登山記録:2011年(7月〜12月)   
          
  
11-69  7/ 2 白岩山(神河町)
     ごく低山のハイキングが続いていましたので、少し標高のある山に登りたくなりました。梅雨どきで無理のない山を考えたとき、白岩山を思いつきました。三度目です。車は東コースと西コースの分岐点に止めて、東コースを登って行きました。始めは舗装された林道歩きでした。登山道に入っても周囲は植林が多いとあって、登る楽しさは少ないと言えます。この日は湿度が高く、大汗をかきながらの登山でした。西尾根を登るようになって大岩が点在する風景となり、ようやく雰囲気は良くなってきました。但し周囲はガスです。山頂に着きますと涼しい風があり、その風に誘われて少しばかり昼寝をしました。その間にガスは薄れており、目覚めたときは南に笠形山、西に八幡山が望めるまでになっていました。下山は西コースを歩きました。西尾根を離れますと、後は植林地の急斜面をひたすら下って行きますので、1時間で下山でした。梅雨の最中の登山としては、山頂で涼しく過ごせて、また展望も楽しめて、まずは満足出来る白岩山でした。
11-70  7/ 3 京見山(姫路市)
TAJI  前週と同様にガーデニングを終えてから京見山散歩です。西登山口を登って尾根に出ようとしたとき、近くからシカの声が聞こえました。京見山で聞くのは初めてです。かん高い声を何度も発していました。蒸し暑い夕方の山頂は誰もいません。視界は北も南もうっすらとして、ほとんど見えていませんでした。早く梅雨が明ければと思いました。
<17:42京見町西登山口スタート/18:00山頂/京見町中央登山口に下る。><曇り空。どんよりと黒い雲が広がっていた。山頂の気温は25℃。風は無く、ひたすら蒸し暑かった。視界はかなり悪かった。>
11-71   7/ 9 東山(鳥取の山)
        鳥取若桜の東山は、ネマガリダケにすっぽりと包まれたヤブ山のイメージでしたが、そこに切り開きの道が出来て、容易に山頂に立てるようになったようです。東山は標高が1400mに近いとあって、十分に高度感を持てますので、その切り開き道を登りたくなりました。車は沖ノ山林道の智頭町と若桜町の境に止めて、そこから始まる作業道を歩き出しました。すぐに目印があり、すんなりと尾根の切り開き道を歩き出せました。登るほどにブナ林が広がるようになり、雰囲気は悪くありません。そして山頂が近づきますと展望も広がって、氷ノ山がすっきりと眺められました。ゆっくりと歩いたのですが、50分少々で山頂到着です。その山頂では涼しいばかりの風を受けました。山頂でも素晴らしい展望がありました。最近になって木が切られたようで、山並みだけでなく、鳥取市街も眺めれました。この日は町境尾根のピストン登山でしたが、糸白見集落への道もありましたので、これからは東山登山はポピュラーになるのではと思えました。
11-72  7/10 京見山(姫路市)
TAJI&HM  また夕方の散歩ですが、澄んだ空を見て、珍しくパートナーが同行です。こちらは少し早足で登りましたので、パートナーは4分遅れての山頂到着でした。その山頂は南から涼しい風が吹いており、過ごしやすい山頂でした。そして視界は思っていた以上に澄んでいました。北は後山の尾根だけでなく、三室山もくっきり見えていました。南の視界は更に素晴らしく、鳴門大橋だけでなく、その右手に四国の山並みが普段見る家島ぐらいにはっきり見えていました。もう梅雨は完全に明けたようです。
<17:41京見町西登山口スタート/17:58山頂/京見町中央登山口に下る。><快晴。積乱雲があちらこちらに湧いていた。山頂の気温は28℃。山頂では南風が少し強く吹いており、涼しさがあった。視界は十分過ぎるほど澄んでおり、四国の山並みがくっきりと見えていた。>
11-74
11-75
 7/22 鶴ヶ嶺(豊岡市)
       兜山(京都の山)
     但馬の低山を登ることにしました。鶴ヶ嶺は別名、三方富士と呼ばれるようにの良い山です。天気予報は悪くなかったので気軽に考えていたのですが、当日の空はどんよりとしていました。北へ向かうほど天気は悪くなり、高い山は雲に隠されていました。日高町に入りますと、鶴ヶ嶺も山頂にガスがかかっていました。登山経路は知りませんので、南麓の観音寺集落から適当に登りました。おおむね植林地を登ることになり、特に難しくも無く山頂に立てました。山頂一帯は城跡になっており、落ち着いた雰囲気でした。但し山頂はガスの世界で、おまけに霧雨が降って来ました。ただ安らぎの空間として過ごすのみでした。下山を終えても昼を回ったばかりでしたので、以前から気になっていました久見浜湾の兜山に向かいました。ごく低山で、しかも山頂まで車道が通じていますが、山麓のかぶと山公園から遊歩道を登って行きました。山頂には展望台があり、眼下に久見浜湾の風景が広がっていました。鶴ヶ嶺では全く展望を楽しめなかったのですが、この兜山で十分過ぎる展望を楽しめました。
11-76  7/23 来日岳(豊岡市)
     円山川の河口に近い西岸で、すっくと立つ来日岳は目立つ山です。この山を初めて登ったのは、雪の積もる96年1月のことでした。そこで次に登るのなら季節を変えてと考えていました。来日バス停のそばには登山口標識があり、地図を見ることも無く登山道に入れました。登山道は始め植林の中を続きましたが、登るほどに自然林が取り巻くようになり、優しげな風景となりました。急坂が多くありましたが、登山道は良く踏まれており、しっかり登れる感があって悪くありません。山頂まで90分ほどでした。山頂は電波塔が多くあって無粋ですが、涼しい風が吹いており、気持ち良く過ごせました。また山頂展望もまずまずありました。一時間ばかりを涼しく過ごして、往路をすんなりと引き返しました。来日岳を登り終えて、姿が良いだけで無く、登って楽しい山だと改めて思いました。
