登山記録:2010年(7月〜12月)   
          
  
10-60  7/ 4 的場山(たつの市)
    朝に空を見ますと、雲は多いながらもきれいな青空が見えていました。それを見て展望の良い山に登りたくなりました。但し梅雨の蒸し暑さがありましたので、近場で無理無く登れる山と考えて、的場山としました。パートナーは用事があるとのことで、単独で向かいました。車は景観地区のそばにあります観光駐車場に置き、そこから紅葉坂を目指しました。紅葉坂は木陰が多くあり、良い感じで歩けましたが、両見坂からの的場山への登りは、陽射しを受けながらの急坂登りとあって、けっこうバテ気味になってしまいました。もうひたすらユックリズムで登りました。良かったのはこの日の視界で、くっきりと遠くまで見えていました。尾根の途中の展望所では揖保川流域の風景を、山頂では南に広がる瀬戸の風景を楽しみました。ところで、この日は下山後駐車場に戻る途中で、たつの市立図書館に立ち寄りました。そしてうわさの「1240万円」の美術書を眺めてきました。
10-61  7/10 的場山〜鶏籠山(たつの市)
    出張を終えて帰宅したのが13時半でした。パートナーがハイキングに行きたいと言います。暑い昼下がりでしたので、たつの市の鶏籠山なら木陰歩きが出来るだろうと向かいました。景観地区の中を通って紅葉坂に向かっていたところ、聚遠亭に立ち寄りたくなりました。そこで龍野神社への石段を登って行きました。そこは木陰になっており、けっこう楽に登って行けました。その気楽さに考えが変わって、そのままどんどん登って行くことにしました。野見宿禰神社を過ぎて尾根道に入りました。的場山への道です。急坂ですが引き続き木陰の中を登って行けました。また涼しい風もあって楽に山頂に立てました。突然の思いつきで2週続けての的場山です。そこからは両見坂コースで下山としました。そして両見坂からようやく当初の予定の鶏籠山登山道に入りました。こちらはもちろん木陰で山頂まで歩けました。城跡の雰囲気を楽しみながらの散歩のようなものです。鶏籠山の山頂からは龍野城へと下りました。鶏籠山だけのミニハイキングのつもりが、的場山から鶏籠山へと周回で歩く、適度なハイキングとなりました。
10-62  7/11 京見山(姫路市)
TAJI  本日は参議院選挙でした。その投票後に京見山へ向かいました。才登山口から登っていたところ、途中からはっきりとした小径が分かれました。ササが刈られて歩き易くなっています。それはジュクジュク道で、これまではヤブ道だったのですが、整備されたようです。途中で露岩部があり、そこは雨で濡れていましたので、慎重に登りました。最後は主尾根に合流しました。泣き坂峠より少し西の位置です。泣き坂峠コースと比べますと斜めに登ることになりますが、時間は変わらないようです。梅雨も後半となって、山には多くのキノコが顔を出していました。多くは毒キノコでしたが、大ぶりのアカヤマドリもちらほら見えました。但し古くなっていましたが。山頂は強風が吹き荒れており、どの木々も大揺れでした。
<15:30才登山口スタート/ジュクジュック道を登る/15:47尾根に合流/15:54〜16:03山頂/16:22京見町西登山口エンド。><雨が一時的に止んでいる曇り空。北の空はすっかり雨雲だった。空気は十分に湿気を含んでねっとりとしていた。ただ気温は25℃と低めのため、登るのは楽だった。山頂は南から強風が吹き付けていた。視界は悪く、家島諸島がうっすらと見えていた。>
10-63  7/17 深山(宍粟市)
    まさに梅雨の明ける日でした。雲の多い空でしたが、ときに澄んだ青空の広がることがありました。深山を北側から登りたく、齋木からの林道へ車を進めました。そのまま終点にある登山口を目指していたところ、途中で林道が荒れてきました。そこで終点まで車を進めず、途中からハイキング開始としました。登山口を登り出しますと、まずは蔦路峠へと登って行きました。そして峠からは南東方向へとやや急斜面を登ります。登山道の周囲はすっかりイワヒメワラビが繁茂していました。稜線に出ますと、そこは素晴らしい展望地でした。北向かいの大甲山が一望でした。山稜を辿り出しますと、そこは木陰道の上に涼しい風もあって、ごく気楽に山頂に立てました。山頂も木立に囲まれていましたので、展望はありません。ひたすら涼しい風を楽しみながらのんびり過ごしました。ついでに南深山まで足を延ばしましたが、そちらは木陰道が続くだけでした。下山では改めて展望地に立ちました。午前は雲に隠されていた山々も現れており、遠くは氷ノ山までの展望を楽しみました。この日に歩いた深山の北コースは、ごく簡単に山頂に立てるので、気軽に展望を楽しみたいときに良さそうです。
10-64  7/18 京見山(姫路市)
TAJI&HM  梅雨明けです。空の色が梅雨時の晴れと比べて、はっきりと明るくなっていました。その梅雨明けの空を京見山の山頂から眺めようと、夕方の散歩として登りました。蒸し暑さはありましたが、夕方とあって湿度はいくぶん低くなっているようで、空気にねっとり感はありません。気持ち良く山頂に立ちました。その山頂からの展望ですが、前日のクリアさは無くなっていました。北の空では笠形山こそまずまず見えていたものの、黒尾山はごくうっすらとしか見えていませんでした。その後方の山並みはモヤの中でした。
<16:26京見町中央登山口スタート/16:41〜50山頂/16:59〜17:06西尾根の途中で休憩/17:15京見町西登山口エンド。><快晴、少し雲が多かった。視界はややうっすらとしており、遠方は霞んでいた。気温は30℃あったが、湿度が梅雨時よりも低いため、さほど暑くは感じなかった。>
10-65  7/19 蘇武岳(豊岡市・香美町)
      蘇武岳への長いコースとして阿瀬渓谷を歩いて金山峠経由で向かうコースがありますが、92年に歩いたときの記憶として、阿瀬渓谷に滝が多かったことが印象として残っています。そこで蘇武岳を登りたいと言うよりも、阿瀬渓谷をもう一度歩きたくなりました。蘇武岳も目指しますので、早朝に自宅を出て、8時を回った時間から歩き出しました。阿瀬渓谷に入りますと、一つ一つを丁寧に眺めました。そのため金山集落跡に着くまでに、2時間以上が経っていました。そこから金山峠まで更に1時間かかりましたので、峠に着いたときは昼になっていました。その先も林道を歩かず、尾根の登山道を歩いて行きました。その尾根歩きのうちに天気が変わってきました。朝は澄んだ青空が広がっていましたが、一気に雨雲が増えてきました。山頂に着きますと、ガスが漂うまでになりました。そのうちに雨粒が落ちてきて、次第に小雨となりました。それが下山中に本降りの雨となりましたので、途中から林道を歩くことにしました。その雨が阿瀬渓谷を大変な姿に変えていました。午前の優しい流れは一変して、濁流と言うか激流となっており、徒渉点が渡れなくなっていました。仕方なく山腹をトラバースして登山道に出ましたが、何とも危険な目に会ってしまいました。茶色く濁った阿瀬渓谷を見ながら駐車地点に戻りますと、空はすっきりとした青空に戻っていました。
