登山記録:2011年(1月〜6月)   
          
  
11-01  1/ 1 龍ノ口山(岡山の山)
     新年の山は県外の山でと考えていましたが、どうも天気の良さそうなのは瀬戸内沿岸だけのようです。パートナーが風邪気味でしたので、遠くない所でと考えて、この岡山市近郊の低山に向かいました。龍ノ口山には縦横に登山道が巡っているようで、ごく気楽に歩けそうなのが選んだ理由です。午前9時半にふれあい広場から歩き始めましたが、そのコースは登山道と言うよりも全くの遊歩道でした。コースの雰囲気は良く、狙い通りに散策気分で歩いて行けました。空は予想以上に良く晴れており、山上は陽射しがあふれていました。南展望広場を経て山頂広場へ、更に龍ノ口神社まで歩いて、賑わう境内で初詣気分も味わいました。ゆっくり歩いて2時間半のミニハイキングでしたが、歩き易さだけでなく展望も素晴らしく、遠出した甲斐がありました。
11-02  1/ 2 京見山(姫路市)
TAJI  前夜は雪となり、庭が白くなりました。そこで朝早い時間に京見山で雪景色を楽しもうと登りました。ところが降った量は少なかったようで、登山道には僅かな雪しか残っていませんでした。これでは山頂も消えているのではと思っていましたところ、山頂は残っていました。量としては2cmほどでしたが、けっこう白くなっており、ちょっぴりうれしくなりました。南東の空には太陽が昇ったばかりで、淡いオレンジ色の光が街並みを染めていました。さすがに正月とあって山頂を訪れる人は多いようで、数分の間に5人ほどの人と会いました。
<7:00京見町西登山口スタート/7:20山頂/京見町中央コースを下る。><快晴、澄んだ空だった。山頂の気温は2℃。風は無く穏やかだった。前夜の雪で山頂はうっすら雪化粧をしていた。南の視界は悪く無かったが、北は雪雲なのか暗くなっており、遠くは見えていなかった。>
11-03  1/ 3 京見山(姫路市)
TAJI  前日に続いてこの日も昼に会食があるとあって、その前にお腹をすっきりさせておこうと、京見山散歩としました。山頂の雪はすっかり消えていました。視界は前日と比べますといくぶん濁っていました。それでも瀬戸内の方向は悪くなく、小豆島ははっきり見えていました。北の空は前日以上に暗い空で、宍粟の山は全く見えません。荒天が続いているようでした。
<8:39京見町東登山口スタート/途中の七つ岩で休憩/8:59〜9:04山頂/9:24京見町西登山口エンド。><雲の多い空だったが、南東の方向は少なく、朝日が現れていた。北の空は厚い雲が広がっていた。山頂の気温は5℃で、風はほとんど無かった。前日の雪は全く無し。>
11-04  1/ 4 黒尾山(宍粟市)
    元旦の夜は姫路市南部でも雪が降りましたので、宍粟市の山は十分な雪ではと思われました。そこでこの冬初めての雪山として、黒尾山に向かうことにしました。この日はパートナーは仕事始めとあって、単独です。コースは久々に大国農場側からの林道コースとしました。その大国農場からのスタートを考えていたのですが、その手前の坂道が凍っており、車が進めませんでした。そこでずっと手前から歩き始めました。延ヶ滝まで1kmの位置です。大国農場まで1時間でした。そこから先の林道は除雪されておらず、スノーシューを履くことになりました。林道にはトレースは全くありません。新雪のためスノーシューでも一歩一歩が大きく潜りました。登山口まで1時間10分でした。登山コースもすっかり雪で、たっぷり雪山の雰囲気を味わって山頂に着きました。山頂に人影は無く、雪面には足跡一つありません。静寂の山頂でした。有り難いことに風は無く陽射しがたっぷり、穏やかな雰囲気の中で、雪の黒尾山を味わえました。下山はスタスタと下りましたので、1時間半程度で駐車地点に戻ってきました。トレースの無い雪山はけっこう疲れましたが、その疲れに見合うだけの充実感を持てました。
11-05  1/ 8 笠杉山(宍粟市・朝来市)
      この日は北部まで晴れが期待出来そうでした。そこでこの日も雪山を楽しむことにしました。この日はパートナーも連れてです。向かったのは雪山としてはまだ登っていなかった笠杉山です。スタートは上千町の外れ、奥田谷林道の入口からです。除雪は千町小屋までで、その先は新雪をラッセルして歩いて行きました。林道経由で山頂を目指していたところ、途中で遊歩道が分かれました。それを辿っても山頂へ向かえるのではと期待して歩いたのですが、途中で不確かになってしまいました。そこでその先は適当に登りますと、うまく千町小屋コースと出会えて、林道登山口に着けました。そこからは40分ほどで山頂でしたが、急坂をずっとラッセルしてでしたので、けっこう足は疲れました。山頂に着いても快晴です。三室山や氷ノ山など兵庫の雪山風景を楽しみました。下山は忠実に千町小屋コースを辿りますと、50分で小屋に着けました。この千町小屋コースが、笠杉山の雪山コースとしては最短ではと思えました。
11-06  1/ 9 京見山(姫路市)
TAJI  才登山口から午後の散策です。山頂に立ちますと、強い北西の風を受けました。北の空は白い雲に包まれたようになっており、ほとんど何も見えませんでした。宍粟市の天気は悪いようです。南の空も白く濁ったようになっており、家島はうっすら見えるものの、淡路島は全く見えていませんでした。
<14:51才登山口スタート/15:04泣き坂峠/15:13〜16山頂/15:24〜30西尾根の展望地で休憩/15:42京見町西登山口エンド。><上空は雲の多い青空。青空の色は淡かった。山頂では冷たい北西の風を受けた。気温は7℃。北の空も南の空も白い色になっていた。>
11-07  1/10 高御位山〜北山奥山(高砂市・加古川市)
     高御位山の東尾根を楽しむことにしました。出発が遅れて、昼のスタートになってしまいました。この日は登山者が多いのか、阿弥陀新池の駐車場はほぼ満車でした。長尾コースを登って山頂へ。岩場の登りが楽しいコースでした。山頂は予想以上に多くのハイカーで賑わっていました。20人以上はおりそうで、こんなに人の多い高御位山は初めてです。山頂は北西の風がけっこう強くあり、寒さを我慢しながらの昼どきでした。昼食を終えて東尾根歩きの開始です。こちらを歩くハイカーは少ないようで、静かな尾根歩きとなりました。こちらの尾根も露岩が多く、けっこう楽しく歩けました。但し尾根の樹相はちょっと寂しい感じでしたが。最後は北山奥山から北池の登山口に下りました。休憩時間を除きますと2時間程度と、午後のハイキングとしては適度な感じで悪くありませんでした。
11-08  1/15 升田山(加古川市)
    10日に続いてまた加古川の山です。平荘湖巡りをしたのは3週間前の12月23日でしたが、そのとき升田山の登山口を平荘湖の南岸に見ました。それが気になって、この日に登ることにしました。登山口には別当谷コースと書かれていました。ごく小さな山ですので、数分で尾根に出て、山頂までも僅かな時間でした。岩場の広がる山頂は素晴らしい展望地で、平荘湖だけでなく、加古川流域が一望でした。下山は往路と同じ道で戻ったのですが、駐車地点が目前になったとき、別の登山口を見ました。北からも登れるようでした。そこでそのコースで再び山頂を目指すことにしました。こちらは採石場の縁を歩きながらで、こちらもごく短い時間で山頂に立てました。一時間ほどの間に二つのコースを登ってしまいました。
11-09  1/16 京見山(姫路市)
TAJI  朝に雪があり、うっすら積もりましたが、その後の陽射しでほとんど溶けてしまったようで、山頂にはごく僅か残っているだけでした。北の空はすっかり曇り空で、宍粟の山は全く見えません。反対の瀬戸の方向は晴れており、淡路島がくっきりと見えていました。諭鶴羽山の稜線も良く見えていました。下山は京見町中央コースを下りましたが、途中の展望地に立ちますと、ちょうど夕陽が嫦峨山の左肩に沈んでいくところでした。
<16:37京見町西登山口スタート/16:56山頂/京見町中央コースを下る。><上空は薄雲が広がっていたが、うっすら青空も見えていた。少しだが雪がちらついていた。気温は1℃と冷えていたが、風がほとんど無かったので、身にしみる感じでは無かった。視界は良く澄んでいた。>
