登山記録:2009年(7月〜12月)   
          
  
09-69  7/ 3 行者山(佐用町)
     佐用町の行者山は山頂に祠がまつられて展望の良い山です。その行者山へのルートとして南麓の田坪集落からのコースが気になっていました。その田坪集落に入って、行者山に向かう林道を走りました。林道は最後まで走らず、途中の堰堤の位置から歩き始めました。始めは歩き易かったのですが、次第に細くなりそのうちに道は荒れて分かりづらくなりました。小さな山ですので適当に登りますと、行者山から東に延びる尾根に出ました。予定していたルートとは違ってしまいましたが、無理なく山頂に立てました。この日はモヤがかった視界で、展望は良くありません。それでも岡山県との県境尾根の展望を楽しみました。下山は予定していたルートを歩きました。始めに南へと尾根を辿ります。途中の分岐点から田坪集落への小径に入りました。その道も沢が近づきますと少し不確かになりましたが、登りで歩いたコースに合流しました。結局、周回で行者山を歩いたことになりました。駐車地点からでも1時間半程度のハイキングでしたので、この日のルートは行者山登山として、けっこう簡単なコースだったのではと思えました。
09-70  7/ 4 高釣瓶〜古天神山(丹波市)
    最近は篠ヶ峰から南に広がる山域をよく訪れていますが、この日は国道175号線に一番近い尾根に向かいました。高釣瓶、古天神山、大谷と名の付く山が並んでいます。まずは坂尻奥林道を最奥まで歩いて、笹ヶ峰から南東に延びる尾根に出ました。そこまで登れば後は基本的に下る方向です。少しヤブっぽい所があったり、逆に散歩道の雰囲気があったりと、尾根は自然なままに続きました。けっこう展望の良い尾根で、高釣瓶こそ木立に囲まれていましたが、その後は点々と展望地が現れました。特に古天神山は岩場がちょっぴり危ない所でしたが、展望は一級品でした。この尾根のハイライトと言えそうでした。展望は大谷でもあり、また尾根上には幾つか建っている鉄塔も好展望地で、この尾根は展望を楽しめる尾根と言えそうでした。尾根歩きは応地坂を最後として、坂尻集落へと下りました。少しハードさのあるこの日のハイキングでしたが、味わいのある尾根歩きが楽しめました。
09-71  7/ 5 京見山(姫路市)
TAJI   京見山の山頂は誰の手によるものか、展望の目障りになる木がことごとく切られて、ちょっと無惨な姿になっていたのは、この春のことでした。しかしこの日に見ますと、その切られた木の影でひっそりとしていた低木が勢いを増して、すっかり元の青々とした姿に変えていました。また切られた木も、新たな枝を伸ばし始めていました。自然の生命力は旺盛なようです。ところでこの日の登山道で、5cmはありそうな大きなスズメバチと鉢合わせしました。思わず飛び退きましたが、これは登山者にとって大敵です。
<14:39才登山口スタート/14:52泣き坂峠/15:02〜12山頂/15:30京見町西登山口エンド。><上空を薄く雨雲が広がっていた。黒い雲もあれば、淡く青空の覗いている所もあった。視界はややうっすらしている程度。山頂ではほのかに涼しい風があった。>
09-72  7/11 六甲山(神戸市)
    この日はパートナーの都合がつかず、しかも車を使われてしまいました。そこで電車沿線の山を登ろうと、久々に六甲山に向かいました。登りのコースとしては、まだ歩いていませんでした有馬温泉駅からの魚屋道を登ることにしました。賑わいのある温泉街を抜けますと、静かな登山が始まりました。道は緩やかで、遊歩道を登っているようなものでした。そして2時間とかからず山頂に立てましたが、こんなに楽に登れる六甲山は初めてです。山頂は小さな子供を連れたファミリーのグループで大賑わいでした。乳母車も見ましたので、車で来ているようでした。下山は全山縦走路を歩いて宝塚駅を目指しました。こちらは静かなコースです。木陰の涼しさに助けられながらマイペースで歩けました。そしてこの縦走路コースのそばにあります二つの三角点ピーク、大平山と岩倉山に立ち寄りました。長い下りはさすがに足に堪えます。3時間かかって阪急・宝塚駅に着いたときはほっとする思いでした。
09-73  7/18 西床尾山〜東床尾山(豊岡市・朝来市)
     三度目の床尾山です。奥山集落からのコースに興味を持っていました。この奥山コースは周回で歩けます。登りは「床尾陽光の森」の遊歩道歩きでスタートしました。始めに寄り道して立町金山跡を訪ねました。そして登山口に戻って緩やかな尾根を登って行きました。植林も見かける尾根でしたが、おおむね自然林の広がる落ち着きのある尾根でした。ナツツバキの白い花が目を楽しませてくれました。西床尾山に着きますと、涼しい風がずっと吹いており、その快さに暫し昼寝を楽しみました。東床尾山では黄色いキンシバイの花が満開でした。そして360度の展望です。あいにく少し濁りのある視界でしたが、その伸びやかな展望は素晴らしいものです。下山は西へと尾根を辿り茗荷谷川の源流部からずっと沢沿いを下って行きました。けっこう荒れ道でしたが、それも自然と言うものです。夏の季節にはちょっとハードなこの日のコースでしたが、充実感は十分でした。
09-74  7/20 御殿山(佐用町)
    せっかくの三連休でしたが、梅雨はまだ終わらず、3日目のこの日も曇り空でした。その空を見て散歩程度の軽い山で昼食をとることにしました。御殿山は14年ぶりとあって、初めて訪れるような気分で歩き始めました。軽く登るつもりでしたが、すぐに出会ったため池からもうヤブ状態でした。どうも以前と様子が違うようです。沢筋をあきらめて右手の尾根に出ることにしました。その尾根でも途中でイバラヤブにひっかかってしまいました。どうも軽い登山のつもりがヤブコギとは、ちょっと災難です。それでも山頂が近づいて巡視路に出会い、後はスムーズでした。下山は送電塔の建つ南尾根を下りました。巡視路があって、ごくスムーズでした。また季節がら色々なキノコが出ていました。食用キノコもあり、ちょっとしたキノコ狩りが楽しめました。終わってみれば、楽しい御殿山でした。
09-75  7/25 一本松〜篠の丸(宍粟市)
