登山記録:2010年(1月〜6月)   
          
  
10-01
10-02
 1/ 1 五在所ノ峯(高知の山)
       蟠蛇ヶ森(高知の山)
     2010年の元旦は、前日に続いて高知市内のホテルで迎えました。雑煮の朝食をいただいてまず向かったのは、四万十町の五在所ノ峯です。大晦日の山として登りたかった山ですが、新年の山としました。国道56号線のそばからスタートですので、アプローチはいたって簡単です。始めに林道を歩いて登山道に入りました。雪がうっすら付いていましたが、1時間とかからず山頂に立てました。山頂からは期待通りに陽光を浴びる太平洋が眺められました。またうっすらとですが、足摺岬も室戸岬も見えていました。午後は前日の続きをしようと、蟠蛇ヶ森に向かいました。桑田山集落を抜けた標高350m辺りの位置からスタートしました。この日は林道歩きはほとんどせず、登山道のままに登って行けました。おかげでこちらも1時間ほどで山頂に立つことが出来ました。山頂は10センチほどの雪ですっかり白くなっていました。その山頂には巨大な展望台が建っており、太平洋が一望でした。下山後はふもとの桑田山温泉にも入って、気持ちよく新年登山を終えました。
10-03  1/ 2 京見山(姫路市)
TAJI  昼に少し食べ過ぎましたので、夕方に京見山散歩としました。山頂に着きますと、他に人はおりません。ただ一人ぽつねんと立っていました。上空には薄雲が広がっており、視界は薄ぼんやりとしていました。西の空を見ますと、薄雲の中を赤くなった太陽がにじんで見えていました。
<15:57京見町西登山口スタート/16:16山頂/京見町東コースを下る。><薄晴れの空。東の空には青空も見られた山頂に立つと強い西風を受けたが、身を切る冷たさはなく、気温は7℃ほどだった。視界はうっすらとしていた。>
10-04  1/ 4 雪彦山大天井岳(姫路市)
    この日は正月休暇の最終日です。疲れた胃に新鮮な空気を入れたく、雪彦山大天井岳に向かいました。但しパートナーはこの日が仕事始めとあって、単独で向かいました。いつもの通り賀野神社に車を止めてスタートです。大天井岳に登るとなると、いつもは出来るだけ休まずスポーツ登山をする気持ちでどんどん登るのですが、この日は写真を撮りながらゆっくり登りました。登る途中では誰とも会わず、山頂も他に一人の登山者を見ただけで、この日の大天井岳はひっそりとしていました。ところでこの大天井岳に新しい登山道が出来ていました。「新下山道」の名で、虹ノ滝コースの一つ北の尾根に作られていました。どのような道かと興味を持って下りますと、危険な所も無く、ごく無難に虹ノ滝近くに下り着きました。どうやらファミリー向きに作られたものと思われました。
10-05  1/ 9 真殿山(赤穂市)
    北の天気が少し悪いと思われるときは、やはり瀬戸内側の山に向かいます。真殿山は赤穂市街地の北部、千種川に近い山です。北麓の林集落から送電塔の巡視路を登って行きました。急坂でしたが、はっきりとした尾根道として続いてました。最初のピークには三角点があり、西へと歩いていきますと、小さなピークを幾つか越すことになりました。ちょっとしたミニアルプスの雰囲気でした。展望も優れています。三つ目のピークが真殿山で、その急峻な姿は悪くありません。尾根道はその先もずっと続いており、道なりに歩いて行きますと、準平原部に出ました。そのなだらかな丘をのんびりと歩いて稲荷山に着きました。20日前に南から歩いて登った山です。ここで昼食として、後は歩いて来た道を戻りました。歩いて良し、展望良し、また時間も手頃な感じで楽しめて、また新たに赤穂の良い山に出会えた思いになりました。
10-06  1/11 向山〜亀甲山(赤穂市)
    朝の空は薄曇り程度でしたので、近くの山で過ごそうと、二日前と同じく赤穂の山に向かいました。この日は坂越湾を囲む低山の尾根のうち、西の尾根を歩くことにしました。駐車地点は向山と丸山との鞍部にあります瀬戸内ホームのそばです。そこからまず南へと歩いて向山を登りました。山頂からは坂越湾の風景だけでなく、赤穂海浜公園も眺められました。残念なのはこの日の視界で、薄ぼんやりとしか見えていませんでした。その後は駐車地点の近くまで戻って、北へと尾根を辿りました。こちらの尾根道は尾崎遊歩道と名前が付いており、優しげな道が続きます。丸山、南宮山、亀甲山と三つのピークに立ちました。東屋もあってそこではひと休みもしました。視界さえ良ければ文句なしのハイキングコースです。亀甲山からは尾崎地区に続く遊歩道に入って下山としました。こちらも良い感じの小径でした。尾崎遊歩道を視界の澄んだ日にもう一度歩いてみたいと思いました。
10-07  1/15 御旅山〜甲山(姫路市)
      山を登る基準は100m以上の標高としていましたが、09年の暮れに90m台の山を続けて登りました。そこで年が明けてもそれぐらいの山をもう一つ登ろうと、御旅山のそばに並ぶ甲山を登ることにしました。ただこれ一つではやはり物足りませんので、御旅山と組み合わせることにしました。まずは御旅山を南麓の駐車場から歩き始めました。松原八幡宮の御旅所を過ぎますと、登山道に入りました。道はなだらかで、雰囲気は悪くありません。良い感じで御旅山の山頂に立って、360度の展望を楽しみました。その後は北へと下って甲山のふもとに出ましたが、甲山の登山道を知りません。送電塔の巡視路をアプローチにして取り着きましたが、すぐに荒れ地となって、そこでは引っ付き虫だらけになりました。後は適当に斜面を登って山頂に出ました。甲山の山頂は木立に囲まれて、ごく静かな佇まいでした。その山頂間近で登山道に出会っていましたので、下山はごくスムーズでした。二つの山でちょうど良い運動量になりました。
10-08  1/16 京見山(姫路市)
TAJI&HM  昼から出張があり、出かけることが出来ません。そこで早朝散歩として、京見山を登ることにしました。ついでに山頂で朝食をとることにしました。朝の冷え込みは強かったのですが、山頂に着いたときはうっすらと汗もかけて、良い運動でした。スープとパンの簡単な食事でしたが、穏やかな海を見ながら食べるのはおいしいものです。
<7:33京見町西登山口スタート/7:53山頂/京見町東コースを下る。><快晴。冷え込みが強く、山頂の気温は1℃だった。風はごく弱い北風が吹いていた。視界はうっすらとしており、北は明神山辺りまで、南も家島がうっすらと見える程度だった。>
