。
08-88  9/21 点名・毛利(宍粟市)
    この週は、仕事で上海に5日間滞在していましたが、ちょっと食べ過ぎの日が続いてしまいました。そこで小雨の降る空でしたが、登山をしてお腹をすっきりさせることにしました。但しパートナーは雨は嫌だと言って付いてきてくれません。宮山の北向かいにありますこの581mピークは、ちょっと険しさのある山として選びました。梯林道の入口辺りから適当に登り出しますと、その頃より雷が鳴り出し、雨も強く降ってきました。そして山頂が間近になりますと急斜面となり、岩場も現れました。しかも雷がごく近くで鳴っています。ちょっと厳しすぎるシチュエーションになってしまいました。何とか滑らないようにと慎重に登って山頂に立ちますと、ガスで視界はほとんどありません。その下山も岩場を下るとあって、登り以上の厳しさでした。皮肉なことに登山を終えた頃に天気が回復してきました。そして足のかゆさにズボンの裾をまくりますと、ヒルが5匹貼り付いていました。ちょっと情けない気分になって帰路につきました。
08-89  9/23 氷ノ山三ノ丸〜氷ノ山(宍粟市・養父市)
    この日は晴れが予想されましたので、爽やかな秋晴れのもとでのんびりと高原散策を楽しみたくなりました。そして自然と氷ノ山の坂ノ谷コースが思い浮かびました。荒れた氷ノ山林道を走って行き、車は坂ノ谷コース登山口に近い位置まで進めました。後はのんびりと歩いて行くだけです。最初から涼しい風を受けて気持ちよいスタートでした。登山道はネマガリダケが刈られており、幅が広くなっていました。おかげで遊歩道を歩く気分で登って行けました。登るほどにブナ林が広がってくるのは良い気分です。三ノ丸に着いて広々とした展望を楽しんだ後は、前方に見えています氷ノ山へと近づきました。その氷ノ山に着いたのとほぼ時を同じくして空が一気に曇ってきました。先ほどまでの青い空がうそのようです。曇り空の氷ノ山は雰囲気的に今一つでしたので、そそくさと昼を済ませて下山としました。何だか氷ノ山は三ノ丸ハイキングの付け足しのような感じになりました。後は再び坂ノ谷コースの伸びやかな雰囲気を味わいながらゆっくりと戻って行きました。
08-90  9/27 南山〜千ヶ峰(神河町・多可町)
    南山は千ヶ峰の南西方向にあり、尾根から小さく出ている569mのピークです。山頂まで車道が付いていますが登山道もあります。但し5分も歩けば山頂です。この南山を単に三角点の確認で登りました。次に南山をそばを通ります林道を歩いて千ヶ峰を目指しました。林道は地図に書かれているよりも延伸しており、興味を持って歩きますと、千ヶ峰からは遠ざかって多田坂へと通じていました。つまりは遠回りで多田坂に来てしまいました。後はひたすら尾根道を歩いて千ヶ峰を目指しました。ゆったりとした尾根道は歩き易く、また季節がらシバグリ拾いを楽しめました。山頂に着きますと、団体も混じって大勢の人で賑わっていました。ただ13時を過ぎますと、ほとんどの人は下山して、ひっそりと良い雰囲気になりました。後はのびのびと大展望を楽しむことが出来ました。この日は多田坂からの尾根コースをピストンしましたが、その多田坂まで車道の通じていることが分かりましたので、この多田坂からの尾根コースは歩き易いうえに展望もありますので、千ヶ峰登山コースの一つとして定着するのではと思えました。
08-91  9/28 京見山(姫路市)
   <17:16京見町西登山口スタート/17:36〜39山頂/17:52京見町中央登山口エンド。><いつ雨になってもおかしくない曇り空。17時半を過ぎての山頂はすっかり暮色に包まれていた。視界はまずまず良かった。山頂の気温は16℃で、程良い涼しさだった。>
 夕暮れの京見山を散歩しようと自宅を出たのですが、登山口への車道に雑草の被さっているのが気になりました。そこで暫しの間、雑草採りをすることになりました。けっこう雑草がはびこっており、30分はかかってしまいました。おかげで薄暗くなっての山頂でした。山頂から北を見ますと、そちらはすっかり薄墨色で、うっすらと後山が見えていました。
