登山記録:2017年(7月〜12月)   
          
 
17-68  7/ 1 八塔寺山(岡山の山)
       21年ぶりの八塔寺山です。蒸し暑い季節ですので、最短コースで山頂を目指しました。八塔寺のそばから始まるコースです。コースは八十八カ所巡りになっており、石仏が点々と置かれていました。八塔寺から24分で山頂でした。ごく簡単な登山でしたが、けっこう汗をかきました。山頂の周回コースを巡った後、往路コースに入って下山としました。休憩を入れても1時間少々のミニハイキングでした。
17-69  7/ 2 鷹山(姫路市)
       鷹山を最短コースで登ることにしました。起点は「こどもの館」の駐車場です。鷹山の方向へは二つの遊歩道がありますが、往路は始めに竹の小径を歩き、途中から尾根に出て森の小径に合流しました。その森の小径も尾根を離れ出しましたので、尾根道を辿って山頂を目指しました。少しヤブっぽい尾根道で、大汗をかいて山頂に着きました。山頂は以前よりもシダが茂っており、展望も悪くなっていました。下山は歩いて来た尾根道を引き返しました。森の小径に出ますと、森の小径をずっと歩いて「こどもの館」に戻ってきました。
17-70  7/ 8 国見山(宍粟市)
     ずっと梅雨空が続きます。そこで今週も近場の山を登ることにしました。この国見山は登山道が整備されています。往路は2番コースを登って行きました。登山道は易しいのですが、蒸し暑いとあって大汗をかいて山頂に着きました。山頂で昼休憩をとりますと、学習館までを往復しました。下山は3番コースを下りました。こちらもよく整備されていました。金谷集落へと下りてきますと、そこから国見の森までは長く、40分近くかかってしまいました。
17-71  7/ 9 京見山(姫路市)
TAJI  この日は午後に入ってひとしきり雨が降りました。その雨が止んだ後に登りました。山頂はすっぽりとガスに包まれており、何も見えませんでした。下山で中央コースを下って展望台まで来ますと、ようやく麓が見えるようになりました。町並みは見えましたが、瀬戸の島はガス雲に包まれていました。
<16:31京見町西登山口スタート/16:49山頂/京見町中央登山口に下る。><雨こそ降っていないものの、すっかり雨雲の広がる空だった。山頂の気温は28℃で、風はほとんど無し。山頂はガスに包まれており、視界は数十メートル程度だった。>
17-72  7/15 笠形山(神河町・多可町)
    暑い日が続きますので、木陰の多いコースを登りたくなりました。そこで笠形山をグリーンエコー笠形からのコースで登ることにしました。蒸し暑さはありましたが、希望通りに木陰の中を登って行けました。途中では沢沿いを歩くことがあり、涼しさを楽しめました。九合目の手前で笠形神社からのコースに合流して山頂へ。この日はうっすらとした視界とあって展望は楽しめませんでしたが、涼しい風が汗を鎮めてくれました。下山は往路を戻りました。
17-73  7/16 中正公園(台湾:桃園市)
    桃園市内で仕事があり、この日が移動日でした。ホテルには14時ににチェックインしましたので、夕暮れまでには時間がありました。そこでホテルに近い中正公園をぶらりと歩くことにしました。気温が高い上に蒸し暑さもありましたが、スポーツありダンスありバザーありと、公園は大勢の市民で賑わっていました。意外と小さな公園でしたので、1時間も散策すればもう見る所も無くなりましたので、ホテルに戻りました。
17-75  7/29 世田山〜笠松山(愛媛の山)
    石鎚山登山に出かけましたが、前日のこの日は足慣らしに今治市の低山を登ることにしました。南東麓の世田薬師から歩き始めました。世田霊園の横から登山道となり、奥の院の前を通って世田山へと向かいました。コースは良く整備されて易しい道と言えましたが、35℃の暑さの中とあって急速にバテてきました。世田山で一休み。そこから笠松山までは展望コースでした。但しモヤの強い視界でした。笠松山でも長休憩をとりますと、歩いてきたコースを引き返しました。十分に疲れてしまい、翌日の石鎚山登山が心配になりました。