登山記録:2017年(7月〜12月)   
          
 
17-68  7/ 1 八塔寺山(岡山の山)
       21年ぶりの八塔寺山です。蒸し暑い季節ですので、最短コースで山頂を目指しました。八塔寺のそばから始まるコースです。コースは八十八カ所巡りになっており、石仏が点々と置かれていました。八塔寺から24分で山頂でした。ごく簡単な登山でしたが、けっこう汗をかきました。山頂の周回コースを巡った後、往路コースに入って下山としました。休憩を入れても1時間少々のミニハイキングでした。
17-69  7/ 2 鷹山(姫路市)
       鷹山を最短コースで登ることにしました。起点は「こどもの館」の駐車場です。鷹山の方向へは二つの遊歩道がありますが、往路は始めに竹の小径を歩き、途中から尾根に出て森の小径に合流しました。その森の小径も尾根を離れ出しましたので、尾根道を辿って山頂を目指しました。少しヤブっぽい尾根道で、大汗をかいて山頂に着きました。山頂は以前よりもシダが茂っており、展望も悪くなっていました。下山は歩いて来た尾根道を引き返しました。森の小径に出ますと、森の小径をずっと歩いて「こどもの館」に戻ってきました。
17-70  7/ 8 国見山(宍粟市)
     ずっと梅雨空が続きます。そこで今週も近場の山を登ることにしました。この国見山は登山道が整備されています。往路は2番コースを登って行きました。登山道は易しいのですが、蒸し暑いとあって大汗をかいて山頂に着きました。山頂で昼休憩をとりますと、学習館までを往復しました。下山は3番コースを下りました。こちらもよく整備されていました。金谷集落へと下りてきますと、そこから国見の森までは長く、40分近くかかってしまいました。
17-71  7/ 9 京見山(姫路市)
TAJI  この日は午後に入ってひとしきり雨が降りました。その雨が止んだ後に登りました。山頂はすっぽりとガスに包まれており、何も見えませんでした。下山で中央コースを下って展望台まで来ますと、ようやく麓が見えるようになりました。町並みは見えましたが、瀬戸の島はガス雲に包まれていました。
<16:31京見町西登山口スタート/16:49山頂/京見町中央登山口に下る。><雨こそ降っていないものの、すっかり雨雲の広がる空だった。山頂の気温は28℃で、風はほとんど無し。山頂はガスに包まれており、視界は数十メートル程度だった。>
17-72  7/15 笠形山(神河町・多可町)
    暑い日が続きますので、木陰の多いコースを登りたくなりました。そこで笠形山をグリーンエコー笠形からのコースで登ることにしました。蒸し暑さはありましたが、希望通りに木陰の中を登って行けました。途中では沢沿いを歩くことがあり、涼しさを楽しめました。九合目の手前で笠形神社からのコースに合流して山頂へ。この日はうっすらとした視界とあって展望は楽しめませんでしたが、涼しい風が汗を鎮めてくれました。下山は往路を戻りました。
17-73  7/16 中正公園(台湾:桃園市)
    桃園市内で仕事があり、この日が移動日でした。ホテルには14時ににチェックインしましたので、夕暮れまでには時間がありました。そこでホテルに近い中正公園をぶらりと歩くことにしました。気温が高い上に蒸し暑さもありましたが、スポーツありダンスありバザーありと、公園は大勢の市民で賑わっていました。意外と小さな公園でしたので、1時間も散策すればもう見る所も無くなりましたので、ホテルに戻りました。
17-74  7/23 象山〜拇指山(台湾:台北市)
        台北近郊の桃園市に出張しており、この日は休みです。暑い日が続く台湾ですが、手頃な山を登ることにしました。向かったのは台北市内の象山です。象山の背後にあります拇指山まで歩くことにしました。スタートは前回と同じくMRTの象山駅です。象山は観光コースとあって大勢の人が登っていました。すぐに大汗となりました。象山を過ぎますと静かになりましたが、尾根歩きを楽しむ人はけっこういました。拇指山まで階段の登りが続きますので、ほぼバテバテで山頂に立ちました。象山でも拇指山でも山頂展望が楽しめました。拇指山山頂に近い東屋で昼寝を楽しみますと、象山駅へと往路を戻りました。