11-10  1/20 屋良部岳(石垣島)
    石垣島の山を登ろうと、一月の涼しい季節をねらって訪れました。昼に石垣空港に降り立ちますと、雲の多い空でしたが、陽射しも見られました。この日の予定は前嵩でした。その前嵩の登山口が見つかりません。そこで急きょ、近くの屋良部岳に目標を切り替えました。その屋良部岳も登山口を見つけるのに手間取り、15時を回ってのスタートとなりました。そのもたつく間に、空はすっかり曇り空に変わっていました。登山道には標識はほとんど見られませんでしたが、少しヤブっぽい程度で登って行けました。20℃を越す気温に、すぐに大汗となりました。周囲は亜熱帯の植物群です。40分ほどで山頂に着きましたが、その頃には小雨がぱらつくようになっていました。風も強く吹いていました。それでも山頂にあります岩場のテラスで、展望を楽しみました。時間が遅かったことで少しあわただしい登山になりましたが、石垣島の初登山は無事終了となりました。
11-11
11-12
 1/21 野底岳(石垣島)
       前嵩(石垣島)
      この日は朝から雨でした。そこで観光に切り替えて、北端の平久保崎までドライブとしました。その平久保崎に着く頃には、雨の降り方は弱まっていました。10時頃には雨は止んで曇り空となりましたので、ドライブのついでのように野底岳を登ることにしました。西麓の野底集落側からです。その登山コースは標識が付いており、はっきりとしたコースでした。そして周囲は濃い亜熱帯林です。山頂が近づきますと、見た目のままの急坂があり、ちょっぴりハードな登山を楽しめました。ただ山頂に着く前より小雨となり、山頂では強い風が吹き荒れていました。それでも雨の止むときがあり、山頂から美しい海岸風景を楽しめました。その野底岳を後にして、川平湾を訪れました。その川平湾の近くに立つのが前嵩です。そこで前嵩も登ることにしました。前日は登山口が見つかりませんでしたが、この日は慎重に探して見つけました。こちらの登山道は易しい道でした。但し山頂はびっしりとリュウキュウザサが茂っていました。そのササヤブの中に岩があり、その上に立ちますと、想像以上の風景が広がりました。足下には川平湾の美しい海岸線、そして北から南へと石垣島の主だった山が一望でした。ここでも強風と小粒の雨を受けましたが、十分過ぎる展望を楽しみました。
11-13
11-14
 1/22 於茂登岳(石垣島)
       ウマヌファ岳〜桴海於茂登岳(石垣島)
       沖縄県の最高峰となる於茂登岳を目指しました。この日は晴れの予想でしたが、朝からどんより曇り空でした。しかも強い風が吹いており、寒々としていました。於茂登岳の登山道は一部が水害で崩れていましたが、そこを除くとおおむね歩き易い道でした。コンクリートで整備された所もあり、遊歩道と言えそうでした。山頂までは70分。山頂には幾つか電波塔があり、ちょっと無粋な山頂でした。またササが茂っており、展望は良いとは言えません。少し失望感を持たされた山頂でした。下山を終えますと、すぐに東シナ海側に移動しました。桴海於茂登岳が目的でしたが、先にウマヌファ岳を目指しました。こちらの登山道はけっこうマイナーでした。標識は無く、地形図と目印テープだけが頼りです。またヤブコギがあったり沢の中を歩いたりと、かなりのワイルドさでした。おまけにヒルもいました。最後はササの急斜面を登って、ウマヌファ岳に着きました。大岩の点在する山頂は、360度の眺望でした。苦労の末に立つ山頂の味は格別です。次に桴海於茂登岳を目指しました。少し戻って桴海於茂登岳の登山道に入りましたが、こちらも難路で、ヤブコギが続きました。目印が無ければ遭難しそうでした。もたもや苦労の末の山頂でした。桴海於茂登岳の山頂はササに囲まれて展望は少しだけでしたが、山頂に立てた達成感は十分でした。下山は北尾根を下りました。こちらは海を眺められるコースでした。青い海は感動的です。終わって見れば、ウマヌファ岳と桴海於茂登岳のヤブ山登りの方がずっと面白く、於茂登岳の印象が薄くなってしまいました。
11-15  1/29 亀山〜西山(加西市)
    冬はどうしても近場の山になります。近くであまり行っていなかったのが加西市でしたが、低山なら沢山あります。その加西市の近くにあって目立つのが西山です。西山と言うよりも、山頂に建っています加西市ランドマークタワーが目立っています。この程度の山を登るのは、ハイキングと言うよりも散歩と呼べそうです。少し離れた玉丘史跡公園に車を止めて歩き出しました。玉丘観音堂に立ち寄った後、逆池そばの「いこいの村はりま」に着きました。そこが亀山、西山ハイキングの起点です。先に亀山を登って、亀山古墳のあります山頂に立ちました。けっこう展望の良い山頂でしたが、更なる展望はやはり西山でした。山頂の加西市ランドマークタワー屋上に上がりますと、まさに360度の絶景でした。但し風の強さもひときわでした。その風に負けじと展望を楽しみました。そしてランドマークタワーのそばで昼食としました。その後は近くの山を登る予定でしたが、突然のアクシデントが起きました。不注意でカメラを落としてしまい、レンズを壊してしまいました。ちょっと意気消沈してしまい、後のハイキングは止めにして帰路につきました。
11-16  1/30 京見山(姫路市)
TAJI  久々に勝原橋に近い位置にある登山口から登りました。京見山を南西尾根の端から歩くコースです。途中にロープが張られた急階段がありますが、おおむね易しいコースです。この日は気温が低いだけでなく冷たい風が強く吹く日で、山頂は冷え冷えとしていました。北の空を見ますと、黒尾山、水剣山は見えていましたが、低山の尾根は雲に包まれていました。また新龍アルプスの上空には黒い雲が広がって、暗い山並みになっていました。他の方向はすっきり見えており、東の六甲山、南西の小豆島はくっきりと眺められました。下山は京見町中央コースを下りましたが、途中の展望所に立ち寄りますと、夕陽が嫦峨山の真上に来ていました。2週間前に見たときよりも、少し北へと移動しているのが分かりました。
<16:24勝原橋近くの登山口スタート/16:45京見町西コース合流点/16:57〜17:05山頂/京見町中央コースを下る。><上空から南にかけては青空が広がっていたが、北の空は少し雲が多かった。気温は2℃と低い上に強い風があって、寒い山頂だった。視界は良かった。>
11-17  2/ 5 高竜寺ヶ岳(豊岡市・京丹後市)
     この日は北部も陽射しの現れる予想でしたので、この季節でないと味わえない山を登ることにしました。それは標高が低くとも雪がたっぷり積もる山です。そこで但馬丹後の国境にあります、高竜寺ヶ岳を目指しました。但東町に入りますと、屋根の雪は1メートル近くあり、豪雪地の風景でした。たんたんトンネルを抜けて、京都府側に入った位置から始まる登山道を歩き出しました。始めは林道歩きでしたが、登山コースの起点を見落として歩いてしまいました。そこでむりやり急斜面を登って行くことにしましたが、久々に苦しい登山となりました。県境の登山コースに合流しますと、後は気楽に山頂に向かえました。山頂は期待以上にたっぷりと雪に覆われていました。残念だったのは春霞が強いことで、おぼろげな視界になっていたことです。まずは穏やかな山頂で、のんびり過ごせました。下山は忠実に登山コースを辿って戻りました。終始パートナーと二人きりでしたので、静かな雪山を楽しめました。
11-18  2/ 6 京見山(姫路市)
TAJI  才登山口から登りましたが、途中からは枝分かれするじゅくじゅく道コースを久々に登りました。夕方の少し冷え冷えとした空気の中を休まず歩きますと、22分で山頂でした。山頂の空気は湿っぽい冷たさがありましたが、少し火照った体には、快く感じられました。それにしても春霞と言いますか、モヤの強い視界でした。北は近くの城山もうっすらとしており、新龍アルプスは大蔵山がようやく認められる程度でした。南の空は更にひどく、広畑港まででした。ところで山頂の桜の木の一本は昨年は花を咲かせませんでしたが、枯れてしまったようで、樹皮が剥がれ落ちていました。