08-92
08-93
10/ 4 大井戸山(多可町)
       打越山(多可町) 
    一週間前に千ヶ峰を登りましたが、山頂から東に見えていました大井戸山のちょっぴり鋭い姿に興味を持ちました。そこでさっそく登ることにしました。12年ぶりです。前回はじっくり登ろうと南西尾根をひたすら登ったものですが、この日はごく無難に清水峠からのコースを登りました。駐車地点でもう標高は500mあります。山頂との標高差は300mしかありません。これではごく軽い登山のようですが、コースには露岩地が多くありました。そこを手を使って登ったり、またその上では展望に恵まれたりと、けっこう楽しく登れました。山頂も好展望地で、すっきりと千ヶ峰が望めました。風は涼しく空気はからっとして絶好の天気でもありました。この大井戸山は午前で終わりましたので、午後に近くの小さな山を登ることにしました。大井戸山の南にあります打越山です。ごく小ぶりな山でしたので、山頂まで30分程度と無理はありません。但し山頂はすっかり植林に占められており、単なるピークハントで終わってしまいました。
08-94  9/28 京見山(姫路市)
    <17:18京見町西登山口スタート/17:37〜40山頂/17:59京見町西登山口エンド。><夕方に小雨の降る中を登る。風は無く、山頂の気温は16℃で、暑からず寒からずだった。>
 この日は朝から雨でした。夕方まで庭いじりをした後、雨具を着て京見山へ夕暮れ散歩に出かけました。山頂に着いたときはすっかり薄暗くなっていました。北を見ますと小雨が視界を閉ざしていました。下山の尾根では足元が薄ぼんやりとしか見えません。念のために持っていましたヘッドランプで、足元を照らしながら歩きました。
08-95 10/ 9 八幡平(岩手県・秋田県)
    秋の東北を楽しもうと小旅行を計画しました。この日は早朝の便で仙台空港へ飛び、後は東北道をひたすら松尾八幡平ICへと走りました。そして八幡平アスピーテラインに入ってドライブを楽しみました。八幡平はちょうど紅葉の見頃を迎えており、その美しい色付きと笹の緑のコントラストが見事でした。そのついでのような感じで八幡平山頂のハイキングです。ただハイキングを始めた頃より山頂はガスに包まれ出しました。そのガスの中をガマ沼周回で山頂を踏みましたが、1時間とかかりませんでした。ハイキングと言うよりも観光のようなもので、スーツ姿の観光客も山頂に来ていました。このハイキングを終えた頃より小雨が降り出しました。そして強い降りへと変わっていきました。
08-96 10/10 八幡平(岩手県・秋田県)
      この日は八幡平を朝からしっかり歩くことにしました。残念なのは前日以上に濃いガスに包まれていたことです。ただ八幡平は展望を楽しむと言うよりも高層湿原のハイキングを楽しむ所ですので、ガスの日の雰囲気も悪くありません。ときおりはガスが薄れて、広々と八幡平の風景が現れることもありました。この日は八幡平山頂だけで無く、源太森、茶臼岳と三つの山頂を踏みましたので、5時間ほどのハイキングとなりました。遊歩道を歩く優しい八幡平だけで無く、登山道に岩がごろごろしてその中を雨水が川のように流れる所もあり、様々な八幡平を楽しむことが出来ました。その山頂ハイキングの後は八幡平中腹の大沼に立ち寄りました。こちらは観光地です。見頃の紅葉を眺めながら大沼の湖畔をゆっくりと一周しました。
08-97 10/11 蔵王山(山形の山)