10-66  7/23 木曽駒ヶ岳〜将棋頭山(中央アルプス)
    中央アルプスの南駒ヶ岳を登ろうと、勇躍出かけました。朝の7時に駒ヶ根市の池山コース登山口に着きますと、何と登山禁止です。6月に登山道が崩壊しており、登れないとのことです。寝耳に水ですが、今更木曽側の登山口に回れません。思案の末に、この日は目の前の木曽駒ヶ岳を登ることにしました。バスとロープウェイを使って、一気に標高2612mです。もう9時を回っていましたので、ガスが空に多く見られるようになっていました。それでも稜線にガスのかかることは少なく、晴れた木曽駒ヶ岳山頂に立つことが出来ました。休むうちにガスが周囲を閉ざしてしまいました。それを見てこの日は木曽駒ヶ岳のみで終わろうとしていたところ、1時間以上経過した12時頃になって、再び晴れ間が広がってきました。それを見て北隣りの将棋頭山まで歩くことにしました。そちらに向かう人はほとんど居りません。ただ登山としては易しく、なだらかな稜線の散歩です。「聖職の碑」の遭難碑も眺められて、ごく気楽に将棋頭山の山頂に立てました。もうロープウェイの最終時間まで3時間しかありません。稜線を戻ったのでは間に合わない恐れがありましたので、トラバース道となる濃ヶ池経由で戻ることにしました。途中で飲んだ雪渓の水のおいしさが忘れられません。トラバース道のおかげで、ロープウェイには悠々間に合いました。木曽駒ヶ岳のみでは観光登山の気分で終わっていそうでしたが、将棋頭山を登ったことで、中央アルプスを満喫出来た気分になれました。
10-67  7/24 鬼面山(長野の山)
     前日は楽しく木曽駒ヶ岳と将棋頭山のハイキングで過ごせましたが、せっかく信州に来ているのに、それだけで帰るのはもったいなく思え、もう一日登山を楽しむことにしました。鬼面山は伊那山地の最高峰です。飯田市街から良く見えており、以前から気になっていた山です。登山口のある地蔵峠には夜が明けて間もない5時過ぎに着きました。おかげで朝の涼しさの中を登って行けました。空は雲一つ無い快晴です。登山道ははっきりとしており、易しいコースでした。ただ展望は少なく、シラビソ林に囲まれていました。2時間ほどで山頂に着きますと、それまでの展望の悪さを補って余りある大展望が待っていました。高さ4メートルほどの展望台が建っており、その上に立ちますと、中央アルプスが一望でした。南アルプス南部も眺められて大満足でした。朝の早い時間に山頂に立てましたので、9時を過ぎた時間に登山を終えることが出来ました。この時間ですと高速道は渋滞も無くスムーズで、午後の4時には帰宅となりました。
10-68  7/24 京見山(姫路市)
TAJI  この日の朝は、信州の鬼面山を登っていたのですが、午後に帰宅しますと、パートナーが運動不足だと言います。そこで夕方に京見山に登ることにしました。パートナーと登るのは久々です。山頂はふもととは違って風があり、木陰で涼しく過ごせました。猛暑続きのため、空には積乱雲が湧いており、中でも書写山の上の雲は巨大でした。宍粟の山並みは雲で全く見えていませんでしたが、夕立でも降っているのかも知れません。南の空はすっきりと見えており、小豆島が稜線をきれいに見せていました。
<16:31京見町中央登山口スタート/16:47〜58山頂/京見町西登山口へ下る。><晴れ。夕方とあって巨大な積乱雲が発生していた。山頂の気温は30℃ながら、ほのかに涼しい風が吹いていた。視界はまずまず良かった。>
10-69  7/31 久松山(鳥取の山)
    夏になりますと、一度は海で泳ぎたくなります。今年は鳥取で泳ごうと、岩美町の浦富海岸を目指しました。その海水浴の前に軽い登山を楽しもうと、鳥取市のシンボルと言えそうな久松山を登ることにしました。ふもとが鳥取城跡になっています。久松公園の入口に車を止めて、まずは鳥取城跡に入って行きました。その奥より登山道が始まりました。蒸し暑い日で、大汗をかいて登っていますと、よく人とすれ違いました。鳥取市街がすぐ近くとあって、登る人が多いようです。その様子は気楽に散歩登山として楽しんでいるようでした。自然な感じの登山道を登って行きますと、30分ほどで山頂でした。山頂は鳥取市街だけで無く、日本海も一望の好展望地でしたが、あいにくのモヤの強い視界で、薄ぼんやりとしか見えなかったのは残念です。下山後は、この日の目的の海水浴へ。浦富海岸は水がきれいなだけで無く適温で、しかも遠浅とあって、海水浴には絶好でした。また砂が細かいことも足の裏には優しいことでした。午後の時間を泳いだり砂浜で昼寝をしたりと、ひたすらのんびりと過ごしました。
10-70  8/ 1 三国山(鳥取の山)
    鳥取県の東部の山で登りたかった山の一つが三国山です。問題は登山よりも登山口に至るまでの林道が悪路だと言うことです。佐治町中集落からその林道に入りますと、始めは舗装路でしたが、すぐにダート道となり、そしてまさに悪路となってきました。轍が掘れており、四駆車でないとちょっと厳しい道です。何とか慎重に車を進めましたが、路上が雑草に覆われ出した所で車を止めました。後は林道を歩いて行くことにしました。林道を10分も歩けば登山口に着けましたので、一安心です。登山道は丸太の階段道が長々と続いていましたが、途中からは自然な道も歩くようになり、雰囲気が良くなりました。良かったのはブナの木が多いことで、山頂が近づきますと、ずっとブナ林を歩くようになりました。この雰囲気に惹かれて三国山が登られているのではと思いました。山頂は最近になって雑草が刈られたようで、すっきりと平らになっていました。その中央に展望台があり、そして一等三角点がありました。展望台から見えるのは山ばかりで、山深い所に立っていることを実感させられました。
10-71  8/ 7 広戸仙(岡山の山)
    涼しい風を求めようと、千メートルを越える山を登ることにしました。兵庫県内だけで無く岡山県までを含めて考えたとき、那岐連山の一峰、広戸仙が思いつきました。99年の1月に登ったきりでしたので、新鮮な気持ちで登れるのではと考えて訪れることにしました。中国道を美作ICで降りて、声ヶ乢の登山口に着いたのは9時前でした。登りは尾根コースを登って行きました。意外と木陰が多くあり、気温も28℃までで、涼しく登れました。尾根には展望所があり、涼しい風を受けながら、日本原の展望を楽しみました。山頂まで600mの位置にありました展望所では西から北への展望があり、遠く大山も望めました。休憩時間も入れて、2時間で山頂でした。山頂には一段と涼しい風があり、その風に誘われて、昼寝も楽しみました。下山は南東尾根を歩いて、矢櫃城跡、甲山を通るコースを下りました。最後は長い金山林道を歩くことになりましたが、途中で愛宕滝を見て涼味を味わいました。暑い季節ですが、けっこう涼しく広戸仙を楽しめました。 
