登山記録:2009年(1月〜6月)   
          
  
09-01  1/ 1 呉娑々宇山(広島の山)
     新年は広島市内のホテルで迎えました。新年の第一歩は広島市街が一望の呉娑々宇山です。ごく普通に水分神社からのハイキングコースを歩くことにしました。周回で歩こうと、まずは神社のそばから北へと最短コースで尾根を目指しました。そして高尾山へ向かって行きました。この高尾山へのコースは登山としてメリハリがあり、岩谷観音跡を過ぎますと、展望の岩場が点々と現れました。岩を登る面白さがあり、岩場からの展望は素晴らしいの一言でした。広島市街と多島海の瀬戸内海が一望でした。ファミリーハイカーもよく見かけました。それが高尾山を過ぎますと、一気に静かになりました。もう誰とも会いません。そして気温がどんどん下がって0℃と厳しい冷え込みになりました。登山道は歩き易いのですが、寒さに震えながら呉娑々宇山の山頂に立ちました。山頂からは北の山並みがすっかり白くなっているのが眺められました。下山は水分峡に直接向かうコースを下りました。この下山でも誰とも会いません。そして水分峡に着いてハイカーを見るようになりました。中国百名山に選ばれた呉娑々宇山ですが、元旦登山を楽しむ人は非常に少ないようでした。
09-02  1/ 2 京見山(姫路市)
        ふもとでは少し風を受ける程度でしたが、山頂では強い北風を受けました。北の空は雪雲が広がっており、宍粟の山並みはその雲に隠されていました。それとは反対に瀬戸内海は素晴らしい天気でした。鳴門大橋がくっきりと見えていました。明石大橋は更にはっきりと見えていました。
<15:52京見町西登山口スタート/16:11山頂/京見町東コースを下る。><快晴。北風が強く吹いていた。山頂の気温は5℃。視界は良く澄んでいた。>
09-03  1/ 3 京見山(姫路市)
    どうも正月に自宅にいますと、食べる機会が多くなります。この日も昼に食べ過ぎました。そこで疲れた胃を癒そうと、夕方に京見山散歩に出かけました。登り出したのが17時でしたので、少し薄暗くなりかけていました。ただ上空は晴れていましたので、無難に登って行けました。山頂に立ちますと、北の空にも南の空にも黒い雲が広がっていました。そして播磨平野の上空のみが快晴でした。足下が見えるうちにと、足早に下山しました。
<16:59京見町西登山口スタート/17:17山頂/京見町中央コースを下る。><上空こそ晴れていたが、瀬戸内も北の空も黒い雲に覆われていた。山頂の気温は5℃。>
09-04  1/ 4 鷹ノ巣山〜高御位山(高砂市・加古川市)
    正月休みもこの日まで。午後に体が空きましたので、近くの山にでも登ろうと考え、久々に百間岩を登って鷹ノ巣山へ、更に高御位山まで歩くことにしました。スタートは鹿島神社からと向かいますと、この日も初詣の賑わいで、鹿島神社の周辺は大変な混雑でした。そこで下山に予定していました高御位山の長尾登山口に車を止めて歩き始めました。人混みに混じって鹿島神社に向かっていますと、すっかり初詣気分でした。その賑わいも登山道に入りますとすっと消えて、静かなハイキングのスタートです。上空は快晴で、気分良く百間岩の登りを楽しみました。そして山上からの展望もくっきりと鮮やかでした。ところが鷹ノ巣山の山頂に立った頃より急速に空は雲に覆われ出しました。雲は更に南に広がって行きます。もう高御位山までは薄暗さの中での尾根歩きとなりました。高御位山はやはりメジャーな山で、大勢のハイカーが来ていました。この日の下山に歩きました長尾口への尾根は岩場が多くあり、百間岩と同様に岩肌歩きを楽しめました。
09-05
09-06
 1/ 9 名護岳(沖縄の山)
       熱田岳(沖縄の山)
    前夜に沖縄入りしました。朝に那覇市内でレンタカーを借りて出発です。天気予報は小雨でしたが、そのようなことも無く、曇り空の中にうっすら青空が覗いていました。この日に向かいました名護岳は、名護市街の東に佇む小ぶりの山です。中腹まで車道がありますが、ふもとの名護中央公園南口から歩き出しました。中腹の名護青年の家から登山道が始まりました。これが遊歩道と呼べそうな整備された道で、ごく気楽なハイキングでした。そして1時間とかからず山頂でした。山頂からは名護市街はもとより本部半島が一望でした、その名護岳からの下山を終えたとき、まだ14時を回ったばかりでした。夕方までに少し時間がありましたので、県民の森の熱田岳に向かいました。名護岳よりずっと小さい山です。こちらも遊歩道が山頂まで続いていました。山頂は木立が茂っており展望は良いとは言えませんでしたが、尾根を歩くうちには展望が現れて、東シナ海が眺められるようになりました。エメラルドグリーンの海の色はやはり沖縄に来てこそ見られる色で、その美しさにちょっと感動しました。
09-07
09-08
09-09
 1/10 玉辻山(沖縄の山)
       塩屋富士〜クガニ岳〜坊主森(沖縄の山)
       ネクマチヂ岳(沖縄の山)
    今回の沖縄山行で一番登りたかったのが玉辻山です。二日目のこの日に目指しました。期待を持って東村に入りますと、登山口標識がありません。見当をつけて福上湖近くの林道を歩き出しますと、程なく登山道が始まり、玉辻山へと向かい出して一安心です。登山は足下の赤土が滑り易いこと以外は楽なものでした。最後に急坂が二度あって、山頂に立ちました。山頂は台風並みの強風が吹き荒れていましたが、そこから見えるのは総てヤンバルの森でした。感激の一言です。午後は塩屋富士からネクマチヂ岳への縦走を楽しもうと、西海岸側に向かいました。塩屋富士から登る予定で登山口を探したところ、どうも見つかりません。色々と迷っていたとき、偶然に展望台の前に出ました。そこから尾根に出る道が始まっていました。少し遅くなりましたが、ハイキングのスタートです。尾根に出ますと、クガニ岳へと歩き、更に塩屋富士まで歩きました。塩屋富士からは引き返して坊主森まで歩きました。この尾根歩きでもやはり強風を受けましたが、所々で東シナ海が眺められました。一度、駐車地点に戻った後、ネクマチヂ岳へ向かおうとしましたが、また登山口が見つかりません。結局、車で探して林道から始まる登山口を見つけました。そこからですと、あっけなく7分で山頂に立てました。これで予定通りに三つのハイキングを終えましたが、三つ共に登山口を見つけるのに苦労するとは予想外でした。それでも苦労の甲斐あって、充実の一日でした。
09-10
09-11
 1/11 本部富士(沖縄の山)
       熱田岳(沖縄の山)