   雨の中のハイキングを楽しむことにしました。なだらかな尾根をのんびり歩こうと、一本松から篠の丸までの尾根をピストンすることにしました。尾根は雑木林ですので、季節がらキノコを見る楽しみもあります。スタート地点は一本松と最上山の中間地点を通る車道の位置からとしました。そして一本松の山頂から尾根歩きのスタートです。尾根は易しく、のんびりと歩いて行けました。目的通りにキノコ観察も楽しめました。雨は強く降ったり弱く降ったり、ときに小止みになったりを繰り返していました。そののんびり歩きも篠の丸が近づいて終わりました。草ヤブがあったり、足下が滑り易かったりと、少し厳しくなってきました。そして篠の丸はすっかり草ヤブ状態でした。この篠の丸は三角点を見ただけですぐに引き返しました。後は再び尾根歩きを楽しんで一本松へと戻って行きました。篠の丸が草ヤブだったことと、ハイキング時間が5時間ほどと少し長めになってしまったことが計算外でしたが、雨のハイキングもまた楽しからずやでした。
09-76  8/ 1 京見山(姫路市)
TAJI 雨が止んだのを見て裏山散歩です。才登山口から歩き出しますと、登山道は手入れされたようで、道脇の小ザサや雑草が刈られて、すっきりとしていました。暑い季節のためか、午後の山頂は無人でした。かまびすしいセミの声を聞きながら、アオスジアゲハが悠々と飛んでいる様を眺めていました。
<16:36才登山口スタート/16:49泣き坂峠/16:59山頂/京見町中央登山口エンド。><空は梅雨空で、すっかり曇っていた。南は家島がうっすらと見えている程度。北の遠い山並みは雲の中だった。>
09-77  8/ 2 長水山(宍粟市)
      前日は雨の降る天気でした。この日も朝まで雨でした。午後には天気が良くなるとのことでしたので、午後に入って近場の山でもと長水山に向かいました。ルートは南麓の伊水小学校からと考えましたが、行き帰りでコースを変えようと、往路は登山コースと平行している尾根を登って行くことにしました。始めに登山コースで登山口まで歩き、そこより左手の急斜面に取り付きました。尾根に出るまではヤブコギになってしまい、蒸し暑い中で急速に体の動きがにぶってきました。何とか尾根に出ますと、そこには歩き易い尾根道が付いており、ひと安心です。また尾根も緩やかでした。ただ道は良くなっても体がやはり動きません。どうやら熱中症ぎみになったようです。そこで尾根の途中の小ピークでたまらず横になりました。そこは涼しい風があり、また空も曇り空となって、暫く休むうちに何とか元気が出てきました。後は尾根歩きを続けて山頂に立ちました。その山頂では小雨に遭ってしまいました。どうもよく変わる天気です。下山では登山道を歩きましたが、以前と比べて草ヤブになっている所が多くありました。おまけにヒルだらけです。下山を終えますと、服や靴に10匹以上が貼り付いていました。
09-78  8/13〜15 茶臼岳〜上河内岳〜聖岳(南アルプス)
    お盆休みは5日間です。中部地方の天気はどうやらよさそうです。そこで南アルプスを目指すことにしました。目的は二百名山の上河内岳です。この山を中心に茶臼岳と聖岳を組み合わせました。聖岳は10年ぶりです。前回の登山がガスの中でしたので、こちらはリベンジです。今回はパートナーが休暇を取れず、単独行です。そうなると気軽にテント山行としました。コースとしては静岡県側からで、スタート地点は畑薙湖からとしましたが、そこに着くまでが大変でした。東名道が地震災害で通行止め区間があり、大渋滞に巻き込まれました。何とか畑薙湖に着いたときは13日の早朝でした。軽い仮眠だけで出発です。この日は茶臼小屋までですが、天気は意外と悪く、横窪小屋からは雨の中となりました。翌14日は期待通りに快晴の朝でした。茶臼岳で大展望を楽しんだ後、上河内岳へ向かいました。その上河内岳ですが、到着する少し前よりガスが広がり出して、山頂では展望を楽しめませんでした。その後はガスの中の縦走です。午前の時間に聖平小屋に着きましたが、ガスは薄れるどころか逆に小雨が降ってきました。この日は聖岳に登らずひたすらテントで過ごしました。雨は深夜まで降っていました。15日は午前3時半と真っ暗な中を聖岳へとスタートしました。周囲はすっかりガスです。これでは前回の二の舞かと心配しましたが、山頂が近づいて一気に晴れて来ました。山頂では念願の360度の眺望を楽しめました。そして気分良く聖沢コースで下山としました。南アルプスのテント山行はけっこうきついものですが、その苦しさを補って余りある山行を楽しめました。
09-79  8/22〜23 霞沢岳(北アルプス)
    先週は南アルプスでしたが、今週は北アルプスです。パートナーとテントで一泊の山行を計画しました。向かったのは二百名山でもあり、穂高の展望台として人気の霞沢岳です。22日の未明に姫路を離れて、上高地にはまだ朝の時間帯の9時半に着けました。空は快晴でした。この日は徳本峠までですので、気楽な日です。ところが徳本峠の山小屋が現在立て替え中とのことで、徳本峠にテントが張れないことが分かりました。ただどうしても計画を実行したく、徳本峠まで登り、峠から少し離れた山中にテントを張りました。そこからは雲一つ無い穂高が眺められました。翌日は未明の4時前にスタートしました。上空は雲もありましたが、星がまたたいていました。ジャンクションピークを越えますと、薄明るくなってきました。そして穂高を始めとして周囲の山並みがくっきりと見えてきました。K1ピーク、K2ピークを越えて、4時間近くかかって山頂に立ちました。そこは正に360度の展望でした。そして本当に素晴らしい穂高連峰の展望台でした。穂高をこれだけ姿良く眺められるとは感激でした。いっときは小雨がぱらつくまで天気は悪くなりましたが、その後は良くなり、テント場に戻ってきたときは、すっかり快晴の空でした。二日間とも天気に恵まれて、北アルプスを満喫出来ました。
09-80  8/24 青葉山(福井の山)
    北アルプスからの帰路で寄り道をしました。青葉山は若狭富士の別名がありますが、東から見るその姿はまさに富士の姿です。ガイドブック通りに青葉山青少年旅行村の駐車場から歩き始めました。昼に近い時間から登り始めましたので暑い登山になるのではと覚悟していたのですが、山中は涼しい風があり気持ち良く登れました。展望が素晴らしく、展望台からは若狭の海が眺められました。また馬の背では北の山並みが一望でした。まずは東峰の山頂へ。こちらは青葉神社が建っていました。そこから尾根を歩いて西峰に向かいました。尾根はロープ、ハシゴがあり修験道の雰囲気でした。西峰に立ちますと、内浦湾の風景が眼下に眺められました。その海の色の美しさが印象的でした。下山は往路を引き返しました。青葉山は姿の良さだけでなく展望が素晴らしく、また尾根も楽しく歩けて、山の楽しさがいっぱいある山でした。
09-81  8/29 亀山(たつの市)