<16:37才登山口スタート/途中からじゅくじゅく道コースに入る/16:52主尾根に出る/16:59〜17:10山頂/17:25京見町中央登山口エンド。><薄曇りの空。前日の春霞が続いており、モヤの強い視界で、近くもうっすらとしか見えなかった。山頂の気温は8℃ほどあり、風はほとんど無かった。>
11-19  2/11 表山(たつの市)
    午後のひとときを近くの山で過ごすことにしました。表山は山陽道の龍野西ICのそば、国道2号線との間に立つ山です。関電の巡視路で登り出しますと、すぐに鉄塔でした。その先は細々と小径がありましたが、ときに軽いヤブコギをして山上に出ました。三角点の位置は雑木林で、易しげな雰囲気でしたが、展望はありません。そこで南へと緩やかな尾根を歩いて行きました。次第にシダヤブとなりましたが、小径は続いていました。そして急坂の手前で、ようやく展望が現れました。多少は木立に展望を妨げられてはいたものの、東から南、西と、近在の低山を眺めることが出来ました。その頃には陽射しも現れて、暖かさも感じました。後は引き返して下山しましたが、途中で大きなイノシシと出会ったときは驚きました。鹿の糞も見かけましたので、この辺りの里山には大きな動物が住んでいるようです。
11-20  2/12 京見山(姫路市)
TAJI  この日の昼は雨でした。15時過ぎまで暗い空でしたが、その後は急速に雲が薄れてきました。但し北と東は雲が残っており、薄暗いままでした。西の空は晴れていましたので、山頂は夕陽に照らされて明るくなっていました。瀬戸の海を見ますと、なぜか広畑港の沖合に、貨物船が10隻ほど集まるようにして停泊していました。
<16:11才登山口スタート/16:24泣き坂峠/16:33〜40山頂/16:49〜54西尾根の展望地/17:03京見町西登山口エンド。><雨上がりで、上空から西の空は晴れていたが、他の方向は雲が多く残っていた。山頂の気温は4℃。北西から吹く風が冷たかった。視界は良く、瀬戸の島々がくっきりと眺められた。>
11-21  2/13 御坊山〜野瀬奥山(相生市)
    せっかくの三連休でしたが、あまり体を動かしていません。この日も午前が用事でつぶれてしまいました。そこで午後に近場で少ししっかりと登れる山を登ることにしました。それは御津山脈の野瀬奥山を、御坊山を経由して御坊尾根で登ろうと言うものです。車は遠見山公園の駐車場に止めました。すぐ近くが登山口でした。登山道を途中で少し誤りましたが、ササの中の道を登って御坊山に着きました。そこは雑木が茂って展望は良いとは言えません。その後はひたすら御坊尾根を歩きました。緩やかな尾根で、登山道には素朴さがありました。途中の露岩地では展望も楽しめました。北側の沢からのコースが合流しますと、巡視路を歩くようになりました。最後は相生市とたつの市との境界尾根を登って、野瀬奥山の山頂に立ちました。その下山ではパートナーがはぐれてしまい、暫し道迷いをしてしまいました。これには少し驚かされましたが、御坊尾根に戻ってからは途中で北へと下り、そして沢コースで西へと戻って行きました。最後は水子地蔵には出ず、もう一度、御坊山の方向に向かい、トラバース道を歩いて御坊山の登山口に出ました。もう17時を回っており、すっかり夕暮れになっていました。低山にしてはちょっとハードな登山を楽しめたと、まずは満足の登山でした。
11-22  2/19 駒ノ尾山〜大海里山(兵庫岡山県境の山)
    この季節に兵庫全域で晴れが予想されますと、どうしても雪山に行きたくなります。ダルガ峰に近い大海里山が展望の良い山であることを思い出して、駒ノ尾山と共に登ることにしました。穏やかな晴れの下、ちくさ高原の入口にある駒ノ尾登山口から登って行きました。途中までトレースがありましたが、大海里峠に着く頃には見えなくなっていました。後はうっすらと新雪の積もる県境尾根を登って、駒ノ尾山に立ちました。兵庫、岡山、鳥取の山並みが一望です。この展望はいつ見ても伸びやかさがあって良いものです。ここで昼食をとった後、引き返す形で大海里山に向かいました。峠からは最短コースとして急斜面を登りましたが、最後は木に掴まりながら何とか登る状態でした。そして着いた大海里山の山頂は、駒ノ尾山に負けない好展望が広がっていました。二つの白いピークに立てて、幸せな気持ちになれました。穏やかな天気の日に登る雪山は何とも良いものだと、改めて思いました。
11-23  2/20 京見山(姫路市)
TAJI この日の京見山散歩は、京見町西登山口からピストンとしました。尾根に出てからは、少し冷たさのある空気の中を、早足気味に歩いて行きました。淡い色合いの視界でしたが、前日に登りました駒ノ尾山がうっすらと見えていました。後山は僅かに白いと思える姿でした。夕方とあって広畑の町並みが薄赤い色合いで見えていました。西の空は赤くなった薄雲が広がっており、その中をにじんだ太陽がゆっくりと山際に近づいていました。
<16:24京見町西登山口スタート/16:42〜50山頂/17:00〜05西尾根の展望地/17:15京見町西登山口エンド。><薄晴れの空。北も南もモノトーンに近い見え方で、夕方だけに薄赤みを帯びていた。山頂の気温は9℃、北風が吹いていた。視界は遠方が少しうっすらとしている程度だった。>
11-24  2/26 東床尾山(豊岡市・朝来市)
    暖かい日が続きますが、但馬なら高峰でなくともまだ雪山が残っているだろうと考えて、東床尾山を目指すことにしました。その東床尾山を「糸井の大カツラ」から始まる一般コースを、まだ登っていませんでした。それを雪山として登ることにしました。床尾林道は途中までなら走れると考えていましたが、起点から雪が残っていました。そこで登山口の「糸井の大カツラ」まで延々と雪の林道を歩くことになりました。そしていざ登山道を登ろうとしたところ、コースは雪の下に隠れており、判然としません。そこでコースを歩くのは諦めて、近くの尾根を登ることにしました。けっこう急斜面の尾根で、標高差350mをひたすら登ることになりました。それも稜線に出て真っ白な東床尾山を見たときは、その苦労が報われる思いでした。最後はすっかり白い斜面を楽しく登って山頂に立ちました。歩き始めてから4時間近くが経っていました。上空は雲一つ無い快晴です。穏やかな陽射しに包まれて、気持ちの良い山頂でした。ただ時計は14時が近くなっていましたので、西床尾山に回ることは諦めました。そしてすんなりと登ってきたコースを引き返して下山としました。
11-25  2/27 京見山(姫路市)
TAJI  昼までは快晴で、すっかり春の陽気でした。夕方になって雲が増えてきました。春霞の視界で、広畑の町がうっすらと見えていました。西島から小豆島の辺りは海霧でもあるのか、海岸線だけ薄いモヤに隠されていました。西の空を見ますと、薄雲の中に太陽が輪郭を見せていましたが、また少し西に移動しており、雄鷹台山の上に見えていました。
<16:29才登山口スタート/16:42/泣き坂峠/16:50〜17:00山頂/京見町西登山口に下りる。><昼までは快晴で、その後は急に雲が増えてきた。山頂に立つと、上空はまだうっすら青空があったが、周囲は薄曇りから曇りに変わっていた。山頂の気温は13℃。風は少しあったが、冷たいと言うよりも涼しい風だった。春霞なのかうっすらとした視界になっていた。>
11-26  3/ 5 沖ノ山(鳥取の山)
    雪山として以前から気になっていたのが沖ノ山です。東からの尾根に興味を持って、それを歩こうと大茅スキー場に向かいました。その先の続く林道をどこまで走れるかと考えていたのですが、全く除雪されておらず、スキー場から歩き出すことになりました。しかも前日に降った雪に覆われており、新雪をひたすらラッセルすることになりました。林道を2時間近く歩いていますと退屈してしまい、適当に尾根を登ることにしました。尾根の雪は更に歩き難いもので、なかなか進みません。1140mピークを越えて東尾根に出たとき、ようやく沖ノ山がみえましたが、はるけに遠くに感じました。それにも負けじと歩き続けました。但しラッセル状態はずっと続きました。山頂までの何と遠く感じられたことか。途中でパートナーはリタイアしてしまいました。結局、山頂に立ったのは、歩き始めてから5時間半が経っていました。ただほっとしたの一言で、すぐに下山を始めました。下山は楽なものです。それこそ十分に展望を楽しみながら歩きました。山頂に立ったときは暗くなることを覚悟していたのですが、林道もスムーズに歩けて、何とか夕焼け色の中で下山を終えることが出来ました。