     この日は秋田から山形までの移動です。仙台に近づくまでは雨も混じる曇り空でしたが、山形道に入る頃には雲が多いものの青空も見られて、晴れと呼べるまでに回復していました。蔵王はと見ますと、山頂のみにガスが残っていました。その蔵王を山頂だけでも踏んでおこうと、軽い気持ちで向かいました。蔵王エコーラインを走っているときは紅葉を楽しんでいたのですが、最後に有料の蔵王ハイラインに入りますと、一気に周囲をガスに閉ざされました。スタートは蔵王山頂レストハウスからです。もうそこは暴風と濃霧の厳しい世界でした。気温も6℃と冬の冷たさでしたが、その中を軽装の観光客がうろうろしていました。さすがに最高点の熊野岳を目指すのは登山者だけです。視界は20mと利きません。登山条件としてはかなりの厳しさでしたが、歩くことに関しては簡単で、ごく緩い坂を目印のままに登って行きますと、40分も歩けば山頂でした。そこも暴風と濃霧に包まれていました。この日は単に山頂に立つだけの登山になってしまいましたが、この厳しさと観光の世界が紙一重になっていることを知りました。
08-98 10/12 月山(山形の山)
      前夜は月山南麓の志津温泉泊まり。夕暮れに見ました月山はガスに包まれていました。この日の朝もその様子に変わり無く、中腹から上はガスの中でした。そこで急ぐことも無く、10時を回ってから姥沢登山口をスタートしました。最初はリフトに乗る考えもありましたが、月山の中腹は見事な紅葉でした。そこで姥沢の登山道で登って行きました。これは正解だったようで、登山道は静かな上、遊歩道と呼べそうな歩き易い道でした。ゆっくりと紅葉を楽しみながら登って行きました。その間にガスは薄れ出し、山頂に僅かにかかるだけになりました。ただ山頂のガスは消えることは無く、その中に入って行きますと、強風の世界でした。地表はうっすらと雪に覆われ、灌木や岩にはびっしりとエビのしっぽが付いていました。気温も一気に0℃まで下がりました。その山頂ですが、暫く佇んでいますと、ときおりガスの薄れることがありました。そのときは日本海まで一望でした。10月の月山は紅葉と風雪の両方の顔を見せてくれました。
08-99 10/18 点名・西深〜東山(宍粟市)
    近場の山をしっかり登りたくなりました。そして選んだのが宍粟市一宮町深河谷の山です。西の尾根には岩谷山、五蔵山とありますが、この日は東の無名の尾根に向かいました。尾根の南端から点名・西深のピークを越えて822mピークまでを考えました。標高差600mをひたすら登ることになります。それが実際登ってみますと、尾根は全て植林地になっており、登ることについてはけっこう楽でしたが、あまり面白さはありません。そこで尾根を雰囲気の良くなる所まで登ろうと更に登って行くことにしました。植林地が終わってようやく自然林が広がり出したのは1030mピークが近づいた辺りからでした。その穏やかな風景に気を良くして更に登りますと、近くで人声が聞こえました。気になってそちらに行きますと、そこは東山山頂でした。結局800mほどの標高差を登ってしまいました。そのおまけのように立った東山山頂でしたが、この日の視界は素晴らしいものでした。氷ノ山を始めとしてすっきりと360度の眺望を楽しめました。その下山では五蔵山へ続く縦走路を下りました。縦走路は林道につながっており、ごく簡単に深河谷へと戻れましたので、この下山は何とも楽でした。
08-100 10/19 京見山(姫路市)
   <16:00京見町西登山口スタート/16:1939山頂/京見町東登山口エンド。><朝から快晴が続いていたためか、午後の遅い空は少し濁っていた。山頂の気温は22℃と手頃。視界はうっすらとしており、遠方の山は見えていなかった。>
 この日はほぼ庭いじりで過ごしました。街では残暑かと思えるほど気温は上がっていましたが、京見山の山頂は良い感じの涼しさでした。いつもの夕暮れ散歩よりも少し早い時間に登ったのですが、そのためか、山頂に着いたときは二組ほど親子連れが休んでいました。
08-101 10/25 蕎麦粒山〜小蕎麦粒山(岐阜の山)