17-75  7/28 世田山〜笠松山(愛媛の山)
    石鎚山登山に出かけましたが、前日のこの日は足慣らしに今治市の低山を登ることにしました。南東麓の世田薬師から歩き始めました。世田霊園の横から登山道となり、奥の院の前を通って世田山へと向かいました。コースは良く整備されて易しい道と言えましたが、35℃の暑さの中とあって急速にバテてきました。世田山で一休み。そこから笠松山までは展望コースでした。但しモヤの強い視界でした。笠松山でも長休憩をとりますと、歩いてきたコースを引き返しました。十分に疲れてしまい、翌日の石鎚山登山が心配になりました。
17-76  7/29 石鎚山(愛媛の山)
     20年ぶりに石鎚山を登ることにしました。オーソドックスにロープウェイでアプローチして、成就社を通るコースです。残念だったのはガス雲の広がる空だったことですが、気温22℃と涼しい中を登れました。途中に鎖場は4カ所ありますが、2カ所を登りました。階段の道が多いとあって、けっこうバテ気味で山頂に着きました。山頂のガス雲は薄いようで、天狗岳がはっきり現れることがありました。その天狗岳までをピストンしました。下山はすんなりと往路を戻りました。往路復路共に何度も休みをとりましたので、山上では7時間ほど過ごしていました。
17-77  7/30 京見山(姫路市)
TAJI&HM  午後の暑い盛りに体を動かそうと京見山を登りました。誰もいない山頂はセミの声が賑やかでした。また何匹もアオスジアゲハが飛んでいました。連日の猛暑で視界は濁っており、北は新龍アルプスがうっすらと見える程度でした。南に目を向けますと、瀬戸の島々は見えていませんでした。
<13:32京見町西登山口スタート/13:52山頂/京見町中央登山口に下る。><晴れ。薄い青空で空の半分以上は雲だった。山頂の気温は32℃。生暖かい南風を受けた。濁った視界で薄ぼんやりとしていた。>
17-78  8/ 5 赤谷山(宍粟市)
    真夏の赤谷山を登ることにしました。旧戸倉トンネルのそばから歩き始めました。登山口まで林道歩きです。尾根歩きに移りますと尾根は意外と涼しく、23℃ほどの気温の中をブナ林を愛でながら登りました。登山口から山頂まで70分ほどでした。山頂は展望は良いのですが、木陰はほとんどありません。そこで少し離れたナナカマドの木の下で休憩としました。涼しい風に誘われて昼寝を楽しみました。下山は往路をすんなりと戻りました。
17-79  8/ 6 京見山(姫路市)
TAJI&HM  台風5号が九州南部に近づいており、その影響か風が強く吹いていました。おかげで山頂では涼しく過ごせました。セミの声がこの夏一番ではと思えるほど賑やかでした。
<16:03京見町西登山口スタート/16:22山頂/京見町中央登山口に下る。><上空は快晴。視界は少しうっすらとしていたが、北は黒尾山まで見えていた。山頂の気温は木陰で30℃ほど。南風が強く吹いており意外と涼しかった。>
17-80  8/12 白猪山(三重の山)
     この日は鈴鹿の山を目指したのですが、近づくほどに大雨となりました。そこで急きょ伊勢自動車道を南下して雨の地域から抜けました。白猪山は松阪市街の近郊に位置します。その南麓に着いたときは11時になっていました。そこで簡単に登ろうと夏明コースに入りました。このコースは山道となっても終始コンクリート舗装でした。途中はほぼ植林地でしたが、二の峰まで来ますと、そこは芝地になっており展望が広がっていました。そこより一登りした所が山頂でした。そこも芝地になっており、二の峰以上の好展望地でした。その頃には空はすっかり晴れており、澄んだ視界で展望を楽しめました。下山はすんなりと往路を戻りました。
17-81  8/13 御在所岳(三重の山)        
       25年ぶりの御在所岳を前回と同じく中道コースで登りました。岩の多いコースで急坂もあり、途中からバテ気味になってしまいました。そのため休み休みで登りました。山上に出ますと、そこは公園になっておりすっかり観光地でした。ロープウェイで着いた人が何百人とおり、レストハウスもあってレジャーランドでした。その大勢の人に混じって山頂に立ちました。この日は視界が良く、鈴鹿の山並みがきれいに眺められました。下山は一ノ谷新道を下りました。こちらは岩は少ないものの木に掴まって下るなど、ちょっと険しさがありました。