     前夜は那覇まで戻っていたのですが、11日は好天が予想されましたので、景色の楽しめる山を登ることにしました。向かった本部富士は本部半島の西端近くにあります小さなピークです。西麓のゴルフ場まではすんなり来られたのですが、本部富士の登山口が見つかりません。前日に続いて登山口探しに苦労することになりました。結果としては古島集落の中を適当に走って、無事登山口に着けました。この本部富士が面白い山でした。中腹からは石灰岩のガレ場登りが続きます。その岩は独特の鋭さがあり、ちょっと注意が必要でしたが、登るほどに素晴らしい景色が広がってきました。本部半島と東シナ海の風景で、伊江島が間近く見えていました。30分ほどで着いた山頂はそれがいっそう広く眺められました。本当に旅情満点の風景で、思わず感激させられました。この本部富士の下山を終えますと、昼が近くなっていました。そこで那覇へ戻ることにしましたが、その帰路に二日前に登りました熱田岳を再び訪れました。それはガイドブックの展望コースを歩いていなかったことが気にかかっていたためで、帰りの駄賃程度の気楽さで登りました。その展望地からは美しい海だけでなく優美な恩納岳も眺められて、沖縄山行を心残り無く締めくくれました。
09-12  1/12 馬山(太子町)
    前夜に沖縄より戻ってきまして、この日は特に予定はありませんでした。ただ外は快晴でしたので、昼食を近くの山の上で採ることにしました。そこで馬山をごく普通に南西尾根で登ることにしました。空は良く晴れていたのですが、強風が吹いていました。しかも身を切られるような冷たさでした。山頂も同じようであれば厳しいかと思っていますと、山頂の風は少なく、けっこう過ごし易い感じでした。強風のおかげで視界は澄みきっており、展望を楽しみながらの昼どきを過ごせました。
09-13
09-14
 1/17 甲山(西宮市)
       観音山〜ごろごろ岳(西宮市・芦屋市)
    久々に阪神の山に向かいました。まずは甲山を目指して阪急・甲陽園駅からスタートです。すぐには甲山へ向かわず、甲山森林公園の散策を楽しみながら近づきました。その公園からの登山道で甲山山頂に立ちました。この日は快晴で、暖かい陽射しを大勢のハイカーが楽しんでいました。その甲山から北山貯水池へと下りました。次は鷲林寺を目指しましたが、幹線道路を避けて北山貯水池の南側を歩きました。その先で北山北山公園を歩いてしまい、大回りで鷲林寺に着くことになりました。時間は14時を大きく回っており、その遅い時間から観音山へのハイキングをスタートしました。登るほどに甲山とその背後の阪神の街並みが広がってきました。観音山からはごろごろ岳に向かいました。その道は緩やかで、ごく気楽に散歩間隔で歩いて行けました。但しごろごろ岳に展望は無く、平凡な山頂でした。そのごろごろ岳からは苦楽園への尾根を下り、16時過ぎに無事下山出来ました。それにしても苦楽園には豪邸が多いことを知りました。その家並みを見ながら夙川駅へと歩いて行きました。
09-15  1/18 京見山(姫路市)
    雨が降り出すかもしれませんでしたので、雨具を着て登りました。その雨に会うことも無く山頂に立てました。視界はガスがうっすらかかっているような感じで、北は間近の城山もうっすらとしていました。南も広畑の町さえうっすらとしており、海は全く見えませんでした。ところで登山道が一斉清掃をされたかのようにきれいになっていました。そこでじっくりと登山道を眺めますと、登山道こそきれいになっていましたが、草陰などにゴミが目立ちました。やはり登る人が増えますと、ゴミも多くなるようです。
<16:08京見町西登山口スタート/16:20山頂/京見町中央コースを下る。><午前から降り出した雨は16時前に止んでいた。空はどんより曇り空で、尾根の途中にはうっすらガスがかかっていた。山頂の気温は8℃。風はほとんど無く、湿っぽい冷たさがあった。但し底冷えするような寒さでは無かった。>
09-16  1/24 北山〜城山(太子町)
    昼食どきを城山で過ごそうと考えました。それなら隣りに小さく控える北山も一緒に登ることにしました。その考えが更に膨らんで、自宅から京見山を越えて向かうことにしました。ちょっとしたハイキングです。軽くひと登りと言った感じで京見山に立って、これから向かう城山を眺めました。京見山からは北へと原集落に下りました。後は野道を歩いて北山に近づきました。北山の南西麓は墓園公園になっています。その公園を見下ろす位置で昼休憩を取った後、ようやく北山、城山への登山を始めました。登山と言っても12分で北山山頂です。北山はヤブと言うことも無く無難に歩けました。そして城山には南西尾根を伝って登りました。こちらも雑木の自然林を無難に登って行けました。途中には古墳もあります。城山山頂には一等三角点がありますが、但し展望は良いとは言えません。それでも木立を通して白い後山が眺められました。その城山からの帰り道では、遊歩道が巡る福井大池の散策路を歩きました。池の湖面を前景に城山が優しげに見えていました。
09-17  1/25 赤谷山(宍粟市)
    この冬は北の天気が不安定なこともあって、まだ雪山に登っていませんでした。前日の夜になって播州北部が曇り時々晴れの予想になっていることを知り、急きょ雪山を登りたくなりました。そしてこの日の朝に大急ぎで車のタイヤを冬タイヤに交換しました。おかげで9時が近い時間に自宅を出発となり、10時半を過ぎて新戸倉峠トンネルに着きました。そこはすっかり銀世界でした。上空も青空です。始めに廃道の旧国道を歩きますが、いきなり新雪のラッセルでした。スノーシューを履いていても20〜30cmは潜りました。1時間ほどひたすらラッセルで戸倉峠に着きました。そこからも尾根に出るまで、急斜面の軟らかい雪を登ることになりました。これは厳しいと思っていますと、尾根の雪は凍っており、けっこう歩き易い状態になっていたのは大助かりでした。ただ天気は徐々に悪化して、雪雲の空へと変わりました。そして小雪がちらついてきました。赤谷山の山頂はすっかり真っ白で、真冬ならではの風景でした。その山頂ではいっとき青空も現れましたが、その後は雪雲が厚くなり、下山中は小雪の降る中でした。そして戸倉峠に戻ってきましたときは、本格的に雪が降ってきました。
09-18  1/31 白毛山〜京見山(姫路市)
 京見山を才登山口から登ろうと才集落に行きましたが、今少し長い距離を歩こうと考えて、白毛山にも登ることにしました。才天満神社の登山口からです。そのコースはトンガリ山に向かいますが、その途中から登山道を離れ、適当に露岩を伝って北へと登って行きました。前日の雨で露岩が滑り易くなっており、何度か滑りそうになりました。イバラもあってちょっと面倒です。ただ適当に登れば自然とトンガリ山からの登山道に合流します。その登山道で白毛山山頂に立ちました。上空はすっかり曇り空で、寒々としていました。白毛山からは京見山への登山コースを辿りました。東見晴台を通り泣き坂峠へと下ります。そして登り返して京見山山頂です。その尾根歩きでは何人かの人と出会いました。やはり昼どきの京見山には誰かは登っているようでした。午後のひとときの軽い運動でしたが、体がしゃっきりして良いものです。
<13:38才天満神社スタート/13:58〜14:00白毛山/14:05東見晴台/14:16泣き坂峠/14:26京見山/14:44京見町西登山口エンド。><曇り空。気温は9℃。強くは無かったが、冷たい風が吹いていた。ときおり霧雨程度の雨がぱらついた。南の空は晴れ間が見られたが、北の空には雨雲が広がっていた。>
09-19  2/ 1 権現山〜東山(相生市)