    二度目の蕎麦粒山です。二年前は登頂こそ出来ましたが、すっかりガスに包まれてしまいました。この日は展望を期待してのリベンジ登山です。但しパートナーはヤブコギばっかりだったと言って付いてきてくれません。ところが夜間移動で着いた朝の美濃の空は、すっかり曇り空でした。またガスになるのではと心配しながらのスタートでした。長いアプローチの後に尾根を登り始めますと、どうやら空は高曇りのようで、すっきりと蕎麦粒山が見えたときはほっとしました。そして山頂では遠く北アルプスも見える展望に恵まれました。それにしてもヤブは前回よりもひどくなったのではと思えました。アプローチの道からして草ヤブです。そして尾根は灌木ヤブに笹ヤブとヤブの連続で、山頂までその状態でした。そのヤブコギついでに下山では小蕎麦粒山に立ち寄りました。こちらは道もほとんど無い更なるヤブ山で、思いっきり前身を疲れさせることが出来ました。
08-102 11/ 1 仏ノ尾〜論山(香美町・新温泉町)
    但馬の千メートル峰で論山が気になっていました。仏ノ尾の尾根続きとなりますこぢんまりとしたピークです。この論山を目指して東麓の小代地区からの林道を走って行きますと、林道は地図よりも延伸していました。とうとう仏ノ尾のそばまで来てしまいましたので、そこで急きょ予定を変更して、仏ノ尾を先に登ることにしました。雑木のヤブ尾根でしたが、紅葉が進んでおり、それを愛でながら登りました。そして主尾根に着きますと、そこには登山道があり、楽々と仏ノ尾に着きました。仏ノ尾から見る氷ノ山は良いものです。この後は論山を目指しました。もう尾根の登山道を歩いて行くだけです 。そこにはブナ林が広がっており、ハイキングとして素晴らしい所でした。ただ論山が近くなりますと、道は消えてヤブ尾根になりました。そしてそのまま論山山頂でした。この日は秋色に彩られた奥但馬の山を満喫することが出来ました。
08-103 11/ 2 赤谷山(宍粟市)
      兵庫の中では名だたるヤブ山だった赤谷山も、切り開き道が出来てお手軽山となりました。その赤谷山を一般コースの戸倉峠側から登りました。登山口の標柱があり、目印テープを追いながら気楽に登って行けました。尾根の紅葉は進んでおり、見頃のモミジもあって目を楽しませてくれました。のんびり歩いて気軽に立てた山頂からは、氷ノ山が間近に見えて、この山では一番の眺めでした。この赤谷山を下山ではコースを変えて下りました。それは点名・宮向のある尾根を歩くことで、その尾根が山頂から赤く染まっているのが見えました。その見えた通りに尾根は自然林がいっぱいでした。おまけにヤブはほとんど無く、至って歩き易いお薦めハイキングコースでした。最後は急坂になりましたが、危険ということも無く沢に下り着け、後は沢沿いの小径で無難に戸倉峠のそばに出ました。この周回コースで、赤谷山の良さを改めて知った思いになりました。
08-104 11/ 3 京見山(姫路市)
     <16:40京見町西登山口スタート/16:57山頂/京見町中央登山口エンド。><薄曇りの空。登っているときは空気に生暖かさを感じたが、山頂では涼しい風がそれを和らげていた。山頂の気温は18℃。視界は薄ぼんやりとしており、北は大蔵山がうっすら、南も家島がうっすらとしていた。>
 夕暮れの散歩です。山頂に着きますと少し変化がありました。それは山頂を南側へ少し下りた所にある大きな岩の辺りです。周囲の木が切られたようで、すっきりとしていました。岩の上に立てば山頂の最高の展望台となっていそうでしたが、あいにくモヤっとした視界でしたので、後日に立ってみることにしました。
08-105 11/ 8 京見山(姫路市)
   <16:28京見町西登山口スタート/16:46山頂/京見町中央登山口エンド。><曇り空。下山時に小雨がちょっぴり降って来た。山頂の気温は10℃。>
 夕暮れの散歩です。朝からの雨で登山道は濡れていました。山頂から見る北の空はまずまずの視界がありました。後山もうっすらと見えていました。南は少し悪く、灰色の空と灰色の海の風景でした。下山で真っ赤に色付いた木を見ました。
08-106 11/ 9 天児屋山(宍粟市)