17-82  8/14 京見山(姫路市)
TAJI  登山口ではクサギの花が満開でした。山頂では相変わらずセミの声が賑やかでした。北を見ますと、曇り空でしたが後山がうっすら望めました。
<16:45京見町西登山口スタート/17:04山頂/京見町中央登山口に下る。><曇り空。山頂の気温は29℃で風はほとんど無し。視界はまずまず良かった。>
17-83  8/15 京見山(姫路市)
TAJI&HM  前日よりも少し長く歩こうと、熊見登山口から登りました。30分で山頂でした。相変わらずセミの声が賑やかでした。湿気をたっぷり含んだ空気とあって、北は間近の城山でもうっすらとしていました。南も広畑港がぼんやり見える程度でした。
<15:43熊見登山口スタート/15:44尾根に出る/16:02山頂/京見町中央登山口に下る。><雨雲の広がる空だった。尾根を歩いているときは、いっとき雨がぱらついたが、山頂に着く頃には止んでいた。山頂の気温は30℃で、風はほとんど無し。視界はうっすらしていた。>
17-84  8/16 書写山(姫路市)
     どうも遠くに出かける気が起きず、近くの山で昼を過ごすことにしました。9ヶ月ぶりの書写山です。コースは刀出坂コースです。気温は30℃を越えていませんでしたが、風が無く蒸し暑いとあって、大汗をかいて山頂に着きました。展望地でもある十地坊跡地で七種山を見ながら昼食をとりました。円教寺の境内を巡ることはせずピストン登山としましたので、2時間半のミニハイキングでした。
17-85  8/16 京見山(姫路市)
TAJI  昼に書写山を登っていましたが、もう少し歩こうと帰宅後一段落してから京見山散歩としました。三日連続の京見山です。前日とは違って視界は悪くなく、黒尾山がはっきり見えていました。後山は雲に隠されていました。
<15:53京見町西登山口スタート/16:13山頂/京見町中央登山口に下る。><晴れ。白い雲が空の半分ほどを占めていた。山頂の気温は30℃で風は無し。視界はまずまず良かった。>
17-86  8/19 黒鉄山(赤穂市)
     黒鉄山を北面側の笹谷コースで登ることにしました。最初は沢沿いを歩きますが、沢の中を歩くこともあり、けっこうワイルドなコースです。沢を離れますと急斜面を登ることになり、次第にバテてきました。休み休み登りましたが、暑いこともあってバテバテで山頂に着きました。そのバテた体を癒そうと暫く木陰で寝ていました。山頂はけっこう展望が良く、その上この日の視界は良いとあって、遠くは那岐連山も望めました。下山は往路を戻りました。
17-87  8/20 京見山(姫路市)
TAJI&HM  残暑厳しい日でしたが、京見山をしっかり登ろうと京見町の東コースをがっしがっしと登りました。大汗をかきながらでしたが、山頂に着きますと快い風に出会いました。汗をかくのは本当に良いことだと思いました。
<16:12京見町東登山口スタート/16:29山頂/京見町西登山口に下る。><晴れ。薄い青空だった。雲も薄雲状で空の半分ほどまで広がっていた。山頂の気温は33℃だった。気温の割には風には涼しさがあった。視界はややうっすらとしており、北は黒尾山までだった。>
17-88  8/26 檀特山(姫路市・太子町)
TAJI&HM  近くの山で昼食をとろうと、久々に檀特山に向かいました。コースは大谷コースです。このコースには新しく標識が作られており、登山道に点々と見ました。山頂に着いて気付いたのは展望台の階段が壊れていたことで、展望台には上がれませんでした。山頂でいっとき過ごしますと、下山は新しく作られた大谷新道コースを下りました。こちらの途中には展望地があって、御津山脈がすっきりと眺められました。
<11:41大谷登山口スタート/11:55〜12:21山頂/12:35エンド。><上空から東の空は薄黒い雲に覆われていたが、天気は回復傾向で西の空は青空が広がっていた。山頂に気温は29℃。ひづめ岩の上に立つと涼しい風を受けた。視界は少しうっすらとしていた。>
17-89  8/27 角ヶ仙(岡山の山)