10-72  8/ 8 京見山(姫路市)
TAJI  夕方の散歩として登りました。暫く雨が降っていないため、登山道は乾ききっていました。特に何も考えずに登って山頂に着きますと、素晴らしい視界が待っていました。てっきり薄くモヤがかっていると思っていたのですが、北の空も南の空もくっきりと眺められました。また夕暮れとなって山々には陰影が出来ており、鮮やかさを増していました。南の方向では鳴門大橋がうっすらと見えており、小豆島の碁石山の左手遠くに見える山並みは、四国の讃岐山地かと思えました。北の空では後山の尾根がくっきりと見えており、水剣山と植松山が重なっている様も、はっきり分かりました。
<17:10京見町西登山口スタート/17:27〜36山頂/京見町中央登山口へと下る/17:40〜44尾根の途中の展望地に立ち寄る/17:53エンド。><快晴。あちらこちらに積乱雲が湧いていた。山頂の気温は28℃。湿度はいくぶん低いようで、風に涼しさが感じられた。視界は十分過ぎるくらい澄んでいた。>
10-73  8/14〜15 池口岳(南アルプス深南部)
      南アルプス深南部の池口岳を、お盆休暇を利用して登ることにしました。池口岳は無理をすれば日帰りで登れそうですが、朝の山頂に立ちたく、途中のザラ薙平でテント泊する一泊二日コースの考えで向かいました。パートナーは休みが取れず、単独行です。14日の午前2時に自宅を出ますと、朝の8時過ぎに遠山郷に入ることが出来ました。登山口まで車を進めてスタートです。その空はすっかり曇り空でした。天気は良くなることは無く、途中からはガスの中を登るようになりました。尾根はおおむね緩やかでしたが、アップダウンが多くあり、けっこう足は疲れました。4時間以上かかって13時前にようやくテント場に着きましたが、その頃には雨が降り出していました。素早くテントを張った後は、ひたすら寝て過ごしました。そして翌15日は4時に目覚めました。雨は止んでいたものの、前日と同様、周囲はすっかりガスでした。ヘッドランプを点けて、池口岳を目指して行きました。テント場から山頂までの標高差は500mほどです。けっこう急傾斜の所もありましたが、朝の冷気に助けられて、6時半に山頂に立てました。但しガスの山頂で、展望はありません。ようやく着いたの思いで眺める山頂でした。下山中もずっとガスの中でした。結局二日間とも展望には恵まれませんでしたが、南アルプス深南部に十分に浸れることが出来ました。それにしても静かな山でした。14日に出会ったのは一人だけで、その夜はただ一人のテント場でした。翌15日も数人と出会っただけです。百名山の山とは大違いでした。
10-74  8/16 京見山(姫路市)
TAJI  午前は濡れたテントを干したり、靴の泥を落としたりと、前日の登山の片づけに追われました。一息ついて夕方の時間に、京見山散歩としました。けっこう蒸し暑い日でしたが、前日までの登山で足が山慣れしていたのか、けっこう軽快に登れました。京見山は晴天続きのためか、登山道は乾ききっており、草木は一雨欲しそうな姿でした。山頂からの展望はモヤの強い視界で、良いとは言えません。北を見ますと明神山がうっすら見える程度で、宍粟の山はモヤに溶け込んでいました。
<16:03京見京見町西登山口スタート/16:21山頂/京見町東登山口へ下る。><晴れてはいるものの、湿気を含んで色っぽい空だった。視界も薄ぼんやりとしていた。山頂の気温は31℃。じっとりと蒸し暑かったが、弱く吹く風には、ほのかな涼しさがあった。>
10-75  8/20 赤兎山(福井の山)
    パートナーの夏休みに合わせて、福井の山へ一泊二日の小旅行に出かけました。この日は山上の湿原で人気のある赤兎山に向かいました。目指したコースは鳩ヶ湯温泉からのルートで、新・分県登山ガイド「福井県の山」では下山ルートとして紹介されています。それを読んで、登山口から3時間程度で山頂に立てそうに思えました。また何となく優しげな登山道を予想しました。ところが鳩ヶ湯コースはマイナーコースのようで、たんどう沢までの登山道は細い上にアップダウンが多くあり、けっこう足を疲れさせられました。またたんどう沢を越すのも難儀でした。山頂への最後の登りも堪えて、4時間かかっての山頂でした。山頂は好展望なのですが、この日の視界はモヤが強く、近くの経ヶ岳もうっすらとしており、白山は全く見えていませんでした。良かったのは山頂から赤兎避難小屋までの遊歩道で、湿原風景を楽しめました。この避難小屋との往復が40分。また下山も3時間かかりましたので、この日は8時間近く歩いたことになり、予想外にハードな登山となりました。
10-76  8/21 冠山(福井の山)
    福井県への小旅行の二日目朝は、大野市内の旅館で迎えました。冠山は福井と岐阜の県境尾根にありますが、その名の通りの冠の姿で、尾根では一番目立っています。登山口は冠山峠ですが、その標高は1050mほどありますので、着くまでの冠林道を長く感じました。登山道を歩き出しますと、遊歩道と呼べそうな道でスムーズでした。但し風がほとんど無く、陽射しの下ではけっこうな暑さでした。尾根は小さな起伏を繰り返して冠平に着きました。のどかな冠平で一息入れてから、最後の100mの急坂を一気に登りました。山頂はまさに360度の眺望でした。うっすらとした視界ながら大満足です。この山頂には40分ばかりいましたが、他に登山者は現れず、パートナーと二人きりの山頂を楽しめました。そして下山後は冠温泉で汗を流しました
10-77  8/29 水剣山(宍粟市)
     胃が疲れているときは登山に限ります。8月は第4週に仕事で上海を訪れていましたが、帰ってきたときはすっかり胃が疲れていました。そこで少しハードな登山をして、胃をすっきりさせることにしました。近くでしっかり登れる山を考えたとき、水剣山が思い浮かびました。但し日盛りの登山はしたく無く、午前で終えてしまおうと、目が覚めるとすぐに出かけました。おかげで南麓の大谷集落の外れから歩き出したときは、7時前でした。コースとしては、登りは西尾根コースで766mピーク経由で山頂へ。下山は808mピークを経て、東尾根を下る考えです。早朝は涼しいと考えていたのですが、朝から気温は高めで、大汗をかきながらの登りでした。ただ登るほどに風が現れて涼しくなりました。山頂では快いばかりの爽やかな風を受けました。山頂では北東ピークで展望を楽しみましたが、少し雲の多い空で、後山の稜線は雲に隠されていました。下山中は昼が近づいたとあって、けっこう暑い中の下りとなりましたが、予定通りに午前で下山を終わり、お腹も予定通りにすっきりしました。