   宍粟市内の高山は、以前はどの山もクマザサに覆われていましたが、それがどんどん減っています。それはヤブ山の最深部でも進んでいるのだろうかと関心を持つようになりました。この日は曇り空で、さほど展望は期待出来ません。そこでヤブ山調査をすることにしました。そして選んだのが兵庫で名だたるヤブ山の天児屋山です。その天児屋山を三国平から目指しました。三国平まではハイキングコースです。そこから尾根伝いで天児屋山に向かいました。やはりこの天児屋山でも笹の枯れは進んでいました。クマザサだけで無く、ネマガリダケも立ち枯れを多く見ました。この先、数年で更に大きく変化するかも知れません。それでも山頂が近づきますと、まだまだ手厳しいヤブコギとなりました。そして山頂の三角点に着いたときは、何とも言えぬ安堵感が湧いてきました。ところでこの天児屋山は下山に注意が必要です。三国平が近づきますと平坦になりますが、そこで尾根を外してしまいました。そこで軌道修正のヤブコギとなりましたが、ガスが出て周囲は見えず、けっこう苦労させられました。結果として天気の悪い日の天児屋山登山は無謀と言えそうです。その天児屋山とは対照的に、県境尾根は紅葉の見ごろでした。天児屋山の苦労を忘れて紅葉ハイキングを楽しみました。
08-107 11/15 点名・山根〜郷鴫山(佐用町)
    郷鴫山は展望の良い山として記憶に残っていました。その郷鴫山を12年ぶりに訪れました。今回は岡山県境ハイキングと組み合わせました。スタートは若州集落からです。県境尾根に上がりますと、優しげな自然林が広がっていました。紅葉の盛りで、絶えずサラサラと枯れ葉が落ちていました。ただ尾根は自然林を愛でるだけとはいかず、ときおり現れる倒木を越えるのに苦労させられました。点名・山根のピークは手前に送電塔が建っており、そこからは岡山の山並みが一望でした。北へと進むほどに紅葉は鮮やかさをましました。そして郷鴫山の尾根に入りますと、尾根の紅葉を楽しむだけで無く、一級の展望に出会えました。北には後山の尾根、正面には見上げるばかりに日名倉山が眺められました。ススキの原も広がり、風景としても素晴らしい所でした。再訪して郷鴫山の良さを再認識しました。
08-108 11/16 京見山(姫路市)
      <17:14京見町西登山口スタート/17:33山頂/京見町中央登山口エンド。><雨上がり。空はまだ曇り空で、一部で雲が切れて星がまたたいていた。山頂の気温は16℃。空気は湿っぽく、冷たさは無かった。また風も無く、過ごし易かった。>
 もう薄暗くなってからの夕方散歩です。足元はほとんど見えませんので、ヘッドランプで照らしながら登りました。それでも昼の時間と同じタイムで登れましたので、それだけ京見山は登り易い山と言えるでしょう。山頂に立ちますと、そこから見える景色は夜のものでした。広畑の街はすっかり灯りがともり、瀬戸内海を通る船もライトを点けています。家島が灯りでうっすらと明るくなっていました。
08-110 11/23 置塩山(姫路市)
    この日は登山の予定はありませんでしたが、晴れた空を見て急きょハイキングを楽しみたくなりました。そして近場の手頃な山として置塩山を目指しました。ところが県道67号線が大渋滞でした。ほんの僅かずつしか進みません。その原因が横関の交差点に近づいて分かりました。ほとんどの車が書写山を目指しての渋滞でした。そこを抜けるとすいすいです。置塩山の登山道はひっそりとしていました。木漏れ日の当たる登山道を登るのはパートナーと二人っきりでした。そして山上では城跡の散策を楽しみました。山頂の本丸跡に着きますと、北に向かってすっきりと展望が広がっていました。以前と比べて木立が切られたようです。静かな本丸跡で、北の山々をのんびりと眺めて過ごしました。
08-111 11/24 明神山(姫路市)