     岡山県の鏡野町と津山市の境に位置する角ヶ仙を23年ぶりに登ることにしました。起点は越畑キャンプ場跡です。いきなり階段道が続きました。途中で緩むこともありましたが、多くは階段道でした。登山道はササに囲まれていましたが、ササは刈られており無理なく登って行けました。山頂が近づいて樹林帯を抜け出しますと、一気に展望が広がってきました。山頂も好展望地でした。涼しい風があり、空気感は秋のものでした。山頂で暫し昼寝を楽しみますと、下山は南の方向に向かうもう一つの登山道を下りました。こちらはササが刈られておらず、長々とササをこいで下ることになりました。階段道も無く、自然な山道が麓まで続きました。
17-90
17-91
 9/ 2 安積山(宍粟市)
       古城山〜岩谷山(宍粟市)
    この日は伊和三山の一つである岩谷山を目指しました。始めに二つの登山口を確認することにしましたが、その途中で近くの200mピークに遊歩道が作られていることが分かりました。またピークの名は安積山であることを知りました。そこで足慣らしに遊歩道を歩いて安積山に立ちました。そして岩谷山の八幡神社コースの登山口に移動して登山開始としました。手頃な登山道が続いており、古城山経由で山頂に立ちました。山頂では涼しい風があって、肌寒さを感じるほどでした。山頂からは暁晴山がすっきりと眺められました。下山は往路を引き返し、途中から三林コースに入りました。こちらは少し荒れた登山道でマイナー感がありました。三林集落に下り着きますと、舗装路を歩いて八幡神社コースの登山口へと戻って行きました。
17-92  9/ 3 京見山(姫路市)
TAJI&HM  9月に入って空気は一気に秋のものになりました。山頂に着きますと、セミの声はぐんと減っており、ツクツクボウシの声を聞くのみでした。視界も秋らしくなっており、うっすらとながらも北は後山まで、南は淡路島南部まで見えていました。
<16:18京見町中央登山口スタート/16:33山頂/京見町西登山口に下る。><晴れ。雲の多い空で、空の六割ほどを占めていた。山頂の気温は26℃。空気は秋のもので、蒸す感じは無かった。風は弱く吹く程度だった。視界はまずまず良かった。>
17-93  9/ 9 行者山(佐用町)
     佐用町の行者山が「佐用ハイキング」に紹介されています。三度目の行者山はその紹介コースで登ることにしました。始めに井ノ久保集落から始まる林道を南東へと歩いて行きました。峠に着きますと標識があって、すんなりと行者山の尾根に入りました。そして岩峰(460mピーク)経由で山頂に立ちました。空気はすっかり秋のもので、爽やかな山頂でした。祠が建つ山頂は好展望地でもあり、後山も那岐山もきれいに見えていました。下山は往路を戻りましたが、山頂近くにあります岩窟に立ち寄りました。
17-94  9/10 京見山(姫路市) 
TAJI&HM  朝がめっきり涼しくなりました。昼は残暑と呼べる暑さですが、蒸し暑さはぐんと減ってきました。山頂で聞こえてくるのはツクツクボウシです。それも賑やかさはありませんでした。
<16:29京見町西登山口スタート/16:48山頂/京見町西登山口に下る。><晴れ。周辺に雲を見る程度だった。山頂の気温は29℃。風は弱く吹いており、快い涼しさだった。視界は遠方がうっすらとしていたが、北の方向はまずまず良く、後山がうっすらと見えていた。>
17-95
17-96
17-97
 9/18 三角山(岩手の山)
 9/19       〃
 9/20       〃
    三連休は仕事でつぶれることになりました。向かったのは岩手県の久慈市です。ホテルはJR久慈駅の近くでしたが、そこから数分の所に巽山公園がありました。その公園の先にあるのが三角山で、一帯は「高舘市民の森」として散策路が縦横にあります。巽山公園とは遊歩道で繋がっていましたので、18日の夕方、19日、20日の早朝と、三日連続で訪れました。山頂には展望台が建っており、久慈市街はもとより久慈湾まで一望でした。18日と19日は山頂に立った後はすぐに巽山公園に戻りましたが、20日は山頂の先に広がる「野鳥の森」を歩きました。東屋や池があり、麓に近づきますと寺や神社が点在しており、まさに久慈市民の憩いの場になっていました。
17-98  9/22 三角山(北海道の山)