      午後のひとときを、ごく短いルートの山で過ごすことにしました。そこで目を付けたのが相生市の北部にあります東山から権現山につながる尾根です。陽射しに照らされた高巖を見たいと思ってのことです。姫路市内はよく晴れていたのですが、相生市の矢野町に来ますと雲の多い空でした。それでも青空もそこそこ見えていました。登山は権現山のふもとの磐座神社から始めました。尾根には適度な尾根道が付いており、また巨岩とも出会えて面白い尾根でした。権現山の山頂に着きますと、北に東山と並んで高巖が見えていました。その高巖に陽射しの当たるのを待つことにしました。ところがこの日の空は意地の悪い空で、上空には青空が現れるのですが、なぜか太陽の辺りのみ常に雲がかかっていました。なかなか陽射しが現れません。40分ほど寒い中で待っていたのですが、結局あきらめることにしました。東山に着いても薄暗いままでした。願いは叶いませんでしたが、それにしてもごく小さな山の上にこの岩場の風景が広がっているのは面白いものです。また来たい所です。
09-20  2/ 7 駒ノ尾山〜船木山〜後山(宍粟市)
     後山から駒ノ尾山の尾根は冬になると真っ白になり、氷ノ山に負けない雄大な雪上ハイキングを楽しめます。今回は兵庫県側からアプローチしました。ちくさ高原の駒ノ尾登山口からです。雪はよく締まっており、ツボ足で登って行けましたが、県境尾根が近づいて急斜面となった位置からはスノーシューで登りました。県境尾根に着きますともうスムーズなものでした。ブナの木立を愛でながら登って行きました。そして駒ノ尾山が近づいて大雪原の世界です。どこでも好きな所を歩いて行けました。まずは駒ノ尾山の山頂に立ち、そして後山に向かって白い尾根をひたすら辿ります。鍋ヶ谷山から船木山、そして後山へと山上は別世界です。冬ならではの展望の良さで、遠くは氷ノ山まで一望でした。そしてブナやカラマツの木立がアクセントになっていました。ただこの日のコースはちょっと時間がかかりました。どうしても下山は引き返した方が楽ですので、ピストン登山となり、結局7時間近くを雪山で過ごしてしまいました。それも思う存分雪山で過ごせたと思えば、また楽しからずやです。
09-21
09-22
 2/ 8 東山〜権現山(相生市)
       点名・能下(相生市)
      一週間前に登ったばかりの東山、権現山ですが、それは冬日に明るく照らされる高巖を見たいためでした。それが上空には青空が広がっているのにお日さまはずっと雲に隠されるという不思議な天気で、願いの叶わぬまま下山することになりました。胸のモヤモヤを消すには再度登るしかありません。この日は能下集落側から登りました。この日も雲の多い空で、尾根は暗くなっていました。これでは前週の二の舞かと思っていますと、程なく光が現れて、山上は明るくなりました。やはり陽射しの中で見ます高巖は格別です。この後は権現山にも立ち寄り、そちらからも高巖を眺めて胸のモヤモヤを消しました。これですんなり下山する予定でしたが、時間がありましたので、尾根続きにあります331mピーク(点名・能下)にも立ち寄ることにしました。そちらへも尾根道は無理なく続いていました。しかも緩やかとあって、ごく気楽に歩いて行けました。その331mピークはすぐそばに送電塔が建っていましたので、展望は悪くありません。先ほどまで立っていました高巖の尾根を今度は眺めて過ごしました。
09-23  2/11 荒山(赤穂市・相生市)
     近くの山で昼食をとることにしました。荒山は有年駅からも国道2号線からも近いとあって、よく目立つ山です。その荒山を周世坂側からの登山道で登りました。山頂にはマイクロウェーブ反射板が有りますので、巡視路にもなっています。ゆったりとした道幅で続いており、無理なく登って行けました。その山頂は平らになっている上に雑木が繁っており、展望は良くありません。その雑木に囲まれた三角点のそばで昼食としました。風は無く陽だまりとなって春の暖かさでした。展望は山頂の少し下、登山道のそばにありました。岩場がテラスのようになっており、そこからは矢野川流域の風景が一望でした。但し黄砂の影響なのか視界は黄色みを帯びてうっすらとしていました。これも春が近づいていると言うことでしょう。
09-24  2/14 福浦向山(赤穂市)
    赤穂市の山を紹介している本に「花と緑の散歩道」がありますが、それを見ようと赤穂市立図書館に立ち寄りました。うまく在庫があり、それを見ますと登っていない山が多く紹介されていました。その中で興味を持った山をさっそく登ることにしました。それが福浦向山です。兵庫県南西端の山、岡山県との県境にあります。本の紹介コースで登ることにしました。南麓を通る車道を起点に県境尾根を辿るだけです。急坂を登って行きますと、背後に一気に展望が開けてきました。間近には鹿久居島があり、瀬戸の風景が広がっていました。それを見ながら昼食としました。急坂の部分は防火帯として雑草は刈られていましたが、尾根が緩くなりますとイバラも現れて少しヤブっぽい道になりました。その山頂には二等三角点がありました。但し雑木に囲まれて展望はありません。展望はその少し南の斜面でありました。そこは灌木が疎らにあるだけで、そこからは日生諸島に小豆島までが一望でした。赤穂市の風景も見えており、展望としては素晴らしい所でした。この日は春と言って良い暖かさで、瀬戸の陽光を受けながら暫し多島海風景を眺めて過ごしました。
09-25  2/15 三室山(宍粟市)
    雪の季節に休日が快晴ですと、やはり雪山を登りたくなります。一週間前に後山に登りましたが、そこから見る三室山は堂々とした姿でした。この冬は三室山にも登る予定で、前年の夏には下見も済ませていましたので、次の雪山として三室山に向かいました。但しパートナーは用事があるため単独行です。一人の方が気ままに登れるといそいそと出かけました。その三室山ですが、雪は例年と比べてずっと少ないようで、登山道を歩き始めますと、地表の見えている所も多くありました。しかもこの一週間は暖かい日が続いていましたので雪は緩んでおり、スノーシューを履いているのに大きく潜ることがありました。中腹を過ぎてもときおり地表の現れている所があり、とても2月とは思えませんでした。その風景が雪山らしくなったのは山頂が近づいてからでした。笹はすっかり雪の下となり、白い山頂に向かって行くのは心楽しいものです。そして山頂からは雪山ならではの素晴らしい展望が広がっていました。青い空の下に東山、くらます、氷ノ山と名だたる雪山は例年のごとく白い姿を見せていました。その風景を独り占めです。やはり雪山は快晴が一番と思いながらその風景に見入っていました。
09-26  2/15 京見山(姫路市)
    この日は一人で三室山を登り、自宅に戻って来たのが14時半です。するとパートナーが運動不足なので京見山に登りたいと言いました。そこでおつき合いで登ることにしました。運動として登ろうと考えましたので、京見会館そばの登山口からさっさと登って行きますと、14分で山頂でした。山頂からの展望はうっすら霞がかって良くありません。後山を見たいと思っていたのですが、宍粟の山は全く見えませんでした。南もうっすらとしており、淡く淡路島や小豆島が見えていました。それにしても午前に雪山、午後は瀬戸を眺める山と、両方を楽しめるのは播州ならではです。