    前日に置塩山を登りましたが、山頂から見えていました明神山を急に登りたくなりました。但し、この日は昼前には雨の予想でした。そこで10時には登山を終える予定で早朝登山としました。夢やかたに近い駐車場をスタートしたのは7時前です。登りはCコースで、下山はBコースとしました。この山は登るたびにコースが整備されているようで、Cコースなど以前のヤブ山の面影は全くありません。岩場も急坂もごくスムーズで、ちょっとしたスポーツ登山の雰囲気で登って行けました。展望も悪くありません。その展望は山頂が何と言っても一番で、ここも以前と比べまして北の展望がすっきりとしたようでした。曇り空にもかかわらず、遠くは那岐山までの展望が楽しめました。下山のBコースもいっそう歩き易い道になっていました。それにしてもこれだけ整備されますと、里山の雰囲気が無くなって少し寂しくなりました。
08-112 11/24 京見山(姫路市)
   <16:30京見町西登山口スタート/16:50山頂/京見町中央登山口エンド。><空はすっかり曇り空。昼の雨で登山道は濡れていた。気温は8℃。山頂では東風を受ける。湿っぽい冷たさがあった。>
 午前に明神山を登っていましたが、午後にも軽く運動をしたくなりました。そこで雨の止みました16時半より京見山散歩としました。山頂に立ちますと、朝に登っていました明神山が少しガスに包まれた姿で見えていました。
08-113
08-114
11/29 兜布丸山(南あわじ市・洲本市)
       先山(洲本市)
    明石大橋が休日には半額になると知りました。そこで久々に淡路島の山を登ることにしました。この淡路島でずっと気になっていたのが兜布丸(かぶと)山です。難解な山名と共に情報の無いことで興味があり、自分の目で確かめたいと思っていました。ルートとしては東の谷を走る鮎屋林道を利用しました。林道を終点まで歩き、その先は沢沿いの小径を歩いて行きました。その小径が不確かになりますと、適当に尾根を目指しました。始めは植林地を登りましたが、途中からは常緑樹の自然林を登るようになりました。その緑の濃い風景は温暖の地ならではのものです。また登るほどに木立は空いて歩き易くなりました。尾根に出ましても歩き易さは続きました。兜布丸山山頂も常緑樹に囲まれて、南の山の雰囲気でした。その尾根の雰囲気をもっと楽しみたく、尾根を引き返す形で南へと尾根歩きを続けました。そして点名・ヤケまで歩いて下山としました。この兜布丸山の緑の尾根が、淡路島の山を登っていることを一番実感出来るのではと思えました。この後は先山に向かいました。その姿の良さに惹かれてです。もう午後も遅い時間になっていましたが、気にせず先山口からの登山道を登りました。暗くならないうちに山頂に着きたく、少しペースを上げて登りますと、50分ほどで山頂に立てました。山頂の千光寺は紅葉の見頃でしたが、その千光寺から見えていました諭鶴羽山の夕日に染まった姿が印象的でした。
08-115
08-116
11/30 諭鶴羽山(南あわじ市)
       油谷山(南あわじ市)
    二日続けての淡路の山です。前夜は福良泊まり。この朝にまず出かけたのは諭鶴羽山です。淡路島の最高峰です。14年前に海側から登っていましたので、今回は北の諭鶴羽ダム側からとしました。登山道は近畿自然歩道に指定されており、常緑樹林に囲まれた落ち着きのある道でした。しかも緩やかに続きましたので、全くのハイキング気分で登って行けました。山頂に着きますと、強い北西風を受けることになりましたが、明るい空の下に鳴門大橋がくっきりと見えていました。また山上の電波塔のそばには黄色い花がいっぱい咲いており、青い海とで美しい風景を作っていました。この気楽な諭鶴羽山登山は11時前に終わってしまいましたので、もう一山、近くの山を登ることにしました。地図を見て山名の付く三角点ピークとして油谷山が目に付きました。近づきますと、どうやらヤブ山のようでした。少しのヤブコギ覚悟で南麓の成相寺側から取り付きますと、これがヤブ山度Aランクと呼べそうな山で、灌木ヤブから始まってシダヤブ、イバラヤブの連続でした。そして山頂はシダのジャングルで三角点がなかなか見つかりません。ヤブの中を30分ほど捜してようやく見つけました。諭鶴羽山とは対照的な山でしたが、これも淡路島の山だと納得することにしました。
08-117 12/ 6 点名・毛利〜宮山(宍粟市)
