福岡県の山 TOPへ
山   名 標  高  コ  メ  ン  ト 三角点 1/2.5万地図
 英彦山  1199.6m   一等  
 福智山   900.5m  北九州市街の近郊にあり、その姿は大きかった 山頂にはのどかな草原が広がっていた 一等  
 豊満山   829  m   なし  
 貫山   711.6m  平尾台はカルストの広がる台地だった その最高峰への道は牧歌的な風景が続いた 二等  苅田
          

佐賀県の山 TOPへ
山   名 標  高  コ  メ  ン  ト 三角点 1/2.5万地図
 鎮西山   202  m   なし  中原
 基山   404.5m  基山町の名山をJR駅から登った 山上は草原になっており展望も素晴らしく、心休まる所だった 一等   二日市
          

長崎県の山 TOPへ
山   名 標  高  コ  メ  ン  ト 三角点 1/2.5万地図 
 郡岳   826.0m  野岳湖公園の散策と併せて訪れたい 坊岩と山頂が大村湾の好展望台だった 三等  多良岳
 金比羅山   366.3m      
 稲佐山   342  m  全く観光化された展望台の山だが、麓からじっくり登ってこそ長崎の街が味わえるのでは    
         

大分県の山 TOPへ
山   名 標  高  コ  メ  ン  ト 三角点 1/2.5万地図
 中岳  1791  m  九州本土の最高峰は名前で損をしている 久住山に負けない風貌と展望を持っている なし   湯坪・久住山
 大船山  1787.1m  久住山と並ぶ高さを誇る山頂からは、九重連山が圧倒的な迫力だった 三等  
 久住山  1786.5m  九重連山を代表するピークだが、見る角度で様々な姿を見せてくれる 山頂は岩だらけだった 一等  
 天狗ヶ城  1780  m  中嶽と並ぶ姿で風景を作っている 山頂からは足下に御池がすっきりと眺められた なし  
 稲星山  1774  m  久住山の賑わいと一変して、こちらは静かな山だった 展望も悪くないので久住山から足を延ばしたい なし  
 星生山  1762  m  星生崎の岩場を通っているとアルプスの尾根を思い出した 西尾根はヤブもあり、その変化が面白い なし  
 祖母山  1756.4m      
 傾山  1602.2m      
 黒岳  1587  m      
 由布岳  1583.3m  豊後富士は名よし姿よし展望よし、そして登って楽しい山と、四拍子そろった名山だった    
 黒岩山  1502.6m       
 涌蓋山  1499.5m  見た目の優しさ以上に牧歌的なハイキングを楽しめた また九重連山の絶好の展望台だった 二等 *
 ミソコブシ山  1299.6m  涌蓋山から歩いてくると、近づくほどに草原が広がって、イギリスの丘を歩く雰囲気だった 四等 *
 一目山  1287.4m  車道からごく簡単に山頂に立てるが、涌蓋山からのハイキングで登ってこそ味わいがある 三等 *
         

熊本県の山 TOPへ
山   名 標  高  コ  メ  ン  ト 三角点 1/2.5万地図
 市房山  1720.8m  一番好きな山の答えは難しいが、九州で一番はと聞かれれば市房山と答えたい 一等  
 高岳<阿蘇山>  1592.3m  溶岩の尾根を登って着いた高岳山頂からは、阿蘇山系を全て眺め渡せた 三等  
 烏帽子岳  1337.2m  草千里の南に控える端正な山 草千里の賑わいとは対照的に静かな山頂だった 一等  
 雁俣山  1315.0m   三等  
 筒ヶ岳<小岱山   501.4m  玉名温泉から九州自然歩道を歩いて山頂に立った ファミリーハイクには格好の歩き易さだった 一等  玉名
         