    空はどんより曇り空で、しかも蒸し暑さがひとしおです。このような日は休養したかったのですが、パートナーに誘われてしまいました。そこで近くの軽い山で昼どきを過ごすことにしました。亀山に行くことにしたのですが、亀山を登るとなりますと、どうも馬立コースを選んでしまいます。ところが簡単なはずのこのコースが蒸し暑さのために、途中でバテぎみになってしまいました。幸いだったのは露岩地が多くあり、そこに涼しい風が吹いていたことです。休み休み登りましたので、80分かかって山頂に立ちました。山頂は一段と涼しい風が吹いていました。昼食後はその風を受けながら、暫しの昼寝を楽しみました。そしてふもとに戻りますと、体はすっきりと爽やかな気分でした。
09-82  8/30 京見山(姫路市)
TAJI  この日は衆議院選挙の投票日でした。選挙のある日は投票の後に京見山経由で自宅に戻るようにしています。昼下がりに投票しましたので、才登山口を登り出したときは15時前と暑さの厳しいときでした。しかも風がありません。大汗で山頂に立ちますと、草木もぐったりとしていました。その山頂ではなぜか白いユリが二輪咲いていました。一瞬ササユリかと思いましたが、園芸種のようで、誰かが植え付けたようです。
<14:51才登山口スタート/15:05泣き坂峠/15:14〜21山頂/15:31〜38尾根の途中の展望地/15:46京見町西登山口エンド。><晴れ。視界は遠方がうっすらしていた。山頂の気温は28℃。風は無く、けっこうな蒸し暑さだった。>
09-83  9/ 5 和田山(朝来市)
    大屋町の和田山には97年に登っていましたが、須留ヶ峰の展望が印象的でした。12年が経ってまた登りたくなりました。今回はコースを変えて周回で登ることにしました。登りは柳集落を西に延びる車道から林道に入り、その林道を終点まで歩きました。そしてそこより南尾根を一気に登って行きました。途中は自然林の様が優しげでしたが、山頂が近くなったとき、灌木ヤブが現れてちょっと手こずらされました。2時間半かかっての山頂でした。この日の空は雲の多い空で、南東に見える須留ヶ峰は山頂をときおり雲に隠されていました。その山頂では涼しい風に誘われて、暫しの昼寝も楽しみました。下山は始めは東へと向かう尾根を歩きましたが、途中より尾根を離れて左手の沢へと向かいました。地図には沢沿いに破線路が書かれており、それを目指したのですが、道の痕跡は無く、ひたすら沢の中を歩くことになりました。柳集落が近づいてようやく小径を歩けるようになりましたが、この難路は想定外でした。ふもとに戻りますと天気は回復しており、青空の下に須留ヶ峰がすっきりと見えていました。
09-84  9/ 6 京見山(姫路市)
TAJI&HM  快晴の空にくっきりと京見山がながめられました。しかし残暑の厳しい日でした。その残暑に負けじと、昼の暑い盛りに登りました。この日は久々にパートナーが同行です。苦しい登りかと思っていたのですが、空気はもう秋のようで、木陰は涼しさがありました。おかげで無理なく山頂に立てました。夏は草木の育ちが良いようで北の視界が狭くなっていましたが、その北の空に久々に後山が眺められました。
<14:12京見町西登山口スタート/14:31山頂/京見町中央登山口エンド。><快晴。陽射しの下では残暑が厳しかったが、木陰には涼しさがあった。山頂の気温は29℃あり。ほのかな風に涼しさがあった。視界は瀬戸の方向はうっすらしていたが、北の方向はまずまずよく見えていた。>
09-86  9/13 金ヶ谷山〜朝鍋鷲ヶ山(岡山鳥取県境の山)
    久々に岡山の山を登りたくなりました。大山の展望も楽しめる山として、蒜山に近い朝鍋鷲ヶ山を選びました。この山だけでは簡単過ぎますので、尾根続きの金ヶ谷山と併せて登ることにしました。天気は晴れの予想で何の心配も無く向かっていますと、どうも雲が増えてきました。それでも青空も見えており、不安無く歩き始めました。それが県境尾根へと近づくほどに雲が増えてきました。県境尾根に出たときは、すっかり曇り空でした。金ヶ谷山ではガスまで現れました。その後も曇り空が続きましたが、ときおりは陽射しも現れました。逆に小雨の降ることもありました。期待の朝鍋鷲ヶ山でもガスの現れる空で、少々がっくりです。それが昼食をするうちに天気は回復を始め出し、青空が広がってきました。展望も現れて、蒜山がすっきりと現れました。ただ大山はいつまでも雲に包まれていました。まずは展望も少しは楽しめて下山としました。その下山後に野土路トンネルを通って鳥取県側に出ますと、何と大山が青空の下にすっきりと見えていました。何とも天気に惑わされた日でした。
09-87  9/19 蔵王山(山形の山)
    急な思いつきです。シルバーウィークの5連休で那須岳を目指そうと決めたとき、初日の19日は移動日と考えたのですが、前日の夜に出発すれば、19日は午後の半日をハイキングに使えそうに思えました。そこで蔵王山を思いつきました。一年前に訪れていましたが、そのときはひたすらガスでしたので、今回はリベンジ登山です。ところが19日の東北南部の天気は曇り空で、高い山にはガスがかかっていました。蔵王山に近づく頃には少しは良くなっていましたが、見えた蔵王山は山頂をガスに隠されていました。それでも向かいました。今回は蔵王ハイラインを走らず、刈田リフトで山上に上がりました。上空はガス雲が広がっており、今回もガスかと心配していますと、見えてきた山上にはガスは無く、熊野岳がすっきりと見えていました。もう気分は一気に晴れやかになりました。御釜を眺め、熊野岳に登り、そして刈田岳にも立ち寄りと、十分に蔵王山ハイキングを楽しみました。これで一年前のモヤモヤをすっきりと解消出来ました。
09-88  9/20 那須岳(栃木の山)
    6年前に雨で断念した那須岳に再チャレンジです。前夜は少し離れた福島市内で泊まっていましたので、未明に移動しました。おかげで登山口には7時と、余裕の時間に着けました。この日の空は快晴です。但し那須岳のみが山稜をガスに隠されていました。そして強風が吹き荒れていました。ガス帯に入りますと、風は一段と強く、台風以上の強さでした。その風に負けじと、まずは三本槍岳を目指しました。途中で何度も風避けをして三本槍岳に立ちましたが、依然としてガスの中でした。ちょっとがっかりして引き返していますと、清水平で一気にガスが晴れてきました。まさに瞬く間でした。以後は快晴と澄んだ視界の朝日岳、茶臼岳でした。どちらも素晴らしい展望が楽しめました。但し風は強いままでしたが。緑豊かな三本槍岳、岩の朝日岳、そして火山の茶臼岳と、三つの個性ある山を楽しめた那須岳登山でした。 