    宍粟市北部は雪の予想でした。そこでぎりぎり晴れそうな辺りで登ろうと、点名・毛利のある581mピークに向かいました。9月にも登っていましたので、今年2度目です。梯集落の奥からまずは581mピークを目指しました。地図の破線路が分からず、また適当に登ることになりました。結局、9月のときと同じ尾根を登ってしまいました。山上に出ますと周囲は雪混じりのガスに閉ざされて、また展望の無い山頂になるのかと心配しましたが、程なく晴れてきました。この山頂から見る長水山は良い姿です。北の空が思わしくないため、その後は南へと尾根を辿って宮山に向かうことにしました。尾根は適度な歩き易さで、良い感じで歩いて行けました。ただ風の冷たさは真冬のものでした。気温も木陰では0℃まで下がりました。宮山では山頂が少し平凡な雰囲気のため、少し戻った位置にありました陽だまりで休憩としました。そこは展望も良く、遠く瀬戸内海も眺められました。また南西には播磨丘陵が広がっており、その中にスプリング8が光っていました。このかんじにかわr後の下山では、朝に登る予定でした地図の破線路をうまく辿ることが出来、ごくスムーズにふもとに下り着けました。
08-118 12/ 7 京見山(姫路市)
     <16:01京見町西登山口スタート/16:19山頂/京見町中央登山口エンド。><快晴。気温は6℃と午後の時間にしては冷えていたが、風が無いため少し寒いと感じる程度だった。視界は良く澄んでいた。>
 快晴の空に誘われて夕方散歩です。この日の朝は霜の降りる寒さでした。昼も気温は上がらず、寒い一日でした。山頂に立ちますと、北側の日陰にはまだ霜が残っていました。その天気のためでしょうか、視界は十分すぎるぐらい澄んでいました。北は後山も三室山もくっきり見えていました。南も明石大橋、鳴門大橋共にうっすらとながら見えていました。そして目をこらせば家島の彼方にうっすらと四国の高峰群も見えました。
08-119 12/13 壇の平(佐用町)
    落ち葉に尾根を覆われた静かな山との印象を持つ壇の平を再訪しました。今回は西麓の羽蔵集落を起点に、周回で尾根歩きを楽しむことにしました。尾根は葉を落とした自然林が優しげな風景を作っていました。そして地表はその落ち葉に覆われていました。踏み心地を楽しみながらの尾根歩きです。但し難点は滑り易いことで、ゆっくりと歩きました。ときおりは展望もあって、北には後山や日名倉山が眺められました。途中で日向ぼっこをしたり昼休憩をしたりと何度も足を止めましたので、山頂に着いたときは4時間が経っていました。その山頂に着いた頃よりそれまでの晴れの空が急に曇ってきました。優しげな風景も光が消えたことで寒々とした雰囲気になりました。そこでつかの間の休憩で下山としました。下山は水根集落へと南西尾根を下りました。この尾根はひたすら緩やかに続いて、何とも気楽な感じでふもとに下り着けました。佐用の奥山は優しげな山が多いのですが、壇の平を登って改めてその思いを強くしました。
08-120 12/14 京見山(姫路市)
     <17:07京見町西登山口スタート/17:26山頂/京見町中央コースを下る。><曇り空。山頂に着いたときは、ほとんど足下も見えない暗さになっていた。気温は8℃。湿っぽい冷たさがあった。>
 午後に短い時間、雨が降っていましたが、その雨の影響は無く、滑ることも無く登って行けました。登りは何とか灯りを点けずに登れました。山頂からの景色は西の空がうっすら赤いだけで、ほとんど夜と変わりません。東の方向を見ますと、明石大橋のメインケーブルの形が見えていました。ライトアップされているようでした。下山は当然、ヘッドランプを頼ってとなりました。
08-123 12/21 京見山(姫路市)
   <16:08京見町西登山口スタート/16:28山頂/京見町東コースを下る。><この日は午後に少し雨が降る。夕方の山頂の気温は14℃で、風に生暖かさがあった。上空はどんよりと曇っており、北の空はモヤがきつく、宍粟の山は全く見えなかった。南もモヤがかった視界で、海の色も空の色も同じ灰色になって区別がつかなかった。>