       仕事で札幌市に来ていましたが、この日は午前がフリーでした。そこで札幌市の西部にあります三角山を朝の時間帯に登ることにしました。この日は朝から素晴らしい快晴でした。バスで登山口に向かったのですが勘違いで乗り間違えてしまい、少し離れた位置から歩くことになってしまいました。それでも予定通り山の手側登山口から登り出すことが出来ました。自然林の中を手頃な登山道が続いていました。ゆっくり登っても30分で山頂でした。山頂には一等三角点が置かれており、展望も良く札幌市街が一望でした。下山は南西方向に下って宮の森側登山口に下りました。
17-99  9/24 長水山(宍粟市)
     前日の夕方に自宅に戻りますと、庭は台風18号で悲惨な状態でした。その後かたづけに午前の時間はつぶれてしまいました。それでも数時間は体を動かそうと、午後に長水山に出かけました。宇野コースを選んだのですが丸太の階段道は水害ですっかり荒れており、悪路の状態になっていました。また草ヤブも以前よりひどくなっていました。それでも山頂に立ちますと、素晴らしい展望が目を楽しませてくれました。ピストンとしましたので、下山はまた悪路と格闘することになりました。
17-100  9/30 深山(宍粟市)
     深山を久々に岩上神社側から登ることにしました。始めに岩上神社を訪れて、後は沢に沿って長い林道歩きでした。林道はほぼ廃道になっていました。林道終点から尾根まで僅かな距離でした。先に南深山に立ちました。少し展望があってくっきりと氷ノ山が眺められました。そこから20分ほどで山頂でした。こちらは樹林に囲まれて展望はありません。ところで山上は季節柄シバ栗の実がいっぱい落ちていました。下山は最短距離で林道終点に戻り、後は再び長い林道歩きでした。
17-101 10/ 1 京見山(姫路市)
       久々に北面側ら京見山を登ることにしました。スタートは京見町西登山口です。尾根に出ますとすぐに北面側の勝山町に通じる小径が現れました。その勝山町コースに入って登山口そばののぎ保育園まで下りてきました。そして改めてそこから京見山へと再スタートしました。始めは歩いてきた道を辿り、途中から山頂への近道コースに入りました。200mピークで尾根コースに合流して山頂へ。山頂ではもうセミの声は無く、小鳥の声が賑やかでした。下山は七つ岩を通って京見町東登山口へと下りました。
17-102 10/ 7 京見山(姫路市)
TAJI&HM  この日は麓の才、小坂で祭りがありました。山頂に立ちますと太鼓の音が良く聞こえました。山頂ではちらほらススキを見かけました。雲の多い空でしたが、上空は薄青空が見えていました。北の空は雲が広がっており、宍粟の山は見えませんでした。
<16:19京見町中央登山口スタート/16:35山頂/京見町西登山口に下る。><午前が雨が降っており、午後に入って曇り空へと変わった。山頂の気温は22℃。風はごく僅かだったが涼しさあり。視界はややうっすらとしていた。>
17-103 10/ 8 通宝寺山(姫路市)
     9年ぶりに夢前の森公園を訪れました。尾根へは駐車場のそばから始まるホオノキの道を登って行きました。途中に展望台がありましたが、展望は良いとは言えませんでした。尾根に出ますと、最初のピークが三角点ピークの通宝寺山です、その後は北へと尾根歩きを続けました。340mピーク、339mピークを越す中で、けっこう展望を楽しめました。310mピークを越した先でスギの道に入り、麓に下りてきました。そして通宝寺池のそばを通って駐車場へと戻りました。
17-104 10/ 9 氷ノ山(養父市)
    この日は快晴が予想されていましたので、すかっとした山頂に立とうと氷ノ山に向かいました。今年3回目です。コースは大段ヶ平コースです。自然林の中を登って行きますが、紅葉は進んでいませんでした。それでもブナは進んでおり、きれいな黄葉を楽しめました。氷ノ山で一番楽なコースとあって、70分ほどで山頂でした。好天の山頂は大勢のハイカーで賑わっていました。この日は気温が高く、陽射しの下では暑さを感じましたが、山頂は涼しげな風があって助かりました。下山は往路を戻りました。下山を終えますと、まだ12時前でした。