09-89  9/21 苗場山(上信越の山)
 前日は湯沢駅前に泊まりましたので、6時にホテルを出ても、7時前にはかぐらスキー場の駐車場に着けました。この日は朝から素晴らしい快晴でした。雲は無く、ただ澄んだ青空が広がるのみです。スキー場のレストハウスが建つ位置まで車道を歩きますと、スキー場の中を登山道が始まりました。始めは石のごろごろした樹林帯を登って行きます。所々に木道もあって、無難に登って行けました。中ノ芝まで登りますと、一気に展望が広がってきました。上越の山が一望でした。そして神楽ヶ峰を越えますと、重量感たっぷりの苗場山が現れました。その山肌はもう紅葉が始まっていました。鞍部へと一度下り、200mほどの急坂を登り返します。そして登りきった所より地塘の点在する湿原風景が広がっていました。まさに苗場山の風景でした。好天とあって、大勢のハイカーでにぎわっていました。爽やかな風と明るい陽射しをたっぷり受けて湿原散策を楽しんでいますと、たちまち2時間ばかりが過ぎてしまいました。下山は往路を引き返しました。山上と違って全く静かな下山でした。その間に徐々に雲が増えて、下山を終えたときは苗場山の空にはすっかり雲が広がっていました。本当にこの日は絶好のハイキング日和で、苗場山を一日たっぷり楽しめました。
09-90  9/23 京見山(姫路市)
TAJI&HM  5連休の最終日です。朝から庭いじりをしていましたが、昼食を裏山の京見山でとることにしました。ちょっと蒸し暑さのある日でしたので、ゆっくりと登りました。山上に出ますと、ほのかに涼しい風があり、木陰でのんびりと過ごせました。ところで山頂には何本か桜の木があるのですが、その内の一本は弱っているようで、すっかり葉を落としていました。
<12:22京見町西登山口スタート/14:43〜13:07山頂/京見町中央登山口エンド。><どんよりとした曇り空。気温は23℃ながら蒸し暑さがあった。山頂ではほのかな風があって、心持ち涼しさが感じられた。視界はモヤがかっており、遠方ははっきりしなかった。>
09-91  9/26 大峰山(宝塚市)
    兵庫百山が選定されてガイドブックも発行されましたが、その中に幾つかまだ登っていない山がありました。その一つが大峰山でした。JRの廃線ハイキングと合わせて楽しめそうです。車で向かったのですが、川下川ダムをぐるっと回ることになり、けっこう時間がかかったの思いで武田尾駅に着きました。駅前の有料駐車場からスタートです。廃線ハイキングは武庫川の眺めが美しく、またトンネル内も歩けて、ちょっと面白さがありました。そして桜の園の遊歩道に入りました。その名の通り桜の木が多くありました。その遊歩道の途中から大峰山の登山コースが始まっていました。この大峰山は登山としては、ごく低山の雰囲気でした。そして山頂も樹林に囲まれて展望はありません。山頂でひと休みした後は、南向かいの安倉山へ向かいました。こちらも展望の無い山でした。その後に再び桜の園の遊歩道に入って、赤松展望所とつつじヶ丘展望所の二つの展望地に立ちました。北摂、丹波の山が一望でした。大峰山だけでは兵庫百山には選ばれなかったと思われますが、これに廃線ハイキングと桜の園グが合わさったことで、ハイキングコースとしてけっこう良いレベルになっているようです。
09-92  9/27 京見山(姫路市)
TAJI  残暑の中を才登山口から登りました。陽射しの中ではけっこう暑さを感じましたが、木陰に入りますと暑さはありません。やはり秋の空気です。山頂ではほのかな風もあり、涼しさを味わえました。はやウルシの葉が赤く色づき始めていました。
<13:27才登山口スタート/13:40泣き坂峠/13:50山頂/京見町西登山口エンド。><晴れ。薄い雲が空の半分以上を占めていた。陽射しの中では30℃以上と思える暑さだったが、木陰ではさほど暑さは無し。山頂の気温は28℃。視界はうっすらとしていた。>
09-93 10/ 3 平石山(神河町・朝来市)
    涼しい中で気楽なハイキングをしたくなりました。そこで千町峠から平石山を目指すというごく簡単なハイキングをすることにしました。千町峠へ車で向かっていますと、路上にたくさんの栗のイガが落ちていました。実も散らばっていました。そこで林道の途中に車を止めて、シバグリ拾いを楽しみながら歩いて行きました。千町峠に着いて尾根歩きを始めますと、林道以上にいっぱいのクリの実が落ちていました。まさに収穫の秋です。平石山への尾根歩きは予定通りに気楽なものでしたが、途中のヒシロガ峰も平石山も以前と比べてずっとアセビが茂っていました。この尾根は来る度に変化しているようです。この日の空は薄ぼやけたもので、曇りと薄晴れを繰り返していました。そして視界は薄ぼんやりとして風景としては今ひとつでしたが、誰と会うこともなく静かな山歩きを楽しめました。
09-94
09-95
10/10 釈山  (岡山鳥取県境の山)
       桜尾山(岡山鳥取県境の山)
    岡山鳥取県境の山として東部では那岐山が断然の存在ですが、釈山も桜尾山もそのそばにあって、小さいながらもまとまった姿で目に止まります。この二つの山は物見峠で結ばれていますので、物見峠を起点に登りました。始めに釈山です。こちらはごく簡単で、30分とかからず山頂に立てました。木に登ってですが、那岐山が雄大に眺められました。物見峠に戻って次は桜尾山です。ひたすら県境尾根を歩いて行きました。始めは植林地でしたが、途中からクマザサの尾根となり、ヤブコギ状態になりました。ヤブはゆるかったりきつかったりを繰り返しました。こちらは2時間かかって山頂でした。この桜尾山も展望は良いとは言えませんでしたが、ヤブの中から氷ノ山、扇ノ山など若桜の山並みが眺められました。久々のヤブコギ登山で五感が刺激されました。
09-96 10/12 那岐山(岡山鳥取県境の山)
    二日前に岡山鳥取県境にあります釈山と桜尾山を登りましたが、どちらの山からも那岐山が雄大に眺められました。そこで那岐山を急に登りたくなりました。那岐山には何度か登っていますが、いずれも岡山側からでしたので、今回は鳥取側から登ることにしました。登山口は智頭町の南西端にあります。そのコースは東仙コースと西仙コースの二つあり、周回で回ることにしました。登りは西仙コースです。始めに林道を歩いて登山道に入りますと、植林から自然林に変わりました。西仙コースは更に二つに分かれており、そこは尾根コースを登って行きました。けっこう急坂がありクサリも付いていました。木立はブナも現れて、その風情を楽しみながら登りました。ゆっくりと登りましたので、三角点ピークに着いたときは2時間20分かかっていました。その三角点ピークからも、また山頂からも素晴らしい展望が広がっていました。東には氷ノ山、西は大山まで一望でした。山頂を十分に楽しんだ後は、東仙コースを下りました。こちらも自然林は良かったのですが、登山道は丸太の階段が長々と続いており、登山としては西仙コースの方が良かったようです。ただ行き帰り共に静かなハイキングが楽しめて、鳥取側のコースが一度に好きになりました。