10-78  9/ 4 百里ヶ岳(福井滋賀県境の山)
    9月に入っても暑い日が続きます。但し空は快晴です。快晴につられて少し遠出をすることにしました。舞鶴自動車道が無料になっていますので、若丹山地に出かけました。若丹山地で気になっていたのが百里ヶ岳です。一等三角点の山ですが、そのことよりも鯖街道を歩けることに興味を持ちました。そこで上根来集落からのコースを登ることにしました。まずは登山口からその鯖街道を歩くことになりました。途中に林道を挟みましたが、根来坂峠まで鯖街道を歩きました。程良い傾斜の歩き易い道で、いにしえの良き街道の趣がありました。根来坂峠からはブナ林に囲まれた尾根道です。高島トレイルと名が付いていました。ブナ林の雰囲気を楽しめただけで無く、琵琶湖の展望も楽しめました。そして着いた百里ヶ岳は、何と百人ほどの団体登山者に占拠されていました。その団体も程なく下山しましたので、後はパートナーと二人きりの静かな山頂になったのは何よりでした。下山は木地山峠経由で髪根来集落に至るコースを下りました。木地山峠までは優しい尾根道でしたが、上根来集落への下りは歩きにくい斜面の道だったり、林の中の荒れ道だったりと、けっこうマイナーな雰囲気でした。そして上根来集落に下り着きますと、気温は33℃と厳しい暑さでした。百里ヶ岳は優しさあり厳しさありと、けっこう変化に富んだハイキングを楽しめました。
10-79  9/ 5 由良ヶ岳(京都の山)
    前日の百里ヶ岳が少し長めのハイキングになりましたので、この日は軽めの山と考えまして、丹後半島の付け根にあります由良ヶ岳に向かいました。標高は640mと手頃です。スタートは北近畿タンゴ鉄道の丹後由良駅からです。線路を越えて南西へと歩き、国民宿舎のそばから登山道に入りました。この日も快晴で、すでに30℃を越える暑さになっていました。登山道も木陰の中でしたが、29℃から下がりません。風も無く、何とも暑い中での登山でした。登るほどに風は僅かに出てきましたが、慰め程度でした。そのためバテ気味で尾根に出ました。最初に三角点のある西峰に立ちました。こちらは木陰がある上に風もあって、涼しく過ごせました。また山頂からは天橋立が眺められました。次に東峰に立ちますと、こちらは遮るものの無い360度の展望でした。但し直射光をまともに受けましたので、何とも暑い山頂でした。そして昼の暑い中での下山を終えますと、ふもとは更に暑く、35℃はありそうな9月とは思えぬ暑さでした。由良ヶ岳は良い山でしたが、今少し涼しい中で登山をしたかったと思いました。
10-80  9/12 書写山(姫路市)
    この週末は忙しく、日曜日のそれも午前10時までしか時間がとれません。その10時までで汗をかくことにしました。そこで最近登っていなかった手近な山でと考えて、書写山に向かいました。その書写山を刀出坂で登ることにしました。車は刀出天神の駐車場に止めて、案内標識のままに登りますと、近畿自然歩道を歩くようになりました。朝の涼しさを期待していましたが、もう朝から蒸し暑さがあり、けっこうな汗をかいてしみました。それでも山上に出て大講堂の前で休んでいますと、爽やかな風を受けました。その風の中で朝食をとりました。その後に山頂を踏んでから、下山としました。2時間程度のミニハイキングでしたが、体は十分にすっきりとしました。
10-81  9/17 沢口山(静岡の山)
    静岡県の山行に出かけました。目的は寸又三山です。大井川上流、寸又峡温泉から登れる山です。自宅を深夜帯の2時に出ますと、寸又峡温泉には8時過ぎに着きました。快晴でした。この日は三山の中で一番易しいと言われます沢口山を登ることにしました。往路は猿並平コースで登って行きました。このコースは始め湿った道でしたが、ここでヒルの攻撃を受けてしまいました。またけっこうマイナーなコースで、植林地の中の登りが続きました。富士見平で日向山コースと合流です。後はシラビソの混じる自然林の中を登って山頂でした。山頂からは南アルプス南部、深南部の山並みが眺められました。高い山には雲がかかっていました。下山は日向山コースを下りました。メインコースだけに、終始自然林の中を歩けました。ただ石ころが多く、歩き易いとは言えませんでした。ゆっくりと歩いたこともあり、この日の沢口山は5時間ほど歩くことになって、決して易しい山とは言えませんでした。
10-82  9/18 朝日岳(静岡の山)
    寸又三山の朝日岳は姿の良い山です。但しこの日は機嫌が悪いようで、山頂部はガスに隠されていました。寸又峡温泉街を抜けて、寸又川に架かる猿並橋を渡ると、そこから山道がスタートしました。この山はしっかり登ると言う言葉が相応しい山で、急傾斜の登山道が続きました。尾根は樹林に囲まれて、展望は良いとは言えません。ひたすら登ることに集中しました。標高1300mを過ぎてからガス帯に入りました。展望の無いまま登って行きますと、山頂が近づいて、なぜかカラマツの林が広がっていました。4時間かかっての山頂は、すっかりガスに囲まれていました。他に人影は無く、ひたすら静かな山頂でした。下山は登って来た道を戻りました。急傾斜の登山道は足を疲れさせますが、登りよりはずっと短い時間で下れ、2時間半で吊り橋まで戻って来ました。予想通りにしっかり登れたことを実感出来る山でした。ところでこの日も、ヒルの攻撃を受けました。ショートスパッツで足回りをガードしていましたが、それでも一匹が貼り付いていました。
10-83  9/19 八高山(静岡の山)
     「静岡の山」の三日目です。前日がちょっと厳しい山でしたので、この日は適度な山として島田市と掛川市の境にあります八高山に向かいました。一等三角点の山です。スタートは大井川鉄道の福用駅からとしました。すぐに山へと入りますと、茶畑の中を登るようになりました。いかにも静岡の山を登っている雰囲気がありました。但し、その先は植林地を登ることが多くなりましたが。植林地の急坂を登りきりますと、一気に道は平坦になりました。その先は馬王平までずっと緩やかでした。そして山頂へと、また急坂が始まりました。ちょうど登山道のそばで伐採作業が進められており、広々とした展望の中を登って行けました。山頂は南にも北にもまずまずの展望が広がっていましたが、この日はモヤの強い視界のため、うっすらとしか見えません。また遠方は雲が多く、期待した富士山はすっかり雲の中でした。往路は「急坂コース」でしたので、下山は「ゆるやかコース」を歩きました。こちらはちょっとマイナーな雰囲気でした。ふもとに下りますと、気温は33℃程になっており、厳しい残暑でした。