<14:42京見町中央登山口スタート/14:56〜15:02山頂/西尾根を下る/15:12〜18途中の展望地で休憩//15:27京見町西登山口エンド。><快晴、風も無く穏やか。但しうっすらとした空だった。山頂の気温は14℃。北の空はモヤが強い。南もうすぼんやりと瀬戸の島が見えていた。>
09-28  2/22 一山(宍粟市) 
    雪面の広がる一山山頂に立ちたくなりました。前日の土曜日を狙っていたのですが、天気が思わしくありません。この日も午前こそ晴れるものの午後は雨の予想でした。その朝の天気が快晴でした。勇躍、一山へと向かいました。但し単独行です。目指したコースは阿舎利集落からのコースです。林道を終点まで歩いて、そこを起点の登山コースで登る考えでした。その阿舎利集落に着きますと、集落の外れから始まる登山コースのあることが分かりました。これを歩かぬ手はありません。コースは入口からすっかり雪に隠されていましたが、標識が整備されており、気分的には何とも楽なものです。スノーシューでごく気楽に登って行きました。そのまま明るい山頂へと思っていますと、途中から空の色が薄くなって来ました。最後は予定通りにだだっ広い雪面を登って行けましたが、山頂に立ったときは青空は消えて、薄曇りの空に変わっていました。それでも山頂展望は素晴らしいものです。真っ白な氷ノ山を始めとして、播州の高峰が一望でした。それを一人静かに眺めていました。
09-29  2/28 感状山〜西山(相生市)
    この日は朝のうちに公民館の掃除当番ということで出鼻をくじかれてしまいました。そこで昼どきを近くの山で過ごすことにしました。向かったのがごく気軽に山頂に立てる感状山です。ふもとは瓜生の里として公園が広がっています。そこでまずは公園内を散策して、羅漢石仏の見学をしました。その後に山頂へと続く遊歩道を登って行きました。午前は良く晴れていた空でしたが、昼となって急に曇ってきたのは残念です。それでも山上の城跡でのんびりと昼食をとりました。この感状山だけでは単なる散歩ですので、今少し歩こうと、尾根続きの西山に向かいました。これで一気に純然たる山歩きの雰囲気となりました。ただ尾根は緩やかですので、軽い運動程度です。西山の山頂はごく普通のヤブ山でした。そこからは尾根を離れて西へと下りました。源流部が現れますと、そこからは水の流れに沿ってひたすら下りました。特にヤブではありませんでしたが、道は無くちょっと野趣がありました。そして下り着いた所が羅漢の里でした。思いつきの沢歩きがこの日で一番面白かったと思えました。
09-30  3/ 1 黒尾山(宍粟市)
     朝の空は素晴らしい快晴です。これは山に行くしかない天気です。但し日曜日とあってパートナーはついて来てくれません。単独行です。展望の良い山で昼どきを過ごそうと、久々に黒尾山に行くことにしました。雪山と言うよりも雪の付いている山の期待もありました。この快晴に誰かは来ているだろうと思っていたのですが、登山口に着きますと、他に車は止まっていません。登山コースとしてはごく普通に登ろうと、「左コース」を選びました。雪解けで口滝も不動滝も水量は多いようでした。それに足を止めながらのんびりと登りました。途中では行者尊にも立ち寄りました。それにしても雪はほとんど見ません。虚空蔵尊の近くと山頂の手前で僅かに見ただけでした。山頂も地表がすっかり現れており、雪に関しては全くの期待外れでした。但し展望は期待通りです。白い氷ノ山を始めとして、播州の高峰がくっきりと眺められました。その播州の山は黒尾山と同様に雪はほとんど見られません。今年は本当に雪は少ないようでした。
09-31  3/ 7 京見山(姫路市)
    この日は法事があって、ほぼ一日がつぶれてしまいました。それでも少し体を動かしておこうと、京見山散歩としました。昼は良く晴れていたのですが、午後も遅くなって薄雲が広がって来ていました。山頂に立ちますと、南の海の方向は少しうっすらしており、小豆島がようやく分かる程度でした。北の空はすっかり薄雲が広がっていましたが、こちらかけっこう良く見えており、後山がくっきり見えていました。その空を見て、明日はぜひ雪の山を登ってみようと思いました。
<16:15京見町東登山口スタート/16:22〜29展望岩/16:37〜42山頂/17:01京見町西登山口エンド。><昼のうちは良く晴れていたが、登り始める頃には薄晴れの空に変わっていた。北の空はほぼ薄曇り。山頂の気温は10℃ほど、北風が少し冷たかった。視界は南の空は少しうっすらしていたが、北はまずまず良かった。>
09-32
09-33
 3/ 8 天児屋山(宍粟市)
       長義山(宍粟市)
    近場で雪山を楽しむとなると宍粟市千種町の山が一番と思えます。この日は天児屋山へと向かいました。コースは峰越峠から三国平経由です。まだ営業の続いているスキー場を抜けて、スタートは除雪区間の終わる「ラドンの泉」の先からとなりました。例年と比べると雪はずっと少ないと思えましたが、それでも数十センチは残っており、その上を常に歩くことになりました。朝の雪はよく締まっており、靴が潜ることも無くスムーズに登って行けました。尾根を離れて天児屋山へと向かい出しても、ごく緩い丘を登る感じで歩いて行け、なんとも気楽に山頂に立てました。この日の天気は薄曇りでしたが、視界は悪くありません。北の空にはうっすら青空も見えて、白い氷ノ山がくっきりと見えていました。この天児屋山の登山を終えて峰越峠に戻ってきたときは、まだ13時を回ったばかりでした。そこで帰りの駄賃として長義山も登ることにしました。ごく小さな山ですが、午後の雪は緩んでおり、山頂手前の急坂はスノーシューを履いて登ることになりました。その登りの方が天児屋山よりも疲れました。長義山も展望は悪くありません。先ほどまで過ごしていた天児屋山を暫し眺めて過ごしました。
09-34  3/14 東余山〜西余山(中国・上海市)
    三ヶ月ぶりに上海に来ました。そして週末を過ごすことになりました。この日は土曜日、朝から雲一つ無い快晴です。ホテルに籠もっている訳にはいきません。上海は山の無い都市と思っていましたが、郊外には丘程度の山があることを知りました。その一つがこの余山です。しかも地下鉄の駅から歩ける範囲にあります。地下鉄の駅名はそのまま余山駅でした。駅を下りますと、西の空に二つの山が並んでいるのが見えました。東余山と西余山です。それを目標に歩いて行きました。車道に沿って街路樹が続いており、また運河がそばを通っていましたので、すでにハイキング気分でした。また余山の手前にはリゾートホテルがあり、その庭の散策も楽しみました。おかげで余山に着くまでに2時間もかかってしまいました。始めに東余山を、次に西余山を登りました。東余山は自然公園らしい落ち着きがありましたが、西余山は山頂に天文台や教会があって観光地の雰囲気でした。どちらの山も大勢の家族連れやカップルで賑わっていました。春本番の暖かさにどの顔もいきいきと輝いていました。