09-97 10/16 宝引山(養父市)
    宝引山に始めて登ったのは95年7月の蒸し暑い日。クマザサのヤブコギがきつかったことを憶えています。その宝引山のクマザサがぐんと減って登り易くなったようです。そこでその変わり具合を自分の足で確かめることにしました。前回と同じく三柱神社の横を流れる沢沿いを真っ直ぐ北へと登って行きました。ただ今回は地図の破線路を辿らず、歩き易いままにそのまま北へと登りました。そして尾根がそばに見えるようになって、尾根に上がりました。なるほどクマザサはすっかり消えていました。尾根の傾斜がきついために気軽とは言えませんが、じっくりと尾根を踏みしめて登る感じは悪くありません。まずは無難に山頂に立ちましたが、その山頂からの展望は前回と変わらず良いとは言えませんでした。下山は少し西に歩いて、770mほどの小さなピークから真っ直ぐ南に下りました。この尾根も下生えは無く、無理のない下りでした。宝引山はヤブが無くなってじっくりと登るのが相応しい山となったようでした。
09-98 10/17 檀特山(姫路市・太子町)
TAJI&HM  天気が今一つ良くありませんでしたので、遠くに出かけることは控えましたが、昼食を山上でとろうと、久々に檀特山に向かいました。向かうと言っても車で5分の距離です。南西麓にあります大谷口池のそばに車を止めて、畑の中を通るマイナーコースを登って行きました。檀特山の山頂には展望台が作られており、その上にはベンチもテーブルもありますので、昼休憩には手頃な所です。南には瀬戸内海、西には御津山脈、東は城山から京見山、そして北には明神山が望めました。ほぼ360度の展望を楽しみました。
<11:56スタート/12:01下太田コースと合流/12:10〜56山頂/13:13エンド。><西の空は薄晴れから晴れ。上空から東は薄曇りから曇りだった。南から絶えず強い風が吹いており、陽射しは現れたり雲に隠されたりを繰り返していた。山上の気温は22℃。視界は少しうっすらとしていた。>
09-99 10/18 小野アルプス(小野市・加古川市)
    快晴の日曜日でしたが、午後からしか時間がとれません。北に向かうのは諦めて、近場で展望尾根のハイキングを楽しむことにしました。そこで選んだのが小野アルプスです。小野アルプスは好展望のピークが多くあって希望通りですが、全体を歩けば時間がかかります。そこで小野アルプスを核心部だけ歩くことにしました。小野アルプスの南麓を山陽自動車が走っていますが、その側道を走って紅山と惣山の鞍部に近い位置に駐車しました。登山道まで1分とかかりません。まずは東へと登り、惣山、アンテナ山、総山と三つのピークを踏みました。視界は悪くなく、北は遠く千ヶ峰まで望めました。引き返して惣山からは西林間広場へ下り、残る西のピークに向かいました。紅山、岩山の二つのピークです。紅山の一枚岩を楽しく登り、急ぎ足で岩山まで歩いて引き返しました。そして紅山に戻ってきますと、夕日が紅山の岩肌を名の通り紅色に染めていました。夕暮れの登山も悪くないと思いながら、その紅色の風景を暫し眺めて過ごしました。
09-100 10/23 大倉部山(朝来市)
    和田山町の大倉部山がこのところ気になっていました。そこで10年ぶりに登ることにしました。今回は南西麓の藤和集落側からアプローチすることにしました。藤和峠を越えて下りてきたときに出会うのが藤和橋です。その近くから歩き始めました。大倉部山の南麓を通ります峠道を足がかりにして登ろうと、山すそのゲートを通りました。そしてヤブの斜面に取り付いてヤブコギで最初のピークに着いたところ、一つ手前の尾根を登っていたことに気付きました。小径を間違えたようで、要らぬ苦労をしたようでした。軌道修正で鞍部に下りて大倉部山の南尾根に取り付きました。こちらもヤブでしかもイバラが混じっていました。それを切りながら登りましたが、これがけっこう長く続きました。山頂が近づいて雑木林に入り、ようやくヤブは終わりました。その先は下生えは無く、ごくスムーズな登りでした。どうやら一帯のクマザサは枯れて消えたようです。山頂もササは消えており、おまけに木も切られたようで、展望がぐんと良くなっていました。遠くは氷ノ山に蘇武岳と、但馬の山々が一望でした。下山は尾根を変えて南西に下りました。こちらはあまりヤブは無く、スムーズに下れて、無難に西麓を流れます沢のそばに下り着きました。この日は思わぬ展望に出会えてしかも澄んだ視界とあって、ヤブのことは忘れて得をした気分になりました。
09-101 10/24 笹山〜松尾山(たつの市)
    この日は前日の天気予報では快晴でしたが、朝になって曇りと予想が大きく変わりました。その空を見て遠くに出かける気持ちが萎えました。そこで休養と考えましたが、昼食どきを家で過ごすのはもったいなく、そこで近くの山で昼食を兼ねた軽いハイキングを楽しむことにしました。この笹山、松尾山は「龍野笹山見晴らしの森」として整備されています。そして笹山には女明神、松尾山には男明神と二つの巨岩があり、どちらも展望は抜群です。始めに女明神に立ちました。そして昼食をとりながら播州平野の展望を楽しみました。その後は笹山、松尾山のピークを踏みましたが、どちらもハイキングコースから少し離れており、ヤブのピークでした。最後に男明神に立って再び展望を楽しんだ後、一時間半のミニハイキングを終えました。昼食を山上でとるのは気持ちの良いものです。
09-102 10/31 氷ノ山〜三ノ丸(兵庫鳥取県境の山)
   快晴が予想されましたので、紅葉の山を楽しもうと、久々に氷ノ山の仙谷コースを登ることにしました。仙谷コースは氷ノ山の数ある登山道の中では、一番静かにマイペースで登れるコースです。中腹辺りまでは期待通りに美しい紅葉を楽しめました。そしてパートナーと二人っきりです。県境尾根に出ますと紅葉は終わっていました。また登山道の前後にハイカーを目にするようになりました。氷ノ山の山頂に着きますと、予想以上に大勢のハイカーでした。その賑やかさにほんのひと休みしただけで山頂を離れました。三ノ丸への道はまた静かです。快晴の下、ササの道をのんびりと歩きました。三ノ丸は意外と風が強く、けっこう寒さを感じました。ただ展望は素晴らしく、それを眺めながら昼食としました。下山は若桜町の三ノ丸コースを下りました。ふもとが近づくほどに、また紅葉の世界となりました。のんびりと氷ノ山を楽しんだ一日でした。 