11-27  3/ 6 京見山(姫路市)
TAJI  小雨が降っていましたが、少しは運動をしようと、京見山を登りました。雨の中とあって視界は悪く、北は城山がうっすらと見えるだけでした。南も広畑港までしか見えません。広畑の町並みは紗がかかったようでした。山頂の桜はツボミが膨らんでおり、この雨で一歩一歩と春が近づくことでしょう。
<16:23京見町西登山口スタート/16:43山頂/京見町東登山口に下りる。><午前は晴れ。昼頃から曇りとなり、3時頃より小雨が降り出した。山頂の気温は9℃。弱い風があり、少し寒いと感じる程度だった。視界は悪かった。>
11-28  3/12 中蒜山〜上蒜山(岡山鳥取県境の山)
   兵庫県以外の雪山を考えたとき、日帰り圏内の山として、蒜山が思い浮かびました。人気の山域なので、トレースが付いて登り易いのではと考えました。この日は晴れの予想でしたが、蒜山の空は薄雲が広がっており、薄晴れ程度でした。まず中蒜山を登ろうと、塩釜冷泉そばの登山口に着きますと、予想と違ってトレースがありません。今週もラッセル登山となりました。目印が少ないため、登山コースを追えなくなり、適当に歩いた結果、南尾根を登ることになりました。急尾根と深い雪に悪戦苦闘して、2時間半かかって中蒜山の山頂に立ちました。そこから上蒜山を目指そうとしたところ、上蒜山の鋭い姿にパートナーは挑戦する気持ちが萎えてしまいました。そこでパートナーを避難小屋に残して、一人で向かうことにしました。鞍部までは楽でしたが、登り坂になりますと、急斜面と軟らかい雪でまた苦しめられました。それでも上蒜山で真っ白な大山を眺めたときは、登ってきた甲斐があったと言うものです。その上蒜山からは上蒜山スキー場への登山道を下りたかったのですが、中蒜山にパートナーを残していましたので、中蒜山へと引き返しました。先週が8時間以上で今週も7時間以上の登山となり、また夕暮れの中での下山となりました。
11-29  3/13 京見山(姫路市)
TAJI  昼はすっかり春の陽気でした。夕方となって少し冷えてきましたが、山上は風も無く穏やかで、十分に春の到来を感じました。草木が萌え出るときの匂いもしていましたし、ウグイスがしきりに鳴いていました。山頂から見る太陽はまた西に移動しており、野瀬奥山と天下台山の中間辺りの上空にかかっていました。
<16:42才登山口スタート/16:55泣き坂峠/17:05〜15山頂/京見町中央登山口に下りる。><よく晴れており、雲はほとんど見られない空だったが、青空はややうっすらとしていた。視界は良いとは言えず、遠方は霞んでいた。山頂の気温は13℃。風はほとんど無く、春の暖かさを感じた。>
11-30  3/18〜19 三ノ丸〜氷ノ山(兵庫鳥取県境の山)
    氷ノ山を目指すことにしました。その理由が単純で、長らく使用していなかった冬季用のシュラフを使いたいと考え、そこで氷ノ山山頂の避難小屋で一泊してみようと思った次第です。18日は朝から快晴でした。若桜氷ノ山スキー場はまだ営業しており、リフトで頂上駅まで上がることが出来ました。この季節は雪が締まって一番歩き易いはずですが、前日までにどか雪があり、新雪だけで60センチは積もっていたのは誤算でした。ただリフト終点からトレースが付いていました。これは大助かりと登っていたところ、最初の急坂が終わった位置で終わってしまいました。深い雪に早々と諦めたようです。こうなりますと後はラッセルで進むしかありません。もう4週連続のラッセルです。それでもこの日良かったのは、ブナ帯で霧氷が見られたことです。それにしても歩度が上がりません。三ノ丸まで2時間でした。その先もひたすらラッセルで、山頂に着いたのは夕暮れが迫る17時半でした。避難小屋は他に誰もいません。荒れ狂う強風の音を聞きながらの一人で過ごす一夜でした。
 その強風が翌朝も続いていました。まだ雲が広がる中を氷ノ山越へと向かったのですが、コシキ岩の所が氷の上に新雪が載っているだけになっており、危険な状態でした。そこでその先へ進むことは諦めて、山頂に引き返しました。そしてピストン登山に切り換えて、三ノ丸側に向かうことにしました。前日に付けた自分のトレースを追って行きますが、もう雪に隠れている所もありました。三ノ丸を過ぎますとこの日の登山者とすれ違うようになり、はっきりとトレースを踏むようになりました。後は楽なもので、のんびりと若桜氷ノ山スキー場へと下りて行きました。新雪に苦しめられて厳しい登山でしたが、終わってみれば改めて氷ノ山はすばらしい山だと思いました。
11-31  3/20 京見山(姫路市)
TAJI  小雨でしたので、雨具を着て登りました。昼までは晴れており、十分に春の暖かさでしたので、そのぬくもりが残っており、涼しい山頂でした。小雨のために、北は間近の城山でもうっすらとしか見えていませんでした。
<16:38才登山口スタート/16:51泣き坂峠/17:00山頂/京見町中央登山口に下りる。><小雨。視界は悪く、ごく近くまでしか見えていなかった。山頂の気温は15℃で、風はほとんど無し。寒さは感じず、涼しい山頂だった。>
11-32  3/21 京見山(姫路市)
TAJI  午後の時間をガーデニングで過ごしました。夕方散歩をしようと出かけたのは17時でした。少しランニングを混じえて登りました。尾根は春の匂いに包まれていました。上空はすっかり曇り空でしたが、視界は悪くなく、南の瀬戸の方向を見ますと、ごくうっすらとでしたが鳴門大橋が見えていました。北を見ますと雨雲が宍粟の山を隠していましたが、その手前の明神山がくっきりと見えていました。
<17:00京見町西登山口スタート/17:17山頂/京見町東登山口に下りる。><雨上がりの曇り空。山頂の気温は9℃で、風はほとんど無し。淡い視界ながらもけっこう遠くまで見えていた。>
11-33  3/26 野瀬奥山〜天下台山(相生市)
      この日は午前しか時間がとれません。そこで近場でしっかり登れるコースとして、野瀬奥山と天下台山を登ることにしました。車は西コースの登山口、東部墓園のそばに止めて、まずは市道を水子地蔵の位置まで歩きました。そして御坊渓谷沿いの馬場坂西コースを歩いて、途中から御坊尾根に出ました。そこから野瀬奥山に向かっていきました。野瀬奥山には僅かな時間いただけで、すぐに天下台山に向かいました。相生市とたつの市との境界尾根を北へと歩きますと、岩屋谷コースに合流しました。後は遊歩道歩きで天下台山の山頂です。天下台山はすっかりハイキングの山として定着しているようで、そこここにハイカーを見かけました。そして下山は西コースを下って駐車地点へと楽々戻りました。この日の印象としては、天下台山の歩き易さよりも、馬場坂西コースがいかにもさとさ間の道として好感が持てて楽しかったと思えました。
11-34  3/27 京見山(姫路市)
TAJI  この日は才登山口から登りました。泣き坂峠へは出ず、途中からじゅくじゅく道コースを歩いて主尾根に出ました。山頂から北を見ますと、後山から駒ノ尾山までの稜線が白くなっていました。今年の残雪は多いようです。春となって夕方登山をする人が増えたようで、山頂では7、8人と出会いました。まだ桜は咲いていませんが、ヒサカキの白い花が満開でした。この日の下山では、久々に則直コースを歩きました。分岐点辺りで少し灌木の小枝が切られていましたので、登山道が手入れされたのかと思ったのですが、途中からは以前のままの少しヤブっぽい道でした。登山口まで下りますと、以前のままに「登山禁止」の標識が立っていました。このコースは最後に急斜面となって民家のそばに出ますので、落石を心配してのことです。状況は変わっていませんので、やはりこのコースは歩かないのが無難なようです。