10-09  1/17 桶居山(姫路市)
     この日は昼前に出張先から戻ってきましたが、姫路駅が近づいたとき、新幹線の車窓から桶居山が快晴の空の下に整然と眺められました。それを見て急に登りたくなりました。午後の数時間あれば桶居山の登山には十分です。家に帰り着きますと、パートナーを誘ってすぐに飛び出しました。桶居山だけが目的ですので、車は別所町家具町の一角に止めて、西の登山口から登り出しました。はっきりとした登山道が付いており、登るのは簡単です。この山は山火事によくやられているために高い木はありません。おかげで何度も足を止めて、展望をたっぷり楽しめました。また尾根の前方に見える桶居山が徐々に大きくなって来るのも良い感じでした。そして山頂は最高の展望台です。少し冷たさのある風を受けながら、改めて360度の眺望を楽しみました。下山は少し東に下りた位置より派生していました尾根を歩きました。この尾根にも登山道が付いており、楽々とふもとに下り着けました。そこから駐車地点までは20分ほどの距離でした。予定通り午後の数時間を楽しめて、満足でした。
10-10  1/23 この岳(市川町)
    冬の楽しみとして、下山後に温泉に入って体を温めることがあります。まず始めに笠形温泉に行こうと決めました。その次に登る山を考えたとき、以前から気になっていました563mピーク(点名・河内)を思い付きました。河内集落の西の壁となる山です。登山道の有無は分からないため、まずは南北に長い尾根の南の位置に出ようと、河内集落を起点に地図の破線路を利用して登りました。途中でこそ倒木に悩まされましたが、尾根に出ますとそこは自然なままの佇まいでした。しかも尾根は緩やかとあって、良い感じで登って行けました。小さなピークを幾つか越えながら高度を上げました。四等三角点のある山頂も自然なままの雰囲気があって、落ち着ける所でした。そして少し北の位置には露岩地があって、笠形山が迫力を持って眺められました。下山は尾根を北へと下って、鞍部からは路線路コースで河内集落に戻りました。目立たぬ山域ですが、自然な雰囲気を十分に楽しめました。
10-11  1/24 京見山(姫路市)
TAJI  夕方の京見山散策です。この日は尾根に出た後、緩やかな所だけは軽くランニングで登ってみました。やはり山頂には早く着いて、京見町西登山口から15分で山頂でした。この日の視界はうっすらとしており、北は黒尾山が何とか分かる程度で、南も淡路島が輪郭が霞んで見えていました。そして足下に広がる街並みは夕方の斜光線に陰影をくっきりとさせていました。
<16:25京見町西登山口スタート/16:40〜50山頂/京見町東コースを下る。><雲一つ無い快晴。但し視界は少しうっすらとしていた。山頂の気温は8℃。風は少しあったが、冷たさはさほど感じなかった。>
10-12  1/31 トンガリ山〜白毛山〜京見山(姫路市)
TAJI  前日は快晴の空を恨めしながら出張でした。そして日付が変わっての帰宅です。遅い朝を迎えて空を見ますと、前日と一変して小雨が降っていました。そこで遠出は諦めました。ただ土日を運動無しで終えるのは耐えられませんので、午後に時間を作って裏山で運動することにしました。パートナーは同行出来ないとのことで、才天満宮まで送ってもらってスタートです。雨具を着ただけでザックも持たず、スポーツ登山として登っていきました。小雨は気にならず、少しひんやりとした空気がかえって快く、けっこう軽快に登りました。この雨中に山歩きをする人は当然おらず、何ともマイペースでした。ただガスのかかったような薄ぼんやりとした視界で、展望は楽しめませんでした。登山としては京見山のみの小休止でしたので、1時間少々で終わってしまいました。ミニハイキングとしても何ともあっけないものでしたが、いつでも運動出来る山が間近にあるのはうれしいことです。ところで久々に才天満宮から登ったのですが、その登山道に新しく登山口の案内板が立っていました。そしてトンガリ山山頂までの登山道も整備されており、岩場には矢印記号も付けられていました。「京見山愛好会」によるものと思われますが、ありがたいことです。
<14:26才天満宮スタート/14:40トンガリ山/14:50白毛山/14:57見晴し台/15:06泣き坂峠/15:15〜20山頂/15:36京見町西登山口エンド。><小雨。気温は8℃で、少しひんやりしている程度だった。風も弱々しく吹いているだけだった。視界は小雨のためにうっすらガスがかかったようになっており、近くも薄ぼんやりと見えるだけだった。>
10-13  2/ 5 摩耶山〜摩耶別山(神戸市)
    この日は平日でしたが、休みとなりました。三宮の登山店に行くことにしましたが、その前に登山をすることにしました。三宮から登れる山となりますと、摩耶山です。通勤ラッシュに会いたくなく、早めに自宅を出ますと、三宮駅には7時20分に着きました。そこからスタートです。新神戸駅へと歩き、布引の滝への登山コースに入りました。そして布引の滝では滝を見ながら朝食としました。その後はごく一般的なコースとして市ヶ原から天狗道を登って行きました。尾根では誰と会うことも無く、摩耶山山頂に立ちました。この日は冷え込みがきつく、山頂の気温は1℃でした。掬星台では寒さを我慢しながら、阪神の街並みを暫し眺めていました。この後は摩耶別山に立ち寄り、再び摩耶山に戻って青谷道でふもとへと下りました。その後も歩き続けて三宮駅でゴールとしました。この日の摩耶山は山上でも数人を見かけるだけで、平日の静かな登山を楽しめました。
10-14  2/ 6 トンガリ山〜白毛山〜京見山(姫路市)
     北の空が悪いこともあって、この日は山の予定はしていませんでしたが、午後に入って出かけ先から自宅に戻って来るときに、トンガリ山がくっきりと眺められました。そこで才天満宮を起点にトンガリ山を登ることにしました。そして白毛山、京見山と歩くことにしました。前週と同じくコースです。単独で登るのも同じです。その前週はしっかり登ろうと、ほとんど休まず歩き続けましたが、この日はカメラ片手にぶらぶらと登り、澄んだ景色を楽しむことにしました。山上から見る瀬戸の海は明るい陽射しに光っていましたが、北の空は黒雲にすっかり閉ざされていました。