17-105 10/14 京見山(姫路市)
TAJI  普段履きの登山靴を履きつぶしましたので、ネットで全く同じ製品を購入しました。その靴を慣らそうと京見山散歩に出かけました。新しい靴はやはりクッション製が良く、けっこう軽快に登れました。気温も20℃ほどと秋らしくなっており、登山には良いシーズンになりました。
<16:15京見町西登山口スタート/16:34山頂/京見町中央登山口に下る。><午前は小雨が降っていたが、午後は曇り空から薄曇りへと変わってきた。山頂に着く頃には北の空は少し青空が覗いていた。山頂の気温は20℃。風はほとんど無かった。視界は悪くなく、後山の尾根が望まれた。>
17-106 10/15 京見山(姫路市)
TAJI  朝から小雨が続いていましたが、少しは体を動かそうと小雨の中を登りました。ひんやりとした空気感が快く、けっこう気楽に登れました。ただ山頂に着いても展望は今一つでしたので、すぐに下山としました。
<13:48京見町中央登山口スタート/14:03山頂/京見町西登山口に下る。><始めは小雨だったが、下山中に雨足は強くなった。山頂の気温は20℃、風はほとんど無し。あめとあって視界は悪かった。>
17-111 10/27 秋葉山(宍粟市)
     山崎町土万にあります神宮司山が宍粟50名山に新たに加えられた別選5山に選ばれました。山名は秋葉山になっていました。その秋葉山を旧土万小学校そばの登山口から登り始めました。周囲は植林だったり自然林だったり、コースも作業道を歩いたり尾根筋を登ったりと変化がありました。50分で山頂でした。山頂には秋葉神社が建っており、少しですが展望もあって後山が眺められました。下山は南麓側の谷筋を歩いて土万集落に出ました。後は県道を歩いて戻りました。
17-112 10/29 京見山(姫路市)
TAJI  台風22号の影響で午前は大雨でした。その台風が昼頃に四国沖を通過しますと天気は徐々に良くなり、16時頃には青空も見えるようになりました。それを見て京見山散歩としました。西コースの登山道はすっかり水の流れになっており、それを避けながら登りました。足下には台風の風で飛ばされたのか、青いドングリがいっぱい落ちていました。
<16:04京見町西登山口スタート/16:23山頂/京見町西登山口に下る。><上空から南の空は晴れていた。視界は良く、淡路島南部も望めた。北の空は雲が厚かった。山頂の気温は17℃。台風の名残か、北風が強く吹いていた。>
17-113 11/ 3 藤ヶ峰(宍粟市・神河町)
        この藤ヶ峰も宍粟50名山の別選5山に選ばれました。別選5山のパンフレットに紹介されているコースで登ろうと、スタート地点は千町三差路としました。ずっと宍粟市と神河町の境界尾根を歩いて行きます。尾根は紅葉が進んでおり、それを愛でながらでした。藤ヶ峰までは上り坂ではなく、南千町ヶ峰や970mピークなど藤ヶ峰よりも高いピークを越して行きますので、アップダウンを繰り返す形で藤ヶ峰に着きました。藤ヶ峰は以前と変わらず展望は良くありません。下山は往路を引き返して、再び尾根の紅葉を楽しみました。
17-114 11/5 三重山〜川向山(赤穂市)
        赤穂ふれあいの森の三重山と川向山を登ることにしました。スタート地点はJR有年駅です。まずは周世坂を歩き、赤穂ふれあいの森への道に入りました。園内の登山道は荒れ気味でしたが、無難に尾根に出ました。そこより北へと歩いて三重山に立ちました。展望台からの風景を楽しみますと、引き返す形で川向山へと向かいました。神護寺に出るまでは良かったのですが、川向山への道は途中からシダヤブになってしまいました。それでも川向山が近づきますと、また歩き易くなりました。川向山に立った後は東へと巡視路を下りました。そして周世坂に出ますと、峠を越えて有年駅へと戻りました。
17-116 11/11 京見山(姫路市)
TAJI  京見山もうっすらと色付いてきました。登山道を歩いていますと、ハゼの木なのかきれいな赤に色付いている木を見ました。
<16:06京見町西登山口スタート/16:24山頂/京見町中央登山口に下る。><北の空は雲が広がっており、宍粟の山は見えなかった。上空も雲が多いものの青空も少し覗いていた。山頂の気温は16℃で、北西風が強く吹いていた。南の空の視界は悪くなかった。>