11-77  7/31 唐船山(赤穂市)
       登山口の標識には、唐船山は兵庫県の最低峰と書かれていました。この日は別に唐船山が目的では無く、唐船海岸の海水浴が目的です。唐船山は登山道があり、3分で山頂に立てました。山頂の展望は良く、瀬戸の海を目いっぱいに眺められました。但し、この日の視界はモヤが強く、小豆島は輪郭が解る程度でした。唐船山に立った後は、そばの唐船海岸(赤穂唐船サンビーチ)で海水浴を楽しみました。前週の台風の影響で水は少し濁っていましたが、遠浅の海岸は少し沖に出ても、楽々と立てました。また瀬戸の海は波が穏やかとあって、泳ぐのは何とも気楽なものです。少し泳いでは昼寝を楽しみと、ごくのんびりと過ごしました。
11-78  7/10 京見山(姫路市)
TAJI  昼を海水浴で過ごしましたが、単に水遊びでしたので運動が足りません。そこで帰宅後、京見山を登ることにしました。この頃には空は薄曇りに変わっていました。直射光を受けることが無いため、昼下がりと言えども、無理なく登って行けました。その京見山の山頂では、やたらと蝶が目に付きました。クロアゲハが多いようでしたが、どの蝶も生き生きと飛び回っていました。
<14:52京見町西登山口スタート/15:11山頂/京見町中央登山口に下る。><薄曇りから曇りと言った空。気温は28℃で、ほぼ無風状態だったが、ときおり弱く吹く風には涼しさがあった。視界はうっすらとしており、北は宍粟の山は見えなかった。南は空も海も白くなっており、ごくうっすらと小豆島が見えていた。>
11-79  8/ 6 譲葉山(丹波市)
    丹波の低山で、じっくり尾根歩きを楽しむことにしました。譲葉山の知識は有りませんでしたが、八幡神社を目指しますと、柏原高校のそばに登山口標識を見ました。そこでそのコースを登ることにしました。気温は25℃ほどでしたが、蒸し暑い日で、大汗をかきながらの登りでした。登山道は易しいまま続いていたのですが、蒸し暑さのためによれよれになって山頂に着きました。山頂には譲葉神社があり、一帯はすっかり植林地のため展望はありません。但し涼しい風が吹いていましたので、ひたすら昼寝を楽しみました。午後は北へと「分水界の径」を歩きました。展望はよくありませんが、尾根は優しさがあって良い雰囲気でした。それでも蒸し暑さでばて気味になり、梅堺のピークでも暫し昼寝としました。下山は野村峠まで歩き、そこより柏原市街に向かう山道を下りました。暑い季節に思いっきり汗をかくのも良いものです。
11-80  8/ 7 京見山(姫路市)
TAJI  前日の夕方からの澄んだ空が続いていました。北は後山の尾根がくっきりと、南も四国の山並みが眺められました。また積乱雲が北の空にも南の空にも浮かんでいました。山頂は下草が青々としています。蝉しぐれの中で立っていますと、まさに盛夏であることを実感しました。
<16:49才登山口スタート/17:02泣き坂峠/17:11山頂/京見町中央登山口に下る。><快晴。薄い雲が浮かんでいた。山頂の気温は夕方なのに29℃と高かったが、涼しい風が吹いていたので、意外と快かった。視界は良く澄んでいた。>
11-81  8/13 二俣山〜皆ヶ山(岡山の山)
    お盆休暇に入りましたが、高速道の渋滞を考えますと、遠くに出かけるのがためらわれました。そこで渋滞に巻き込まれず、また夏の登山として手頃な山でと考えて、蒜山高原の皆ヶ山に向かうことにしました。この日は快晴でした。車は蒜山高原キャンプ場の駐車場に止めましたが、キャンプ場はファミリーキャンパーで大賑わいでした。そのキャンプ場の奥から登山道が始まっていました。登山道の周囲は自然林が続き、まさに森林浴でした。登るほどにブナが増えてきました。ただ急坂も現れて、けっこう大汗をかいての登山でした。二俣山に着きますと、そこは涼しいばかりの風が渡っていました。その先では展望も現れて、大山の姿も眺められました。皆ヶ山山頂は笹が刈られたようで、東に向かって展望が広がっていました。眼前に見えるのは上蒜山でした。但し山頂は強い陽射しをまともに受けました。そこで風の涼しい二俣山に戻って、昼休憩をすると共に、昼寝も楽しみました。暑い盛りでしたが、夏ならではの空気感が味わえて、楽しい登山でした。
11-82  8/14 京見山(姫路市)
TAJI  夕方の京見山散歩です。前週に続いて才コースを歩きました。風も無くけっこう蒸し暑い中でしたが、マイペースで良い汗をかけました。相変わらず蝉の声が賑やかな山頂でしたが、アブラゼミの声が多くなったようです。上空をトンビが三羽のんびりと飛んでいました。暫く雨が降っていないため地表は乾ききっており、ぜひとも一雨欲しいと思いました。
<16:17才登山口スタート/17:29泣き坂峠/16:48山頂/京見町西登山口に下る。><上空は薄い青空が広がっていたが、西の空は薄晴れになっており、直射光を受けることは無かった。山頂の気温は29℃。山頂ではなま暖かい風が吹いていたが、その風が強く吹くときは、涼しさが感じられた。視界はうすぼんやりとしており、南の方向で見えるのは広畑港までだった。北も新龍アルプスの山並みが分かる程度だった。>
11-83  8/15 竜ヶ岳(多可町・丹波市)
        一時間程度で山頂に立てて、涼しい風に吹かれながら休みたいと思いました。そして山域は播州でと考えたとき、多可町の竜ヶ岳が思い浮かびました。清水峠に近い登山口からの最短コースが希望に叶いそうです。この日は晴れの予想でしたが、雲の多い空で、おかげでさほど暑さを感じず登って行けました。また播丹尾根に出ますと、涼しい風を受けるようになりました。残念なのは視界の悪いことで、千ヶ峰など高い山にはガスがかかっていました。ゆっくり歩いて、ちょうど一時間で山頂でした。その山頂には予想以上に涼しい風が吹いており、快いばかりでした。但し、小蠅もたくさんいましたが。展望は楽しめないとあって、ひたすら昼寝を楽しみました。おかげで2時間余りも山頂で過ごしてしまいました。真夏に涼しさを味わえるのは有り難いものです。