10-15  2/ 7 東山(宍粟市)
    前日は播州北部にどか雪が降りました。そこで奥播州の雪山を登ることにしました。東山を西側のメイプルプラザから登るコースは雪山の入門コースです。始めに園内道路を歩きますが、コテージ村から先は除雪されておらず、そこからスノーシューを履くことになりました。尾根にはトレースが付いておらず、スノーシューでもけっこう潜りましたが、途中からトレースが現れました。こちらとコースを違えて登ったようでした。そこからはピッチが上がって、山頂には歩き始めてから2時間半ほどで着きました。そこには他に人影は無く、パートナーと二人して過ごすことになりました。山頂は風も無く穏やかで、陽射しが十分な暖かさでした。山頂の展望台の上に上がりますと、澄んだ視界が広がっていました。思いっきり播州の高峰群の冬姿を楽しみました。下山は登ってきたコースをすんなり引き返しました。そして下山後はメイプルプラザの東山温泉で、冷えた体を温めました。好天の上に新雪の雪山を楽しめた一日でしたが、この日に東山を訪れたのはこちらを含めてどうやら3名だけだったようです。もったいないことです。
10-16  2/11 御旅山(姫路市)
    建国記念日でしたが、空はどんより曇って今にも雨が降りそうでした。そこで御旅山で昼どきだけの軽いハイキングをすることにしました。一ヶ月前に登ったときは単独でしたが、この日はパートナーと一緒です。ストックの代わりに雨傘を持ってです。雨はやはり降ってきて、途中から傘を差しながらとなりました。この御旅山を選んだのは、山頂に東屋があるためです。その東屋の中でラーメンを作って昼どきを過ごしました。山頂から見える風景は薄暗いものでしたが、明神山が煙ったように見えたりして、雨の日の風景も悪くないと思いました。
10-17  2/13 雄鷹台山〜野瀬奥山(たつの市)
    この日は午後に用事があり、遠くには出かけられません。そこで午前中だけでも近くの山で過ごすことにしました。始めに姫路市内の東部の山に向かおうとしたのですが、西を見ますと、明るい空に御津山脈がくっきりと眺められました。それを見て、急に御津山脈に登りたくなりました。急きょの予定変更です。午前のみですので、屋津坂峠まで車を進めて、そのそばから始まる登山コースを登って行くことにしました。そして登るのは雄鷹台山と野瀬奥山の二山にとどめることにしました。この急な思い付きは正解だったようで、風も無く穏やかな天気の下を気分良く登って行けました。雄鷹台山の山頂までには二ヶ所の展望所があり、波静かな瀬戸の海が眺められました。雄鷹台山を離れて野瀬奥山への道に入りますと、以前と比べてササが茂っていました。ただそれも自然らしさがあって悪くありません。野瀬奥山でも南展望台から相生湾の風景が眺められました。展望を楽しめて、足もそこそこ使って、2時間半のミニハイキングを満足の思いで終えることが出来ました。
10-18  2/14 京見山(姫路市)
TAJI  午後の散策です。才登山口からの道は5ヶ月ぶりでしたが、この間に雑草が刈られたようで、登山道がすっきりとしていました。また泣き坂峠の標識が新しくなっていました。前日とは違って視界はうっすらとしており、北の山並みで見えたのは雪彦山辺りまででした。ところでふもとに下りますと、京見会館のスイセンがちらほらと花を付けていました。
<15:08才登山口スタート/15:23泣き坂峠/15:32〜40山頂/京見町東コースを下る。><薄曇り。視界もうっすらとしていた。風はほとんど無く、少し冷たさを感じる程度だった。山頂の気温は15℃。>
10-19  2/20 阿舎利山(宍粟市)
    この日は播州の北部辺りまでは晴れそうでしたので、赤谷山を目指すことにしました。ところが一宮町に入ったときに見た北の空は曇り空でした。そこでぎりぎり晴れの期待出来そうな阿舎利山に目標を変えました。ひっそりとした阿舎利山集落はすっかり雪の装いでした。ごく一般的なセト谷コースを歩き始めますと、長くも歩かず倒木に行く手を阻まれました。そこで尾根コースに切り替えて登りました。その北西方向への尾根はけっこう急傾斜の上に、積もった雪が凍っており、何度も滑りそうになりました。主尾根に出ますともう緩やかな尾根として続きます。雪の量も程よくあり、ようやくスノーシューを履いてのスノーハイキングとなりました。そして山頂はすっかり雪景色でした。北の空はやはり悪いようで、氷ノ山はガス雲に隠されていましたが、白くなった赤谷山の山頂を望めました。下山は安全を考えて歩いてきたコースを引き返さず、阿舎利峠へと向かいました。峠からはひたすら林道を歩いて下山としました。林道コースは少し退屈さはありましたが、東山や一山を間近に眺めることが出来ました。
10-20  2/21 赤谷山(宍粟市)
     この日は兵庫全域で晴れが予想されました。そこで今日こそ赤谷山を目指すことにしました。但し午後に用事がありましたので、午前中に登ってしまおうと5時過ぎに自宅を出ました。そして7時を過ぎた時間から登山開始としました。前年と同じく新戸倉トンネルのそばから始まるコースです。晴れを期待していたのですが、空は曇り空で天気の回復は遅いようでした。さすがにこの地は雪がたっぷりあり、最初からスノーシューを履くことになりました。県境尾根を登り始めますと、次第に樹氷が見られるようになりました。天気も徐々に良くなっているようで、ときおり現れる陽射しが樹氷の木立を輝かせていました。山頂に着いたのは9時半に近い時間。まだまだ雲の多い空でしたが、確実に天気は良くなっていました。次第に陽射しを受ける範囲が広くなっていく様を眺めて過ごしました。下山のことを考えて、山頂では一時間ほどで切り上げました。まだまだ天気は回復途中で、今少し居たかったのですが、が仕方ありません。下山はすたすたと下りましたので、昼を少し回った時間に駐車地点に戻ってきました。
10-21  2/27 トンガリ山(姫路市)
TAJI&HM  トンガリ山山頂のベンチに座って昼食をしたくなりました。パートナーと行くのは久々のトンガリ山です。前日の雨で登山道は濡れていましたので、岩場は滑り易くなっていました。山頂にはベンチだけでなくテーブルもありますので、昼どきを過ごすにはおあつらえ向きです。姫路平野と瀬戸の風景を眺めながらの昼食は良いものです。下山は才登山口に通じる谷コースを下りました。岩場が少ないと思ってのことですが、こちらは登山道の一部が水の流れになっており、登りの尾根コースよりもはるかに難儀させられました。