09-103 11/ 3 峰相山〜とんがり山(姫路市)
    北から寒気団が南下して、まだ11月に入ったばかりとは思えない寒い朝でした。北の天気は悪そうでしたが、播州南部は快晴です。そこで近くの山でハイキングをしようと、石倉峯相の里に向かいました。その峯相の里を囲む尾根を歩こうと、まずは東の尾根を目指しました。峯相の里からの登山道は無く、シダの繁茂する中をヤブコギをして尾根を目指しました。尾根に出ますと手頃な尾根道が付いていました。尾根では始めに190mピークに立ちました。そこは展望台の名が付いており、瀬戸内までが一望でした。後は反時計回りで尾根を歩きました。峰相山は相変わらず樹林に囲まれて展望はありません。次に西の尾根に出ますと、最初のハイライトは大黒岩です。丸い岩の上に立ちますと、遮るものの無い展望が広がりました。そこで昼休憩として存分に展望を楽しみました。この西尾根は本当に見所の多い尾根で、その後もとんがり山で展望を楽しみ、神岩の奇岩にも立ちました。登山口に下りた後も、もう一度、石倉峯相の里に立ち寄って池の周りの散策を楽しみました。それにしても快晴だというのに、誰と会うことも無く、終始パートナーと二人っきりでした。
09-104 11/ 7 三室山(兵庫鳥取県境の山)
    この日は午後に仕事で東京へ行く予定がありました。そこで午前のみ登山をすることにしました。しかし快晴ですので、しっかりと登れてしかも展望の良い山へ行きたいと考えました。この三室山なら短い時間で山頂に立て、しかも希望にかないます。出来るだけ短い時間で登ろうと、登山口標識のある広場まで車を進めました。朝の冷気の中、爽やかな空気を吸いながら気持ちよく登って行きました。但し最初はずっと植林地の中を登りますので、紅葉への期待はあまり出来ません。標高1200m地点を過ぎてようやく自然林が広がってきました。ただ残念なことに紅葉は盛りを過ぎていました。それを十分に補ってくれたのが山頂の展望です。北の空は澄んでおり、氷ノ山がくっきりと眺められました。そして県境尾根の高峰群がそれに従います。その山頂展望を十分に楽しんで、後は下山です。予定通り12時前に駐車地点に戻ってきました。登りは写真を撮りながらゆっくりと登って86分、下りはさっと下って60分でした。改めて三室山は手軽に高峰を楽しむのに最適な山と思いました。
09-105 11/14 嫦娥山(たつの市)
    この日の天気は朝のうちは雨、午後は曇りの予想でしたが、午前の8時頃から一気に晴れてきました。そこで昼の時間を近くの山上で過ごすことにしました。たまには瀬戸内を間近に眺めながらの昼食も良いのではと、室津港のそばに立ちます嫦娥山に向かいました。港に車を止めてスタートです。そして山頂へは屋津坂経由で登って行きました。何度か歩いた道ですので安心して歩いていますと、山頂が近くなってシダヤブが被さり出しました。山頂もすっかりササヤブの状態です。どうも訪れる人が少ないためか、一度は整備された嫦峨山ですが、気軽にとは言えなくなったようです。それでも山頂の一角で、小豆島を眺めながら昼食を楽しみました。下山はまっすぐ南へと室津に向かう小径を辿りました。その道も一部はヤブになっており、どうも嫦娥山はすっかりマイナーな山に戻ったようです。この後は室津の町並みや加茂神社を一時間ほどかけて散策しましたので、昼食のみの軽いハイキングのつもりが、半日たっぷり使うハイキングになってしまいました。
09-106 11/14 京見山(姫路市)
    この日は昼に瀬戸内海に面する嫦峨山を登りましたが、展望が良かったとは言えません。しかしこの日の視界は四国の山並みも見える素晴らしいものでした。そこで自宅に戻った後、山の上からこの視界を楽しもうと京見山に登りました。20分ほどで山頂に着きますと、姫路の市街地が夕方の光にくっきりと眺められました。そして瀬戸に浮かぶ淡路島、家島諸島、小豆島が手に取るように眺められました。北の空は雲が広がっていましたが、そちらも視界は良く、後山の尾根までがはっきり見えていました。視界の素晴らし日は山で過ごすことに限ります。
<15:40京見町西登山口スタート/15:59山頂/京見町中央登山口エンド。><晴れてはいたが、少し雲が多かった。北の空は雲が厚い。山頂の気温は17℃で、過ごし易かった。視界は十分過ぎるほど澄んでおり、遠く四国の山並みも見えていた。>
09-107 11/15 日名倉山(宍粟市)
    この日の天気は但馬は曇り、播州は晴れの予想でした。そこで前週に続いて播州の高峰を楽しむことにしました。何度か登っています日名倉山ですが、兵庫側の一般コースと言えます千種町室からのコースを長らく登っていませんでした。その変貌ぶりに興味を覚えて、7年ぶりに登ることにしました。前日に続いての登山でしたので、出来るだけ林道の奥から歩こうと、車はあと3km地点辺りまで進めてスタートです。奥海越えまでの登山道はけっこう荒れていましたが、どうも豪雨禍によってのようです。奥海越えから山頂への尾根道は歩き易い道で、まだ残っていました紅葉を愛でながら登りました。ただ一の丸辺りからはススキが繁茂しだして、どうも山が荒れてきている印象を受けました。そして山頂はクマザサはすっかり減っており、ススキが広がっていました。山頂展望も変わってきたようで、以前は特に展望の良い山との印象は無かったのですが、少し木が切られたのか倒れたのか、西の那岐山がすっきりと眺められました。山は年月と共に変わり行くようです。
09-108 11/21 八幡山(神河町)
    生野峠が近づきますと、八幡山が西の空に大きく眺められます。その見栄えのする姿に登りたくなりました。前回の96年は北西側から登りましたので、今回は北の生野峠から長い尾根を歩くことにしました。高低差の少ない尾根は、雑木林と植林が交互に現れました。雑木林では少しばかり残っていました紅葉を楽しみました。尾根はごくスムーズに歩けることもあれば、灌木ヤブのような所もありました。その移り変わりを楽しみながら山頂が近づきますと、猪篠集落からの登山道が合流しました。後は登山道で山頂手前の急坂を一気に登りました。山頂は小さな岩が点々とあり、何となく日本庭園の雰囲気があって悪くありません。展望も北の方向が開けて、生野高原の優しげな風景が眺められました。その山頂ののどかな雰囲気に浸っていますと、1時間半ほどを過ごしていました。下山は登山コースを辿って下りました。急斜面の植林地を下って行きますと、「ヨーデルの森」の近くに出ることが出来ました。そして生野峠へは銀の馬車道を歩いて戻りました。