17-117 11/12 京見山(姫路市)
TAJI&HM  空気は澄んでおり、夕暮れの光に包まれた広畑の町並みが鮮やかに見えていました。瀬戸の島も良く見えて、ごくうっすらとながら鳴門大橋も望めました。
<16:05京見町東登山口スタート/16:21山頂/京見町中央登山口に下る。><快晴。澄んだ空だった。山頂の気温は16℃で、風は無し。視界は澄んでいた。>
17-119 11/19 横山(加西市)
     権現池に近い小山を登ることにしました。横山はごく低山ながら、地図には破線路が山頂まで描かれています。その破線路を歩くことにしました。西麓側から歩き始めて溜め池のそばを抜けるまでは良かったのですが、山裾に小径は見えずヤブになっていました。そこを無理やり進みますと巡視路に出会いました。巡視路を歩いて先に21番鉄塔に寄り道しました。その後は巡視路を引き返して山頂への小径に入りました。無事山頂に着きましたが、山頂はヤブでした。巡視路に戻り、ずっと北へと歩いて新池に出ました。そこからは横山が姿良く眺められました。
17-120 11/23 剣坂山(加西市)
    加西市東剣坂町の剣坂山は笠松山の北西尾根の端近くにある179mピークです。北麓側から適当に取り付こうとしたところ、そこはちょうど笠松山の登山口でした。登山道を登りますと熊野神社に出ました。更に登って尾根に出ましたが道があるのは笠松山の方向だけで、剣坂山への尾根はほぼヤブでした。ヤブコギを続けて山頂に立ちました。山頂からは笠形山が望めました。下山はヤブ尾根を引き返しましたが、途中で尾根を離れて北斜面を適当に下りました。急斜面でしたがヤブコギにはならず、無難に駐車地点に戻って来ました。
17-121
17-122
11/25 点名・榊山(相生市)
       三濃山(相生市・上郡町・たつの市)
     点名・榊山を持つ483mピークは三濃山とは尾根続きになりますが、林道を歩いて訪れることにしました。スタートは三濃山トンネル南口の近くからとしました。紅葉を楽しみながら順調に歩いていたのですが、483mピークへの支林道は工事のため立入禁止でした。仕方なく近くの作業道を歩き、それが終わると適当に尾根を歩いて490mピークのそばに出ました。一帯はメガソーラー工事で大きく削られており、しかも立入禁止でした。その様子を眺めてから引き返しました。口直しに三濃山を登ることにしました。一番易しい北麓の配水池から始まるコースを登りました。コースはすっかり落ち葉道になっており、散策を楽しむ感じで登りました。山頂では昼食をとりながら瀬戸の海を眺めました。
17-123 11/26 京見山(姫路市)
TAJI  すっかり曇天でしたので、16時を過ぎたばかりでしたが、もう足下は薄暗くなっていました。山頂にはなぜか80センチほどのケルンが作られていました。麓を見ますとイオンモールがオレンジ色の光に包まれていました。
<16:11京見町西登山口スタート/16:29山頂/京見町中央登山口に下る。><薄黒い雲が全天を覆っていた。山頂の気温は17℃で、風はほとんど無し。湿っぽい冷たさがあった。視界はうっすらとしていた。>
17-124
17-125
12/ 2 点名・一本松(加西市)
       経尾山〜点名・国義(加西市)
経尾山に向かう前に岸呂町の139mピーク(点名・一本松)を登ることにしました。西斜面には四国八十八ヶ所巡りが作られており、そこを歩いてから山頂への小径に入りました。けっこうヤブっぽい道で、山頂もヤブと言える所でした。足慣らしを終えて経尾山へ。経尾山は周遍寺の駐車場を起点としました。周遍寺で一休みしてから、ごく気楽に山頂に立ちました。これでは物足りませんので毘沙門への道に入りました。これがけっこう苦労することになりました。210mピークまではシダヤブがあり、尾根道に入ってからも長々と尾根歩きが続きました。途中で地図を見て三角点ピークがあることを知り、そのまま尾根歩きをずっと続けて164mピーク(点名・国義)に立ちました。引き返して毘沙門への道に入り、ようやく毘沙門と呼ばれる洞穴を見ました。周遍寺に戻ってきますと、3時間のハイキングになっていました。