<12:15才天満宮スタート12:30〜13:0050山頂/谷コースを下る/13:16エンド。><薄曇り。視界はまずまず澄んでいた。風が弱く吹いており、僅かだが肌寒さを感じた。>
10-22  2/28 氷ノ山三ノ丸(宍粟市)
    雪の季節に坂ノ谷コースで氷ノ山に向かうのは、坂ノ谷登山口までのアプローチが長いこともあって、けっこうきついコースです。但しゆっくりと高度を上げて山頂へと近づくプロセスは悪くありません。その坂ノ谷コースを久々に歩くことにしました。但しパートナーは行かれず、単独行動としました。スタートはヤマメ茶屋からです。まだ2月でしたが、この日は暖かさがあり、雪もザラメ状で、残雪期の雰囲気がありました。朝の空は曇っていましたが、この日は晴れの予想でしたので、安心して歩き始めました。退屈な林道歩きの間に青空も見られるようになりました。坂ノ谷コースに入っていよいよ晴れてくるものと思っていますと、最初こそ青空が見られましたが、途中から曇り空となりました。そのうちにガスが漂いだして、ガスは濃くなる一方でした。その視界の無いないままに歩いて三ノ丸に着きました。これでは氷ノ山に立っても意味が無いと思い、この日の登山は三ノ丸までとしました。そして下山を始めたのですが、途中で急に晴れ出して、一気に青空が広がりました。そこで引き返して、再び三ノ丸山頂に立ちました。ただ晴れは長くは続かず、再びガスの世界となりました。それでもいっとき雲海の風景を楽しめました。下山に入りますと、途中から青空が広がり、冬木立のブナ林を楽しめました。
10-24  3/ 6 前山(たつの市)
TAJI&HM  小雨が降る程度でしたので、昼食は外の空気の中でとることにしました。東屋のある所でと考えたとき、御津町の「みはらしの森」にあります展望広場が思い付きました。西麓の御津中学校側からですと、ごく気楽な散策です。傘を差しながら登って行きました。展望広場の前を通り過ぎて、まずは前山の山頂に立ちました。そこは風がきつかったためすぐに引き返して、展望広場の東屋に入りました。そこは風も無く、のんびりと過ごせました。その間に雨が止みますと、綾部山がはっきりと眺められるようになりました。その山肌は梅の花が見頃を迎えており、ほのかな白さに包まれていました。その風景を眺めながらの昼食をしていますと、ちょっと贅沢な気分になれました。
<12:02西登山口スタート/12:16山頂/12:21〜58展望広場で昼食/13:05エンド。><小雨の中を登る。雨は展望広場での休憩中に止む。それまでうっすらとしていた視界が、次第にはっきりしてきた。風はほとんど無し。気温は11℃ほどだったが、特に寒くもなかった。>
10-25  3/ 7 京見山(姫路市)
TAJI  夕方の散歩です。登りは京見会館横からの中央コースを登りましたが、雨上がりとあって少し滑り易くなっていました。山頂はまだ湿っぽい空気が漂っており、薄暗さがありました。その山頂で暫し佇んでいますと、木の香りが漂ってきました。春は確実に近づいているようです。
<16:26京見町中央登山口スタート/16:41〜47山頂/17:08京見町西登山口エンド。><雨は止んでいたが、空はどんよりと暗かった。山頂の気温は8℃ほどだったが、さほど寒さは感じず。風はほとんど無く、南は小豆島が、北は黒尾山がうっすらと眺められた。>
10-26  3/13 綾部山(たつの市)
    一週前に「見晴らしの森」の展望広場で昼食としましたが、そこからは綾部山が満開の梅で白くなっているのが眺められました。そこでこの日は綾部山の梅林見物に出かけることにしました。その綾部山を登る前に、また「見晴らしの森」の展望広場で昼食をとりました。そしてそこより徒歩で綾部山へと向きました。土曜日の午後の綾部山は、まずまずの人出で賑わっていました。梅は満開のものもあれば盛りを過ぎたものもあると言った感じで、まずは目を楽しませることが出来ました。ところで山頂の三角点は梅林の敷地内には無く、隣りの施設となります世界梅公園内にあります。但し山頂を目指す感じで登って行けば、そちら側へも行けます。山頂は展望台になっており、そこから見る梅林風景も悪くありません。ついでに世界梅公園も散策しましたが、美しい梅を見るにはこちらの方が上のようでした。再び梅林側に戻ってジュースのサービスも受け、春のひとときを満喫しました。
10-27  3/14 氷ノ山〜三ノ丸(兵庫鳥取県境の山)
     この日は兵庫全域で快晴が見込まれましたので、勇躍、氷ノ山を目指しました。但しパートナーは用事があって行かれず、単独行です。手早く登ろうと、コースは鳥取側から氷ノ越コースとしました。薄暗いうちに自宅を出ましたので、7時半には「響の森」駐車場に着けて、行動開始となりました。始めこそトレースはありましたが、凍った雪のためか途中からほとんど分からなくなり、適当に登るうちにコースを離れてしまいました。そのうちに急斜面を登ることになってしまいましたが、かまわず登って尾根に出ました。そこは氷ノ越より少し南の位置でした。後は無難に尾根を歩いて山頂に立てました。9時半を少し回る時間でしたが、まだ誰も来ていない山頂は風の音だけでした。山頂の雪は少なく、地表が広く現れていました。まだ時間はたっぷりありましたので、三ノ丸まで歩きました。そのコースですが、雪の減り方は速いようで、ササが多く現れており真っ白な雪面でもありませんでした。三ノ丸からは引き返して再び氷ノ山の山頂に立ちました。そして下山は氷ノ越コースを正しく辿ることにしました。氷ノ越避難小屋までは当然正しく辿れたのですが、そこからのコースにはトレースが付いていませんでした。そこで目印を頼りに下ることにしました。その目印を途中で見失い、結局この下山でも適当に下ることになりました。最後は氷山命水の位置に下り着きましたが、冬の氷ノ越コースはどうも分かり難いようです。
10-28  3/20 扇ノ山(鳥取の山)