11-84  8/20 三濃山(相生市・上郡町・たつの市)
    どんよりとした曇り空で、午後は雨の予想でしたので、近くで気になる山を訪れることにいました。三濃山は南側から登るのが一般的ですが、北側の光都側からも登れます。その北側コースを歩くことにしました。登山口の標高は390mですので、山頂との標高差は100m少々しかありません。登山口に着いた直後より雨となりました。第二配水池のそばから始まるハイキングコースを歩き出しますと、道はすっかり遊歩道として整備されており、ごく簡単に山頂に立てました。ガスの漂う山頂はひっそりとしていました。その山頂で気になっていましたのは老アカガシの回復具合ですが、保存会の努力によって、ヒコ生えが地道に育っていました。それを見届けて下山としました。下山は1.6kmコースを歩きましたが、その登山口に出たとき、空き地に20頭ほどの鹿の群れを見ました。こんなに多くの鹿をみたのは初めてです。
11-85  8/21 京見山(姫路市)
TAJI  土日共に雨になったのは残念ですが、干天の慈雨です。山頂の木立を見ますと、一気に緑の濃さが増したようでした。雨と共に気温は下がっており、山頂は8月とは思えない涼しさがありました。
<16:58京見町西登山口スタート/17:17山頂/京見町中央登山口に下る。><この日は終日雨模様の空で、雨は降ったり止んだりを繰り返していた。夕方は小止みになっており、登っているときは雨に遭わなかった。山頂の気温は23℃。弱いながらも風が吹いており、涼しさがあった。視界は悪く、北は宍粟の山は見えず、近くの書写山は山頂を雲に隠されていた。南は家島は見えるものの、淡路島はモヤの中だった。>
11-86  8/27 京見山(姫路市)
TAJI&HM  この日は遠くに出かける予定は無く、京見山山頂で昼食をとることにしました。けっこう汗をかいて山頂に立ちましたが、野外で食事をするのは気持ちの良いものです。
<11:33京見町西登山口スタート/11:52山頂/京見町東登山口に下る。><晴れ。白い雲が多く浮かぶ。山頂の気温は28℃で、風はほとんど無し。視界はややうっすらとしており、北は黒尾山まで、南は淡路島の輪郭が分かる程度だった。>
11-87  8/28 飯降山(福井の山)
     福井県北部にあります経ヶ岳を目指しました。大野市に入ったときは山頂も見えていたのですが、いざ登り始めますと、上空をガス雲が広がり出しました。ガスの中で山頂に立ちたく無く、経ヶ岳は諦めることにしました。替わりに選んだのが大野市と福井市の境界尾根にあります飯降山です。大野市の市街地に近い位置に登山口がありましたが、登山を始めたときは11時が近い時間になっていました。蒸し暑い日中の登山とあって、たちまち大汗です。歩き易い登山道でしたが、次第にばててきました。そこで無理をせず、体がだるくなったときは登山道の上で暫く昼寝をしました。そしてまた登ります。それを何度か繰り返して登りましたので、山頂には3時間半近くかかっての到着でした。その山頂でも昼寝としました。涼しい山頂でしたのですっかり元気になり、おかげで下山は楽でした。ほとんど休まず下れました。暑い日の登山は、無理をしないことに限ります。ところで経ヶ岳は予想通りに雲に隠されていましたので、この日の目標切り替えには納得出来ました。
11-88  8/29 頭巾山(福井の山)
      福井県と京都府を分ける尾根では、頭巾山は最高峰となります。その頭巾山を福井県側の野鹿谷林道コースで訪れました。林道は登山口まで通じていますが、途中荒れている所もありましたので、少し手前の野鹿の滝遊歩道が始まる位置から歩き出しました。林道沿いの警告を眺めながら歩きますと、30分で登山口でした。登山道は尾根に出るまで植林地をつづら折れで続いていましたが、尾根を歩くようになりますと、自然林に囲まれるようになりました。山頂が近づきますと急坂も現れましたが、特に無理もなく一時間で山頂でした。山頂は静かな落ち着ける所でしたが、蒸し暑い中を登って来ましたので、まずは山頂のおこもり堂で暫しの昼寝としました。一息つけたところで周囲の展望を楽しみました。下山は登ってきたコースをすんなりと引き返しました。下山を終えますと、最後に野鹿の滝を訪れました。落差があり水量もたっぷりで、見栄えのする滝でした。
11-89  9/ 3 京見山(姫路市)
TAJI  終日、台風12号の強風と雨が続いた日でしたが、その台風の中、夕方に京見山を登ってみました。京見会館の東側から始まる登山道は、水の流れになっていました。そばの沢は滝になっている所もあり、普段とは違う風景になっていました。それも中腹を過ぎますと、ごく普通に登って行けました。山頂は南からだけで無く、北からも強風があり、舞っているようでした。下山でも京見町西登山口が近づきますと、登山道は水の流れになっていました。
<15:53京見町中央登山口スタート/16:08山頂/京見町西登山口に下る。><台風12号が接近中とあって、強風と雨だった。山頂の気温は24℃ほど。風は強風ながらも生暖かさがあり、吹かれていてちょうど良い感じだった。視界は悪く、北は間近の城山でも輪郭が分かるだけ、南も広畑港がごくうっすら見えるだけだった。>
11-90  9/ 4 金輪山(たつの市)