09-109 11/23 薬師山〜障子場(神河町)
       神河町の大山地区の最高峰は障子場ですが、その山頂近くに障子岩があることを知りました。また尾根続きの薬師山の山麓にはハイキングコースの「薬師山やすらぎの森」が出来ているようです。そこでこれらを組み合わせたハイキングを計画しました。この日の朝は快晴でした。まずは雑木林が美しい「薬師山やすらぎの森」を歩くことからスタートしました。そのまま尾根を登って薬師山の山頂に着きましたが、そこはすっかり植林地でした。その次は障子岩を目指しました。急坂の植林地を登って着きました障子岩は平らな岩で、表面に名の由来の格子模様が付いていました。岩は尾根から飛び出すように現れていましたので、そこからの展望は素晴らしいものでした。そこから更に尾根を登って障子場のピークに立ちました。そこは雑木林が広がっており、のんびりと昼どきを過ごせました。そこまでは良かったのですが、下山として選んだ薬師山の北側を通る谷コースには少々難儀させられました。道はほとんど消えており、適当に歩くしかありません。そこで途中からトラバースで薬師山を目指したところ、目的の尾根を通り越してしまい、またも谷コースを歩くことになりました。結局、下山はほとんど道無き所を歩いてしまいました。
09-110
09-111
09-112
11/28 高倉山  (淡路島の山)
       竜宝寺山(淡路島の山)
       摩耶山  (淡路島の山)
    淡路島の低山を楽しむことにしました。曇り空の下、津名一宮ICを下りたのは10時過ぎです。最初に目指した高倉山は山頂そばまで車で行けますが、ふもとの千通寺から歩いて登りました。山頂には高倉神社があり、その前は落ち着いた境内になっていました。その境内に残っていました紅葉を愛でながら昼食をとりました。次に向かったのは竜宝寺山です。中腹には立派な竜宝寺があります。その脇より山頂そばの奥之院まで石段が続いていました。登山と言うよりも参詣の雰囲気で石段を登りました。奥之院からほんのひと登りで着いた山頂には、一等三角点が置かれていました。また山頂からは淡路島南部の山並みが一望でした。最後に訪れたのは摩耶山です。この山も山頂そばの鷲峰寺まで車で行けますが、中腹から登山道を歩いて登りました。淡路島の山らしく常緑樹の濃い山でした。この摩耶山を下山した後に、紅葉で有名な東山寺に立ち寄りました。少し遅かったようですが、残っていました紅葉を楽しみました。淡路島の低山巡りも面白いものです。
09-113 12/ 4 京見山(姫路市)
    この土日が仕事となって、この日は休みでした。但し夕方には東京に向かう予定でした。そのため特に登山の予定は考えていませんでしたが、出発前に京見山に登って気分をリフレッシュすることにしました。12月に入ったとあって、京見山はすっかり紅葉しています。落葉も進んでおり、登山道は落ち葉に覆われていました。平日の昼下がりとあって、山頂はひっそりとしていました。空は穏やかに晴れており、陽光に光る瀬戸内海をのんびり眺めてひとときを過ごしました。
<13:18京見町西登山口スタート/13:35山頂/京見町中央登山口エンド。><雲の多い晴れ。風は少し吹いている程度で、さほど寒さは感じなかった。山頂の気温は15℃。視界は遠方が少しうっすらしている程度で、悪くは無かった。>
09-114 12/12 岩木山(上郡町)
    冬の季節に入りますと北の空は時雨れがちになりますので、南部の低山に目が向きます。この日は上郡町の市街地に近い岩木山に向かいました。登り出しは船坂小学校の裏手からです。最初は優しげな道を登って行けましたが、それも忠魂碑まででした。その先はごく普通の山道になりました。一度鞍部に下って登り返します。やや急坂を登って行きますと、露岩の展望地に出ました。上郡町の風景が一望でした。これは良い感じだと思っていますと、その先からシダが茂ってきました。後は山頂までシダ帯の中の踏み分け道を登ることになりました。山頂は雑木に囲まれており、特に特徴はありません。どうやら岩木山のハイライトは尾根の途中の露岩地のようでした。
09-115 12/13 雛山〜前山(たつの市)
    この日はパートナーに用事があり、昼どきをひとりで過ごすことになりました。そこで近くの小山で昼を過ごそうと、雛山に向かいました。雛山はたつの市御津町の市街地に近い山で、「みはらしの森」が作られて遊歩道が巡っています。その雛山へは御津町の図書館そばから歩き始めました。そして雛山南麓の大年神社から遊歩道に入りました。落ち葉道を味わいながら雛山山頂に着きますと、そこには大きな岩があり、北東方向の展望もありました。まだ昼前でしたので雛山では食事をせず、西へと遊歩道を歩いて行きました。青空の広がる空もこの頃より曇り空へと変わってきたのはちょっと残念でした。三角点のあります前山の山頂に立って、その後に展望広場に向かいました、そこには東屋もありましたので、東屋で瀬戸の海を眺めながら昼どきを過ごしました。この後は西へと下山して、御津中学校のそばの登山口に下り着きました。もうそこから図書館まではごく僅かな距離でした。
09-116 12/19 宮山(赤穂市)
      明るい陽射しに誘われて、赤穂市の低山を目指しました。この日は二つの山を登る予定で、まず登ったのが宮山です。山陽道の赤穂ICにごく近い山で、標高は131mと小さな丘です。南麓の八幡神社に車を止めて登り出しました。神社のそばからは手頃な登山道が山頂まで続いていました。その山頂には東屋があり、南に向かって展望が開けていました。この宮山は軽い足慣らしです。下山して次の山に向かおうとしたところ、コンパスを忘れていることに気が付きました。方向が確認出来ずに登るのは不安でしたので、午後の登山はあっさり諦めました。そして午後は赤穂市内の図書館で過ごしました。
09-117 12/21 稲荷山(赤穂市)