    残雪の山として扇ノ山は魅力があります。そこで3年連続で楽しむことにしました。今年は雪が少ないのか「八東ふる里の森」まですんなりと車を進められました。但し林道にはたっぷりと雪が残っており、スノーシューを履いてのスタートでした。登山口までは一時間ほど。登山コースは雪で隠れていましたので、尾根までは適当に登りました。尾根に出ますと、強烈な風を受けました。春一番です。その台風のような風に逆らいながら山頂を目指しました。南東尾根は例年よりもかなり雪は少なくなっていましたが、スノーハイクには十分です。大らかな雰囲気を楽しみながら山頂を目指しました。いつもながらにブナの森を登って山頂に着きました。この日は午後に大荒れの予想でしたので、下山は無理をせずに登って来たコースを引き返しました。この下山ではフキノトウ摘みを楽しみながらで、13時半に登山終了となりました。
10-29  3/21 京見山(姫路市)
TAJI  午前は黄砂で濁った空でしたが、強い風のおかげか、夕方の視界は少しうっすらとしている程度でした。登山道には、ちらほらとツツジが咲いていました。山頂の桜もいまにも咲かんばかりにツボミを膨らませていました。中腹でははや咲き始めた桜があるようで、淡い色に包まれていました。
<16:16京見町西登山口スタート/16:35山頂/京見町中央コースで下山する。><ほぼ快晴ながら、白っぽい空だった。山頂の気温は10℃だったが、強い北風があり、気温以上に寒く感じられた。北の空は荒天のようで、黒い色だった。その中に黒尾山がうっすらと見えていた。>
10-30  3/22 船木山〜後山(兵庫岡山県境の山)
    後山、船木山と言うポピュラーな山にも、まだ歩いていないコースがありました。それは北面側からのコースで、鍋ヶ谷林道をアプローチにして、船木山の山頂そばに出るコースです。これを歩いてみようと考えました。パートナーは同行出来ず単独行です。このコースを紹介していたのはガイド本の「宍粟50名山」で、そのコース紹介のままにまずは大海里谷に立ちました。残雪は少ないと予想していましたが、その通りでほとんど有りませんでした。白くなった所も有りましたが、それは前日に降った雪でした。尾根に出ますと後山までは、遊歩道を歩く感覚で歩いて行けます。早春の空気感を味わいながら歩きました。のんびりと歩いて後山までは2時間半でした。朝こそ薄い青空が見えていましたが、昼となって曇ってきたのは少し残念です。その後山からの下山で、北面コースに入りました。やや急傾斜で、こちらには残雪が少しありました。ササを周囲に見ましたが、そのササが下るほどに食害の目立つことが気になりました。この北面コースは最後は林道に下り着きましたが、どうも目印が無いとどこを歩いて良いのか分かり難いコースと思いました。やはり後山は板馬見渓谷側からのコースに味わいがあると思いました。
10-31  3/27 金山(篠山市・丹波市)
     「ふるさと兵庫100山」を見ますと、まだ訪れていない山が幾つか載っていました。その中で最初に興味を持ったのが金山でした。登山自体は軽いハイキングと言えそうですが、鬼の架け橋を見たいと思い、出かけました。車は追手神社のそばに止めて、そこから大乗寺の方向に歩き出しました。その大乗寺の手前から登山道が始まっていました。始めは植林地の中を登っていましたが、次第に雑木林に変わりました。追入神社からの登山道が合流して緩やかな道となり、ごく簡単に山頂に立てました。山頂は広く平らになっており、いかにも城跡らしさがありました。ここで昼食をとり、少し昼寝もしました。その後に鬼の架け橋へ向かいました。向かうと言ってもごく僅かな距離です。架け橋は意外と小ぶりな岩でしたが、他にも大きな岩が点在しており、展望として素晴らしい所でした。丹波の山並みだけでなく北播の高峰も望めて、その展望にすっかり魅了されました。この鬼の架け橋があっての兵庫百山だと納得しました。
10-32  3/28 京見山(姫路市)
TAJI  夕方の散歩と言いたいところですが、尾根の平坦な所は軽くランニングしましたので、16分で山頂に立てました。尾根のツツジは多く咲き出したのではと思っていましたが、先週より少し増えてる程度でした。山頂の桜もまだつぼみで我慢していました。ただ明日には咲きそうです。その山頂の桜の木ですが、一本が枯れてしまったのか、つぼみも見えません。山頂の展望岩に立って周囲を眺めますと、三分咲き程度どの桜があちらこちらに見えました。
<16:35京見町西登山口スタート/16:51山頂/京見町東コースで下山する。><薄晴れ。白いモヤ状の雲が広がっていた。視界はうっすらとしていた。北は明神山がおぼろげに、南も家島がうっすら見える程度だった。気温は12℃。北風が涼しかった。>
10-33
10-34
 4/3 白雲山(豊岡市)
      三開山(豊岡市)
    但馬の低山巡りをしようと、一泊旅行を計画しました。低山なら桜も咲いているのではの期待もありました。初日のこの日は、まずコウノトリの郷に近い白雲山に向かいました。別名は剣蛇岳で、ガイド本「たじまハイキング」にも紹介されています。酒垂神社の前に着きますと、そこには駐車場がありハイキングコースの案内板も立っていました。その案内板のコース紹介のままに登って行きました。登山コースには丸太の階段道も作られており、標識も多く付いていましたので、良く整備されていると言えそうでした。但し午前の雨で少しぬかるんでいました。1時間ほどで山頂に着きますとそこは広く開けており、展望も豊岡盆地が一望でした。但し雨上がりとあって、視界はモヤの強いものでしたが。この白雲山を下山した後、コウノトリの郷公園に立ち寄り、その後に三開山に向かいました。北麓の瑞峰寺からのハイキングコースで登りますと、22分で山頂でした。山頂は城跡になっており、こちらでも豊岡盆地を一望出来ました。二つの山共に山頂の雰囲気に優しさがあり、ゆったりと過ごせました。
10-35  4/4 城山(新温泉町)
    日本海に面する諸寄の港に向かいました。その海岸にすっくと立つのが城山で、城山園地として遊歩道が矢城ヶ鼻灯台まで続いています。その城山を国道178号線のそばから歩き始めました。車道の桜が見頃を迎えていました。車道は中腹の駐車場までです。そこから山頂への遊歩道を登れば、13分で山頂でした。山頂からは浜坂港と諸寄港の二つの港が眺められました。この後は駐車場に戻って矢代ヶ鼻灯台へと遊歩道を歩いて行きました。途中には加藤文太郎碑がありました。遊歩道は灯台まででしたが、釣り人用の小径がその先に続いていました。そこで磯ぎわまで下りて、間近で海を眺めました。この後は引き返すことになりますが、この岬で一番高い190mピークにも立ちました。こちらはすっかりヤブ山でした。その後も崩の浜海水浴場にも立ち寄りましたので、駐車地点に戻ってきたときは、13時半が近くなっていました。午後には別の山を予定していたのですが、もう城山だけで十分の思いとなってしまい、そのまま帰路につきました。