      夜のうちに台風12号は通り過ぎましたが、曇り空でときおり雨の降る日中でした。午後に入って少し陽射しが見られるようになりましたので、近くの山を登ることにしました。金輪山の北からのコースに興味がありましたので、2時間程度の軽いハイキングを楽しもうと向かいました。北西麓の神岡町沢田に入りますと、梛神社のそばからハイキングコースが始まっていました。そこは「梛獅子の丘」で、コースは三つありましたが、早く山頂に立とうと、中尾根を登るコースを歩きました。ごく易しい道で、40分ほどで山頂に立てました。予想外は天気が悪くなってきたことです。登るうちに雲が黒くなり、山頂に立つ頃より霧雨となりました。視界も雨雲に閉ざされてしまいました。まずは山頂に立ったことを良しとして、下山としました。下山は往路と違うコースを歩きたかったのですが、雨脚が強くなってきましたので、早く下山しようと往路と同じ中尾根コースを下りました。
11-91  9/10 禅師山(宍粟市)
    禅師山は宍粟市の南部に位置します。99年に山名を知らないまま宇原集落の岩田神社から登っていましたが、宍粟50山に選ばれて、少しは知名度が上がったようです。その禅師山への登山コースは、西麓にあります戸原小学校からのコースが一般的なようです。まだ歩いていませんでしたので、登ってみることにしました。往路は禅師谷コースを歩きました。谷は石がゴロゴロしており、少し歩き難いコースでした。ただそのことよりも、蒸し暑さでバテ気味になりました。尾根に出た後はスムーズでしたが、山頂ではバテ気味の体を労るため、暫し横になって昼寝としました。山頂は涼しい風があり、まずまず元気を取り戻せました。その山頂は展望がほとんどありません。展望は下山で歩いた尾根コースで楽しみました。コースを少し離れて送電塔が建っており、山崎市街を囲む山並みが眺められました。尾根コースは優しい道で続いており、良い雰囲気で登山口に戻って来られました。そのふもとは30℃を越す暑さでした。
11-92  9/11 京見山(姫路市)
TAJI  残暑が続きますが、この日は視界が良く、北は後山の尾根がはっきり見えていました。南もうっすらとながら鳴門の山並みが見えていました。夕方の散歩でしたので、足下の広畑、飾磨の町並みが夕方の斜光線に鮮やかでした。そして目の前をオニヤンマがすいすいと飛んでいました。
<16:50京見町西登山口スタート/17:08山頂/京見町中央登山口に下る。><薄い青空ながら快晴。雲は僅かに見られるだけだった。南西の風が吹いており、涼しさがあった。ただ風はまだなま暖かさが感じられた。山頂の気温は27℃。視界は良かった。>
11-93  9/18 東里ヶ岳(豊岡市)
    但東町の東里ヶ岳は姿の良い山です。その東里ヶ岳を97年に登っていますが、尾根はササに覆われ、山頂の展望も今一つで、少し残念に思えました。その東里ヶ岳に登山道が作られ、山頂の展望も良くなったと聞きましたので、再訪としました。登山道はてっきり東里集落からの道ではと思い込んで、東里集落に来ましたところ、以前のままの佇まいで、新しい道は見えません。どうやら別の方向に作られたようでした。そこで前回同様に沢沿いをまず歩いて、途中から斜面を適当に登って尾根に出ました。以前と違うのは、すっかりササが消えていたことです。おかげで無理なく歩けました。山頂手前には新しい反射板があり、西に向かって展望が楽しめました。そして山頂も好展望に変わっており、東に天橋立、西には床尾山と、十分な展望を楽しめました。山頂に着いて、新しい登山道は南側から来ているのを見ました。下山は北西へ延びる尾根を下って林道に降り、その林道で東里集落へと戻りました。
11-94  9/19 金輪山(たつの市)
    曇り空で、その雲も黒々としていましたので、近くの山で昼を過ごすことにしました。金輪山は二週間前に登ったばかりですが、夕方のハイキングの上に雨も降って、十分に楽しんだとは言えません。そのとき歩いたのが「梛獅子の丘」の中尾根コースです。梛獅子の丘には他にものろし台跡を通る眺望尾根コースや谷すじコースもありますので、その二つを歩くことにしました。登りは眺望尾根コースです。すぐに尾根に上がり、後は易しい尾根歩きで、眺望を楽しみながらです。昼食は山頂の一つ手前のピークでとりました。その頃には青空が増えてきました。山頂に移って、澄んだ視界の下で展望を楽しみました。下山は谷すじコースで下って、ふもとでは大池、小池の池巡りもしました。その頃には、空はすっかり快晴になっていました。
11-95  9/23 久住山〜中岳(大分の山)
    先週の三連休は天気が今一つでしたが、今週の三連休は快晴が期待出来ました。そこで九州の山を登りたくなりました。久住山は18年前に登っていましたが、雨の登山となって残念でした。そこで今一度登りたいとの思いで向かいました。前夜は19時を過ぎて自宅を離れました。ひたすら山陽道を走って九州へ。途中で何度か仮眠をしましたので、7時過ぎに九重ICを降りました。登山口は牧ノ戸峠ですが、8時にして広い駐車場は満車でした。この日は大快晴。しかも澄み切った視界でした。大勢のハイカーに混じってのハイキングで、荒々しい火山の姿を見せる久住山登山を楽しみました。山頂は360度の大展望で、昔年の思いに終止符を打つことが出来ました。この後は静かなハイキングでした。優しげな稲星山、九州本土で最高峰の中岳、御池を眺める天狗ヶ城、そして岩場の尾根を歩く星生山と、個性のある山々を巡りました。結局7時間ほどのハイキングとなり、大満足の久住山でした。
11-96  9/24 涌蓋山(大分の山)
    涌蓋山は九重火山群に数えられますが、北西に少し離れており、独立峰的な雰囲気を持った美しい山です。その涌蓋山を筋湯温泉から始まるコースで登りました。登るうちに草原の中へと入り、その先に涌蓋山が現れたときは感動ものでした。後は涌蓋山を見ながらの登りでしたが、優しい草原があれば樹林帯もあり、またヤブも現れました。そして山頂が近づけば急坂となって、けっこう登り堪えもあって、登山としても楽しめました。山頂は大勢のハイカーで賑わっていました。道中も展望には恵まれましたが、山頂はいっそうの展望があり、九重山群や阿蘇山が一望でした。その涌蓋山から引き返す形で、ミソコブシ山、一目山と二つのピークに立ちました。草原のハイキングが続き、歩くうちに涌蓋山の見え方が変わるのも面白いものでした。下山を終えた後は筋湯温泉で汗を流して、二日間の九州山行を終えました。