09-35  3/15 世紀公園(中国・上海市)
       上海休日の二日目です。午後に約束がありましたので、午前を近くの公園で過ごすことにしました。そこで一番近い世紀公園を訪れました。訪問先の行き帰りに毎日その前を通っていますが、入るのは07年6月以来です。この日も前日に続いて雲一つ無い青空でした。気温は更に上がっており、朝から15℃ほどになっていました。その陽気に誘われてか大勢のファミリーやカップルで大にぎわいでした。公園の花は梅が終わりかけで、モクレンが満開を迎えようとしていました。ようやく春が来た感じの園内を2時間かけてゆっくり散歩しました。
09-36  3/20 金輪山(たつの市)
    昼どきを近くの山で過ごすことにしました。この金輪山はたつの市の市街地にごく近い山です。南麓の住宅地から山頂まで車道が通じていますので、散歩間隔で登って行けます。その車道は一般車は通行止めですので、静かな中を登って行けました。小さな山ですので、30分も歩かず山頂でした。その山頂には展望広場があり、たつの市の市街地が一望でした。これだけでは物足りない金輪山ですが、北からの遊歩道が作られようとしていました。その作りかけの小径をちょっと歩いてみました。北隣りの210mピークまででしたが、北への展望も広がって、ハイキングとしても楽しめそうです。次回は北から歩いて山頂に立ってみるのも悪くないと思いました。
09-37  3/21 扇ノ山(鳥取の山)
    まだ雪山を楽しみたい気持ちと、そろそろフキノトウを見たい気持ちの両方が起きました。そして自然と扇ノ山が思い浮かびました。一年前にも登っていましたが、そのときと同じく八頭町の八東ふる里の森からのコースで登ることにしました。その八東ふる里の森から歩き出せるものと思っていたのですが、除雪がされておらず4kmほど手前から歩き出すことになってしまいました。そのため予定していました尾根の取り付き地点まで2時間半もかかってしまいました。その尾根が始めは雪も無く、ヤブコギをすることになりました。雪の上をスムーズに歩き出せるまでに更に30分を要しました。それでも南から扇ノ山を眺めて登って行くのは感じの良いものでした。山頂に着いたときは14時が近い時間になっていました。この日の登山者は既に下山しており、山頂はパートナーと二人っきりでした。この日は快晴。しかも視界は澄み切っていました。遠くは大山まで見える素晴らしい展望に大満足です。ところでフキノトウは雪が多かったこともあってか、予定外で歩きました八東ふる里の森までにちらほら見えるだけでした。
09-38  3/28 百間岳(赤穂市)
      赤穂市の最高峰は百間岳ですが、まだ未登でした。その百間岳へは北麓の有年大池のそばから「あこう河鹿の森」の名でハイキングコースが通じています。この日は風の冷たい日で、北の空は特に良いとも思えませんでしたので、近くの山を登ろうとこの百間岳に向かった次第です。有年大池の手前からスタートです。有年大池のそばを過ぎますと、沢に沿って小径が続いていました。何度も沢を横切るのも面白いものでした。またアセビの花が満開でした。百間滝を過ぎてようやく登り坂となりました。尾根に出ますとシダの中を手頃な山道が続いており、のんびりと歩いて行けました。そして山頂が好展望地でした。南には瀬戸の風景、北は後山までが一望です。但し幾分木立に遮られていましたが、それも自然と言うものです。まずは静かな山頂でのんびり過ごすことが出来ました。視界の澄んだ日にもう一度来てみたいと思いながら下山しました。
09-39  3/29 京見山(姫路市)
    庭いじりも終わって夕方の散歩です。自宅の前から見えます京見山には、はや桜の花が見えましたので、山頂の桜に期待して登りました。その山頂の桜はまだ二分咲き程度でした。山頂は冷たい風もあって、ちょっと冷え冷えとしていました。前日と同様に薄ぼんやりとした視界でした。ところで山頂の雑木を勝手に切る人がいるようで、常々切らないようにとの注意書きがされていたのですが、この日見た山頂は一段と木が切られて、ほぼ桜の木以外はまともな姿はありません。これは展望を楽しむには良いことでしょうが、ここまで育っていた雑木にとっては大迷惑と言ったところでしょう。
<16:53京見町西登山口スタート/17:11山頂/京見町中央登山口エンド。><薄晴れの空。気温は9℃で、北西の風が冷たかった。視界はうっすらとしており、北は後山が見えるか見えないか、南も小豆島がようやく分かる程度だった。昼のうちは良く晴れていたが、登り始める頃には薄晴れの空に変わっていた。北の空はほぼ薄曇り。山頂の気温は10℃ほど、北風が少し冷たかった。視界は南の空は少しうっすらしていたが、北はまずまず良かった。>
09-40  4/ 5 京見山(姫路市)
     この週末は仕事でほぼつぶれてしまいました。この日は午後に入ってようやく時間がとれましたので、軽く裏山散歩です。京見山の山桜はほぼ満開で、登山道には点々と花びらが落ちていました。ツツジの花も鮮やかです。山頂に立ちましても、もう風には冷たさはありませんでした。視界はすっかり春霞で、瀬戸内海が白い色で見えていました。
<16:35京見町西登山口スタート/16:55山頂/京見町中央登山口エンド。><午前は薄曇りだったが、午後に入ってほぼ快晴となる。但し視界はうっすらとしていた。気温は15℃ほど。弱く吹く風には冷たさは無かった。>
09-41  4/ 7 岩屋山〜篠ヶ峰〜点名・赤井(丹波市)
     前週末に休みが無かった関係で、この日が休みです。少し長い距離を周回で歩こうと、篠ヶ峰の南尾根を岩屋山経由で登ることにしました。そして篠ヶ峰からは南東尾根で点名・赤井へと巡るルートです。岩屋山の南麓にあります五ヶ野集落に入り、集落の外れにあります神社からスタートです。境内の桜が満開でした。始めに林道を歩き、途中から分かれました登山道で真っ直ぐ岩屋山へと向かいました。途中に岩場がありましたが、そこは正面突破です。岩屋山は木立に囲まれて平凡な山頂でしたが、その先はシャクナゲ尾根があり、良い感じで篠ヶ峰に向かえました。篠ヶ峰は好展望の山ですが、この日は春霞のために、視界はうっすらとしていました。その先、点名・赤井に続く尾根にも尾根道は付いており、無難に歩いて行けました。点名・赤井は木立に囲まれた山頂でしたが、その先に送電塔が二つ並ぶ所があり、そこでも再び展望が楽しめました。また一帯にはタムシバの木が多くあり、白い花を満開に咲かせていました。その頃にはけっこう足が疲れていましたので、巡視路があったことを幸いに、その巡視路で一気に林道に下りました。この日は結局、6時間半ほど歩きましたので、目的通りに思いっきり歩けたことに満足でした。
09-42  4/11 大山(鳥取の山)