10-84  9/20 京見山(姫路市)
TAJI&HM  終日休養をとることにしていましたが、昼に山の空気を吸うことにしました。京見町の中央コースには山頂に近い位置に展望所がありますが、そこで昼食としました。ガスコンロを使ってインスタントの焼きそばを作るだけの簡単な昼食です。視界のうっすらとした日で、瀬戸の海は白い色でした。家島がかろうじて分かるだけで、淡路島も小豆島も見えません。北も大蔵山がようやく見える程度でした。まだ残暑と言える日でしたが、山上に吹く風には秋の爽やかさがありました。
<12:08京見町中央登山口スタート/12:20〜54展望地で昼食/13:00〜10山頂/13:28京見町西登山口エンド。><空の一部に淡い青空が見えるが、薄晴れとも薄曇りともいえる空だった。気温は28℃で、南から涼しさのある風が吹いていた。視界はうっすらとしており、遠くは全く見えていなかった。>
10-85  9/23 京見山(姫路市)
TAJI  この日は午前が久々の雨でした。午後に入って雨が上がりましたので、夕方の京見山散歩としました。山頂の気温は17℃ほどで、ようやく秋を実感出来る涼しさになっていました。山頂展望を楽しもうと登ってきましたが、遠方はまだ雨雲が残っているようで、黒い雲に隠されていました。西の空はすっかり晴れ上がっており、その夕方の斜光線に照らされて、足下の町並みが鮮やかに浮かんでいました。下山は18時を回ってしまい、少し足下が見えにくい暗さになっていました。
<17:18京見町中央登山口スタート/17:33〜41山頂/17:50〜55西尾根の展望地/18:05京見町西登山口エンド。><雨が上がった後の晴れた空。南と北には黒い雲が残っていたが、上空は青空で、白いうろこ雲が浮かんでいた。西の空は明るく、夕焼け色になっていた。その光が広畑と飾磨の街を明るく照らしていた。山頂の気温は17℃と、十分な涼しさだった。>
10-86  9/25 飯森山(神河町・多可町)
    久々に多可町の山を訪れることにしました。飯森山はこれまで高坂峠からか神河町側からしか登っていませんでしたので、多可町側から登ってみることにしました。多田集落の先から林道が始まっていましたので、その林道を少し進んで、標高280m辺りから南東尾根を目指して歩き出しました。登山道は無く、適当に登って行きました。尾根に出ますと、途中で二度、林道に出会いました。最初の目的地は673mピーク(点名・宮前奥山)です。ここでひと休みとしましたが、まだ山頂が見上げるようにして眺められました。その頃から雲が増えてきました。山頂に着きますと、すっかり暗い空で、程なく小雨も降り出しました。晴れの予報だっただけに残念です。下山は北へと、多田坂峠に向かいました。雨は降ったり止んだりです。峠からは地図の破線路を辿って戻る考えでしたが、破線路は林道に変わっていました。但しまだ工事中で、途中まででした。その先は不明瞭でしたが、適当に下りますと、朝に車を走らせた林道に下りることになりました。この林道に下りるときに、雨で濡れた岩で滑ってしまい、右足首を痛めてしまいました。後は林道を歩くだけですので、我慢して何とか歩きましたが、けっこうつらいことでした。
10-87 10/ 2 蟻無山(赤穂市)
    先週に痛めた右足は、その後、痛みがひどくて数日は立てない状態が続きました。この日で一週間が経ちましたが、まだまだ痛みは続いており、杖で歩くのがやっとでした。しかし、この日は快晴です。風も爽やかでした。骨には異常が無いので、足が痛くても登れる山はないかと考えたとき、標高71mの蟻無山が思い浮かびました。山と言うよりも丘です。そこで出かけた次第です。ふもとの有年原から登山道があり、杖をつきながらでも10分とかからず山頂でした。山頂は古墳とのことでしたが、特に古墳らしさはありませんでした。但し平らに開けていましたので、山頂の雰囲気は十分でした。スパゲティの昼食を作り、その後は涼しい風の中で昼寝としました。やはり山の上は良いものです。さて下山ですが、痛めた足には下り坂はつらいものです。ふもとに着いたときは、歩けなくなってしまいました。気分転換には良かったですが、足の痛みがひどくなってしまいました。
10-88
10-89
10/11 汐鳴山(淡路市)
       城ノ瀬山(淡路市)
    まだ足の痛みが続くため、軽い山を登ろうと、一年ぶりに淡路の山に向かいました。どちらの山も島の北部に位置します。最初に向かった汐鳴山は山頂まで車道がありますが、ふもとから歩こうと、「松帆の里」からスタートしました。地図ではそのそばから山頂方向へと、小さな沢に沿って小径が書かれています。その小径に入りますと、始めは順調でしたが、途中からヤブになってしまいました。どうも正しい道から逸れたようでした。苦労して尾根に出ましたが、これでは軽い登山とは言えず、厳しい登山でした。足の痛みも増したようです。尾根に出ますと鉄塔と出会え、後は尾根道を歩いて車道に合流しました。そこは「大阪湾海上交通センター」の立つ位置でした。そこからは車道歩きを続けて山頂に立ちました。山頂は雑木に囲まれており、展望はありません。ちょっと苦労のしがいの無い山頂でした。下山はもっぱら車道を歩いて岩屋へと下りました。そして「道の駅あわじ」で、明石海峡大橋を見ながら昼食としました。午後の城ノ瀬山はごく軽いハイキングです。ハイキングと言うよりも散歩です。この山も山頂まで車道があります。淡路景観園芸学校のそばから歩き出して、途中から遊歩道を登って山頂に立ちました。山頂まで5分でした。山頂には3階建ての立派な展望台が建っていましたが、廃墟になっていました。てっきり鍵がかかっているものと思っていたのですが、施錠はされておらず、屋上に上がれました。そこは正に360度の眺望でした。汐鳴山で楽しめなかった展望が、ここでお釣りが来るぐらい楽しめました。
10-90 10/16 三草山(猪名川町)
    足は徐々にしか良くなりません。まだ無理は出来ませんので、軽い山を登ることにしました。兵庫と大阪の県境に位置する三草山は、どうも大阪側となる北麓側からよく登られているようですが、兵庫側から登ることにしました。猪名川町上阿古谷から林道を走って、適当な所に止めました。そこから登山口までは15分ほどでした。登山口から尾根を登り出しますと、始めは自然林と笹原の広がる風景の中を、易しく登っていたのですが、次第に道は不確かになって、とうとう消えてしまいました。どうも道を間違ったようです。そこで無理やり尾根を目指したところ、うまく登山道に合流出来ました。後は登山道を歩いて、難なく山頂です。山頂はなだらかな丘になっており、木陰も多くあって、心休まる佇まいでした。展望も良く、人気のほどが分かりました。下山は兵庫側のコースを忠実に辿って戻りました。そして始めの登山口に戻って来ましたが、往路で歩いた道は、登山口からすぐ先の位置で間違っていたことが分かりました。