11-97  9/25 京見山(姫路市)
TAJI  才登山口から夕方散歩です。数日前の台風で大雨が降りましたが、その影響が残っており、登山道脇の沢は普段は枯れ沢ですが、まだ水が流れていました。また登山道の表土が流されたようで、岩の露出が増えていたり、道がえぐれていたりして、歩き難くなっていました。ところで京見山に一頭のシカが住みついたのか、このところ夜になりますと、鳴き声が聞こえます。山頂のササもかじられているのを見ました。
<16:05才登山口スタート/16:18泣き坂峠/16:27山頂/京見町中央登山口に下る。><雲の多い晴れで、空の7割ほどは雲だった。山頂の気温は22℃。風は弱々しかったが、涼しさはあった。視界は北の方向はまずまず良く、後山の尾根がはっきり見えていた。南の方向は少しうっすらとしており、淡路島の南部は見えていなかった。>
11-98 10/ 1 高雄山〜川向山(赤穂市)
    「赤穂ふれあいの森」を久々に歩いてみたくなりました。三重山から高雄山まで歩けば良いのですが、南半分だけで楽しむことにしました。山上へ出る道として、高雄山の裏参道を歩きました。高雄山の前に南端にあります御蔵山に登りますと、猟犬がネットに引っかかっていました。ネットから解放してあげました。その後は、高雄山の山頂で昼食をとりました。そして川向山まで歩きました。どうも以前よりコースが荒れてきているのが気になりました。川向山は7年前に登ったときは、山火事直後とあって哀れな姿でしたが、だいぶ植生が回復していました。その川向山で山頂展望を十分に楽しみました。下山は歩いてきた道を引き返しました。そして高雄山は巻き道を歩いて、表参道でふもとに下りました。ざっと4時間ほどのハイキングでしたが、鄙な里山を楽しめました。
11-99 10/ 2 京見山(姫路市)
TAJI  山頂では、もうセミの声は聞こえませんでした。聞くのはただ秋の虫の音だけでした。北の空は青空も見えていましたが、山ぎわは雲が多くありました。黒尾山は山頂を見せていましたが、後山の山頂は雲に隠されていました。南は淡路島南部や鳴門の山がごくうっすらと見えていました。
<16:13才登山口スタート/16:26泣き坂峠/16:34山頂/京見町西登山口に下る。><薄晴れ。気温は山頂の木陰で19℃ほど。山頂では涼しい風に出会える。視界は少しうっすらとしていた。>
11-102 10/10 京見山(姫路市)
TAJI  17時を回って登り出しましたので、登山道は少し薄暗さが出ていました。山頂に着きますと、あちらこちらでヤマハギが紫の花を咲かせていました。視界は少し紗がかかったようになっており、満月に近い月が仁寿山の上でおぼろげに見えていました。下山を終える頃は、ようやく足下が分かる程度の暗さになっていました。
<17:05京見町西登山口スタート/17:24山頂/京見町中央登山口に下る。><上空は薄晴れで、周辺は薄雲が広がっていた。山頂の気温は20℃、南風が少しあって涼しかった。視界はうっすらしており、北は新龍アルプスまで、南は家島がごくうっすらと見えていた。>
11-103
11-104
10/16 高取山(神戸市)
       菊水山〜鍋蓋山(神戸市)
     09年12月に、塩屋駅を起点に須磨アルプスを登って妙法寺駅まで歩きましたが、続きをすることにしました。今日は妙法寺駅がスタートです。そして高取山を妙法寺から登りました。好天の日曜日とあってハイカーが多いだけでなく、六甲全縦ランナーも多く走っていました。高取山は三角点ピークと最高点ピークの両方に立ちました。雨上がりの後の快晴でしたが、視界はうっすらしており、淡路島は輪郭が分かる程度でした。その後はひたすら住宅街を歩いて鵯越駅に向かいました。その鵯越駅で高取山ハイキングを終えたこととして、気持ちを切り替えて菊水山に向かいました。このコースは二度目ですが、やはり山頂直下の急坂は改めてきついと思いました。大汗となって着いた菊水山は、多くのファミリーで大賑わいでした。どうやらハイキング大会があったようです。その後は鍋蓋山へと歩きましたが、まだまだ大勢の人とすれ違いました。それが鍋蓋山を後にして鍋蓋北道に入りますと、もう全く人に出会うことも無く、静かなハイキングとなりました。どうもハイキングコースも一極集中のようです。そのコースで鈴蘭台へと下って、鈴蘭台駅でこの日のハイキングを終了としました。けっこう疲れてしまいましたが、どうも歩いたことによるよりも、人疲れではと思いました。
11-105 10/22 京見山(姫路市)
TAJI&HM  京見山の山頂で昼食をとることにしました。夜に雨が降っていたため、登山道は濡れていました。山頂には誰もおらず、パートナーと二人きりで過ごせました。山頂はススキが増えて、すっかり秋の気配でした。この日の下山は、京見町西コースの一つ西隣りとなります熊見コースを下りました。けっこう展望が良く、南にイオンショッピングセンターを見ながらの下りでした。
<11:38京見町東登山口スタート/11:53山頂/熊見登山口に下る。><曇り空。雲の色は黒かった。ただ雲の厚みは少ないようで、スタート時は少し陽射しが現れていた。それも一時的だったようで、すぐに陽射しは消えて、雲の色は更に黒くなってきた。山頂の気温は23℃。南風が強く吹いており、涼しかった。視界はうっすらとしており、南は家島までしか見えず、北は宍粟の山は見えていなかった。下山を終えた直後よりあめとなる。>
11-106 10/23 南山(姫路市)