      高速道の千円制度を利用して残雪の大山に向かいました。コースは弥山の北尾根を登る夏道コースです。空は快晴で、ふもとの気温は20℃とすっかり春の陽気でした。大山はと言いますと、遠目には雪をまとっていたのですが、いざ登り始めますと登山道には全く雪が見られません。雪が現れたのは四合目を過ぎてからで、六合目からようやく残雪の山らしくなりました。雪はよく締まっており、アイゼンで気持ちよく登って行きました。雄大な稜線を見ながらの登りで、弥山の山頂まで2時間と手頃な登山でした。ただどうも単純な登山で少しもの足りません。その弥山から見えていたのが剣ヶ峰です。途中の痩せ尾根は崩壊が進んでいますが、風も弱く条件としては悪くありません。そこで思いきって向かうことにしました。但しパートナーは付いてきてくれません。なるほど超の付く痩せ尾根で猛烈に危険な所があり、これは登山対象のコースではあり得ません。それでも無事に剣ヶ峰に着き、大山の雄大な風景を満喫出来ました。その剣ヶ峰からは弥山に戻って来ましたので、恐ろしい尾根を二度経験することになりました。この日はこの剣ヶ峰の強烈な印象があったことで、大山の良さを今まで以上に知った思いになりました。
09-43  4/12 京見山(姫路市)
      ちょっと運動をしたく、駆け足も交えて早足で登って行きました。駆け足となりますと、やはりなかなか足は上がりません。息を切らせながら休まず登りますと、15分で山頂でした。桜は終わっていましたが、赤紫色のツツジの色合いが、いっそう濃くなっているように思われました。
<16:49京見町西登山口スタート/17:04山頂/京見町中央登山口エンド。><快晴だったが、視界は薄ぼんやりとしていた。気温は20℃ほどあったが、木陰に入るとすっと涼しくなった。弱い西風があり、爽やかだった。>
09-44  4/18 三濃山(相生市)
    朝から快晴です。ちょっと遠出をしたくなる天気でしたが、この日は車を修理に出していました。代車はありましたが無理は出来ません。そこで近くの山で軽いハイキングを楽しもうと、三濃山に出かけました。コースとしてはごく一般的に「羅漢の里」からの登山道を歩くことにしました。実に16年ぶりです。鍛冶屋川の渓谷は新緑の季節を迎えていました。また沢にはツバキの花が点々と落ちていました。その風情を眺めながらゆっくりと歩きましたが、それにしても静かなハイキングでした。途中で人に出会うことはありません。そして陽射しを受けて明るい山頂でも人影はありませんでした。その山頂には老木のアカガシが新しい枝を生長させており、けなげな姿でした。何とか頑張ってもらいたいものです。下山コースは南への尾根を辿りました。西山経由で戻ってきますと、結局歩行時間が3時間以上としっかり歩くハイキングになっていました。
09-45
09-46
 4/19 鍋子山(赤穂市)
       大鷹山(赤穂市)
    好天に誘われて、この日も近くの低山散歩としました。どちらもごく小さな山ですが、山頂に城跡のある山として共通しています。またどちらの山も千種川に面しており、二つの山は近い距離にあります。先に登ったのは鍋子山です。登山道を知らないままに北西麓側に近づきますと、うまく巡視路に出会えました。そのまま送電塔まで、そして山頂へも少し荒れ道ながら小径が続いていました。その山頂は出城程度の広さがありましたが、すっかり雑木に覆われていました。それでも下山で辿った北西尾根では、すっきりと北の山並みが眺められました。下山しますと、すぐに大鷹山に向かいました。こちらは中腹の八幡神社へとふもとから参道が付いていました。八幡神社から先も山頂そばのテレビアンテナまで小径が付いており、ごく無難に山頂に立てました。こちらの山頂もすっかり雑木に覆われていましたが、尾根の途中に「弁慶の足形」と呼ばれる素晴らしい展望地があり、千種川流域が一望でした。二つ合わせても午前で終わる軽いハイキングでしたが、見知らぬ山を登る楽しさを味わえました。
09-47  4/26 城山(市川町)
      市川町の市街地の東に、城山がこんもりと小さな姿を見せています。その城山を南麓の永勝寺側から登りました。緩やかに小径が続いており、ごく普通に里山を登る雰囲気でした。その里山も新緑の季節を迎えて、淡い緑の色が優しげで下。ただ城山はマッタケ山のようで、その旨の立て札が点々とありました。その山頂にはNHKの共同アンテナが立っていました。そこからは南がすっきりと開けており、日光寺山から深山へと続く尾根が眺められました。下山は北西尾根の巡視路コースを下りました。けっこう倒木が有りましたが、小畑川の近くに下り着きました。その名に釣られて訪ねた訳ですが、城跡の雰囲気はあまり感じられませんでした。ごく普通の里山を登ったという印象で終わりました。
09-48  4/26 京見山(姫路市)
    前日は終日、雨。この日も黒い雲が広がる天気でした。午前に市川町上田中の城山を登っていましたが、夕方に晴れ出しました空を見て、京見山散歩としました。強い風があってひんやりとしていましたが、山頂の桜はすっかり新緑でした。また風のおかげで視界は悪くありません。夕方の光の中に飾磨、広畑の街並みがくっきりと見えていました。また遠くはうっすらと四国の山並みも見えていました。淡路島も諭鶴羽山と柏原山が並んで見えていました。
<16:46京見町西登山口スタート/17:05山頂/京見町中央登山口エンド。><雲の多かった空にようやく青空が広がり出した。但し北から東へはまだ雲が広がっていた。気温は朝から低めで、夕方の時間帯だったが12℃ほどで、北西の強い風に肌寒さを感じた。視界はくっきりとしていた。>
09-49  4/29 遠見山(鳥取の山)
    新緑の候になりますと、新緑の美しさに惹かれて鳥取若桜の山に登りたくなります。遠見山は旧八東町の市街地を北に見下ろす山です。登山コースは知りませんでしたが、緩やかな北尾根を鍛冶屋集落側からアプローチすることにしました。尾根の送電塔を目標に近づきますと、巡視路に出会えて無難に尾根に着けました。その後も尾根には小径が付いていましたので、順調に登って行けました。また尾根にはイワカガミが多く咲いており、目を楽しませてくれました。この尾根の圧巻は720mピークでした。そこは素晴らしい展望地で遠くは扇ノ山、氷ノ山が一望でした。その展望ピークと比べますと山頂は平凡でした。木立がぐるりと囲んでおり、展望はほとんどありません。そこで720mピークに戻って昼休憩としました。涼しい風を受けながら伸びやかな展望を見ていますと、心から晴れやかに気分になれました。
09-50  5/ 1 明神岳(佐用町)
    佐用町の明神岳を仁方集落側から登りました。山頂の南東方向に少し離れてため池があり、そこまで林道が来ていますが、それを歩かず適当に登ってため池に着きました。青い湖面が緑に包まれて、優しげな姿でした。そこより多少のヤブコギを強いられながら山頂を目指しました。一度方向を誤り、ため池まで戻って改めて山頂に向かいました。山頂はすっかり雑木に囲まれて展望はありません。また一帯は平らになっており、明神の名には似つかわしくない風景でした。下山はため池からは林道を歩いて戻りました。仁方集落が目前になりますと、眼下に棚田風景が広がりました。この日は山頂よりもこの棚田風景とため池の美しさが印象的でした。
09-53  5/ 4 京見山(姫路市)
     夕方の散策です。薄曇りの空に、太陽がうっすらと輪郭を見せていました。風景は白っぽい感じで見えていました。北は黒尾山までしか見えていません。南も淡路島が見えるか見えないかと言った感じでした。下山では七つ岩で一休みです。はりま勝原駅周辺の変わりゆく様を暫し眺めていました。