10-91 10/23 八木城山(養父市)
       今週も軽いハイキングを楽しむことにしました。八木城山は養父市を抜ける国道9号線にごく近い山で、単に城山と呼ばれているようです。山頂には八木城跡があります。登山口の電気柵を抜けて登山道に入りますと、遊歩道と呼べそうな歩き易い小径が続いていました。案内標識が点々と立っていましたので、その案内のままに登って行きました。最高点は土城跡のあると呼ばれる409mピークですが、そこはすっかり周囲を雑木に囲まれていました。城跡の雰囲気が一番あったのは、それより40mほど低い本丸跡でした。ネザサと芝生が広がる優しげな佇まいで、その中に立っていますと、戦国の世にタイムスリップした気持ちになりました。ハイキングとしてはごく簡単でしたが、足の快復は遅いようで、この日もゆっくりとしか登れず、アップアップの状態でした。
10-92 10/30 三崎山(赤穂市)
    赤穂御崎にあります三崎山へ散歩に出かけました。車は伊和都比売神社の駐車場に止めました。そこからは瀬戸内海が一望で、家島諸島や小豆島が間近に眺められました。視界は良いようで、小豆島の稜線がくっきりと見えていました。三崎山の山頂へは、始めは温泉街を歩いていましたが、途中から山頂への急階段を登りました。山頂には御崎灯台が建っています。その山頂からは海の眺めよりも山の眺めが良く、赤穂の市街地の背後に広がる山並みが一望でした。午後のひとときでしたが、風光明媚な赤穂御崎の散策を楽しめました。
10-93 11/ 3 三角山(鳥取の山)
     鳥取市用瀬町は宿場町のイメージを残す町ですが、その町並みの背景に鋭い三角形の山が見えます。それが三角山です。用瀬町総合支所から歩き始めました。有名な山だけに標識ははっきりしており、歩き易い登山道が続いていました。雲の多い空でしたが、次第に晴れると考えて登っていたところ、途中で小雨が降ってきました。これはどうなるかと思っていますと、程なく小雨は止み、後は青空も覗いて陽射しも受けるようになりました。登山道は自然林の中を続き、山頂が近づきますと、姿のままに急坂を登ることになりました。山頂は神域で、三角山神社が建っていました。足下には用瀬の町並みが一望でした。この下山ではサブコースを歩いて、お城山に立ち寄りました。そこは影石城跡になっています。城跡らしく平らに開けており、また三角山よりも展望が良く、西の山並みだけではなく、北には日本海まで眺められました。三角山は小さな山ですが、お城山を回ったことで、ハイキングとして十分に満足出来ました。
10-94 11/ 6 十石山〜瀞川山(香美町)
    紅葉を楽しもうと、瀞川山に向かいました。ごく一般的に木の殿堂から始まる十石山を通ってのコースです。十石山へは展望コースを登りましたが、期待通りに紅葉が見頃を迎えていました。ブナ、ウリハダカエデの鮮やかな黄葉は、十分に目を楽しませてくれました。今年の紅葉は例年よりも色鮮やかではと思えました。瀞川林道に出ますと、こちらはカラマツの紅葉でした。カラマツ林を見ながらの林道歩きでした。山頂に着きますと、弱く吹く風は涼しく、ひたすら爽やかでした。そして素晴らしい展望が前面委広がっていました。妙見山、鉢伏山、氷ノ山と、但馬の高峰を眺めて過ごしました。まさに紅葉ハイキングとして絶好の日でしたが、なぜか他にハイカーは見かけず、終始パートナーと二人きりでした。二人だけの紅葉ハイキングは何とも贅沢でした。
10-95 11/ 7 京見山(姫路市)
TAJI  一ヶ月半ぶりの京見山です。才コースから登りましたが、登山道のササが刈られて歩き易くなっていました。山頂に着きますと、イスが増えていました。そろそろ紅葉が始まっており、淡く黄色に色付き出した木立が見られました。ウルシは既に真っ赤です。夕方とあって、飾磨、広畑の町並みが薄あかね色に染まっていました。
<16:02才登山口スタート/16:15泣き坂峠/16:25〜33山頂/16:33〜44中央コースの途中にある展望所で休憩/16:54中央登山口エンド。><曇り空。雲は薄く、所々で青空が覗いていた。モヤの強い視界で、北は書写山もうっすらとしていた。南は家島がうっすら。気温は16℃。風はほとんど無かった。>
10-96 11/13 大段山(宍粟市)
    ガイド本「宍粟50名山」で、大段山には南からの登山コースがあることを知りました。そこで上千町からのコースと合わせて、周回で歩くことにしました。登りは「こぶしの里」の近くから始まる南尾根コースとしました。この日は黄砂の影響で薄曇りの空でしたが、尾根は紅葉となっており、楽しく登れました。山頂に着きますと、一帯のクマザサはすっかり消えて、地表は落ち葉にすっかり隠されていました。そのなだらかな風景は落ち着きがあって、良い感じでした。下山は東へと上千町に向かう尾根を下りましたが、最後に工事中の車道に下りました。その車道を歩いたため、大回りで戻ることになりましたが、車道を囲む尾根が紅葉の見頃を迎えていました。最後に思わぬご褒美をもらったようなものです。黄砂で展望は楽しめませんでしたが、紅葉は十分に楽しめた思いになれました。
10-97 11/14 京見山(姫路市)
TAJI  夕方の散歩です。昼過ぎまで曇り空でしたが、夕方になって晴れてきました。但し、前日からの黄砂の影響で、山頂から見る景色は、ただ薄ぼんやりとしていました。北は近くの城山まで、南も広畑港から先は全く判然としていませんでした。西の空は淡いオレンジ色になっており、にじんだ陽が嫦峨山の上に見えていました。紅葉は一週前と比べますと、少しだけ色付きが進んだようです。
<16:05京見町西登山口スタート/16:25山頂/京見町中央登山口へ下る。><晴れ。黄砂のために、濁った視界だった。近くの景色もうっすらとしていた。山頂の気温は17℃。西風が少し吹いていた。>
10-98 11/20 平野高山(朝来市)
    朝から快晴でした。始めに竹田城の近くにある山に向かったのですが、その山はまったけ山でした。そこで別の山を登ろうと考えたとき、この平野高山が見事に紅葉していたのを思い出して、急きょ向かうことにしました。但し地形図を持っていませんでした。そこで道路地図と見えている山の姿から登山経路を考えて、東南麓の平野集落から登ることにしました。平野神社から適当に登り出しますと、狙い通りに南東尾根を歩けるようになりました。尾根は期待した通りに紅葉に染まっており、それを愛でながらの楽しい登りでした。ヤブは無く、ずっと落ち葉を踏みながら優しい登山でした。途中はあまり展望はありませんでしたが、山頂では千ヶ峰から段ヶ峰までの展望が楽しめました。人の訪れの少ない山で紅葉に包まれてのハイキングは、心を豊かにしてくれました。