<16:22才登山口スタート/途中でじゅくじゅく道コースに入る/16:37尾根道に合流する/16:44〜51山頂/16:55則直コースに入る/17:08則直登山口エンド。><晴れ。雲が少し多かった。北の空は視界が良く、後山までくっきりと見えていた。南の空はややうっすらとしていた。山頂の気温は8℃。少し冷えていたが、風はほとんど無かった。>
11-35  4/ 2 国見山(宍粟市)
     国見山に国見の森公園が完成してから5年が経ちますが、まだ訪れていませんでした。そこで国見の森公園のハイキングコースを歩いて山頂に立つことにしました。先に比地の滝を見物してから、ハイキングコースに入りました。往路は1号線コースです。このコースはずっと林道歩きでした。コースを半分ほどを歩いたとき、左手に展望休憩所への遊歩道が分かれましたので、そちらを歩くことにしました。遊歩道の雰囲気は良く、ハイキングにふさわしい小径でした。展望休憩所に着いて、そこで昼休憩としました。その後、国見山山頂に立ちました。小さな子供を連れているファミリーが何組かいましたが、みなモノレールで来た人たちでした。山頂展望台で展望を楽しんでから下山としました。下山は2号線コースです。こちらは距離が短いとあって、急傾斜で続きました。コースの多くは丸太の階段道になっていました。ざっと3時間ばかりのミニハイキングを楽しめました。
11-36  4/ 3 トンガリ山(姫路市石倉)
      3月27日に姫路北バイパスが部分開通して、石倉地区の先で国道29号線と合流するようになりました。そのバイパスがトンガリ山の南尾根を石倉トンネルで抜けます。そこでトンネルの上からバイパスを眺めることにしました。当然、トンガリ山には登ります。車は峯相大池のそばに止めてスタートしました。その位置から車道を北に歩きますと、すぐにトンガリ山の登山道が始まりました。そして尾根に出て北へと歩き、神岩を通ってトンガリ山の山頂に立ちました。いつ登っても、急坂登りが楽しい所です。展望を楽しんだ後は、引き返す形で南へと下って行きました。そして石倉トンネルの上から真新しいバイパスを願い通り眺めることが出来ました。その先も尾根道が続いていましたので下って行きますと、程なく尾根道は怪しくなって竹林へと入って行きました。そこを抜けてふもとに出ますと、峯相大池のそばでした。2時間ほどのミニハイキングを楽しむことが出来ました。
11-37  4/ 5 扇ノ山(鳥取の山)
    残雪の山として、このところ毎年登っているのが扇ノ山です。それも南麓の「八東ふる里の森」からのコースばかりです。4月になりましたが、快晴に誘われて今年も向かいました。やはり今年は雪が多かったようで、除雪は進んでおらず、「八東ふる里の森」の手前3.5kmの地点から歩くことになりました。雪はたっぷりとありましたが、良く締まっており、途中まで靴の潜ることも無く歩けました。2時間15分かかって登山口に着きました。但し雪が多すぎるのか、どこが登山口か分かりません。そこで適当に近くの尾根を登って行きました。歩き易いだけでなく、展望を楽しみながらの尾根歩きでした。すっかりスノーハイクの気分でした。山頂もたっぷりの雪で、まだ2m以上はありそうでした。山頂に着いても快晴の空に雲一つ見えません。しかも風も無く穏やかとあって、絶好の雪山日和でした。下山はすんなりと登って来たコースを引き返しました。午後の雪は腐ってきましたが、下るとあって特に苦労も無く歩けました。それでも終わってみれば登りで4時間、下りで3時間かかっていましたので、雪の扇ノ山は簡単とは言えません。
11-38  4/ 9 愛宕山(加西市)
    午後から晴れとの予想でしたので、昼から低山ハイキングを楽しむことにしました。向かったのは加西市畑町にあります愛宕山です。歩き始める前に谷町の八幡神社の石段に座って昼食としました。そばの桜が満開でした。お腹がふくれたところで、八幡神社の裏から始まっていました小径を歩き出しました。緩やかな道で雰囲気も良く、このままのんびりハイキングと思っていますと、途中から荒れてきました。ヤブコギにはなりませんが、倒木があったり道が不確かになったりとマイナーな雰囲気でした。それが愛宕山の山頂まで続きました。愛宕山から先は「歴史の森」のハイキングコースとなり、整備された遊歩道を歩くことになりました。このハイキングコースの目玉はゆるぎ岩で、「善人が押せば動き、悪人が押せば動かない。」とのことです。手をふれずに眺めるだけとしました。ところで午後は晴れると期待していたのですが、逆に雲が増えて、下山を終えたときはすっかり曇り空になっていました。
11-39  4/10 赤谷山(宍粟市)
    4月も10日となりましたが、今年の赤谷山には雪が残っていそうに思えました。そこで残雪登山を楽しもうと出かけました。パートナーは同行せず、単独行です。朝から快晴の空でした。雲一つありません。午前で登山を終わらそうと、戸倉スキー場コースをピストンで登ることにしました。スキー場には少し雪が残っていましたが、スキー場を過ぎて東尾根を歩くようになりますと、雪は全く見られなくなりました。裸木の自然林と落ち葉の尾根道が続きます。そのうちにちらほら雪を見るようになり、それが尾根を隠すようになったのは、県境尾根が近づいた頃でした。ようやくスノーシューを履いて、スノーハイキングとなりました。山頂手前はすっかり白くなっており、残雪の山を登る目的が達せられました。そして山頂に着きますと、そこは日当たりが良いようで、もう地表が広く現れていました。その山頂から春霞でうっすらした山並みを、暫し眺めて過ごしました。下山はすたすたと言った感じで往路を戻りますと、1時間半とかかりませんでした。予定通り、昼までで登山終了となりました。
11-40  4/10 京見山(姫路市)
TAJI  赤谷山から戻ってきたのは13時半でした。この日は県会議員選挙の投票日でしたので、パートナーと共に投票に向かいました。そのときトンガリ山を見ますと、6日前の山火事で、すっかり黒こげになっており、哀れな姿でした。投票を済ませた後は、パートナーと別れて一人で京見山散歩としました。才登山口からです。その才コースを歩き始めますと桜梅栗園を通りますが、その辺りから焼け跡が見られるようになりました。そこまで延焼していたようです。地表はすっかり焼けていましたが、立木は何とか残っている所が多いようでした。その焼け跡も、泣き坂峠まで来ますと見られなくなりました。後はいつもと変わらぬ登山道でした。山頂では山桜が満開でした。ソメイヨシノと違って控えめに咲く姿も悪くありません。この日の山頂からの展望は春霞で薄ぼんやりしていましたので、暫し桜の花を見て過ごしました
<14:19才登山口スタート/14:33泣き坂峠/14:43〜52山頂/15:05京見町中央登山口エンド。><晴れ。うっすらとした空で、北も南も春霞で、遠くは見えていなかった。気温は20℃ほどあり。風は無く、過ごし易かった。>
11-41  4/16 京見山〜白毛山〜才トンガリ山(姫路市)
      才のトンガリ山で山火事が発生したのは、4月4日の昼です。5日には鎮火しましたが、トンガリ山を中心に広く焼けてしまいました。その焼けた状態をはっきり見ようと、京見山から歩いて行くことにしました。焼け跡が現れたのは、泣き坂峠からでした。ただ全焼では無く、地表は黒こげながらも、立木は堪えるように立っていました。また全く焼けていない所もありました。白毛山まで歩いてからトンガリ山に向かいました。そちらは火の中心部だっただけに、丸焼け状態でした。原因はハイカーのたばこの火かも知れません。一本のたばこでこの姿になるのを見るのは、何ともやりきれないものです。
11-42  4/17 雄鷹台山(相生市・たつの市)
     朝から快晴です。昼から体が空きましたので、近くの山で過ごすことにしました。海が眺めてられて、しかもツツジの花も味わいたいと考えて向かったのが、御津山脈の雄鷹台山です。鳩ヶ峰のそばの登山口からスタートです。登山道は期待通りに点々とツツジが咲いていました。そして