<17:13京見町西登山口スタート/17:31山頂/京見町東登山口エンド。><薄曇りで、遠方はうっすらとしていた。空も海も白っぽく見えていた。無風。山頂の気温は19℃。>
09-54  5/ 5 法沢山(豊岡市)
    久しく登っていない但馬の山を考えたときに、法沢山が思い浮かびました。この山のイメージは悪くはありません。そこでさっそく向かうことにしました。じっくりと登りたく、初めて登った95年と同様に駒返峠を経由する周回コースで登ることにしました。登山口のあります奥小野集落はちょうど田植えが終わったばかりで、水を湛えた棚田風景が広がっていました。まずは駒返峠へと歩き出しました。途中で真新しい林道と出会えましたので、そのまま峠まで行けるのではと思っていますと、さほど歩かず終わってしまいました。その先は初めての登山のときと同じく、北へと小さな尾根を登って県境尾根に出ました。その後は駒返峠を通ってひたすら県境尾根を辿って行きます。その尾根はクマザサのヤブコギだったはずですが、クマザサは枯れかかっており、場所によっては消えている所もありました。おかげでけっこうスムーズな登りでした。法沢山の山頂は好展望地です。日本海に但馬の山、京都丹波の山が一望でした。但し視界はうっすらとしており、十分には楽しめませんでした。下山は北西尾根に付いています登山コースを下りました。ブナ林の広がる尾根の新緑が本当にきれいでした。
09-55
09-56
 5/ 9 三川山(香美町)
       嶋山(香美町)
    シャクナゲの咲く三川山に興味を持っていました。少し遅いかと思いましたが、連休明けのこの日に向かいました。登山口のあります三川権現はすっかり新緑に包まれていました。登山道もしかりです。ただ残念なことにシャクナゲの花は終わっていました。そうなりますと新緑の風景を楽しむことに専念しました。Bコースを登りましたが、急坂の続く尾根登りはけっこう楽しめました。ところで山頂は林道工事の最中で、ちょっと雑然としていました。いつもながら三川山の山頂は見所がありません。下山はAコースです。こちらの尾根のシャクナゲも終わっていましたが、ブナと新緑の美しい尾根でした。この三川山はほとんど展望に恵まれません。少し物足りない気分が残りましたので、もう一つ山を登ることにしました。それが佐津海岸に立つ嶋山です。手頃な登山道が嶋山八幡宮の裏から始まっていました。ただこの山も展望には恵まれません。山頂も木立に囲まれていました。その下山中に展望を注意していますと、一ヶ所木立の空いた所がありました。そしてそこから見えたのが訓谷浜でした。その海の青さは美しいの一言でした。
09-57  5/10 京見山(姫路市)
    夕方の散策です。昼には25℃近くまで気温は上がったのではと思えましたが、夕方は涼しくなりました。山頂では快い南風を受けました。コバノミツバツツジは終わりましたが、換わってモチツツジが満開の見頃を迎えていました。
<16:34京見町西登山口スタート/16:54山頂/京見町西登山口エンド。><晴れ。薄晴れとまでは言えないが、薄雲が広がっていた。視界はモヤがかっており、北も南もどちらの方向も遠くは全く見えていなかった。山頂の気温は22℃、南風が涼しかった。>
09-58  5/16 城山(市川町)
    播但連絡道の市川SAが近づきますと、大中山の手前に山頂の木がすっきり刈られた山が見えてきます。いかにも展望が良さそうです。それが稲荷山城跡のある城山です。鶴居中学校のそばから歩き始めますと、城山の登山標識が現れました。それに従いますと、野道の先にゲートがあり登山道が始まりました。真新しい登山道です。登山道は手を加えすぎておらず、素朴さがあって悪くありません。途中では急坂もあってけっこう楽しく登れました。ゆっくり登っても40分とかからず山頂でした。山頂は遠くから見えた通りに、素晴らしい展望台でした。この日はあいにくの曇り空でしたが、七種の山並みを始め市川流域の山が一望でした。この日はピストン登山で終えましたが、晴れた日に再訪して、大中山まで歩いてみるのも面白いのではと思えました。
09-59  5/17 京見山(姫路市)
    この日は午後から雨でした。その降り方が弱まりました夕方に、雨具を着て散歩としました。山頂に立って北を見ますと、遠くは全く見えていませんでした。近くの山もちょっと雲海風景になっていました。南の風景もうっすらしており、港から先は見えていませんでした。
<16:29京見町西登山口スタート/16:46山頂/京見町中央登山口エンド。><小雨。山頂の気温は20℃、無風。視界はうっすらとしており、遠くは全く見えていなかった。>
09-60  5/23 カザシ〜延命寺山(丹波市)
      09年4月の始めに篠ヶ峰を岩屋山経由で登りましたが、このとき岩屋山の南に延びる尾根に興味が湧きました。小ぶりながら三角形の鋭い姿で二つの山が並んでいました。延命寺山とカザシです。そこでこの日はその尾根を北から辿って行くことにしました。岩屋山の南にあります620mピークまでは五ヶ野集落から向かうという、そのときと同じルートです。620mピークからはひたすら尾根を下って行きました。所々に露岩地があり、千ヶ峰が一望でした。カザシが近づきますと、ちょっとヤブの様相になりましたが、カザシを過ぎますと、また尾根道を辿れるようになりました。前方には端正な延命寺山が見えています。露岩地が多くなり、素晴らしい展望もあってちょっと楽しい尾根でした。延命寺山からは牧山神社へと一気に下って行きました。尾根では何度となく休憩を取りましたので、結局7時間ほどと予想以上に時間のかかるハイキングになりました。ただその分だけ楽しいハイキングでした。
09-61  5/30 鎌倉山〜鉢尾峰(加西市)
    前週は丹波市の山を登りましたが、その道中に加西市を通りました。その加西市内を北上しているときに見えるのが鎌倉山です。その端正な姿を見て登りたくなりました。10年ぶりです。今回は正式なハイキングコースを時計回りで歩くことにしました。普光寺からスタートして、まずは鎌倉山を目指しました。その登りでは「西ののぞき」で展望が楽しめましたが、鎌倉山の山頂は更なる展望地に変わっていました。北には笠形山も眺められて、涼しい中で昼どきを過ごせました。鎌倉山頂を離れますと、鉢尾峰まで尾根のハイキングです。柳峠へ下り、その先で大日如来のピーク、小天井ピーク、大天井ピーク(鉢尾峰)と小さなピークを踏んで行きます。この日の空は晴れていたかと思うと曇りに変わったり、また薄晴れになったりと、小刻みに変化していましたが、尾根は涼しい風が吹いており、気楽な気分で歩いて行けました。その尾根道コースを最後まで歩かず、途中で離れて普光寺山へと下りました。良いハイキングコースでした。
09-62  6/ 6 石金山(丹波市・多可町)