    2日前にコンパスを持っていなかったために諦めたのが稲荷山です。この山も赤穂ICにごく近い山です。この日はコンパスも忘れず、準備万端です。そして南側から登ろうと、尾根続きとなります細尾山の南端に着きますと、はっきりとした登山道が始まっていました。後は登山道のままに登るだけでしたので、コンパスの必要はありませんでした。尾根には送電塔が点々と建っており、登山道はどうやら巡視路のようでした。道は白い色で、それを囲む常緑樹のコントラストは悪くありません。登るほどに背後に赤穂の市街地が広がってきました。但し、途中からは道が平坦になったこともあって、展望は少なくなりました。ずっと常緑樹の風景が続いて、登山口から1時間とかからず山頂に立てました。山頂は中央に送電塔がでんと建っており、展望は悪くありません。明るい陽射しを受けながら、周囲の山並みを眺めて過ごしました。稲荷山はごく気楽に歩けて、赤穂の山らしさを楽しめる山でした。
09-118 12/23 籾取山(姫路市)
     この日は天皇誕生日です。前日までの天気予報は晴れでしたが、朝の空はすっかり曇っていました。それを見て遠出は諦めて、近くの山で昼どきを過ごすことにしました。そこで久々に籾取山を登ることにしました。四ツ池側からアプローチです。登りは四ツ池の北の住宅地を抜けた所にあります登山口から登って行きました。157mピークに立ちますと苫編山コースと合流しますが、以前と比べますとヤブっぽさが消えていました。登る人が増えて、少し整備されたようです。そこより鞍部へと下っているときに、小雨が降り出しました。雨は弱いながらも降り続いて、山頂での昼食は小雨の中となりました。下山は登ってきたコースをほぼ辿りましたが、最後は姫商コースを下ったことにより、姫路商業の通用門から出ることになりました。
09-119 12/26 須磨アルプス(神戸市)
    この日はパートナーに車を取られて足がありません。そこで電車沿線の山を登ろうと、須磨アルプスを思い付きました。明石駅から山陽電鉄に乗り換えて須磨浦公園駅へ向かっていたところ、急に塩屋駅から歩き始めたくなりました。思い付きで塩屋駅スタートとしましたが、登山口を見つけるのにちょっと苦労しました。山王神社のそばを通る登山道に入ってからは順調です。人の訪れの少ない須磨山上遊園のそばを通って旗振山の山頂に着きました。その山頂には電波塔があったり茶屋もあって、少し雑然としています。ここで須磨浦公園コースと合流してメインコースを歩くことになりました。鉄拐山を過ぎますと、一度山を離れて高倉台の団地の中を歩きます。そして急階段の続く栂尾山への登りが始まりました。そして横尾山へと歩きました。その先でようやく須磨アルプスらしい風景となり、風化した花崗岩の尾根歩きを楽しみました。午後は次第に天気は良くなるものと思っていたのですが、その逆で、東山から下山を始めた頃には、すっかり曇り空になっていました。下山を終えた後は地下鉄妙法寺駅へと歩いてハイキングを終えました。須磨アルプスは午後の半日を楽しむのに手頃感があって悪くありませんでした。ただこの日の視界は薄ぼんやりとしており、展望を楽しめなかったのは残念でした。
09-120
09-121
12/27 新田山(たつの市)
       天神山(たつの市)
      この日は午後に入って小山を散策することにしました。小さすぎてまだ歩いていなかった山を登ろうと、たつの市新宮町に向かいました。最初に歩いた新田山は、新宮町の中心部からごく近い山で、山上は西山公園になっています。遊歩道を登って行きますが、遊歩道には四国八十八カ所の祠があり、遍路道になっていました。そして5分も歩けば山上にでました。山頂一帯は広く平らになっており、広場もあれば東屋もあり、また奇岩もあって見所の多い山頂でした。次に向かったのは、これも新宮町の市街地に近い天神山です。ふもとの天満神社から始まる遊歩道「天神の小路」を登って行きますと、こちらも10分ほどで山頂でした。山頂の東屋に着いたとき、これではあまりにも歩き足りないと思えて、今少しハイキングをすることにしました。天満山から更に大寺山廃寺まで登山道が続いていましたので、そこまでの往復をすることにしました。この落ち葉道を踏みしめてのハイキングで、ようやく運動が足りた思いになりました。
09-122 12/30 白髪山(高知の山)
     登山山行を兼ねて年末年始の小旅行を計画しました。晴れの期待出来る地域として決めたのが高知県です。初日のこの日は本山町の白髪岳を目指しました。選んだコースは奥白髪林道からのコースです。その白髪岳には雪は無いものと思っていたのですが、林道を走行するうちに雪が現れて、登山口の手前から歩くことになりました。そして登山道に入って雪を踏みながら登っていたところ、途中の沢で足を滑らせて、両足をすっかり濡らしてしまいました。履いていた靴は冬靴では無かったため、けっこう厳しい登りとなりました。ただ登山道はしっかりと登る雰囲気があり、天然ヒノキ林もあって、登山としては悪くありません。これで山頂展望に恵まれれば良かったのですが、山頂に着く頃より雪雲が一気に広がって、山頂では小雪が舞うまでになりました。展望も無い中で寒さを我慢しながらの昼食でした。この後は尾根を北東へと歩いて周回で下山する予定でしたが、雪の空を見てすんなりと引き返すことにしました。この日は終始雪道を歩くことになりましたが、自然なままの白髪山の雰囲気に魅了されました。
09-123 12/31 蟠蛇ヶ森(高知の山)
    2009年の大晦日は、太平洋を見る山で締めくくることにしました。四万十町の五在所ノ峯に向かったのですが、晴れていた空が途中から雪雲に変わりました。そして小雪がちらついてきました。西へ向かうほどに雪の降り方は強くなって、車道も白くなってきました。それでも何とか登山口に着きましたが、雪は止みません。視界の悪い中で登りたくは無く、雪の止むのを待ちました。昼になってようやく止みましたが、山にはガスがかかったままです。結局、五在所ノ峯は諦めました。東に戻って行きますと、そちらは既に晴れになっていました。須崎市まで戻ってきたとき、蟠蛇ヶ森が北の空に大きな姿を見せていました。その姿に惹かれて、急きょ蟠蛇ヶ森を登ることにしました。スタートは桑田山集落の桑田山神社からです。時間は14時が近づいていましたが、急げば登れそうに思えました。ところが集落内を抜ける小径で何度も迷い、更に山頂への登山道が分からず、林道を歩くことになってしまいました。青空の見えていた空も、また曇り空に変わってきました。そこで15時になったときに、それを潮時として登山を断念して、下山としました。標高にして530m辺りです。2009年の登山は、ちょっと消化不良で終わることになりました。