     御着駅の南東に位置する南山は、山頂まで遊歩道が通じています。96年に登ったときは、ごく簡単に登ってしまい、呆気ない感じでしたので、じっくり登ることにしました。スタートは御着駅です。姫路工業団地の一角から遊歩道を登って行きましたが、あまり歩かれていないようで、荒れ気味になっていました。展望も木立が育ったことで、以前より悪くなったようです。山頂の三角点から更に先へと歩きますと、そちらは巡視路で、どこに通じているのかと興味を持って下って行きますと、播但連絡道の大塩別所ICに近い位置に出ました。様子が分かったことで、そこより引き返して、もう一度山頂に立ちました。曇り空だった空は回復を見せて、宍粟の山がくっきりと眺められました。その下山では四郷町本郷へ向かうコースを下りましたが、そちらはすっかりヤブになっていました。里山は手入れを怠ると、すぐにヤブに戻るようです。
11-107 10/28 京見山(姫路市)
TAJI&HM  この日は平日でしたが、昼に親族の結婚式があるため、休暇をとっていました。そこで朝の時間帯に京見山に登って、山頂で朝食をとることにしました。山頂は適度な涼しさで、気持ちよく過ごせました。この時間帯はお年寄りが多いようで、入れ替わり立ち替わり、お年を召した人が登ってきていました。
<8:04京見町西登山口スタート/8:24山頂/山頂で朝食をとる/9:15才登山口エンド。><晴れ。淡い青空で、視界もうっすらとしていた。ただ比較的遠くまで見えており、後山がごくうっすらと見えていた。山頂の気温は16℃、風はほとんど無し。>
11-108
11-109
10/29 西光寺山(西脇市・篠山市)
       八日山(西脇市)
     西光寺山の西脇市側からのコースを、18年ぶりに登りました。登山道は近畿自然歩道になっており、よく整備されているだけでなく、標識も点々と付いており、すっかり歩き易くなっていました。こぐり岩を過ぎますとやや急坂となってきましたが、それも適度な登りごたえがあって悪くありません。、歩き始めてから1時間半と、手頃な時間で山頂に立てました。まだ10時台だったためか山頂には他に人はおらず、パートナーと二人きりで過ごせました。そして快晴の展望を楽しみました。この西光寺山登山を午前で終えてしまいましたので、もう一つ登ろうと、西脇の市街地に接する八日山に向かいました。こちらも登山道はよく整備されており、無理なく山頂に立ちました。この八日山も展望は良く、足下に西脇の市街地が広がっていました。二つの山を終えた頃より天気は下り坂となってきましたので、天気が良いうちに登山の出来たことを喜びました。
11-110 11/3 笠ヶ城山(宍粟市)
    笠ヶ城山とクサイソ山の鞍部は、モミジ谷と呼ばれるそうです。季節的にモミジの紅葉が楽しめるのではと思って出かけました。登りは大谷登山口からです。植林地を登ってモミジ谷に着きますと、まだ紅葉は始まっていませんでした。今年の紅葉は遅いようです。そこより尾根を登って山頂に着きますと、山頂は木が切られたようで、すっかり展望の山に変わっていました。西には荒尾山、東には一山と、十分に展望を楽しみました。下山は峠登山口へと下りましたが、周回で1時間半ほど歩くだけでしたので、宍粟の山としてはごく気楽なハイキングでした。
11-111 11/ 5 赤谷山(宍粟市)
    雨に中で、しっとり濡れた紅葉を楽しみたくなりました。今年の紅葉は遅いようで、宍粟市の北部が良さそうに思えて、赤谷山を戸倉スキー場からのコースで登ることにしました。雨は昼前からと予想されていたのですが、朝から降り出して、雨の中を登り出すことになりました。尾根の木立は落葉が進んでいたものの、まだまだ見頃の木立も多くあり、薄紅色や浅黄色の紅葉を愛でながら、ゆっくりと登って行きました。標高が千メートルを越えてきますと、木立は裸木となって、紅葉は終わりです。ササの中を登り、ガスですっかり視界を塞がれた山頂に立ちました。下山は登ってきました東尾根をすんなり下りました。雨の中を、予定通りに紅葉を楽しみました。
11-112 11/12 一山(宍粟市)
    3日の文化の日に笠ヶ城山に登りましたが、その山頂から一山が程良い色付きで眺められました。そこでまだ紅葉が楽しめるだろうと、一山に向かいました。自然林を楽しめるのは南斜面ですので、高野峠からのコースを歩くことにしました。始めに伐採地と植林地を抜けて行き、895mピークを越えた鞍部から自然林の森に入りました。落葉が進んでいるものの、赤く色付いたカエデが多くあり、目を楽しませてくれました。そして山頂に付きますと、そこは変わらず素晴らしい展望地です。しかも澄んだ青空が広がっていましたので、思いっきり展望を楽しみました。下山は往路を辿って高野峠へ。再び紅葉の森を楽しみました。
11-113 11/13 京見山(姫路市)
TAJI 16時半を過ぎてから登りましたので、山頂に立ったときは、けっこう薄暗くなっっていました。足下に見える街は、すっかり灯りが点いていました。下山中もどんどん暗くなり、ほとんど足下がおぼつかなくなる中で、登山口に戻りました。
<16:41才登山口スタート/16:54泣き坂峠/17:04〜10山頂/17:23京見町中央登山口エンド。><上空は雲が広がるが、雲の厚みは薄いようで、所々で切れ目あり。そこから覗く空は薄茜色でうっすらとしていた。視界は悪く、北は宍粟の山はモヤの中、南は家島がうっすら見えるだけだった。>
11-114 11/19 京見山(姫路市)
TAJI 雨上がりの夕方散歩です。11月中旬とは思えぬ暖かさでした。強い雨に洗われたのか、上空は澄んだ青空でした。西の空はうっすら赤みがかかろうとしていましたが、その下に見える御津山脈は雲が薄れようとしており、幻想的な風景になっていました。
<15:57京見町西登山口スタート/16:16山頂/京見町中央登山口に下る。><強い雨が昼頃まで降っていたが、夕方になって青空が見えだした。山頂の気温は19℃。湿っぽいなま暖かさを感じる空気だったが、ほのかに吹く風に涼しさを感じた。北を見ると山こそ雲に隠されていたが、その上空は青空が広がっていた。東から南にかけての空は、雲が広がっていた。>