 夕暮れの京見山散歩です。この日は暖かい日でした。夕方となっても気温は高めで、山頂で受ける風には生暖かさがありました。まるで春のようでした。視界も春のようなぼんやりとしたものでした。
08-124 12/23 点名・大杉野(上郡町)
      この376mピークは上郡町野桑の北に佇む無名のピークで、白旗山の東向かいとなります。この尾根からなら白旗山をすっきりと眺められるだろうとの思いで登りました。スタート地点は西麓の野桑神社からとしました。その神社の裏手より適当に登って尾根に出ました。尾根も雑木が適度に空いており、無理なく歩いて行けました。そして歩くうちに木立を通して白旗山が見えてきて、途中では願い通りに白旗山をすっきりと眺めることが出来ました。ただ北に向かうほどに冷たい風を受けるようになり、山頂では身を切る風の冷たさに、震えてしまいました。それも下山で南に向かい出すと北風は無くなり、暖かい陽射しを享受出来ました。単に白旗山を見たいとの思いで登った山でしたが、歩き易い尾根とちょっとした展望も得られて、けっこう満足出来るハイキングとなりました。
08-125 12/28 白旗山(上郡町)
      5日前に白旗山の姿を良く見ようと、東向かいの点名・大杉野を持つ尾根を歩きました。その尾根からは期待通りに白旗山を眺められましたが、その小ぶりながら両翼を延ばした姿に魅了されて、いよいよ白旗山を登ろうと決めました。登りはごく一般的に南東麓の本村集落から近畿自然歩道を歩いて山頂を目指しました。易しいハイキングコースですので、冬枯れの木立を眺めながらのんびりと登れました。まずは櫛橋丸跡に立ち、そこからいっとき千種川流域の展望を楽しみました。そして本丸跡に着きますと、そこは以前よりもすっきりとしており、展望が良くなっていました。北東にはスプリング8も眺められました。ハイカーもちらほら見かけられて、やはり白旗山は人気の山のようでした。その山頂からの下山は、ハイキングコースを離れて北の尾根を下って行きました。手頃な小径が続いており、無難に歩けました。白旗山はハイキングコース以外にも色々と尾根を楽しめることが分かって、それがこの日の収穫でした。
08-126 12/30 京見山(姫路市)
     <16:52京見町西登山口スタート/17:12山頂/京見町中央コースを下る。><上空は快晴。強い北西風を受ける。気温は6℃。視界はまずまず良かった。>
 もう薄暗さの出てきた中を登りました。空は良く晴れていましたので、足下を少し注意するだけで、軽快に登りました。山上は強風が吹き荒れており、北の空を見ますと、黒尾山は見えていましたが、それより北の山は雪雲に隠されていました。西の空には淡い三日月が浮かんでいました。
08-127 12/31 古鷹山〜クマン岳(広島の山)
      広島市近郊の山を登ろうと小旅行に出かけました。この日は広島市北部の山を目指していたのですが、西条ICから山陽道は雪に見舞われました。そこで北部の山は諦めて市街地の山に切り替えました。その市街地の山も雪雲に包まれてしまいましたので、更に南へ向かうことにしました。結果として向かったのは瀬戸内海に浮かぶ江田島です。フェリーに乗って切串港に上陸したのは10時半でした。なんとそこまで雪雲は届いて」、小雨を降らしていました。その小雨は程なく止み、古鷹山の登山道を登り出す頃には青空も見えて一安心となりました。登山道はずっと遊歩道の感じで続いていましたので、ごく気楽に古鷹山の山頂に立てました。その山頂の展望が素晴らしいものでした。眼下には江田島湾が広がっており、そして多島海の風景と複雑な海岸線が重なって、陸と島の区別がつきません。まさに島の山に登っていることを実感しました。古鷹山だけでも十分でしたが、尾根続きのクマン岳まで足を延ばしました。そのクマン岳でも山頂展望を楽しめました。突然の島の旅となりましたが、旅情をたっぷりと味わえました。