    山南町の和田地区を通るときに見る石金山の登山口標識が気になっていました。小新屋集落から登るルートです。石金山には正式な登山ルートでは登っていませんでしたので、このコースに興味を持って訪れました。登山口は小新屋観音の前でした。その登山道は尾根に出るまではずっと植林地を登ることになり、あまり楽しいとは言えません。主尾根に出てイタリ山からの尾根コースに合流しますと、周囲は自然林となって、ようやくハイキングらしくなりました。そして着いた山頂は360度の大展望でした。朝の曇り空もその頃には青空が広がっており、大展望を思いっきり楽しみました。その下山では周回コースで下りようと、北西の464mピークに通じる尾根を下って行きました。また植林の中を歩くことになりました。鞍部に着きますと、後は小新屋集落まで谷筋を歩きましたが、最後まで植林地でした。結局、主尾根以外は植林地を歩いていたことになりますが、山頂で大展望に出会えただけで十分でした。
09-63  6/ 7 行者山(宍粟市)
    朝の姫路の空は快晴でした。久々に鳥取若桜でヤブコギ登山をしようと向かったのですが、天気は戸倉峠を境に大暗転しました。鳥取に入ったとたんに雨です。暫く待ちますと雨は止みましたが、ガスの空でした。そのガスがなかなか消えません。そこで鳥取の山は諦めて引き返すことにしました。そして地図無しでも簡単に登れる山で昼どきを過ごそうと、行者山に向かった次第です。スタートは生栖集落側の五合目登山口です。この生栖コースは尾根に出るまではほとんど植林の中を登りますので、登ることの面白みは少ないと言えますが、山頂は開放感あふれる所です。北の木立が切られており、すっきりと藤無山まで眺められました。その藤無山までの揖保川流域も一望です。往復で90分ほどのミニハイキングでしたが、満足度は十分でした。
09-64  6/12 波佐利山(宍粟市)〜大ボウシ(鳥取県)
    波佐利山の「はさり」は鳥取の地名と思われます。そこで波佐利山を鳥取側から登ることを計画しました。地図を見ますと大ボウシまで歩けば周回コースとなりそうです。ちょっと厳しいかと思えましたが、登ってみたい気持ちが勝りました。下山を考えてハサリ林道の途中からスタートしました。そして林道終点から県境尾根へと向かいました。自然林とササが続く尾根でした。ササは枯れかけており、無理なく登っていけました。県境尾根に出ますとネマガリダケも現れて厳しさが出てきましたが、それも自然というものです。波佐利山が近づきますと、展望も現れてずっと歩き易くなりました。波佐利山は少し雑然とした山頂でしたが、氷ノ山が望めました。そこで昼休憩をして、午後は大ボウシを目指しました。ひたすら緩やかな尾根で、ここも自然林とササの風景です。ただササははっきりと弱っており、枯れている所も多くありました。波佐利山から2時間で大ボウシに着きました。大ボウシは自然林に囲まれて優しげな山頂でした。そして赤谷山から波佐利山、三室山と、県境尾根が一望でした。本当にまる一日を自然なままの尾根歩きで過ごせましたが、ササの折れ口で足は傷だらけになっていました。
09-65  6/13 花咲山(宍粟市)
    前日の疲れが残っていましたが、パートナーに誘われて軽めのハイキングを楽しむことにしました。花咲山は一宮町の市街に近く、手頃に思えて選びました。北麓の嵯峨山にあります墓地前に車を止めて、センター一宮へと車道を歩いて行きました。そのセンター一宮よりハイキング開始です。磐座のそばを通って南尾根に出るまでは、ひたすら植林地を登って行きますが、ややマイナーな雰囲気でした。南尾根歩きとなって周囲は雑木林に変わり、雰囲気は一気に良くなりました。登るほどに展望も広がりました。但しこの日はモヤのきつい空で、近くの山も薄ぼんやりとしていました。NHKの中継放送所のそばで昼休憩です。山頂でも一休みしました。山頂は涼しげな風が吹いており、汗を鎮めてくれました。下山はふもとまでひたすら林道歩きです。結局3時間ほど歩きましたので、軽めのハイキングでもありませんでした。この日は山頂近くから眺められました行者山の姿が印象的でした。
09-66  6/14 京見山(姫路市)
    夕方の京見山散歩ですが、一ヶ月ぶりです。少し暑さを感じながら登りますと、山頂では爽やかな風が吹いていました。その山頂に白い小さな花を付けた木を見ました。ウツギのようですが、その可憐さは山頂で見てこその味わいだと思いました。
<16:29京見町西登山口スタート/16:48山頂/京見町西登山口エンド。><薄晴れの空。東には青空も見られたが、北には黒い雲が見られた。視界は悪く、近くの山もうっすらしていた。山頂の気温は24℃。北風が涼しかった。>
09-67  6/20 芦谷山〜三国岳(丹波市)
    久々に三国岳を登りたくなりました。一般コースだけでは物足りないと思えましたので、北東隣りの芦谷山と組み合わせて登ることにしました。せせらぎ公園をスタート地点として、清流の森の別荘地そばから尾根に取り付きました。歩き易い尾根で、ごく無難に三角点ピーク(点名・下島山)に立てました。そこから寄り道で芦谷山に向かいました。少し灌木ヤブがあり、また植林も多くあって、あまり見所の無い尾根歩きでした。芦谷山も雑木に囲まれて平凡なピークでした。点名・下島山のピークに戻って昼休憩の後、いよいよ三国岳を目指しました。尾根は始めはヒノキの植林にアカマツが混じる混合林でしたが、登るほどに自然林となって雰囲気が良くなりました。満開のヤマボウシが続くと思っていますと、次はエゴノキがまた満開で続きました。ときおり北には粟鹿山が見えています。その尾根の風情を楽しみながら三国岳の山頂に近づきました。ただ天気は下り坂になっており薄曇りから曇りへと、そして三国岳に着いたときは小雨が降ってきました。小雨はすぐに止みましたが、視界は薄ぼんやりとしたままでした。下山はハイキングコースを下りました。三国峠から山寄上集落へと向かうコースです。最後の林道歩きが少し退屈でした。この日はメインを三国岳登山とした訳ですが、尾根のヤマボウシとエゴノキの印象が強く、三国岳の山頂に立ったのは付け足しだったような感じになってしまいました。
09-68  6/28 平谷深山(佐用町)
    平谷深山は佐用町と美作市との境にあります、いわゆる県境の山です。地図では破線の道が幾つか書かれているのですが、02年の登山では谷を間違えて、道の無い谷筋を登ってしまいました。そこで今回は正しい登山道で登ってみることにしました。往路は平谷集落の北へと延びる車道を歩いて行きました。車道のうちは良かったのですが、車道が終わりますと、一気に荒れ道となりました。地図の破線路です。適当に登っているのと変わりませんでした。最後はコースを外れて、急斜面を木に掴まりながら登って県境尾根に出ました。そこは尾根道もあり、涼しい風を受けながら良い感じで山頂に立てました。雑木林の山頂は雰囲気としては悪く無いのですが、展望はありません。それでも無理に探して、何とか倒木の隙間から日名倉山と後山が眺められました。下山は南の方向に向かう地図の破線路を辿ることにしました。その道が最初からはっきりとしていませんでした。方向を定めて適当に下りますと、谷に下りてようやく小径に出会えました。ただそれもササヤブの道でした。地図の破線路はなかなか難しいものです。