瀬戸の島々が間近に眺められました。雄鷹台山からは仏ヶ台山へと歩いて行きました。この主脈もツツジに彩られていました。尾根道は以前に比べて少し荒れてきていましたが、その自然さも悪くありません。展望地では室津の港も眺められました。その尾根歩きですが、仏ヶ台山まで歩くには時間が足らず、途中までとして雄鷹台山に引き返して下山としました。3時間弱のミニハイキングを楽しめました。
11-43  4/23 京見山(姫路市)
TAJI  山頂に立ちますと、ウグイスのさえずりが幾つか聞こえていました。しかし明日が市会議員の投票日とあって、かまびすしい声が方々から聞こえていました。東の方向を眺めますと、姫路市街が夕方の光を受けて薄赤くなっていました。その夕陽はどこかと見ますと、宝台山の上にかかろうとしていました。夕方の山頂は少し冷えていましたが、ほてった体はTシャツ一枚でも十分に過ごせました。北を見ますと、足下の福井大池は湖面が静まっており、周囲の住宅を鏡のように映していました。
<17:46京見町西登山口スタート/18:05/山頂/京見町中央登山口に下りる。><午前に雨から曇りへと変わり、夕方となって青空が広がってきた。但し、周辺は雲が残っていた。山頂の気温は12℃、風はほとんど無し。視界は北は少し悪かったが、他の方向はまずまずの見え方だった。>
11-44  4/24 弥十郎ヶ嶽〜丈山〜北中山(篠山市)
        昨年の年末より弥十郎ヶ嶽から北中山までを歩きたいと考えていましたが、この日ようやく実行となりました。晴れの天気予報でしたので快晴を期待したのですが、この日の空は晴れてはいるものの雲が多く、視界もうっすらとしていました。周回で歩くため、辻奥山林道をアプローチとしました。まずは弥十郎北峰を目指しました。始め急坂の斜面を適当に登ったのですが、途中で登山道に出会えました。後は尾根の登山道のままに登りました。ただ天気が悪くなってきました。登るほどに雲が増えて曇り空になってきました。弥十郎北峰を越えて弥十郎ヶ嶽と順調に来たのですが、弥十郎ヶ嶽で休んでいますと、雨粒までぱらつくようになりました。カミナリも聞こえました。どうなることかと思っていますと、丈山に向かう途中より晴れてきました。そして丈山、北中山、飛曽山と歩くときは、青空になっていました。弥十郎ヶ嶽の山頂を除いてはあまり展望に恵まれない尾根歩きでしたが、落ち葉を踏みながらの静かな尾根歩きを楽しめました。
11-45  4/29 笠松山〜善防山(加西市)
     「昭和の日」で祝日でしたが、パートナーは用事がありましたので一人でハイキングです。近くで楽しもうと向かったのは古法華自然公園です。笠松山から善防山を周回で歩くことにしました。車は公園の西端にあります駐車場に止めてスタートとしました。キャンプ場はファミリーで大賑わいでした。その喧噪を離れて、笠松山の登山道に入りました。ツツジに彩られた登山道を登って笠松山の山頂に立ちました。山頂には展望台がありますが、ここからの伸びやかな風景は何度見ても良いものです。その後は善防山へ。吊り橋を渡って善防山コースに入りますと、もうハイカーはいません。善防山山頂はいたって静かでした。その善防山からは引き返す形で、220mピークにつながる尾根に入りました。220mピークを越した先にあります馬ノ背は、笠松山に劣らない好展望地です。笠松山が対峙していましたが、ここから見る笠松山が一番良い姿ではと思いました。そこを過ぎますと、大柳ダム湖を見ながらの下りで、ダム湖のそばに戻って来ました。ざっと3時間ほどのミニハイキングを楽しめました。
11-46  4/30 妙見山〜釜口山(淡路市)
    淡路島で気になっていた釜口山を登ることにしました。一等三角点の山です。但し山頂そばを林道が通っていますので、登山対象には見られていないようです。その釜口山をふもとから歩こうと考えました。そこで東麓の妙勝寺から歩き始めました。細々と続く車道は山上にあります月ノ山観音までのハイキングコースになっていました。そのハイキングコースのままに歩いても良かったのですが、途中からは地図に破線で描かれていました小径を辿りました。その小径ですが、登るうちにけっこうヤブ道になってきました。そのうちに外れてしまいましたので、後は適当に登りますと、ちょうど月ノ山観音の前に出ました。そこから林道歩きの開始です。釜口山を目指したのですが、目印が無かったためか、通り過ぎてしまいました。そこで妙見山まで歩くことにしました。妙見山では山頂の妙見宮のそばで昼食としました。妙見山からは林道を引き返して、釜口山の位置を丁寧に探しました。NTTの電波塔が建つピークの隣りが釜口山でした。展望の無い山頂でしたが、やはり一等三角点は立派でした。そこからの下山はひたすら林道歩きです。月ノ山観音から先はハイキングコースの標識に従って下りますと、無事に妙勝寺に戻って来られました。この日の多くは林道歩きでしたが、常緑樹が濃く茂る淡路の山歩きを楽しめました。
11-47  5/ 1 京見山(姫路市)
TAJI   この日の午後はガーデニングで過ごしました。それが終わったのは18時が近い時間でした。曇っていた空にも僅かに青空が見られるようになっていました。まだ十分に明るさがありましたので、京見山散歩としました。尾根を彩っていたミツバツツジはしぼむ花が多くなったようです。替わりに茜色のヤマツツジが咲き始めていました。この日の視界はモヤが強く、特に北の視界は悪いようです。近くの書写山でも、ごくうっすらとしか見えていませんでした。
<17:46京見町西登山口スタート/18:05山頂/京見町中央登山口に下りる。><朝はときおり小雨のぱらつく暗い空だったが、昼からは少し明るさのある曇り空となる。そして散歩を始めた夕方の空は、僅かに青空が覗くまでになっていた。山頂の気温は17℃、風は無し。視界はモヤが強く、近くの風景もうっすらとしていた。>
11-48  5/ 2 相場ヶ裏山(赤穂市)
      赤穂市と備前市を分ける県境尾根に、三等三角点(点名・帆坂)を持つ395mピークがあります。その山が旗振り山だったようで、相場ヶ裏山の名があることを知りました。以前から少し興味を持っていましたので、登ってみることにしました。スタート地点は帆坂峠を越して岡山県側に入った所にある夜泣地蔵からです。北へと沢沿いの小径を歩きましたが、ヤブ道になってきましたので、沢の中を歩きました。岩の上をけっこう伝って歩くことが出来て、沢歩きとして楽しめました。枯れ沢となって不確かになりましたので、県境尾根に向かいました。少しイバラやシダがありましたが、特に厳しくなることも無く、ごく普通のヤブ山として山頂に立ちました。その山頂は木立に囲まれていましたが、近くに崩壊地があって、そこからは広く赤穂の山並みが眺められました。但し、黄砂のために薄ぼんやりとした視界だったのは残念です。たまにヤブ山を登るのも新鮮さがあって面白いものだと、この山を登って思いました。
11-49  5/ 3 野坂岳(福井の山)
    5月連休をずっと自宅で過ごすのもどうかと思いまして、急きょ一泊二日で若狭の山を楽しむことにしました。初日は敦賀富士と呼ばれています野坂岳です。朝をゆっくり出ましたので、野坂いこいの森キャンプ場の登山口に着いたときは昼になってしまいました。その登山コースですが、これが適度な登り安さで、ごく気楽な登りでした。連休中とあって多くの人とすれ違いながら登って行きました。山頂まで1時間半でした。そこは一組のファミリーがいるだけの静かな山頂でした。そのファミリーもすぐに山頂を離れましたので、後はパートナーと二人だけの貸し切り状態となりました。山頂は広く開けており、360度の展望でした。但し黄砂のために視界が濁っていたのは残念の一言です。それが山頂で過ごすうちに強い風が現れて、次第に視界は良くなってきました。ほとんど見えていなかった敦賀湾が眺められるようになり、また近くの山並みもまずまず見えるようになりました。おかげで1時間ほど山頂で過ごしてしまいました。それでも16時前には下山を終えましたので、藻坂岳は標高の割には何とも易しい山だったようです。
11-50  5/ 4 三十三間山(福井の山)