宮崎県の山 TOPへ
山   名 標  高  コ  メ  ン  ト 三角点 1/2.5万地図
 韓国岳  1700.1m  霧島山地の盟主だが、登山としては易しく山頂に立てた 山頂から見る高千穂峰の姿が良かった 一等  
 大崩山  1643.3m  湧塚コースが面白い スリルのある岩峰を登ると迫力ある展望が広がった 一等  
 高千穂峰  1574.0m  霧島を代表するのは、その神々しい姿からしてこの高千穂峰と言えるのでは 二等  
 新燃岳  1420.8m  山と言うよりも、まさに火口そのもの 火口湖の鮮やかな緑色が印象的だった 三等  
 尾鈴山  1405.2m  瀑布群が有名だが、自然林の広がる直登コースの伸びやかさが快かった 一等  
 硫黄山  1317  m  えびの高原の間近にあり、散歩の感じで登れた 但し硫黄臭が漂っており少々危険な雰囲気があった なし  
 鰐塚山  1118.1m  山頂は通信設備に占拠されているが、尾根コースの自然林は素晴らしかった 一等  
 双石山   509.3m   三等  
 冠岳   438  m  耳川のそばで壁のように立つ姿は、まさに冠だった 山上からは耳川の蛇行風景が眺められた なし  山陰
         

鹿児島の山 TOPへ
山   名 標  高  コ  メ  ン  ト 三角点 1/2.5万地図
 大箆柄岳  1236.4m  高隈山地の盟主は展望の山でもあった 桜島から開聞岳まで一望だった 三等  
 御岳  1181.6m  高隈山地の南部の雄峰 北の大箆柄岳と対峙して展望も負けてはいない 一等  
 妻岳  1145  m  高隈山地の中部に位置する その急尾根は意外と短い時間だった なし  
 平岳  1102  m  鹿屋市からは横岳と並ぶ姿が眺められる 山頂は平坦で通り過ぎてしまいそうになった なし  上祓川
 栗野岳  1094.3m  枕木階段からのコースを登った 伸びやかさのある山頂からは韓国岳が雄大に眺められた 三等  韓国岳
 横岳  1094  m   青少年自然の家キャンプ場から登った けっこう急坂が多くあり手応えのある登山を楽しめた なし  上祓川
 紫尾山  1066.8m  山頂まで自動車道有り 登る経路によっては照葉樹林の奥深さを味わえる 二等  
 烏帽子岳   987.9m   三等  
 甫与志岳   966.9m   一等  
 開聞岳   924  m  薩摩半島の名山 至る所でその姿を目にするが、どこから眺めても絵になる姿だった 二等  開聞岳
 荒西山   833.7m  東に太平洋、西には錦江湾 大隅半島の大らかさが一望だった 三等  
 辻岳   773  m  ごく気軽な登山道を登って行くと、伸びやかな山頂と一級の展望が待っていた なし  
 高峠   722.0m  春になると全山が佐多ツツジで染まるとか 山上展望が雄大だった 三等  
 金峰山   636.3m   二等  
 白鹿岳   603.9m  鄙びた尾根を期待して登ったが、山頂まで立派な舗装路があり、すっかり公園と化していた 一等  
 野間岳   591.1m  野間神社からの遊歩道で山頂に立ち、暫し野間岬の風車風景を眺めていた 一等  野間岳
 清見岳   402.0m  照葉樹林帯を登って山頂に立つと、開聞岳が池田湖を前景にしてまさに絵画を見る趣で眺められた 一等  今和泉