11-115 11/20 再度山〜高雄山(神戸市)
     一ヶ月前に高取山から菊水山、鍋蓋山と登りましたが、その続きでもないのですが、東隣りとなります再度山と高雄山を登ることにしました。新神戸駅がスタートで、滝山城址のある城山に着きました。そして奥ノ院の横から山道に入って再度山の山頂に立ちました。相変わらず展望の無い山頂です。そこから再度公園に出ますと、モミジが見事に紅葉していました。また沢山の人が池の周囲で紅葉を楽しんでいました。空も快晴で、まさに行楽日和でした。そこからは高雄山に向かおうとしたところ、新しい道が多くあり、古い地図では役に立ちません。そこで適当に向かって適当に西斜面に取り付きました。むりやり急斜面を登って行きますと、予想通りに登山道に合流でき、後は難なく山頂に立てました。こちらの方は少し展望があり、淡路島まで眺められました。下山は市ヶ原へと下り、布引貯水池、布引ノ滝と歩いて、新神戸駅に戻ってきました。
11-117 11/26 筑波山(茨城の山)
    茨城県南部で仕事をしていましたが、土、日ともに休みとなりました。そこで仕事先からも見えていました名峰の筑波山を、この日は登ることにしました。宿泊先の土浦からバス便があり、アプローチは楽でした。往路はつつじヶ丘から始まるコースを登りました。快晴とあって、登山道を多くのハイカーが登っていました。奇岩を見ながら山上に出ますと、そこはロープウェイとケーブルカーで来た人も加わって、大賑わいでした。その大勢の人に混じって、女体山と男体山の二つの山頂に立ちました。展望も日光の山並みが眺められました。下山は始めはつつじヶ丘コースを下り、途中から筑波山神社に向かうコースを下って行きました。こちらは至って静かで、落ち着きがありました。下山後はバスを途中下車して、少し離れた位置から筑波山を眺めました。やはり姿も良い山で、眺めても良しでした。
11-118 11/27 愛宕山〜難台山〜吾国山(茨城の山)
       この日は静かなハイキングをすることにしました。電車の駅を起点と終点に出来るコースを選びました。スタートは常磐線の岩間駅です。まずは山頂に愛宕神社がある愛宕山に登りました。そこから北へと尾根を辿って行きました。尾根道は防火帯を兼ねているようで、幅の広い道が緩やかに続いていました。季節がら落ち葉に覆われており、それを踏みながらの尾根道歩きでした。その雰囲気を楽しみながら、難台山の山頂に立ちました。展望はありませんでしたが、落ち着きのある山頂でした。その先も尾根を辿って道祖神峠を越し、次のピークの吾国山に立ちました。こちらは展望に恵まれていました。その先は下山路となり、笠間市の福原地区に下り着きました。後は車道を北へと歩いて、水戸線の福原駅がゴールです。結局6時間ほど歩くことになりましたが、いかにもハイキングコースと言った優しさのあるコースで、終わってみれば、ほのぼのとした充実感に浸れました。
11-119 12/ 4 伊勢山(姫路市)
      土日ともに用事があり、日曜の午後になって体が空きました。そこで近場でミニハイキングを楽しむことにしました。今年の紅葉は遅く、播州南部は12月に入って紅葉の見頃となりました。どの山も明るい茶色や黄に山肌を染めていました。伊勢山も同様です。この伊勢山の尾根には空木城跡がありますが、その空木城跡を通るコースで伊勢山に向かいました。スタート地点は「伊勢岩屋の森」で、程良いハイキングコースが出来ていました。尾根は紅葉に彩られ、それを見ながら楽しく登りました。この日の視界は良く澄んでおり、空木城跡、伊勢山西峰では存分に展望を楽しみました。瀬戸の海や北の山並みを眺めるだけでなく、近くの山も見事に紅葉した姿を見せており、それを見ているだけでも楽しいものでした。それで満足してしまい、下山は西峰から入口広場へとすんなり戻り、2時間ばかりのハイキングを終了しました。
11-120 12/11 大蔵山(たつの市)
    たつの市の最高峰となります大蔵山を久々に訪れました。コースはガイド本の「ふるさと兵庫100山」を参考にしました。揖西町中垣内の井関三神社を起点に歩き出して、南西の尾根を登って行きました。西の峠池に着きますと、そこは菖蒲谷森林公園になっており、小ぎれいな湖畔風景が広がっていました。その先は遊歩道歩きの感じで、大倉山の山頂です。そこは以前と同じく展望はありませんでしたが、北隣りのピークには展望台が出来ており、瀬戸内海まで広く眺められました。その後は大成池へと下り、そして新池へと歩いて行きました。どちらの池も公園散策の感じで楽しめました。新池からの下山は登山コースを辿らず、新池から流れ出る沢に沿って下りました。沢歩きが主体で、少し危ない所もありましたが、無事に登山道に合流しました。低山にしては5時間ほどのハイキングとなり、けっこう充実した時間を過ごせました。
11-121 12/17 亀山(たつの市)
     一週前の大蔵山からの下山で大成山林道を歩きましたが、その大成山林道を歩いて亀山に登ることを思い付きました。そこで早速の実行です。スタートは中垣内教育キャンプ場からです。谷の紅葉はほぼ終わっており、残った葉は茶枯れた色に変わっていました。亀池までは1時間でした。静かな湖面を眺めた後、亀山に立ちました。山頂は以前と変わらない佇まいで、東に広がる風景を見ながら、穏やかに昼どきを過ごしました。この後は新池に立ち寄り、近くの三角点ピーク(点名・大成山)に立った後、再び大成山林道を歩いて戻ってきました。底冷えのする日でしたが、池巡りを含めて静かなハイキングを楽しめました。
11-122 12/18 京見山(姫路市)