    「若狭の山」の山行2日目は、若桜町と滋賀県高島市との県境尾根にあります三十三間山です。国道27号線の間近に登山口がありますので、ごく気楽にアプローチ出来る山です。始めは沢沿いを暫く林道歩きでした。沢を離れて植林地を登り出しましたが、急斜面を登山道はつづら折れで続きますので、無理のない登りでした。尾根を登るようになっても尾根の傾斜はきつめでしたが、それもしっかりと登れる感じがあって悪くありません。山上に出ますと、笹原の広がるなだらかな尾根となりました。優しげな風景でしたが、よく見ますとササは鹿の食害で哀れな姿でした。山頂は展望が良くなかったため、すぐに笹原に戻ってきました。そこで一休みとしたところ、どうも風の通り道のようで、風の冷たさにのんびり休める雰囲気ではありません。そこで県境尾根を南へと歩いて、711mピークのそばで休憩としました。そこは風も無く穏やかでした。またそこから見る三十三間山の姿は悪くありませんでした。ガイド本通りに歩くのでは無く、少しメインコースを離れてみるのも面白いと思いました。
11-51  5/ 5 鷹の子山(姫路市・たつの市)
    5月連休の最終日は、近くの山で昼を過ごすことにしました。パートナーは用事がありましたので、一人で出かけました。この鷹の子山は姫路市とたつの市の境に立つ山で、「郷土誌おおいち」で太市では一番高い山として紹介されています。その鷹の子山へのルートですが、槻坂トンネルをたつの市側に抜けた位置よりスタートしました。竹林の中を登り始めますと、ごく無難に市境尾根に出ました。市境尾根にははっきりとした小径が続いており、それを辿って北へと歩きました。間近を山陽自動車道が通るだけに、その騒音が少しうるさく感じました。鞍部の槻坂を越えて登り坂にかかりますと少しヤブっぽくなりましたが、軽いヤブコギ程度で山頂に立てました。周囲は雑然とした雑木林で、いかにも人の訪れが少なそうな山頂でした。下山は登って来たルートを引き返しました。その帰路で展望を求めますと、露岩が所々でありましたので、瀬戸の方向や新龍アルプスなど、まずまずの展望が得られました。
11-52  5/ 7 向山(姫路市・たつの市)
   近くの山で昼食をとることにしました。この向山は13年ぶりです。北側の緩い尾根をヤブコギ覚悟で登ろうと考えていたのですが、舞子池のそばから歩き易い山道が山頂までずっと付いていました。おかげで新緑を愛でながら、のんびりと尾根歩きを楽しめました。この向山の登山コースには、山頂を含めて露岩の展望地が三カ所ありました。その中で一番広い第2テラスで昼食としました。遮るものの無い視界が広がっていました。どの山の新緑の盛りでした。その後は登山道のままに下って行きますと、大明神社を通って向井霊苑のそばに下り着きました。ここまでのハイキングが楽しかったので、山すそを歩いて戻らず、歩いてきた登山コースを逆に辿ることにしました。結局、向山を二度登ったことになりました。
11-53  5/ 8 京見山(姫路市)
TAJI  才登山口からのコースは山火事跡を通りますが、一ヶ月が経過して、黒い焼け跡からササの新芽が幾つも目に付くようになりました。どれも10センチ以上あり、中には20センチ近いものも見られました。ササの生命力の強さを感じました。山頂のミツバツツジはほぼしぼんでおり、替わりにヤマツツジの花が鮮やかでした。
<17:17才登山口スタート/17:31泣き坂峠/17:39山頂/京見町西登山口に下りる。><快晴。但しモヤがかった空で、上空はうっすらとした青空だった。周辺は白い色になっていた。気温は21℃。風はほとんど無し。視界は悪く、黒尾山がごくうっすらと見えていた。>
11-54  5/14 六郎谷(鳥取の山)
    新緑を楽しもうと、鳥取県の八頭町に向かいました。目的はちょっと変わった山名の六郎谷です。山頂から真っ直ぐ北に延びる尾根を歩くことにしました。但し往路は西麓を走っている林道を利用してです。林道を途中で離れて六郎谷の山すそに取り付きました。急傾斜の尾根でしたが、新緑が目を楽しませてくれました。その支尾根を登って北尾根の途中に辿り着きました。北尾根は植林もありましたが自然林も多くあり、しかも大ぶりな木が多いとあって、新緑は期待通りでした。ただ緑が豊かな証拠ですが、どうも木立に切れ目が無く、展望はほとんどありませんでした。山頂もしかりです。山の静けさと新緑を愛でて憩いました。下山はひたすら北尾根を下って行きますと、野町集落のそばに下り着きました。登山道は無く、地図だけが頼りのマイナーな山を登るのも面白いものです。
11-55  5/15 猫山(鳥取の山)
     前日に続いて鳥取県八頭町の山を登ることにしました。猫山は六郎谷よりも少し西に位置する山です。前日の六郎谷と同じく、この山も情報が少なく、地図を頼りに登ることにしました。その往路は一番簡単と思える猫山林道をアプローチとするルートにしました。猫山林道は入口にクサリがありますので、起点から歩くことになりました。その林道の終点から先は急斜面で小径はありません。適当にヤブコギをしながら登ることになりました。ちょっと厳しい登りでしたが、植林地に入って少しは楽になりました。そして山頂手前の490mピークに着きますと、そこには登山道が北側から来ていました。後は登山道を歩いて楽々と山頂でした。山頂は展望がありませんでしたが、落ち着ける所でした。下山は登山道を下って行くことにしました。途中から植林帯に入り、無難に猫山林道に下り着きました。山頂では南からの登山道も見ましたので、やはり里山には何らかの登山道が付いているものだと改めて思いました。
11-56  5/15 京見山(姫路市)
TAJI 道の駅に寄り道したりして、鳥取から戻ってきたのは15時でした。後かたづけが一段落したところで、夕方の京見山散歩としました。才登山口から登り始めましたが、焼け跡から生え出したササの新芽は、大きいものははや30センチほどになっていました。新しい枝を伸ばし出した木も見ました。山頂では快いばかりの涼しい風が吹いていたのですが、視界はうっすらとしていました。南は家島がうっすら、北は宍粟の山はモヤの中でした。その山頂ではモチツツジの花があちらこちらで満開でした。
<16:36才登山口スタート/16:49泣き坂峠/16:58山頂/京見町中央登山口に下りる。><上空は薄雲が広がっており、青空は淡い色だった。周辺は薄雲のために白くなっていた。山頂の気温は19℃。日なたは25℃ほどと思える暑さだったが、木陰は涼しかった。南風があり、その風に吹かれていると快いばかりだった。>
11-57  5/21 雌岡山〜雄岡山(神戸市)
     雄岡山、雌岡山はハイキングとしては簡単すぎることと、二つの山を移動するときに車道を暫く歩くことが嫌で、再訪は考えていませんでした。それが初めて登ったときから16年が経って、登ったときの印象が薄れてきました。そこで山のイメージを掴みたく、再訪としました。車は雌岡山のふもとに止めて、雌岡山ハイキングから始めました。少し蒸し暑さを感じながらの登りでしたが、山頂では涼しい風を受けました。うっすらとした視界の中に明石海峡大橋が眺められました。そして雄岡山へ移動です。やはり車の通行が気になりましたが、歩道を暫く歩いて雄岡山の登山道に入りました。登山道は歩き易い上に、自然林が優しげな風景を作っていました。山頂の佇まいも悪くありません。高雄台の住宅地へと下って、再び歩道歩きで駐車地点に戻りました。久々の雄岡山、雌岡山でしたが、前回よりも良い印象を持てました。
11-58  5/22 京見山(姫路市)
TAJI  午前に強い雨がありましたので、山頂に立ちますと、思いのほか澄んだ視界が広がっていました。北を見ますと、後山がはっきり見えていました。ただそちらはまだ雲が残っており、後山は山頂ぎりぎりまで雲がかかっていました。南の空は更に澄んでおり、家島の背後には四国の山並みがけっこうはっきり見えていました。東も六甲の山並みが、稜線をくっきりと見せていました。
<16:35京見町西登山口スタート/16:53山頂/京見町中央登山口に下りる。><午前は一時的に強い雨が降った。その後はぱらつく程度だったが、夕方になって一気に晴れてきた。上空は少し薄雲があるものの、青空が広がるまでになっていた。山頂の気温は19℃で風は無し。雨が空気の濁りを落としたのか、視界はくっきりとしていた。>
