TAJIHM の 兵庫の山めぐり <台湾
  
中正公園(桃園市中区)  台湾
 ちゅうせいこうえん 
【17年7月】 17-73(TAJI)
 
     延平路に近い中正公園の入口にて  17/6

 中正公園の中正は初代中華民国総統である蒋介石の名であることから、蒋介石を記念して作られた公園であることが分かるが、台湾の各地に同名の公園があり、2017年7月に訪れたのは桃園市中区の中正公園だった。仕事で久々に台湾を訪れることになり、16日は移動日だった。午後2時にホテルにチェックインすると後はすることが無かった。そこで近くに公園でもあれば散策しようとネットで桃園市内の地図を開くと、ホテルの近くに中正公園のあることが分かった。ホテルで一休みを終えて出かけると、5分も歩けば公園の入口に着くことになった。その中正公園での散策の様子は下の写真帳をご覧いただきたい。意外と小さな公園だったが、バスケットボールを楽しむ青年グループあり、ダンスのグループ、将棋を楽しむ老人たちと、他にもフリーマーケットもあって、大勢の市民で賑わっていた。その公園を2周ほどしただろうか、もう見る所も無いように思えたので、夕食をとろうとホテルに引き返した。
 (17/8記)
<登山日> 17年8月16日 16時~17時まで公園散策。
(天気) 晴れとは言えたが、雲の多い空だった。青空の色は薄かった。気温は34℃。風は少しあり、なま暖かかった。それでも僅かながら涼しさを感じた。公園を出る頃には快晴となっていた。
<<Photo Album 17/08/16>>

 公園に入ると芝生
 の広場になってい
 た







 小さな水の流れを
 渡って奥への進ん
 だ







 渡った先も芝生の
 広場だった








 なぜか釣り鐘を見
 た







遊歩道を北へと歩いた 赤い花を見た サンタンカのようだった 大屋根に大勢の人が集まっていた

 大屋根の下ではバザー
 が開けていた




   その北側には蒋介石像
   があり「総統萬歳」の碑
   文を見た

公園の一角には運動遊具が置かれていた ピンクの花が咲いていた サルスベリの花のようだった

 炎天下でバスケッ
 トボールを楽しん
 でいた







 ダンスを楽しむグ
 ループを見た







道教の廟も建っていた 静かな一角もあった 元化路を挟んでお寺が見えていた
お寺は元化院だった 本堂まで歩いてみることにした 本堂の前に出たが、特に中を覗かず引き返した
公園に戻ってきた日陰でお年寄りが将棋を楽しんでいた 木陰道を歩いて行く この花もサンタンカのようだった
ガジュマルの木を見る 小橋を渡って公園の入口に向かった 公園の入口に戻ってきた 空は快晴に変わってきていた