TAJI  才からのコースは才天満神社の西に広がる住宅地の近くから始まる谷コース以外にも、そこより少し西の尾根を登るコースもあります。その尾根コースを、夕暮れの迫る中で登りました。このコースはごく細い小径で続きますが、ロープを使っての岩場登りがあって、そこからの展望は素晴らしいものです。ヤブになっている所は無く、ごくスムーズに主尾根に着きました。今は紅葉が終わって、登山道は落ち葉に覆われていました。そのため下山では、薄暗い中と言うこともあって、滑らないように慎重に下りました。
<16:26才尾根コース登山口スタート/16:44主尾根に出る/16:47〜52山頂/17:07京見町中央登山口エンド。><上空は薄晴れ、周囲は雲が残っていた。山頂の気温は6℃、風は僅かながら吹いていた。視界は少しうっすらとしていた。>
11-123
11-124
11-125
12/24 西銘岳(沖縄の山)
       尾西岳(沖縄の山)
       伊部岳(沖縄の山)
    三度目の沖縄本島の山行に出かけました。前日は移動日で名護市泊まり。この日は北部の国頭村に広がるヤンバルの森から、三つの山を選んで登りました。最初に向かった西銘岳は、うまく登山口が見つかって、ごくスムーズに登って行けました。ヤンバルの美しい森を眺めながら歩きますと、30分で山頂に立てました。山頂からは青い海に浮かぶ与論島が眺められました。次の尾西岳は北端に近い山です。登山口が見つからず、適当に斜面を登って尾根に出ますと、そこに尾根道を見ました。後はスムーズに歩けて、こちらも30分とかからず山頂でした。尾西岳は海岸に近いため、太平洋が間近く眺められました。三つ目はの伊部岳です。海岸沿いの県道70号線を走っていますと、遠くからでも目立っていました。始めは林道を歩き、途中から登山道に入りました。登山口との標高差が150mほどあり、最後は急坂が続いて、この日一番めりはりのある登山が出来ました。この山も山頂から太平洋が眺められました。
11-126
11-127
12/25 古巣岳〜安和岳(沖縄の山)
       デーサンダームイ(沖縄の山)
    沖縄山行2日目は、本部半島の山を目指しました。以前に嘉津宇岳を登っていましたが、その後ガイドブックの「沖縄県の山」が発行され、そこに嘉津宇岳以外の本部の山として、古巣岳と安和岳が紹介されていました。その二つをまとめて登ることにしました。勝山公民館の前からスタートです。シークヮーサー畑を抜けて、北に延びる谷筋を登って行きました。その途中から古巣岳への道が分岐しました。先に古巣岳を目指しますと、登山道は急坂が多く、しかも尖った石灰岩をよじ登ったりもして、けっこうワイルドでした。その古巣岳の山頂は素晴らしい展望地で、本部半島に名護湾の風景が一望でした。一度谷筋に戻り、安和岳を目指しました。安和岳も急坂あり鋭い岩ありで、険しさは古巣岳に負けていません。安和岳の山頂も好展望地で、強風と小雨を受けながら、古巣岳に劣らない展望を楽しみました。下山を終えてもまだ14時半でしたので、もう一つ登ろうと、デーサンダームイに向かいました。本部半島の西端に近い山です。登山道はヤブ道と言ってよいほどでしたが、ごく小さな山でしたので、15分で山頂でした。曇り空のため薄暗い空でしたが、山頂の展望は素晴らしく、遠くは伊江城山も眺められて、360度の展望を楽しみました。
11-128 12/26 運玉森(沖縄の山)
     3日目はもう帰る日です。空港に戻る前に運玉森を登ることにしました。この日は朝から快晴でした。カーナビを運玉森にセットして走りますと、どんぴしゃりで運玉森の登山口そばに着きました。丘のような小さな山を中腹から登りますので、歩き始めてから10分とかからず山頂でした。時間としてはごく短時間でしたが、急斜面の道はぬかるんでおり、けっこう歩き難さがありました。山頂はほぼ360度の眺望で、特に東の方向、太平洋の広がる風景が一望でした。気温は20℃ほどあり、風はひたすら爽やかで、冬の沖縄の暖かさを十分に味わえました。
11-129 12/30 仏ヶ台山(相生市)
    瀬戸の陽光を受けながら昼食をとろうと、御津山脈の西端となります仏ヶ台山に向かいました。往路は北西麓に位置する加茂神社からのコースです。ごく細い小径でしたが、特にヤブになることは無く、まずは大黒山に立ちました。そこより仏ヶ台山へと向かい出しますと、シダヤブが現れたりして歩きにくくなりました。それが仏ヶ台山の手前で、ぽっかりと瀬戸を眺められる空間が現れ、まさに陽光が降り注いでいました。願い通りに明るい陽を受けて、昼どきを過ごせました。仏ヶ台山からは東へと尾根道を大浦西登山口への道が分岐する峠まで歩きました。その間、所々で展望が現れて、室津の港も眺められました。野瀬集落への道はけっこうヤブっぽい道でしたが、野瀬奥山の尾根を間近に眺められました。この日の周回コースはヤブはありましたが、展望に恵まれて楽しめるコースでした。
11-130 12/31 千ヶ峰(神河町・多可町)
    2011年の登山を千ヶ峰で締めくくることにしました。少し雪を楽しもうとの期待を持ってです。コースとしては神河町側からで、往路は石風呂コースを登って行きました。林道を始めに歩いて行きますが、林道はすっかり雪に覆われていました。ただ雪の量は少ないため、無理なく登って行けました。登山道もすっかり雪に覆われていましたが、15センチほどでした。踏み跡は無く、ミニラッセルで山頂に立ちました。この日は快晴で、氷ノ山を始めとして、360度の展望を楽しめました。また少しですが霧氷も見られました。下山は始めに市原峠を目指して尾根歩きです。尾根道はメインコースとあって、はっきりとトレースが付いていました。市原峠の手前で水谷コースに入って新田地区を目指しました。ほぼ樹林帯の中を下り、また林道を長く歩くことになり、少しマイナーな感じのコースでした。ただ往路と同じく静かなコースでした。この日は4時間ほど歩いて、無事、雪の千ヶ峰登山を終了しました。