10-36  4/10 有馬三山(神戸市)
     「ふるさと兵庫100山」に選ばれています湯槽谷山を登ることにしました。有馬三山の最高峰です。有馬温泉駅から歩き始めたのは11時前と少し遅い時間でした。温泉街を抜けて妙見寺への参道を登って行きました。最初の山が落葉山で、山頂に妙見寺が建っています。この落葉山にはピークが二つあり、西峰の展望台に立ちますと、北摂の山並みが一望でした。次の灰形山はちょっと通過点の雰囲気でした。三番目の湯槽谷山へは急坂が続きましたが、良い汗がかけました。そして山頂に着きますと、そこは10人ほどのグループに占拠されていました。そのうるさいこと。思わず後ずさりして、少し離れた所で休憩としました。そのグループが去りますと、静かな山頂になりました。昼食を済ませて、その後は番匠屋畑尾根を南へと登って、六甲の稜線に出ました。後は六甲ガーデンテラスへと向かいましたが、そこはすっかり観光地で、大勢の人で賑わっていました。そこからの下山は神戸の町へと天狗岩南尾根を下りました。渦森台の住宅地に出てもそのまま歩き続けて、阪急御影駅でようやくハイキング終了としました。6時間は歩いたようで、足は十分にくたびれました。
10-37
10-38
 4/17 宝山(朝来市)
       郷路岳(豊岡市)
    ガイド本「たじまハイキング」の中から二山を選んで登ることにしました。この日の空は雲が少し多いものの、青空は澄んでいました。ところで但馬に入ったとき、ガイド本を忘れてきたことに気が付きました。地形図は持っていましたので、地形図のみで登ることにしました。宝山は宝山公園側から登ることにしましたが、その宝山公園に近い緑化センターでは通りのシダレ桜が満開でした。その美しさにを眺めて暫しのときを過ごしました。そしておもむろに宝山を目指しました。宝山は石仏巡りの遊歩道が巡らされており、ごく気楽にハイキングを楽しめました。午後は郷路岳登山です。ガイド本のうろ覚えで、南西麓の但東町平田から林道歩きでスタートしました。途中からは尾根道を歩いて山上に出ました。山上も林道が走っており、こちらも気楽に山頂に立てました。この郷路岳は山頂こそ展望は今一つでしたが、山頂の近くに東屋を持つ展望台があり、また林道にも展望広場があって、県境尾根だけでなく、普段あまり目にしない丹後の山や京都丹波の山並みを楽しめました。
10-39  4/18 京見山(姫路市)
TAJI  3週間ぶりの京見山です。当然桜は散っており、葉桜になっていました。替わりに山上はツツジの花盛りです。またどの木も新芽を出していました。新しいものが萌え出る春の雰囲気は良いものです。ただ視界は良いとは言えず、瀬戸を見ますと、薄灰色の空と同色の海は、その区別が判然としていませんでした。
<16:04京見町西登山口スタート/16:23山頂/京見町中央コースで下山する。><空はすっかりモヤ状の雲が広がっており、太陽はうっすらと輪郭が見えるだけだった。風は無し。気温は15℃ほどと悪くなく、寒さは感じなかった。上空と同様に視界はモヤが強く、遠くはほとんど見えていなかった。>
10-40  4/24 妙高山(丹波市)
    兵庫100山の中で妙高山はまだ登っていませんでした。山上の神池寺まで車道が通じていることに魅力を感じなかったからですが、南麓の下三井庄側から登山道で登ることにしました。スタートは風呂吹池のそばからです。沢沿いの登山道は湿っており、少し歩きにくさがありましたが、さほど厳しさも無く登って、神池寺の境内に尽きました。神池寺は立派な古刹です。その本堂の裏から山頂への登山道に入り、歩き始めてから70分ほどで山頂に立てました。それにしても展望に関しては悪いとしか言えず、登山道はずっと樹林に囲まれたままで、山頂もしかりでした。登山としては少し面白味に欠けるかも知れません。休憩は本堂の横の広場でとりましたが、二本あるシダレ桜の大木が満開でした。そのまま下山では少し物足りなく思えて、今度は神池寺会館の近くから尾根歩きで再度山頂に立ちました。その尾根でも展望には恵まれませんでした。どうやら妙高山は山上の古刹巡りを味わう山のようでした。
10-42  4/29 三辻山〜黒滝(姫路市・宍粟市)
    この日から一週間の連休に入りました。この日は天気こそ良さそうでしたが、気温は低めで風が冷たい日でした。そこで遠くには出かけず近場で過ごそうと、久々に雪彦山系の北尾根を歩くことにしました。三辻山へのアプローチは、雪彦峰山林道が出来てからはいたって簡単です。ただ簡単過ぎるのもどうかと思われて、坂の辻峠に近い林道の起点から尾根に取り付いて、林道を歩かず尾根歩きで三辻山に向かいました。但し途中で倒木が煩わしくなって林道に下りましたが。三辻山の登山口からはほぼ巡視路歩きとなりますので、気楽なものです。登山口から15分も登れば、もう山頂でした。後は展望を楽しみながらの尾根歩きです。この日の視界は澄んでおり、氷ノ山もくっきり見えました。尾根の最高点は黒滝ですが、そこも南面側は伐採地が広がっていますので、展望は素晴らしいものでした。ただ展望と反比例して緑の美しさには恵まれませんが。黒滝からは、クマザサの中をむりやり下って林道に出ました。後は林道歩きで戻って行きました。澄んだ視界の日は、好展望の山に限ります。
10-43
10-44
 4/30 千々見山(新温泉町)
       三成山(新温泉町)
    この月の初めに新温泉町の城山を登りましたが、その日の午後に登りたかったのが千々見山です。城山をじっくり楽しんだため、千々見山を断念しました。そこで改めて月末のこの日に向かいました。但しパートナーは仕事があって行かれません。千々見山については山頂に城跡があるとの知識しか持っておらず、そのため西麓の八坂神社からヤブコギで登って行きました。それが北尾根と合流したとき、尾根には登山道が付いていました。後は尾根道を辿って登って行きました。山頂に着きますと、そこには展望台もあって日本海が一望でした。更に山頂から南へと遊歩道が続いていました。そのハイキングコースを知りたく、一度南の登山口まで下りました。そこより山頂へと引き返し、今度は北尾根の道がどこから来ているのだろうかと、こちらも最後まで下って行きますと、諸寄駅に出ました。千々見山は駅からハイキングを楽しめる山と分かりました。この日は千々見山登山だけでは終わらず、もう一つ登ろうと、近くの三成山に向かいました。兵庫100山に選ばれた山です。登山は林道主体でした。無理なく