沖縄県(本島)の山 TOPへ
山   名 標  高 コ  メ  ン  ト 三角点 1/2.5万地図
 与那覇岳   503  m  沖縄本島の最高峰 鬱蒼とした亜熱帯の森の中を登山道は続いていた 一等  
 嘉津宇岳   452  m  石灰質の尖った岩がごろごろと並ぶ特異な山頂 そこからは名護湾が一望だった なし  
 安和岳   432  m  勝山集落からの道は厳しさがあったが、着いた山頂からはその苦労に見合う展望が広がっていた なし  
 西銘岳   420.1m  ヤンバルの森の中に優しい登山道が続いていた 山頂からは青い海に与論島が眺められた 二等  
 古巣岳   391  m  嘉津宇岳の前衛峰だが、勝山集落からは独立した山に見える 山頂展望は素晴らしかった なし  
 フエンチヂ岳   390.0m  ヤンバルの森の中心部にあるが、山頂まで車道があって、気軽に立ち寄れる 四等  
 ネクマチヂ岳   360.7m  エーガイ林道からだと10分と歩かず山頂に立てる 山頂は展望広場になっていた 三等  
 伊部岳   351.8m  すそ野を長く引いた姿が遠くから眺められる 山頂が近づいて急坂となり、登山としても面白かった  三等  
 名護岳   345.2m  山麓の名護中央公園はヒカン桜の名所 山頂からは名護市街が一望だった 三等  
 三角山   340  m  遠くからだと安和岳に隠れてしまうが、勝山集落からだと鋭い三角形で他の山を圧倒している なし  
 塩屋富士   317.4m  山頂は樹林に囲まれて展望は無し ここは単に最高点で、尾根のハイキングを楽しむべし 四等  
 坊主森   310.2m  ピークへは尾根道からごく僅かな距離だった 山頂からは青い東シナ海が一望だった なし  
 玉辻山   289.3m  登山禁止とは知らなかった 登りたい気持ちで登ってしまったがヤンバルの森を満喫出来た 三等  
 クガニ岳   287.6m  塩屋富士ハイキングの中でピークに立ったが、展望は東シナ海が一望で素晴らしいの一言 なし  
 尾西岳   272.1m  登山口が分からず適当に登ると、尾根道に出会えた 山頂からは太平洋が眺められた 三等  
 本部富士   250.3m  鋭く頂を尖らせた姿が本部町から仰がれる 山頂からは東シナ海の絶景が眺められた なし  
 辺戸岳   248.3m  辺戸岬の間近に立つその岩山は沖縄本島最北の山 そこは聖なる地だった 三等  
 ウフグシクムイ   236.9m  はっきりした登山道が無いため手探りの登山となったが、山頂に立つと大展望が待っていた 四等  
 デーサンダームイ   230  m  山容は平凡だったが、登山道はちょっぴり険しく、そして山容に似合わぬ大展望が広がっていた なし  
 石川岳   203.9m  「石川少年自然の家」から三つのコースがあるが、Cコースがワルイドさがあってお薦めと言える 三等  
 伊江城山   172.2m  真っ平らな島にぽつんと城山が立っている 山頂からは島の隅々まで眺め渡せた 四等  
 弁ヶ岳   165.6m  一帯は弁ヶ岳公園として散策の場になっていた そのピークに立つと一等三角点が際立っていた 一等  
 熱田岳   160  m  一帯は「県民の森」として憩いの場になっている 山上から見る海の色は感激だった なし  
 運玉森   158.1m  与那原町の北に位置する小さな丘だが、ちょっと荒れた登山道を登るとそこは展望の地だった 四等  
         
沖縄県(石垣島)の山
 於茂登岳    525.5m  沖縄県の最高峰は易しい道で登れた 電波塔があり、ササの茂る山頂は少し無粋だった 三等  
 桴海於茂登岳   477.1m  石垣島で一番美しい山か ヤブコギの続く登山道だったが、山頂に立てた味は格別だった 四等  
 ウマヌファ岳   450  m  山頂までヤブコギあり沢歩きありと変化に富んでいた 花崗岩の山頂は360度の絶景だった なし  
 野底岳   282.4m   その鋭すぎる姿は登高意欲をそそられる 山頂は360度の展望地、青い海が印象的だった 三等  
 前嵩   262.7m  リュウキュウチクの茂る山頂からは、川平湾はもとより主だった山並みが一望だった 四等  
 屋良部岳   216.1m  屋良部半島の主峰 山頂には岩のテラスがあり、石垣島の姿を存分に眺められた 三等