10-99 11/21 京見山(姫路市)
TAJI  17時が近づいた時間に山頂に立ちますと、ちょうど夕陽が嫦峨山の山稜にかかろうとしていました。そして真っ赤な色となって沈んでいきました。東の空を見ますと、雲に隠れていた満月が、雲の切れ目から現れてきました。それを見てからの下山でしたので、登山口に着く頃には、足下は薄暗くなっていました。
<16:30京見町西登山口スタート/16:49山頂/京見町中央登山口へ下る。><上空から西は薄い青空が広がっていたが、南の空は雲が広がっていた。山頂の気温は15℃、風は無し。視界は良いとは言えず、南の海上に家島がうっすらと見えていた。北は黒尾山がようやく分かる程度だった。>
10-100
10-101
11/23 荒神山(佐用町)
       生駒山(上郡町)
     この日は勤労感謝の日。週中の休日ですので、軽い山を登ることにしました。旧上月町の荒神山は、上月城跡があります。その登山道が近ごろ整備されたとのことですので、ミニハイキングには手頃ではと思えました。登山口に着きますと、そこには上月歴史資料館が出来ていました。登山道は遊歩道の歩き易さで、周囲の木立はちょうど紅葉の見頃でした。十数分で着いた山頂も落ち着きある雰囲気で、足下に上月町の町並みが眺められました。このハイキングコースは全長7kmもあるとのことですが、荒神山のハイキングだけにとどめて、午前中で終えました。午後は上郡町の生駒山に向かいました。朝に見かけたその全山紅葉の姿に惹かれての、急な思い付きです。その登山道はすっかり落ち葉に覆われていました。山頂も落ち葉に覆われて、良い雰囲気でした。生駒山は展望の良い山ですが、この日は視界が良く、上郡町の山並みを十分に楽しむことが出来ました。
10-102 11/27 愛宕山(上郡町)
     4日前に紅葉の美しさに惹かれて上郡町の生駒山を登りましたが、生駒山と競うように色付いていたのが愛宕山でした。そこで上郡町で再び紅葉を楽しもうと、愛宕山に向かった次第です。この日も快晴でした。スタートは苔縄駅からです。赤松小学校の横から登り出しました。愛宕山は遠目には紅葉の山でしたが、中低木は常緑樹が多いようで、登山道を歩く限りは紅葉は少ないようでした。それと途中はシダの道でした。苔縄城跡を過ぎて、ようやく紅葉が周囲に広がってきました。地表も落ち葉で覆われていました。山頂は雑木が茂って展望には恵まれていませんでしたので、少し手前の露岩地で昼休憩としました。南が広く開けており、上郡町内とそれを囲む山々が一望でした。昼を回っても雲一つ無い空で、陽射しの暖かさに少しばかりの昼寝も楽しみました。
10-103 11/28 京見山(姫路市)
TAJI  才登山口からの登山道を登りましたが、道は落ち葉に覆われていました。落葉が進んでいるようです。少し薄暗くなってきた中で山頂に立ちました。南の空は曇ってうっすらとしていましたが、北の空は澄んでおり、笠形山がくっきりと見えていました。また後山の尾根も、久々にはっきりと眺められました。夕日は日増しに南へと移動しているようで、この日は嫦峨山と綾部山の中間に沈もうとしていました。
<16:08才登山口スタート/16:21泣き坂峠/16:30山頂/京見町中央登山口エンド。><上空はうっすら絹雲を見る程度で晴れていたが、南の空は薄曇りだった。北の空も山際に少し雲を見た。山頂の気温は10℃と低く、北風もあって寒々としていた。視界は北の方向は良かった。>
10-104 12/ 4 城山〜千丈寺山〜ヨコガワ峰(丹波市)
      どうも足を痛めてから低山指向です。丹波の山を考えたとき、黒井城跡のある城山を登りたくなりました。この日は朝からほとんど雲の見られない、澄んだ空が広がっていました。風も無く、ぽかぽか陽気です。黒井小学校のそばから始まる登山道コースは、遊歩道のおもむきで城山の山頂まで続いていました。その山頂は城跡としての雰囲気の良さだけで無く、360度の眺望が広がっていました。丹波の山の大展望台でした。ただこの山一つではもったいないので、その後は尾根を西へと歩きました。落ち葉道となった尾根道は優しげな道で、歩くのが楽しくなる道でした。その雰囲気の中、千丈寺山に立ちました。そして更に西へと歩いて、ヨコガワ峰にも立ち寄りました。こちらは急坂が続いており、しっかり登れて良かったです。後は南麓の古川集落へと下り、村里の道を歩いて戻りました。それぞれ個性の違う三つの山を登れて、十分に満足でした。
10-105 12/ 5 京見山(姫路市)
TAJI&HM  久々にパートナーと登りました。夕方に会食の予定があり、そこでその前に少しお腹を空かそうと思って登りました。澄んだ前日とは違って、うっすらとした空でした。北で見えていたのは黒尾山まで。南は家島がうっすらとようやく分かりました。山頂からはりま勝原駅の方向を見ますと、徐々に開発が進んでいるようです。
<14:48京見町中央登山口スタート/15:04山頂/京見町西登山口エンド。><晴れながら全体にうっすらとした空で、山ぎわ、海ぎわは雲のためか白くなっていた。視界もうっすらとしていた。気温は13℃ほどながら、風が無いためか、登っているときはけっこう汗をかいた。>
10-106 12/11 神前山〜坂戸山〜大師山(福崎町・市川町)
    二度目の神前山は周回で歩くことにしました。他にも坂戸山、大師山を歩いてです。スタートは前回と同様に、山崎二之宮神社からです。晴れを期待していたのですが、どんよりと曇り空でした。しかも登るうちに小雨が降ってきました。以後は降ったり止んだりです。尾根も少しヤブっぽくなったようで、けっこうネズなどの灌木にひっかかりました。標高330mの山頂部に着いて、ようやく歩き易くなりました。それが次に坂戸山に向かうとき、伐採地を歩くことになったのですが、そこで倒木につまづいたり、ヤブに突っ込んでイバラに何度もひっかかれました。けっこう厳しい所でしたが、但し展望は楽しめました。坂戸山から南へと大師山に向かうにつれ、道はどんどん良くなり、ようやく気楽なハイキングとなりました。小雨の中のハイキングでしたが、終わってみればけっこう変化があって、久々のヤブ尾根を楽しめたと思いました。
10-107 12/12 京見山(姫路市)
TAJI  夕方の散歩です。山頂に着きますと、夕暮れの色でした。南の方向は四国こそ見えませんでしたが、淡路島も小豆島もくっきりと見えていました。北は雲が多く、黒尾山も後山も山頂を雲に隠されていました。誰もいない山頂に立っていましたが、夕暮れの山頂は少し透明感があり、初冬の空気感が漂っていました。