10-45  5/ 2 前掛山(上信越の山)
     五月連休は快晴が続くとの予想でしたので、遠くに出かけることにしました。そしてまだ登っていない日本百名山に登ることにしました。目指したのは浅間山です。但し浅間山は活火山ですので山頂には立てません。内輪山の前掛山までです。その前掛山も登山禁止になっていたのですが、二週間前に解禁されたばかりです。前日の5月1日は、ただひたすら移動でした。日本海側の高速道を走りましたので、渋滞無く宿のある上田市まで来られました。2日のこの日は、朝から快晴でした。スタートは浅間山荘の前からです。火山館までは遊歩道と呼べそうな歩き易い登山道でした。その先は雪で道は隠されていましたが、はっきりとしたトレースがあって、気楽なものです。前掛山への登りにかかりますと、まさに火山を登っている雰囲気でした。次第に展望が広がるのも良いものです。ただ雪の斜面を登りますので、足下には注意が必要でした。前掛山に立ちますと、眼前に浅間山が堂々とした大きさで迫っていました。その姿を目の当たりにしていますと、前掛山で十分に浅間山を登った気分になれました。
10-46  5/ 3 浅間隠山(上信越の山)
     前日は浅間山(内輪山の前掛山)を登りましたが、この日は浅間山を良く見る山として、北軽井沢の浅間隠山を登りました。二度上峠に近い登山口に7時半過ぎに着きますと、駐車場はほぼ満車状態になっていました。人気の山のようです。登山はいたって簡単でした。遊歩道と言えそうな所もあり、笹の中を通ったり、自然林の中を歩いたりと、ゆったりとした気分で登れました。登山時間も手頃で、一時間少々で山頂に着きました。多くの人で賑わう山頂は、まさに浅間山の展望台でした。そのどっしりとした姿は、堂々たる名山の風格でした。他にも上信越の山々が一望で、人気のあるのもうなずけました。その下山では50人以上のハイカーとすれ違いましたので、人気の山と言うよりも、大人気の山と言えそうでした。
10-47
10-48
 5/ 8 くらます(鳥取の山)
       鶴尾山(鳥取の山)
    新緑の季節は、鳥取若桜の山に登りたくなります。今年はくらますとしましたが、この季節のくらますは、これで4度目です。そのくらますがすっかり様子が変わっていました。山の斜面を覆っていましたササがすっかり枯れようとしていました。かろうじて山頂に残っている程度でした。どうやらここも鹿の食害にやられたようです。新緑は美しかったのですが、青いササが見られないのは寂しいことです。但し登山としてはササのヤブコギが無いだけに、これまでで一番簡単に登れました。またササが消えた分だけ展望も素晴らしいものでした。この日はくらますのみで終わる予定でしたが、昼の時間帯でくらます登山が終わってしまいましたので、午後にもう一つ登ることにしました。ごく低山にしようと、若桜宿の街並みを見下ろす鶴尾山に向かいました。こちらはハイキングコースがありました。ごく簡単に登って山上に出ますと、そこには鬼ヶ城跡が広がっていました。城跡は整備が行き届いており、落ち着きのある空間になっていました。展望も若桜の山並みが一望でした。涼しい風に吹かれながら、暫しの昼寝も楽しみました。
10-49  5/15 藤無山(養父市・宍粟市)
     兵庫の千メートル峰を登りたくなりました。藤無山は何度か登っていますが、北へと延びる尾根にあります三角点ピーク(点名・若杉)には立っていませんでした。そこでその993mピークと併せて登ることにしました。車は大屋スキー場の駐車場に止めてスタートです。まずは西へと登って行きました。山肌は新緑に包まれて、この季節ならではの美しさを味わえました。993mピークに立ちますと、後は南に見えます藤無山に向かって尾根歩きの開始としました。途中の鞍部で一般コースに合流しました。登山道は以前よりも展望が良くなっていましたが、クマザサがすっかり枯れようとしていました。山頂は東の展望が良くなっており、清々しい空気の下、くっきりとした展望を楽しめました。この下山では林道を歩きましたが、その荒々しい削り面を見ていますと、自然破壊だと思ってしまいました。
10-50  5/16 京見山(姫路市)
TAJI  この日はあまり体を動かしていませんでしたので、夕暮れどきになって京見山に登りたくなりました。18時を回ってからの思いつきでしたので、ゆっくり登っていると暗くなってしまいます。そこで少しランニングも混ぜて登りました。おかげで15分で山頂でした。既に西の空は薄赤くなっています。北西の空にはうっすらと後山が、南西には御津山脈の尾根がくっきりと見えていました。登山道にはミツバツツジに変わって、ヤマツツジ、モチツツジが満開でした。
<18:13京見町西登山口スタート/17:28〜31山頂/18:34〜39中央コースの途中にある展望所で休憩/18:47京見町中央登山口エンド。><快晴。上空には雲一つ無し。山頂は風も無く、ごく穏やかだった。気温は19℃。視界は遠方がややうっすらしている程度だった。>
10-51  5/22 虚空蔵山(篠山市・三田市)
    このところ兵庫100山に選ばれた山を、偶然と言いますかよく登っています。そこで以前に登って印象の薄かった山であるにも関わらず、100山に選ばれている山を再訪することにしました。その第一段として向かったのが虚空蔵山です。その虚空蔵山に西麓の立杭陶の郷からのコースで登りました。登山コースはすっかりハイキングコースで、ごく気楽に尾根に出られました。そのまま山頂へと歩けば短いハイキングになってしまいますので、途中で藍本駅コースに入って、虚空蔵堂を訪れました。こぢんまりとした境内は、一休みするには絶好の所でした。そして再び尾根に出て、山頂へと向かいました。岩場の山頂は陽射しを受けてけっこう暑さを感じましたが、そばの木陰にベンチがありましたので、そこで休憩としました。涼しい風も渡っており、気持ちよく過ごせました。そこは展望も良く、西の山並みがすっきりと眺められました。下山は登ってきました陶の郷コースをすんなりと下りました。虚空蔵山は小粒感は否めませんが、それだけに丹波の山の入門コースとして、ファミリーで気楽に楽しめる山との印象を受けました。