11-59  5/28 東山(宍粟市)
    小雨模様の天気でしたので、新緑の中を傘を差しながら気軽に登れる山に向かうことにしました。そこでどの山が良いかと考えたとき、さっと東山をフォレストステーション波賀側から登るコースが思い浮かびました。このような天気では登る人はいないと思えましたので、車は尾根コースの登山口そばまで進めました。そこから山頂までピストンの考えです。登山は期待通りでした。風はほとんど無く、傘を差しながらのんびりと歩けました。新緑は雨に濡れて落ち着いた色を見せていました。ガスの漂う中の登りでしたが、山頂はガス帯を抜け出ていました。しかも着いた頃より雨は小止みとなりました。おかげで雲海の風景を楽しめました。終始パートナーと二人だけでのハイキングで、美しい東山を十分に楽しめました。
11-60
11-61
11-62
 6/ 4 大戸山(淡路市)
       常隆寺山(淡路市)
       山王山(淡路市)
     6月20日から千円高速の制度が中止されると聞きました。淡路島には4月の終わりに行ったばかりでしたが、リーズナブルな通行料のうちに、もう一度淡路の山を登ろうと考えました。この日は楽に登れる山を三つ登ることにしました。最初に登った大戸山は、山頂まで遊歩道が付いていました。但し作った後は放置されていたようで、少々荒れてきていました。山頂は展望台になっているのですが、周囲の木立が大きく育っており、むしろ展望の悪い山頂でした。二つ目は兵庫100山に選ばれています常隆寺山です。こちらは山頂そばの常隆寺山まで車道が通じています。その車道を利用して常隆寺に近い位置から歩き始めました。常隆寺に着きますと、その裏手から山頂への道を登って行きました。この常隆寺山は二度目となりますが、山頂の木立が切られており、以前よりずっと展望が良くなっていました。但しこの日の視界はモヤがきつく、近くの海岸線も判然としていませんでした。三つ目の山王山も山頂まで車道が通じています。ごく小さな山ですので、ふもとから歩きました。30分で山頂でした。山頂には山王神社が建っており、いかにも鎮守の森に建っていると言った感がありました。三つの山を終わってもまだ14時前でしたが、それ以上登ると一つ一つの山の印象が薄れると思い、三つにとどめて帰路につきました。
11-63  6/ 5 京見山(姫路市)
TAJI この日は才コースを登って行きましたが、このコースは山火事跡を通ります。三ヶ月が経って、地表にはたくさんササが現れていました。大きなものは1メートルほどにもなっていました。陽当たりが良いため、生長が早いようです。またワラビも混じっていました。山頂は花の季節を終えようとしており、モチツツジの落花が進んでいました。梅雨どきとあって空気は十分に水分を含んでおり、薄ぼんやりとした視界でした。北は宍粟の山は見えません。南も家島がうっすらと見える程度でした。
<16:28才登山口スタート/16:41泣き坂峠/16:50山頂/京見町西登山口に下る。><曇り空。上空のみうっすらしており、僅かに淡い青空が覗いていた。山頂の気温は21℃。山頂では南西の風を受ける。湿っぽかったが涼しさあり。視界はうっすらとしていた。>
11-64  6/11 飯盛山(加西市)
     梅雨空でしたので、散策として楽しめる山に向かいました。飯盛山は加西市のフラワーセンター内にある小さな山です。山頂そばの展望台まで遊歩道が通じています。その飯盛山の山頂に立つことも目的の一つでしたが、主目的は園内散策です。ごく軽い散歩と考えていたのですが、このフラワーセンターで思わぬ苦労をしてしまいました。地図を見ますと、園内の南東の丘に三角点記号(点名・豊倉)が見えます。ついでと言った感じで向かいますと、丘のピークはヤブでした。すぐに引き返したのですが、勘違いをして南の方向に下ってしまいました。そちらは全くのヤブでした。そこでヤブコギでピークへと引き返したのですが、隣りのピークに立ってしまうやらで散々でした。園内に戻りますと、そこは穏やかな世界です。亀倉池の周囲を散策しながら花々を愛でました。また飯盛山の山頂からは園内風景も楽しみました。結局、園内には4時間ばかり居て、フラワーセンターの散策を満喫しました。
11-65  6/18 才トンガリ山(姫路市)
    トンガリ山が山火事に逢ってから二ヶ月が経ちました。遠くから見ますと、山頂はうっすら緑色になっています。その様子を間近で見ることにしました。才天満神社から登って行きますと、山火事跡はササで青々としていました。これまであまり見なかったワラビもよく目に付きました。黒く焼けた木立でも、根元から若い芽を出しているのもあり、山の生命力を感じました。山頂もしかりです。最も火の回った所ですが、ここもササに覆われていました。ただ地表は変化があるのですが、黒く焼けた木は裸木のままです。その黒い木立の中にも残った芽から若葉を出しているのもあり小さな変化は見られました。この山がどのように再生していくのか、新たな興味が湧いてきました。
11-66  6/19 京見山(姫路市)
TAJI&HM  出かけた先から自宅に戻ってきたのは15時前でした。パートナー共ども昼食会で食べ過ぎていましたので、体を動かしたくなりました。遠くには出かけられませんので、京見山を少し長く歩くことにしました。そこで勝原区山戸の春日神社までふもとの道を歩いて、神社の登山口から登り出しました。このコースは尾根に出るまで急坂が続きますので、良い運動になります。じめじめとしていましたので、汗も大いにかきました。この天気のためか、山頂には誰もいませんでした。山頂からの視界は悪く、北は新龍アルプスさえうっすらと、南は海も空も灰色で、家島は全くモヤの中でした。
<16:30春日神社登山口スタート/16:37〜39急坂を登りきった所で一休み/17:04山頂/京見町中央登山口に下る。><どんよりとした曇り空で、湿度も高く蒸し蒸しとしていた。但し気温は22℃程度だった。山頂では南風が少しあり、涼しさが感じられた。視界は悪く、近くの風景もうっすらとしていた。>
11-67  6/25 扇山(加東市)
       多少の雨でも気にせず歩ける山に行くことにしました。それとプラスして温泉が近くにある所を考えたとき、加東市の五峰山をハイキングを思いつきました。歩き足りなければ播磨中央公園の散策も出来ます。その心づもりでいますと、天気が悪いと予想された週末が、急に晴れの予想に変わってしまいました。それでも予定通り五峰山に向かいました。播磨中央公園第1駐車場がスタート地点です。朝から30℃を越す暑さでした。往路は車道を歩いて光明寺に着きました。光明寺は木陰が多くあって過ごしやすい所でした。暫く境内を散策して、最後に五峰山の最高地点となる扇山に立ちました。ここまでは特に暑さを感じることもなく過ごせたのですが、ハイキングコースを歩いてふもとに下りてきますと、気温は35℃になっていました。後はサイクリングロードを歩いて駐車地点に戻ったのですが、その暑さに一気に体がだるくなってしまいました。温泉に入る気持ちにもなれず、播磨中央公園を散策する気も起きません。早々と退散しました。
11-68  6/26 京見山(姫路市)
TAJI  ガーデニングを終えてから京見山散歩としました。風の強い日で、山頂に立ちますと、台風が近づいているのかと思えるほどの強い風を受けました。東シナ海を通過している台風の影響かも知れません。北を見ますと黒い雲が広がっており、姫路地域の山が見えるだけでした。南は淡路島も小豆島も見えていませんでしたが、家島諸島は見えており、なぜか男鹿島がはっきりと見えていました。西の空は雲が薄く、一部青空が覗いており、夕陽が見えていました。そのため山頂だけでなく、飾磨の町も広畑の町も夕方の光を受けていました。
<17:33京見町西登山口スタート/17:51山頂/京見町中央登山口に下る。><ほぼ曇り空。西の空は薄い雲で、うっすら夕陽が覗いていた。北は黒い雲が広がっていた。気温は26℃。空気は湿気をたっぷり含んでいた。風が強く、南から台風かと思える強い風を受けた。視界は北の方向は悪く、ほとんど見えていなかったが、他の方向はやや悪い程度だった。>