<16:23京見町中央登山口スタート/16:38〜44山頂/16:53〜59西尾根の展望地/17:08京見町西登山口エンド。><上空は薄い雲が広がっており、淡い青空だった。北の空には雲が多かった。山頂の気温は9℃。北風が少し強かった。視界は良かった。>
10-108 12/18 トンガリ山(姫路市)
TAJI&HM  天気予報では晴れときどき曇りでしたが、朝から雲の多い空で、兵庫中部から北は雨または雪のようでした。そこで遠くに出かけることは止めました。それでも昼の時間帯を家で過ごすのはもったいないので、近くのトンガリ山で昼食をとることにしました。それも山上で昼食を作らず、弁当屋さんでホカ弁を買うことにしました。才天満神社からの登山コースは展望コースですので、登るほどに南に向かって気持ちの良い展望が広がります。山頂もしかりです。但しこの日は少し冷たい風が吹いていましたので、冷たさを我慢しながらの昼食でした。それでも山上で広い景色を眺めながら暖かい食事が出来ることはうれしいことでした。
<12:23才天満神社登山口/12:37〜53山頂/才登山口エンド。><薄曇り。山頂の気温は13℃ながら、北から冷たい風が強く吹いていた。視界はうっすらとしており、瀬戸の島は判然としなかった。>
10-109
10-110
12/19 高城山(篠山市)
       衣笠山〜行者山(篠山市)
    丹波で気になる山があります。弥十郎ヶ嶽ですが、北側から登りたくなりました。その前に弥十郎ヶ嶽の姿を目に焼き付けたく、弥十郎ヶ嶽を眺める山として高城山と衣笠山に目を付けました。この日の篠山市は朝霧に包まれて、山はすっかり隠れていました。まずは高城山に向かいました。往路は春日神社からのコースです。よく整備された遊歩道を登って行きますと次第に霧が薄れて、山頂の八上城跡に着く頃には陽射しを受けるようになりました。そして足下に雲海の風景が眺められました。下山は藤ノ木坂コースを下りました。弥十郎ヶ嶽の姿は、この下山時に少し得られました。すぐに衣笠山に移動です。この衣笠山は山頂に幾つもの電波塔が建っており、車道が山頂まで通じています。その車道を起点から歩きました。舗装路歩きは退屈でしたが、山上の展望に期待しました。その展望ですが、意外と木立が茂っており、展望は僅かでした。その衣笠山から西へと尾根歩きで行者山を目指しました。この尾根では三嶽の眺めを楽しめましたが、行者山も展望が良いとは言えませんでした。その下山は南西尾根の登山道を下りました。途中からまったけ山でしたが、その下りでようやく弥十郎ヶ嶽が眺められました。その弥十郎ヶ嶽ですが、下山後に篠山川沿いの車道を走っていたとき、山上で見るよりもよほどすっきりと眺められたのは皮肉でした。
10-111 12/23 飯盛山〜洞貝山〜相ノ山(加古川市)
     この日は別の山を予定していたのですが、午前の用事が長引いて、10時を回ってようやく出かけられることになりました。そこで車で30分圏内の手頃な所として飯盛山を思い付きました。平荘湖周回散策と併せてです。スタートは南岸の弁財天神社に近い位置からとしました。平荘湖岸を左回りで歩いて北東岸に出ました。そして南東尾根を登って飯盛山を目指しました。優しい尾根で楽々と山頂です。ただ北風の冷たい山頂でした。飯盛山からは次に洞貝山へと向かいました。洞貝山はなだらかな山頂です。東屋で一休みとしました。その後は平荘湖畔に戻りたかったのですが、「少年自然の家」の中は通り抜けが出来ません。そこで一度、相ノ山を登ってから平荘湖へと下山しました。そして平荘湖の中に作られた堤防を通って南岸に出て、あとは湖岸道路を歩いて戻りました。終わってみれば三つの山を登ったことで4時間ほど歩いており、けっこう足がくたびれました。
10-112 12/24 養久山(たつの市)
    二日前と同じく、播州中部から北の空はすっきりとしないようでした。また少し風邪気味でもありましたので、軽いハイキングで過ごすことにしました。養久山はJR竜野駅の北にあります、ごく小さな山です。山上には30を越す古墳があり、ハイキングコースが作られています。その養久山ハイキングを、東端に近い日吉神社から始めました。すぐに尾根に着きましたが、東端の登山口を知りたく、一度そちらに下りました。そして改めて東登山口から歩き始めました。尾根はすっかり落ち葉道でした。上空には薄黒い雲が広がっており、ときおりしか陽射しが現れません。冷たい北風もあり、寒々とした中での古墳ハイキングでした。ただ歩くうちに少しずつ青空が増えてきました。山頂を少し過ぎますと、そこに最大の一号墳があり、ちょっとした公園になっていました。そこで昼休憩としました。ちょうど青空が広がったときで、暖かい陽射しに包まれての昼どきでした。下山は尾根を引き返して、日吉神社へと戻りました。
10-113 12/26 京見山(姫路市)
TAJI  夕方の散歩です。山頂に立ちますと、冷たい北風を受けました。北の空を見ますと、前日の荒天は収まっているようで、後山がすっきりと見えていました。その後山は白くなっていませんでしたが、駒ノ尾山の山頂は白くなっていました。また水剣山の右手奥にも白い山が見えていましたが、ヒルガタワ辺りかも知れません。
<16:04京見町中央登山口スタート/16:20〜25山頂/16:34〜39西尾根の展望地/16:48京見町西登山口エンド。><快晴。上空に雲は見えず、周辺に見るのみ。山頂の気温は5℃。北風が強く、冷たかった。視界はまずまず良かった。>
10-114
10-115
12/31 石粉山(赤穂市・備前市)
       向山(赤穂市)
    2010年の最後は、赤穂の山で締めくくることにしました。石粉山は六道山の南西、岡山県との県境尾根にあります小さなピークです。前日の雪で東麓の横山集落への道は、すっかり白くなっていました。長谷池のそばに車を止めて歩き出しました。車道は池の北側を今暫く続いていましたが、次第に荒れてきました。但しほぼ平坦な道でした。この道も白くなっていました。途中からは山道となりました。その道がけっこう荒れ道で、災害のためか途中消えたりもしましたが、とにかく沢沿いを西へと進みました。最後は急坂を登って県境尾根です。その尾根を南へと僅かに登った所が石粉山の山頂でした。山頂は岩場になっており、展望は抜群でした。但し強い北西風が吹いており、その冷たさに身は凍る思いでした。この石粉山のハイキングを終えても昼前でしたので、別の山で昼食をとることにしました。おおとりの山として急きょ決めたのが向山です。1月にも登っていましたが、そのときと同じく瀬戸内ホームの位置から歩き始めました。その1月と比べますと、山頂は木が切られたようで、すっかり展望の良い山に変わっていました。瀬戸内海と坂越湾を眺めながらの昼食でした。但しこちらも強風が吹いており、それを我慢しながらでした。