10-52  5/23 京見山(姫路市)
TAJI 雨の中、雨具を着て登りました。ただ雨の降り方は弱く、雨具を着ていなくても良かったかも知れません。登山道は一部で水の流れが出来ていました。歩くには足下に注意が必要でしたが、涼しい中を登って行けました。
<17:12京見町西登山口スタート/17:31〜33山頂/17:48京見町中央登山口エンド。><雨、気温は18℃。山頂では風も受ける。視界は雨でうっすらしており、海は全く見えていなかった。>
10-53  5/29 空山(宍粟市)
    空山をガイドブック「ふるさと兵庫100山」で紹介されている通りのコースで登りたくなりました。この日は快晴。空は青く、視界の澄んだ日でした。スタート地点は魚町公園です。始めに「高保木の森」の遊歩道を登って行きます。自然林は新緑の盛りで、淡い緑の美しさに圧倒されました。681mmピークを過ぎますと、人工林の中を歩くことが多くなりました。歩くには無理のないコースでしたが、展望は途中で一度、東の尾根が眺められただけでした。山頂が近づきますと急坂となり、歩き始めてから1時間40分での山頂でした。山頂には大馬鹿門がポツンと立っています。この山頂からの展望を楽しみにしていたのですが、植林を含めて一帯の木立が育ってきており、展望は決して良いとは言えませんでした。ただ風の涼しさを楽しむだけでした。下山は南西麓にあります池田集落へのコースを下りました。こちらはほぼ人工林の中を下ることになりました。ふもとに下り着きますと、くっきりと後山が見えていました。それを見て今少し展望の良い山に登っておくべきだったかと思いましたが、新緑の美しかったことを思い出して、この日の空山を終了しました。
10-54  6/ 5 世紀公園(中国・上海市)
    この週は上海へ出張でした。そしてこの日が上海では久々に休日になりました。ちょうど上海万博が開かれていましたが、人混みが苦手ですので静から所で過ごそうと、ホテルに近い世紀公園に出かけました。ずっと涼しい日が続いていましたが、この日は一段と爽やかな朝でした。また上海には珍しく澄んだ青空が広がっていました。朝の公園は人影はまばらで、のんびりと歩けました。若葉の色、花の色を愛でながら、清々しい空気の中を2時間ほどかけて園内散策を楽しみました。
10-55  6/ 7 足谷1178mピーク(宍粟市)
    9日前に空山を登りましたが、山頂に立ったとき、平成之大馬鹿門が他の山から眺められないかと考えました。周囲は木立が取り囲んでいることでもあり、すっきりと見えそうなのは南東の方向からだけと思われました。そちらに見える山は無名の1178mピークです。その考えからこの日の登山となりました。この日は曇り空でしたが、山並みは見えていました。アプローチとして三室カンカケ林道を歩き出しました。その林道を40分ほど歩いた後、林道を離れて山頂方向に直登して行きました。登るうちに植林帯を抜け出して、伐採地に出ました。そこからは希望通りにすっきりと空山が眺められましたが、平成之大馬鹿門は小さすぎてほとんど見えませんでした。山頂には2時間半ほどかかって到着です。その山頂より北へと主尾根の縦走に入りました。アセビなどの灌木が茂ってけっこう歩きにくい尾根でしたが、途中では広々とした笹地に出会えました。この日一番の展望地でした。その後はカンカケ越に下り着いて、林道をひたすら歩いて戻ってきました。
10-57  6/18 京見山(姫路市)
TAJI  早く帰宅しましたので、夕食前に京見山散歩としました。雨が降っていましたので、雨具を着て登りました。蒸し暑さもあって、けっこう汗をかいて山頂に着きました。山頂に立ちますと、周囲はガスが立ち込めており、ほとんど何も見えませんでした。
<17:45京見町西登山口スタート/18:04山頂/京見町東登山口へ下る。><雨、風はほとんど無し。山頂の気温は25℃。周囲はガスとあって、視界はほぼゼロだった。>
10-58  6/20 西蒲田山(姫路市)
   この土日ともに行事が多くあり、ようやく自由時間が出来たのは、この日の午後2時半になってからでした。外は雨でしたが、少し長めのハイキングを近場でしたくなりました。そうなりますと京見山系を縦走するのも一つの手です。このアイデアにパートナーは乗らず、一人で楽しむことにしました。西蒲田公園までパートナーに送ってもらい、そこから小雨の中をスタートです。尾根に出るまでは草ヤブを通ることになりましたが、白髪峠に出ますと尾根道を気楽に歩けるようになりました。まずは西蒲田山に立ちました。このとき雨足が強くなり、雑木の下で暫しの雨宿りとしました。その西蒲田山からは引き返す形で縦走開始です。白髪峠を過ぎて蒲田城跡に出た頃よりまたヤブが増えてきました。まさき峠へと下り、そこから百メートル以上の登りが続きますが、この尾根で一番厳しい所です。白毛山に立ちますと、一気に道は易しくなり、いつもの散歩感覚で京見山へと歩いて行きました。途中でだらだらしていたこともあり、3時間余りを山中で過ごすことになりました。
10-59  6/27 仁寿山〜麻生山(姫路市)
     前日は終日、強い雨でした。この日は午前に所用があって、午後からようやく体を動かせることになりました。そこで近場の低山を楽しもうと、久々に仁寿山に向かいました。仁寿山へは南東尾根を登ったのですが、登る途中で薄曇りの空から青空が覗くようになり、強い陽射しが現れました。気温は35℃ほどになっており、しかも蒸し暑いとあって、一気に体温が上がってきました。どうやらばててきたようです。仁寿山の山頂まで歩けず、手前のピークでダウンとなりました。暫し横になって体を休めました。一休みして体が回復したところで、ようやく仁寿山の山頂に立ちました。次は麻生山を目指しましたが、この麻生山の登りとなって、薄曇りに戻っていた空に再び青空が覗くようになりました。また陽射しを受けながらの登りとなってしまい、ばててきました。麻生山でもダウンです。木陰を見つけてまた体を休めることになりました。やはり夏は低山と言えども午後のハイキングはけっこう厳しいものだと思い知らされました。